有料転職支援サービスを受ける女性

企業の求人広告で、第二新卒歓迎という言葉をよくみますよね?社会人1~3年目くらいをターゲットとした求人ワードですが、近年非常に注目を集めている世代です。この第二新卒層を企業が採用するメリット・デメリットを知ることで、転職時の対策を打ちやすくなるので、第二新卒の方は是非参考にしてくださいね!

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

今日は、今トレンドになっている第二新卒について記事にしたいと思います。

 

現在の転職市場は、コロナウイルス感染拡大により、超売り手市場から超買い手市場へと変化しました。しかし、その中でも際立って注目されているのが、第二新卒の採用です。

 

近年その新卒とも一般的な中途採用とも違う形で存在している第二新卒ですが、企業の期待を集める理由やメリット・デメリットについてどういったものがあるか、今回の記事で詳しく解説させていただきたいと思います。

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 

●こんな方におすすめの記事●

①第二新卒として転職を考えている
②入社2年目だけど転職したくて不安
③今後の市場動向を知りたい

 

第 二 新卒 の 就活で成功するための秘訣はたった5つのことに取り組むことで、他の年代より優位に就活を進めることができます。コロナにより新卒雇止めが増える中、第二新卒の就活はかなり有利なのでチャンス!今回の記事は、第二新卒の就活で大事な5つの秘訣をご紹介!

※この記事は2020年のコロナウイルスの影響により大幅に改定しています。

 

こんにちは!就活アドバイザーの南野弘明です。

 

コロナにより買い手市場と言われている新卒市場ですか、中には思い通りの就活ができず不本意にも第三希望やそれ以下の企業に就職してしまった人も多いはず。そういう事もあり、

 

新卒は3年以内に3割が再就活

 

という結果が出ています。就活が上手くいかなかったので「第二新卒の就活をして、次は成功したい!」と思っている人は多いのではないでしょうか。

 

こういった場合に多いのが「第二新卒として就職活動をしてみた結果、簡単に入社することができたが、入社したら自分の希望と違ったのでまた就活する羽目になった」という事例です。

 

第二新卒は成功と失敗が二極化しやすいのも特徴の一つです。

 

今回の記事は、第二新卒として成功する為のコツ5つについて、失敗事例を交えながら解説していきたいと思います。

 

第二新卒として入社し、成功したい!と思っている方は、必見です。

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

目次

第二新卒の就活は『失敗事例』を知ることが大事!

第二新卒の就活で成功するための秘訣を話し合う若者達

第二新卒で成功するための秘訣は、就活失敗事例をよく理解して失敗しない対策を行うことがとても大事です。

 

世の中の求人情報を見ると「第二新卒歓迎」は非常に多くなっていることから、第二新卒の需要は年々増えていることが分かると思います。

 

そのせいもあり、第二新卒希望者は「比較的簡単に就活が可能だったので、活動自体は成功だった」とい結果が出ています。しかし、第二新卒としてだけではなく転職というのは、転職することが目的ではなく、入社してから企業に貢献し、自分も成長し続けることが大事なわけです。

 

多くの第二新卒者が失敗してしまう事例をTwitterで多く相談をいただいていますので、第二新卒の悩み相談をいただいたた方々の事例を交えながらご紹介いていきます。

悩み相談1:兎に角今の環境から逃げたいから第二新卒の就活をしたい

第二新卒の就活をするということは、新卒で入社した会社に何らかの問題や不満を抱えての再就活というのは当然だと思います。

 

ではどういった悩みを持って就活に取り組んだのかを見てみましょう。

 

上司から常に怒られていてこれ以上やっていける気がしないんで第二新卒の就活をしたいのですが、次も同じ状況となることに不安があります。どうすればいいでしょうか。短期間での再就活は印象悪いですよね?

25歳 IT業界

残業がとても多く、帰るのが毎日終電少し前です。休日出勤もとても多いので、第二新卒の就活をしました。就職できたのはいいですが、残業が殆どなく残業代に期待ができない為、今度は生活自体が苦しくなりました。どうすればいいでしょうか。第二新卒の特権はもう使うことはできませんか?

