1年間の転職ノウハウ

転職はリスクがあるから怖い!回避方法・対策を解説

転職するリスクを知らないで転職すると、非常に厳しい現実に晒される可能性があるので要注意!今いる会社より悪い会社なんて沢山ありますし、ホワイト企業も沢山あります。今回の記事は転職に悩む方が転職するリスクと回避方法を知り、転職を成功させる方法について解説します!

転職ノウハウ大辞典

こんな方におすすめの記事

①転職が怖くて一歩目を踏み出せない
②転職のリスクが知りたい
③上手い転職方法を知りたい

転職辞典

応募条件 必須条件 歓迎要件
学歴不問 年収 試用期間
マネジメント経験 第二新卒 コミュニケーション
人物重視 UIターン 求人票全般

転職にはリスクがつきもの!

こんちにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

「転職」て言葉て、結構夢のある言葉ですよね?

転職には夢がある!
①俺は将来●●になりたい!
②給料がもっと欲しい!
③自分の実力にあった評価をしてほしい!
など

上記のようなことを思うから転職するわけです。

しかし!転職するリスクがあり多くの人は躊躇しますし、転職しないリスクもあるからこそなかなか行動に移せないものですよね?

今回は転職するリスクとその回避方法についてわかりやすく解説していきます!

転職するリスクは大きく分けて4つある!

転職のリスク回避方法がわからない女性

転職はリスクが有るから怖いもの。

何のリスクもなけでば多くの人は、簡単に転職活動に踏み込むことはできますがなかなかできません。

特に多くの方が転職活動への一歩目が踏み出せないリスク要因については、下記4つが挙げられます。

転職によるリスク
①今の会社よりブラック企業
②人間関係の再構築・今よりひどい人間関係の会社
③背伸びして入ってしまい仕事についていけない
④無理した条件で入社してしまった
⇒通勤時間、給与など

上記の例で多くの方が悩まれ、結局また転活をする羽目に。

つまり、転職するリスクを知らないとそれ自体に、とんでもないリスクがあるわけです。

転職するリスクをしっかり分析し、転活を行うことが成功を勝ち取る最も大事な考え方なんです。

この転職するリスクについて大きく分けると4つあるので、解説していきます。

リスク1:今よりブラック企業に転職してしまう【重要】

転職のリスク回避方法がなく、ブラック企業へ入社してしまった

転職するリスクとして、今の会社よりひどい会社に転職してしまうというリスクもあるということ。

求人票や面接の話では「景気がいい!」みたいな話をしていたにも関わらず、いざ入社すると杜撰な経営だったり、実は右肩下がりの売り上げだったりという今より劣悪な環境の可能性もあります。

対策①:リサーチ会社を使って経営状況調べる

会社が危機的な状況かどうかの転職するリスクについては、民間のリサーチ機関から情報を入手することである程度のリスク回避は可能なのですが、完璧に調べ上げることはできません。

もし知りたければ、帝国データバンクなどのデータを確認するとよいでしょう。

どのような会社でも当然「倒産の危機」というものはあり、それに対しては完全に避けることは難しいでしょう。

そのリスクを回避する為にオススメなのは、しっかりとした「企業研究」です。企業研究のやり方は、過去記事をご参考に。

おすすめ記事

対策②:口コミ情報を調べる

転職のリスク回避方法_転職会議

リスクが高いブラック企業の情報を効率良く調べるためには、ネット情報は非常に参考になります。

特におすすめなのが「転職会議」というわれる在職者・離職者が書き込む口コミサイト。

信憑性がかなり高く、私が在籍していた企業・現職の情報も内部に詳しい人間しかわからない「裏の情報」が書かれているので間違い有りません。

1回の書き込みを行うと無料で1ヶ月ほど利用できるので、転職活動期間だけでも登録しておくと良いでしょう。

👑転職会議

国内最大級100万件以上のの転職口コミ情報を掲載。
会員登録すると48時間、転職会議内の企業口コミが見放題となります。また、在籍した企業の口コミを投稿すると、最大90日間企業の口コミが見放題
完全無料

