30代の転職希望者を面接する女性面接官

面接が苦手という転職相談をよくいただきます。原因の多くは、対策不足やマッチ度の低い企業への応募であったりが大半ですが、中には性格的要因も含まれています。今回の記事で面接が苦手を克服し、面接に自信がつく対策方法をわかりやすく解説します!

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

転職とは色々な悩みを持つのは当然のことですが、特に相談が多いのが書類選考の通過率が悪いというのと面接が苦手で内定がもらえないという相談が非常に多いです。

 

書類選考は通過するのに面接が通過できないと、そこには大きな原因があるので、その対策をきちんと行えば、通過率が劇的に改善されますので安心してください!

 

今回の記事で以下のようなことがわかります!

 

面接が苦手を克服!
①書類選考通過率をまずは改善させよう!
②面接通過率は各段階に注目!
③面接が苦手な人の大きな特徴と対策
④模擬面接の活用

 

それでは解説していきます!

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 

注目20代の転職希望者必見!

面接が苦手な人は書類選考の通過率に注目!

転職の面接が苦手の若者に対策を教えるエージェント転職活動における難関とは、実は面接ではありません。書類選考なんです。面接が苦手だから面接の対策だけやっても、書類選考の通過率を上げなくては、対策も水の泡。書類選考の通過率が今どれくらいなのかまずは分析してみましょう。

 

一般的に書類選考通過率について、通過率によって対策すべきことが変わってきます。下記の表を見てください。

 

【書類選考通過率と対策】

通過率 対策
20%以下 2/10での通過率が最低ボーダーライン。それを下回る場合、履歴書・職務経歴書の内容に問題があります。過去記事を参考に即対策を行いましょう。

▶対策はこちら

20~40%程度 求める人物像とマッチ度が低い企業に応募している可能性が高いです。求人票を見て求める人物像を把握しましょう。

▶対策はこちら

40~60%程度 応募書類に問題はありません。書類の使い回しではなく、応募企業に合わせてアレンジしていきましょう。
60%以上 特に対策は不要です。

 

書類選考通過率低い方は、面接対策を優先するのではなく書類選考の対策が最優先事項です。特に、20%を切っている場合は即応募書類を見直してください。

履歴書の書き方、職務経歴書の書き方があまりよくなく、採用担当者に目に留まっていないと考えられます。過去記事を基にきちんと対策されることをおすすめします。

関連記事

 

▼無料履歴書・職務経歴書のダウンロード▼

各段階の面接通過率に注目して改善を!

転職の面接が苦手の男性に対策を教えるエージェント書類選考の通過率が20%以上ある場合、各段階の面接通過率に注目して改善する必要があります。面接が苦手な人の多くは、一次面接で通過する割合が多いですが、二次面接、最終面接の通過率悪い場合は、経験やスキルが部署の幹部の方に上手く説明できていない方が多いです。

 

各段階の面接対策について以下にまとめています。

 

もしご自分の状況に当てはまるようであれば、対策を確認して取り組んでみましょう。

【面接通過率と対策】

通過率 対策
一次面接30%以下 一次面接は自社へのマッチ度を確認される面接。求める人物像を確認し、質問される内容を予想した対策が重要です。

▶対策はこちら

一次面接30%以上 基本的な対策はできています。通過率を更に上げるために、なぜ応募企業で働きたいのかについて説得力のある説明を準備しましょう。

▶対策はこちら

二次面接50%以下 二次面接は経験やスキルの確認が中心です。今ままでのキャリアと応募企業のマッチ度の根拠、技術的な内容をきちんと説明できているか再確認しましょう。

▶対策はこちら

最終面接 最終面接は将来のビジョンを持って仕事に取組み貢献できるかの確認です。自分の将来像をきちんと持ち、重役の方に説明する準備をしましょう。

▶対策はこちら

筆記試験 面接の後に行われることが多い筆記試験。筆記試験で不合格になったのかどうかは分からないので、筆記試験で落ちないようにきちんと対策しておきましょう。

▶対策はこちら

おすすめ記事

 

 