24歳 企画営業職

 

兎に角今の仕事環境から逃げたいという人は大抵失敗します。その理由は、目の前の問題から逃げたいだけで、将来のビジョンがないことが原因です。

 

人間関係から逃げたい

→将来のビジョンは度外視

残業が少ない会社に行きたい

生活面を考えていない

 

など、将来を考えていない為、第二新卒として入社後に後悔してしまうんです。また、同様にこういった理由で就活をすると、面接でも退職理由と志望動機が一貫していないことから不採用を言い渡される可能性が高くなります。

 

第二新卒という特権を活かしながら成功を勝ち取るための秘訣を知らない人は、失敗の道しかありません。その第二新卒としての成功の秘訣は後述しますので参考にしてください。

悩み相談2:会社が自分のことをわかってくれない

第二新卒の就活を成功させたいのに秘訣が分からない女性

第二新卒の就活を行われている方に話を聞くと、会社自体が自分のことを認めてくれず、仕事のやり方や責任について不満を感じる人が多いのが特徴です。

 

他の社員より私の方がレベルが高いのに、全然私を理解してくれません。さらに、自分へ責任ある仕事をまったく任せてくれません。そのため第二新卒の就活をを考えています。

24歳 不動産営業職

 

こういった人も大抵失敗してしまいます。

 

今の環境で活躍できないことを他人や会社のせいにする人は、どこの会社に行っても同じ考えになりがちです。

 

活躍できないのは自分自身に問題があることもよくあります。そこを理解して就活をしないと同じ壁にぶちあたり、また辞めたくなってしまいます。

 

第二新卒の特権を活かして成功したいのであれば、まず自分に問題がないかをよく考えてみましょう。その結果、辞めるのあれば成功の道を切り開くことも可能です。

悩み相談3:就活生のようにフリーになって就職活動をやる

第二新卒の就活をやってみたものの、忙しくてなかなか就職活動の時間をとることができないといった方も非常に多いです。その為、新卒と同じようにフリーな状態にしてから再就職活動をしたいといった悩み相談を受けることが多いです。

 

就活生のようにフリーの状態の方が活動しやすいと思い、退職後にがむしゃらに応募していますが、上手くいかないし貯金も底をついてきました。第二新卒なのになぜ次が決まらないのでしょうか?

24歳 無職

 

そもそも新卒と第二新卒の就活は大きく異なります。

 

第二新卒の就活は、自分に合った求人を厳選しそして次の会社で成功する為に自分が求められているスキルや経験が何かをよく理解した上で応募しなくてはならないのです。

 

退職してから探すと次を早く決めなきゃという焦りから、また同じような会社に再就職しがちです。それを避けるためにも在職中に第二新卒特化型エージェントを利用して転職活動をすることがもっともよい手段です。

 

エージェントは、あなたに合った求人を登録後の面談でキャリアカウンセリングをしながら、あなたと一緒にエージェントが持つ優良求人を吟味してくれます。

 

転職のプロとの二人三脚は、第二新卒の特権を活かしながら次の会社で成功する為にも利用することをオススメします。転職不慣れな第二新卒だからこそ利用価値大です。

▶第二新卒の就活なら『第二新卒エージェントneo』がおすすめ

おすすめ第二新卒エージェントneo

サイト名 特徴
第二新卒AGENTneo 正社員での就職・転職を希望する18歳~28歳の方々の就職/転職をサポート! 経験・学歴不問でフリーター、中卒、高卒、大学中退、大学卒業後(既卒)、短期離職、第二新卒(就業後3年以内の離職)、中途、キャリアアップの転職など幅広い経歴の方を完全無料でサポートしてくれるエージェント。

評価項目 解説
求人数 10000件以上
担当者の質 1人あたり平均10時間の手厚いサポート。 企業担当による面談対策。幅広い求人の紹介。 内定後はもちろん、入社後もサポート。 ブラック企業を除外、優良企業のみのご紹介で安心して活動できる。
登録メリット 豊富な経験を持つのキャリアアドバイザーがみなさんの将来像や希望、適正を踏まえて求人を紹介してくれる。 履歴書の添削はもちろん、一緒に職務経歴書の作成も行ってくれる。 
対応エリア 関東、関西、九州

第二新卒の就活を成功させる秘訣はたった5つ!