リスク2:人間関係の構築

転職するリスクがあり回避できないおじさん

転職するリスクは、社内外の信頼関係の構築を初めからやり直さなくてはいけないリスクがあります。

僕が考える一番のリスクはここにあると思っています。

転職できたこと自体、あなた自身には「転職市場の価値があった」ということが証明できます。

しかしその代償は大きく、今までの社内外の信頼関係を捨て、もう一度最初から構築しなくてはいけません。

対策①:入社3ヶ月は「様子見」する

あなたは転職できた人物。すなわち、社内でも「優秀な人材」であった可能性が高いです。その為、一目置かれる存在だったと思います。

しかし、応募先ではあなたのことは全く知らない人たちだらけ。

今までのようにキレキレのトーク術や発言は、同僚に苦痛を与える可能性だってあります。

「中途で入ってきたのに偉そう」などと悪いイメージを持つ人もいるでしょう。

そのためにも上下関係・横の繋がりなども含め3ヶ月間は自分の仕事を卒なくこなしつつ、人間関係の構築に励むことがおすすめです。

おすすめ記事

対策②:3ヶ月後は「徐々に」本領発揮!

転職のリスク回避方法がわかった様子

応募先の職場によっては、中途採用を高く評価せず、新卒入社を評価する傾向にある場合もあります。

しかも上司と現場の中途採用者の受け入れ方や考え方のギャップが大きいとさらに厄介!

そういった人間関係のリスクというのもあることを知っておきましょう!

3ヶ月後からは試用期間も終了し、皆さんの力が試されます。市場価値が高い方であることを見越しての採用ですから、給与以上のパフォーマンスを出さないと信頼を失います。

自分の今の市場価値については、無料診断アプリ「ミイダス」などを参考にするとよいでしょう。

👑市場価値分析ができるミイダス

職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなどコンピテンシー(行動特性)を分析
登録は質問に答えるだけ職務経歴書、履歴書の作成、カウンセリング等一切不要。

完全無料

リスク3:背伸びしたことによる無能さを実感

転職するリスクを回避できず失敗した男性

転職するリスクは、リスク2と少しかぶりますが、リストラということがもし発生すれば、その対象になりやすいということ。

しかも、40代、50代ならその対象になりやすく、新しい業界で経験年数も浅ければリストラになりやすいと考えてください。

転職当初は右も左もわからないので、リストラをしてもダメージの少ない人材と捉えられる場合が多いです。

対策①:実力相応の会社を狙う

若い人であればリストラというものに直面しても、その対象になることは極めて低い(回避できる)のでご安心を。

こればっかりは、若者有利の為、高年齢層は不利と言わざる得ません。

40代の市場で求められるスキルを熟知してしっかり準備すれば「会社に必要な人物」となり、会社から捨てられることは無いでしょう。40代のスキルは関連記事をどうぞ。

逆に20代は市場価値を上げる努力は必須です。しっかり対策して転活をすることが大事です。詳しくは下記関連記事をどうぞ。

おすすめ記事

対策②:求人検索は細かく設定できるサイトを!

転職のリスク回避方法_リクナビNEXT

自分の実力相応の会社というのは、求人応募の際の検索方法が非常に大事です。

マッチ度が高い=応募先の求める人物像との親和性があるというこなので、採用される可能性が高く且つ、入社後の活躍への期待も添える可能性が高いです。

おすすめの転職サイトは、全国の求人に対応した「リクナビNEXT」です。

検索条件も細かく設定できるので、非常におすすめです。登録から入社まで全て無料なので、是非利用してみてくださいね!

👑リクナビNEXT

全国の求人情報を勤務地や職種、皆さんのスキルや資格などから検索でき、転職ノウハウや転職活動体験談等、転職成功のヒント満載の求人/転職のサイト。
完全無料

リスク4:無理した条件での転職して後悔

転職するリスクを回避して給与アップした男性

転職するリスクとして、無理した条件で転職先を決定してしまい、入社後に後悔するパターンがあることです。

「キャリアアップ」「高年収」に期待して転活をしてもなかなか決まらない焦りから、妥協という流れになることは非常に多いです。

また、入社したい会社であったため、片道の通勤時間が2時間かけての職場に変わってしまったことによる肉体的・精神的苦痛を受ける方もいらっしゃいます。

対策①:転職先に求めることへの優先順位付けが大事

転職先を決める際に何を一番に求めるのかが非常に重要です。

例えば「給与」を優先にするのであれば、給与が希望の1.2倍以上なら通勤時間は、1時間20分までOKなど、自分なりの優先順位を必ず持つようにしてください。

注意すべき妥協点の1つが「希望年収を下げる」ということ。

年収を下げるということは「自分の市場価値を安く設定すること」ですから、本来の目的から逸脱する可能性が高いので要注意です。

おすすめ記事

対策②:自己分析は必須!