上記のように、面接が苦手な人は転職における面接対策をきちんと行う必要があります。なんの対策もしないで臨むと撃沈する可能性が非常に高いです。また、面接前にはきちんと企業研究を行って面接に挑みましょう。企業研究をやらないで面接に臨むと、基本的な質問も答えられない場合があります。

 

下記の転職ツールをうまく活用するとその企業の生の情報がスムーズに入手できます。全て無料転職ツールなので、転職活動にうまく利用しましょう。

 

注目おすすめ転職3選ツール

転職ツール 特徴
リクナビNEXT 全国の求人情報を勤務地や職種、あなたのスキルや資格などから検索が可能。転職成功のヒント満載の求人/転職のサイトです。
ミイダス コンピテンシー診断が使える!職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、あなたのコンピテンシー(行動特性)を分析できる(完全無料)。
転職会議 国内最大級100万件以上の転職口コミ情報が掲載されています。会員数は500万人以上。日本中の企業の口コミが集まっています。

※クリックすると公式サイトに遷移できます。

面接が苦手を克服!何が苦手の原因かを分析する

転職の面接が苦手の原因と対策を分析中書類選考の通過率はいいのに面接の通過率悪い人は、面接の対策がきちんとできていないのが要因の一つ。もう一つの要因は、面接が苦手だという理由をきちんと分析できていないまま面接を繰り返していることです。

 

対策不足以外の方が陥る面接が苦手のパターンは主に以下です。

 

面接が苦手な人のパターン
①根暗
②口下手
③マニュアル本の棒読み
④入社したい意思を伝えていない
⑤緊張してしまう

 

大抵は上記5つのどれかに当てはまる為、面接が苦手という方が多いです。では、その原因と対策を詳しく解説していきます。

①企業の求める人材は、企業によって異なる

転職の面接が苦手の若者に面接対策を教える男性面接が苦手な人は、内気な自分の性格であったり、口下手を理由にしがちですがそれが原因で企業は不採用にしているとは限りません。企業の求める人材は企業毎にことなります。

 

例えば不動産営業の方はガッツあふれる体育会系を好み、ルート営業の場合は真面目で腰が低い人を好みます。事務職であれば、几帳面で気が利く人物、プログラマーなら論理的思考力が高い人など、企業の職種ごとでもことなる傾向にあります。

 

その求める人物像をきちんと把握し、どのような自分物が好まれるのかを自分の性格から判断する必要があります。この傾向をきちんと分析できるツールが大手転職サイトです。

 

下記のような求人事例をみてください。

未経験OK!年齢、学歴、転職回数など一切不問!◆誠実な対応ができる方 ※要普免(AT限定可)

【具体的には】
業界・職種未経験の方歓迎

リフォーム業界や営業の未経験者も大歓迎!
転職回数、ブランクを気にされている方も、ぜひご応募ください!
★応募者全員面接&WEB面接可能★

≪以下の方、歓迎します≫
感謝を忘れずに対応できる方
◎前向きに物事に取り組める方
真面目にコツコツ努力できる方
◎ダンドリを立てるのが得意な方

 

このような求める人物像は、内気でも真面目に業務に取り組める人を求めている求人です。わからないことがあれば先輩社員がきちんと対応してくれますし、それよりも業務に真面目に取り組める人を好む求人です。自分の性格を再確認するためにも、自己診断を実施してみましょう。

注目無料!グッドポイント診断で強み分析

リクナビNEXT『グッドポイント診断』で皆さんの強みポイントが一目瞭然!30分できっちり・納得の診断結果が得られます☆

サイトロゴ サイト名
リクナビNEXT

 

リクナビNEXTでやってみる

②応募書類/マニュアルなどを棒読みしない!