第二新卒の就活で成功するために秘訣を話し合う女性たち

第二新卒の就活で成功するためにやるべきことはたった5つです。

 

逆に、それをやらないと「失敗」に陥ることになるため、確実に実施する必要があります。それでは、第二新卒の就活を成功するための「5つのことに」ついて紹介していきます。

秘訣1:自分の将来について深く考える

第二新卒の就活というのは、自分の人生に大きく関わる一大イベントの一つです。それだけ重要なイベントにも関わらず軽視して再就職する人は、これからの社会人生活においても失敗する人が多いです。

 

就活だけ成功することを目的と考えず、将来の自分がどのようになりたいのかを想像して就職活動をするということを忘れないでください。

 

考え方によっては無理に第二新卒の就活しなくてもいいという結論になることだってあります。

おすすめ記事

秘訣2:第二新卒の就活プランは綿密に!

第二新卒の就活は、在職中に行うと概ね「3か月」は必要と考えてください。そして、引き継ぎが「1か月」、有休消化が「2週間」と考えると4.5か月は転職活動に必要な期間となります。特に大事なのが、3か月の使い方です。

 

自分で新しい職場を探すのは、右も左も分からない第二新卒には不向きです。例えば、転職サイトにある求人のどこを見ることが重要なのか分からずに、ただ闇雲に応募するとほぼ間違いなく「ブラック企業」に遭遇します。

 

第二新卒の就活は、社会人になって初めの就活になりやすいので、不安と安易な考えでの就活になりがちなので、プロの目線で就活アドバイスをもらうことをおすすめします。

 

秘訣3:応募企業に求めることは明確にする

第二新卒の就活を成功させる為に秘訣を学んで大会社にチャレンジ

兎に角今いる環境から逃れたいことを優先すると、応募企業に求めることが明確ではない為、第二新卒の就活をしても、3年以内に再就職活動をする羽目になることが殆どです。

 

第二新卒は、どの世代よりも圧倒的に就職活動において有利ですが、第二新卒ゾーンを超えると普通の転職者と変わりません。

 

そうなると、実力のない求職者はあっという間に不採用です。その為には、応募企業に求めることは明確にしましょう。

 

①年収を50万円上げたい
②休日出勤だけはやだ
③通勤時間は1時間以内

 

など、自分が転職先に求めることを明確にし、当てはまらないようであれば辞退するなど強い意志を持って活動をすると成功しやすいと言われていますので是非実行しましょう

 

第二新卒枠を超えると次は「即戦力」が求められるので、厳しい活動になることは必至です!

秘訣4:第二新卒の就活は常にポジティブ思考で行う

転職市場は、ネガティブな発言はご法度と言われています。これから新しい職場で働くのに、ネガティブな思考で入社されては採用側も当然困りますよね?

 

応募書類、面接などを見ても、なかなか次の会社が決まらない人のほとんどは思考が「ネガティブになりがち」です。特に顕著に現れているのが、

 

退職理由

 

です。当然ですが、第二新卒の就活をするということは何らかの問題を現在抱えてしまっていることが原因だと思います。それは、第二新卒を採用する企業側だって分かっているのです。

 

そのネガティブな理由をあえて言う必要なんてなく、ポジティブな部分を企業側は知りたいので、その部分を伝えればOKです。これは面接成功の秘訣なので、第二新卒者も覚えておきましょう。

 

第二新卒の弱点は「早期退職」です。

 

その部分を第二新卒らしくフレッシュかつポジティブな退職理由に置き換えれば面接官に好印象を与えられるのでおすすめです。

関連記事

秘訣5:退職後の転職はリスクヘッジを忘れずに!