転活がなかなか上手く行かず、結局目的の会社には行けそうもないことから、希望の条件を下げることを余儀なくされるパターンが多いです。

転職活動を妥協すると入社後に後悔するリスクが非常に高くなってしまいます。

そのリスク回避の方法で大事なのが自己分析です。

自己分析の結果を用いて妥協できる点とできない点を明確にし、入社の最後の決め手を準備できるようにしましょう。

おすすめ記事

リスク回避方法は転職準備段階にあり!

転職するリスクを回避できた男性

上記の転職するリスク4選でも分かるように、しっかり対策をしないとリスクを背負ったまま転職し、人生を棒に振るパターンもあり得ます。

そうならない為にも、リスク回避対策は重要ということです。

では、どのように回避すべきか解説します。

①希望に合致した企業をしっかり探す

転職のリスク回避方法がわかった30代男性

転職のリスクを最小限にするためには、よりよい条件の会社をしっかり探しきるということ。

しかしながら、ハローワークや求人誌で探しきることはまず不可能です。

その理由は、優良企業というのは、優秀な人材を手軽に集めること自体が不可能であることを良く知っています。

優秀な人材は、お金をかけてでも人材紹介会社や転職サイトに掲載して広く募集しないと集まらないということを知っているからこそ、応募者側もそういった転職ツールを積極的に使っていくことが必要になります。

👑リクルートエージェント

日本最大の転職エージェント。求人紹介実績No.1なので安心。
大手転職エージェントだから全国対応。Web面談可能なので、安心してサポートが受けれる!
完全無料

②転職して何を解決したいのかきちんと棚卸!

転職するリスクを回避できた女性

転職するリスクを回避するためには、目的を明確にすることが非常に大事です。

転職するリスクの中に「妥協しなくてはなならないこと」というものがあります。

なかなか転職先が決まらないと多くのことを妥協してしまい、結局妥協しかしていない会社に入社してしまいます。

妥協した会社=自分の納得した会社ではないことから、再転活を余儀なくされてしまいます。

そうならない為にも「目的」は明確にする必要があり、目的は絶対に妥協しないという強い意志が求められます。

例えば「年収700万円欲しい」のであれば、700万円以下の会社に応募しないこと。

また、700万円以上の会社を効率よく探すことが求められます。目的を達成する為に妥協しないということはリスク回避に繋がるという考え方を忘れないでください。

おすすめ記事

③転職しない選択肢も残しておく

転職するリスクが回避できず考える男性

転職のリスクを回避するためには「転職しない」ということも手段として残しておくことが非常に重要です。

転職して今の問題を解決したいと思うのは当然ですが、転活をしてみた結果、転職ができないということは、あなたの市場価値は現在ないということを言われている可能性があります。

特に20代、30代であれば経験不足が原因で転職が難しいことがよくあります。

そういった場合には、現職で経験値を積める方法をしっかり考え、経験を積んでから再度挑戦するということ考えても遅くはありません。

例え現職がブラック企業で今すぐ退職したくても、辞めてしまったら無職というリスクがあり、それだけは回避すべきです。

市場では社会から離れた人物は、仕事観が鈍った人物と捉えられ、それ自体が市場価値を下げてしまいます。

そういったリスクを回避するためにも退職してからの転活は絶対にやめましょう!

関連記事

転職のリスク:まとめ

転職するリスクを知って回避できた若い女性

転職するリスクとその回避方法についての記事はいかがでしたか?

転職というのは「夢のある言葉」である一方、それ自体がリスクにもなりうるということをしっかり理解した上で転活をしなければ、非常に危険だということお分かりいただけたかと思います。

一人で悩まず、信頼できる人に相談してみたり、人材紹介会社に相談して問題を解決していくということは非常に大事なことです。

その行為自体がリスク回避といっても過言ではありません。

おすすめの人材紹介会社(エージェント)の特集を過去記事で特集しておりますので是非参考にしていただければ幸いです。それではまた!

転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事