転職の面接が苦手の女性に対策を教える男性面接が苦手な人がやりがちなパターンは、書類に書かれいることを棒読みして熱意が企業側に伝えられていないことが多いです。面接といのは、コミュニケーションの場です。コミュニケーションを図るような努力が必要です。

 

コミュニケーションはもちろん長年の経験もありますが、勉強により上手くなることもあります。コミュニケーションがうまく取れない方は、コミュニケーションについて勉強して資格をとることがおすすめです。

 

コミュニケーション検定は、履歴書にかける資格でありながらその日の内に合格がわかるので、すぐに履歴書に書くことが可能です。面接が苦手な人ほどおすすめの資格なので、この機会に是非取得してみてください。苦手だからこそ勉強に励んでいるは、前向きに捉えられやすいのでおすすめです!

 

③緊張を克服する

転職の面接が苦手の若者に対策を教える若い男性面接が苦手な人の多くは、緊張が原因のパターンも多いです。面接で緊張して上手く話せない、だから落とされたと思う方も多いでしょう。しかしこれは必ずしもそうとは限りません。もちろん極度の緊張が起きてしまうのであれば問題ですが、そうでない場合は、熱意が伝わっていないことが原因です。

 

企業というのは話し上手の人が欲しいわけではありません。求める人物像とマッチして、経験やスキルが応募企業にマッチしている人物が欲しいのです。

 

もちろん面接は初対面の人と話すわけですし、失敗したら不採用になるのですから誰でも少なからず緊張します。しかし緊張と熱意は違います。緊張していることは面接官はわかっています。だからこそ熱意を持って説明することが大事です。

 

上手く説明できていないと感じたら訂正を入れてもOK。追加を入れてもOK。極度に緊張しているなら緊張していることを面接官に伝えてもOKです。そうすれば面接官もプロですから緊張を解してくれる会話をしてくれます。

 

緊張していることで不採用になることは絶対にありません。

 

この緊張を解す良い方法が、繰り返しの面接練習です。面接が苦手だと思う人は、人一倍面接の練習に励みましょう。練習量が多いほど自信がつき、面接で緊張しなくなってきます。

 

過去記事を参考に面接で聞かれる質問対策、緊張を解す練習方法の基づいてきちんと対策してみましょう!

関連記事

面接が苦手!転職サポートの模擬面接が有効

転職の面接が苦手の女性に対策を教える女性エージェント面接が苦手な人は、転職エージェントが完全無料でサポートしてくれるサービスを利用しましょう。転職エージェントとに登録すると色々なサービスを無料で提供してくれます。具体的には、以下の表を見てください。

 

 

上記のような様々なサービスを転職エージェントは提供してくれます。面接時のアドバイスはもちろん、模擬面接などを行ってくれる転職エージェントも多数あります。模擬面接を実施して欲しい、マッチ度の高い求人を紹介して欲しいといった希望があれば、転職エージェントに登録相談してみましょう。

 

もちろん転職エージェントのサービスは全て無料です!

おすすめ模擬面接におすすめエージェント

名前 広告 特徴
第二新卒AGENTneo 20代に人気の転職エージェント。手厚いフォローと親身の対応が特徴。
就職Shop 書類選考なしの企業を多く保有。面接対策もばっちり!20代特化のエージェント。
リクルートエージェント 若手からハイクラス求人を多く保有。業界最大手。
マイナビエージェント 新卒でおなじみのマイナビ。転職サポートに特化したエージェント。

※クリックすると詳細ページに遷移できます。

面接が苦手を克服!まとめ

転職の面接が苦手の女性が対策で内定をゲットできた様子面接が苦手というひとの多くの原因は、自分の伝えたいことをきちんと伝えられないことがあげられます。アピールすべきことを事前に決め、棒読みにならないように事前の練習がとても大事です。

 

特に、マッチ度の高い求人への応募を行うことで、書類選考の通過率であったり、面接の通過率も上がるので、積極的に転職に必要なツールを利用していきましょう。

 

特に転職エージェントは、模擬面接などを行ってくれるので面接対策も有効です。前述した転職エージェント以外にもおすすめを下記にまとめているので是非参考にしてみてくださいね!それではまた!

 

おすすめ転職エージェント

僕が全力でおすすめする転職戦略公開
みんなの転職の悩みベスト3

1位:転職はむずかしい?

2位:ブラック企業だけはやだ!

3位:今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!