第二新卒の就活だけではなく、就職活動は在職中に行うことが成功の秘訣といわれています。

 

職場の状況から総合的に考え、退職してからしか活動ができない場合もありますね?そういった場合は、生活に問題が発生してしまったりします。簡単に言うと「生活費」です。

 

自己都合の場合、3か月間は無収入の生活の為、最低限60万円以上の貯金が必要になります。そういった部分を考慮して、リスクヘッジができるように準備してください。

 

第二新卒を特権を活かしきれないと「長期戦」となる場合もあるので、心しておくことが大事です。

 

第二新卒の就活を成功させるための秘訣まとめ

第二新卒の就活を成功させる秘訣を教えるエージェント

第二新卒の就活で成功するための秘訣はお分かりいただけましたか?

 

第二新卒の就活で失敗する人の多くは、将来的なことを考えずに就活した人たちです。そういったことにならない為の秘訣が5ありましたね?

 

第二新卒の就活ポイント
①将来について深く考える
②プランを綿密に立てる
③応募企業に求める条件は明確に
④ポジティブ思考で臨む
⑤転職活動のリスクを知る

 

上記ポイントを押さえておけば、第二新卒としての転職後に「失敗」と気づくリスクが低減しますし、入社後も長期的にみて成長しやすい環境に勤めることも可能なので「成功」を掴み取ることができると思います。

 

就職活動が不慣れな第二新卒者は是非、プロの第二新卒特化型エージェントに相談してみましょう。無料で第二新卒者をサポートしてくれますのでおすすめです!

 

エージェントが無料で利用できる秘密を知りたい方は下記記事をチェック!それでは、よい第二新卒の就活を!

おすすめ!転職エージェント3選
当サイトから登録の多いエージェントはこちら(各サイトに遷移できます)
【若手】20代の転職

【ミドル】
20代、30代の転職

【管理職】
40代の転職

企業が第二新卒に注目している具体的な理由

企業が第二新卒を面接中

第二新卒の採用が盛んになっている理由として企業側の観点から考えてみましょう。

 

一番の理由は『補填』と『コスト』に対して大きなメリットがあります。

 

第二新卒を採用する企業メリット
・新卒採用で採用できなかった分の補填が容易
・55歳以上の欠員に対して若い人材の補填が容易
・採用コストの分散ができる

 

2018年3月に大学を卒業した人の就職率は98.0%と高い水準を維持しています。殆どの新卒者が就職できる世の中ですから、企業側がいかに新卒採用に苦戦しているかが分かります。

 

つまり、第二新卒は、目標採用数を達成できない企業にとってとても大事な若手人材の確保できるというメリットがある為、第二新卒が注目されていると考えられます。

 

現在のコロナ情勢からは、コスト面からも新卒教育コスト削減→第二新卒採用へシフトしています。

 

また、55歳以上のオールド層が早期退職すると若手社員を獲得しないと組織のバランスが崩れてしまいます。

 

そのため、若手社員(新卒以外)で補填しようと思うと賃金も安い第二新卒に注目されるのも納得できる結果となっています。

 

冒頭でもお話しているとおり、第二新卒は「中途採用」に属します。新卒採用枠とは違うので、人事、総務の採用負担を分散させることもできるのが特徴です。

 

注目20代おすすめエージェント

第二新卒を採用する企業側のメリット

第二新卒の転職希望者のメリットを熟知している企業の面接官

第二新卒はかなりの需要があることは前述した通りですが、実際に企業側から見た第二新卒のメリットはどういうところなのか見ていきましょう。

▶適応力がある

キャリア層VS第二新卒で考えると柔軟性や適応力においては第二新卒が勝ります。その為、企業側としても採用のメリットがあります。

 

他社での経験が長ければ「即戦力」として期待できますが、柔軟性には欠けてしまいます。社会人としての経験が少ない第二新卒は、

 

・新しいことへの挑戦意欲が高い
・指導した際の吸収力も高い
・以前の会社の文化・慣習に染まっていない

 

といったことから、自社の風土になじみやすいというメリットもあります。ですので、企業側はメリットを知っているので採用に意欲的なんです!

▶教育コストを抑えられる

新卒者に比べて、新卒教育コストを抑えることができるというメリットがあります。

 

社会人マナーなどのコストは前職で終えているので、その分のコストを削減できるのはとても大きいです。

 

応募企業側にアピールする際は、自分は●●の教育を受けているなどのアピールができるのも第二新卒で転職する側のメリットもあるので、企業と第二新卒者のWin-WInが成り立つのもいいですね!

 

注目おすすめ転職3選ツール

転職ツール 特徴
リクナビNEXT 全国の求人情報を勤務地や職種、あなたのスキルや資格などから検索が可能。転職成功のヒント満載の求人/転職のサイトです。
ミイダス コンピテンシー診断が使える!職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、あなたのコンピテンシー(行動特性)を分析できる(完全無料)。
転職会議 国内最大級100万件以上の転職口コミ情報が掲載されています。会員数は500万人以上。日本中の企業の口コミが集まっています。

※クリックすると公式サイトに遷移できます。

▶戦力化させるまでが早い

第二新卒は、新卒よりも早い段階で戦力化することが可能であるというメリットがあります。前職である程度の経験を積んでいる場合は、すぐに戦力となってくれる可能性もあるので、企業側としても採用メリットが大きいです!

 

その為、第二新卒に期待されるのは、ポテンシャルの高さもさることながら、即戦力としても期待できるため、採用メリットが高いので、アピールできることは面接で積極的に伝えましょう!

 

関連記事

▶応募企業と人物のマッチング度が高い

第二新卒はすでに就業を経験しているため、仕事内容や会社組織に対する理解度は新卒よりも高くなっているので、企業とのマッチングを図りやすいメリットがあります。

 

そのため、新卒に比べるとミスマッチが起こりにくい傾向があり、企業側も積極採用に乗り出しています。

 

第二新卒で応募する際は、求人票の求める人物像とのマッチ度の高さをアピールすることで、好印象を与えることができます。よってメリットを活かして積極的にアピールしましょう。

▶仕事への意欲が高い人物が多い

新しいことへのチャレンジやキャリアアップを目的に退職した第二新卒は、仕事に対して高いモチベーションを持っているため、企業側も好感が持てるメリットがあります。

 

転職によってチャレンジできる機会を得て期待に答えたいということからも意欲が高いため、新しい環境での活躍が期待できる第二新卒側のメリットもあります。

 

その為、転職理由はスキルアップを目的とした理由はNGとされていますが、第二新卒の場合は『意欲』を重視されるので、積極的にアピールできるメリットがあります。

 

関連記事

▶中小企業でも採用しやすい

新卒マーケットでは、知名度の低い企業や中小企業は苦戦しがちです。しかし、自分がやりたい仕事や適した環境を重視して転職活動をする傾向があるのが第二新卒なので、中小企業でも採用できるチャンスがあるという企業側のメリットもあります。

 

第二新卒の皆さんも大企業だけが自分のやりたい環境があるわけではなく、中小企業まで視野を広げて応募することで、選択肢が増えるということを忘れないようにしましょう。

 

関連記事

▶入社時期を調整しやすい

新卒採用では卒業を待つ必要があるため入社時期を動かすことができませんが、それに対して第二新卒の場合は、中途採用と同じく入社のタイミングを調整することができる企業側のメリットがあります。

 

第二新卒の皆さんも、第二新卒=中途採用のメリットを活かし、有給消化を利用して休暇をエンジョイすることをおすすめします!

20代おすすめ転職エージェント

おすすめ第二新卒エージェントneo

サイト名 特徴
第二新卒AGENTneo 正社員での就職・転職を希望する18歳~28歳の方々の就職/転職をサポート! 経験・学歴不問でフリーター、中卒、高卒、大学中退、大学卒業後(既卒)、短期離職、第二新卒(就業後3年以内の離職)、中途、キャリアアップの転職など幅広い経歴の方を完全無料でサポートしてくれるエージェント。

評価項目 解説
求人数 10000件以上
担当者の質 1人あたり平均10時間の手厚いサポート。 企業担当による面談対策。幅広い求人の紹介。 内定後はもちろん、入社後もサポート。 ブラック企業を除外、優良企業のみのご紹介で安心して活動できる。
登録メリット 豊富な経験を持つのキャリアアドバイザーがみなさんの将来像や希望、適正を踏まえて求人を紹介してくれる。 履歴書の添削はもちろん、一緒に職務経歴書の作成も行ってくれる。 
対応エリア 関東、関西、九州

第二新卒の転職デメリット

第二新卒を採用するデメリットをしった応募企業の部長

第二新卒にどれだけメリットがあるかはお分かりいただけましたか?第二新卒は企業と転職希望者がWin-Winが成り立ちやすいの転職市場でも人気の年齢層です。

 

しかしながら、採用する側からするとデメリットもあります。その辺を次に詳しく解説していきます。

▶早期退職のデメリットがある

第二新卒は入社した企業が合わないと感じた場合、再度転職してやり直したいと考える可能性があるので、早期離職の可能性があるというデメリットがあります。

 

そのため、せっかく採用しても早い段階で離職してしまうこともありえることが、第二新卒採用のデメリットです。

 

第二新卒の皆さんは、応募企業先で長く働きたいという意思をはっきり伝えることで、企業側のデメリットを払拭することができるので、きちんとアピールしましょう。

▶即戦力としては期待薄

一般に、中途採用の入社者には、経験を生かして即戦力として活躍することが期待されます。

 

しかし、第二新卒として採用する場合には業務経験がないことも多く、経験者と比較すると、戦力となるまでにはやや時間がかかる傾向があるのがデメリットです。

 

そうした意味では、新卒と同様にポテンシャルを期待した採用といえるでしょう。

 

第二新卒の皆さんは、デメリットを少し手も緩和できるよう、自分のできること、できないこと、やれることを明確に面接で説明することが求められます

 

関連記事

第二新卒は転職エージェントを利用すれば簡単に転職できる

企業が第二新卒としての転職希望者を採用できて喜んでいる風景

第二新卒者の転職理由としては、

 

・スキルアップしたい
・やりがいのある仕事をしたい
・ワークライフバランスを実現したい

 

といった声が多く聞かれ、自分自身の可能性を広げるための一歩を踏み出している人材と捉えることもできます。

 

新卒にはない経験を持ち、中途採用者とは異なる適応力やチャレンジ意欲を持つ第二新卒は、企業にとってメリットが高い人材といえます。

 

第二新卒は需要拡大はしておりますが実際に転職しようと思うと、初めての転職となる方も多いと思います。そんなみなさんの強い味方になってくれる(手厚くサポートしてくれる)のが、

 

第二新卒を得意とする転職エージェント

 

です。 転職エージェントは、無料で転職をサポートしてくれる「強い味方」ですしかも、初めての転職で不安な、

 

・履歴書、職務経歴書の作成
・面接
・内定時の条件交渉

 

等全てにおいてバックアップしてくれるのがとてもありがたいです。

 

私が、おすすめする転職エージェントを下記に紹介しますので、興味があるかたは、是非登録してみましょう。それではまた!

 

おすすめ模擬面接におすすめエージェント

名前 広告 特徴
第二新卒AGENTneo 20代に人気の転職エージェント。手厚いフォローと親身の対応が特徴。
就職Shop 書類選考なしの企業を多く保有。面接対策もばっちり!20代特化のエージェント。
リクルートエージェント 若手からハイクラス求人を多く保有。業界最大手。
マイナビエージェント 新卒でおなじみのマイナビ。転職サポートに特化したエージェント。

※クリックすると詳細ページに遷移できます。

僕が全力でおすすめする転職戦略公開
みんなの転職の悩みベスト3

1位:転職はむずかしい?

2位:ブラック企業だけはやだ!

3位:今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!