1年間の転職ノウハウ

成長できない職場は危険!転職市場価値を落とさない方法を解説!

成長できない職場にいると自己成長ができず、転職を考える人は多いと思います。しかし成長できない職場というのは、転職しても必ずしも満たされるという保証はありません。そんなときに考えるべきことや転職市場価値を落とさないためにやるべきことをわかりやすく解説します!

転職ノウハウ大辞典

●こんな方におすすめの記事●

①スキルアップの転職をしたい
②今の会社でモチベーションを上げたい
③転職すべきか悩んでいる

👑市場価値分析ができるミイダス

職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなどコンピテンシー(行動特性)を分析
登録は質問に答えるだけ職務経歴書、履歴書の作成、カウンセリング等一切不要。

完全無料

成長できない職場は「もどかしさ」を感じやすい

成長できない職場から転職を考える20代男性

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

新卒で入った会社で5年。30代を間近にして多くの方が悩むのが、キャリアアップの転職。このキャリアアップには色々な内容が含まれています。

20代の多くは、「自社の中で成長できない職場にもどかしさを感じる為転職したい。」という方はが多いように思います。

自己の成長というのは、仕事へのモチベーションに繋がるので、企業の教育体制がしっかりしている会社であればこのあたりのケアができています。

しかしそうでない会社ですと、志が高い若手にとっては非常に苦痛な毎日。

そんな成長できない職場にいるべきなのか・転職すべきなのか悩んだ時の考え方を今回は解説していきます。

おすすめ記事

【結論】成長できない職場に身を置くことは危険

成長できない職場から転職を考える30代男性

自己の成長というのは、将来設計の中に大きく影響するファクターです。

入社した時は将来の自分を想像し就職したものの、入社したら雑用ばかりで全然成長ができていない自分にふと気づくと、非常に不安になりますよね?

特に以下のようなギャップがある職場は要注意です。

自己成長できない職場の特徴
①なりたい自分になれていない
②今の仕事に将来性を感じない
③会社もコロナで大打撃
④スキルが身についている実感がない
⑤今の仕事が何の役に立つのかわからない

こういった不安を払拭させる取り組みとして『社内教育制度』があります。例えば以下のような研修が充実している企業は、社員の成長を促進させている会社だと言えます。

成長を促進できる研修制度
①階層別研修
②プレゼン研修
③語学研修
④製品知識向上研修
⑤異文化研修(グローバル企業に多い)
⑥コンプライアンス研修
など

企業によって名称は異なりますが、色々な教育制度を研修という形で習得し、それを業務で活かせる環境を提供している企業であれば、こういった成長できない職場という問題はなくなると思います。

しかし、教育制度が充実していない会社であれば、OJTのみの教育になったり、言われたことだけやればいいという風習が強く色付く傾向にあります。

20代の若手社員であれば「成長できない職場に未来はない」と考えてしまうことに繋がり兼ねないので注意が必要です。

関連記事

成長できない職場から転職する前にやるべき行動

成長できない職場から転職を考える40代男性

自己成長に力を入れてくれる会社は多いかというとそうではありません。

むしろ、「成長は自分の意欲の問題だ」と一蹴りされて終わってしまう場合もあります

これは日本の昔からの風習で、職人気質なところがあるのでしかたがありません。

しかし、この風習に身を任せているだけではいつまでたっても成長できない職場問題は解決できませんので、今の会社にいながらどのように成長すべきかについて解説します。

①雑務だけをひたすらこなすのをやめる

雑務ばかりやらされているとどうしても仕事がマンネリ化し、成長できない職場という感情になりがちです。

ひたすら与えられた仕事をこなすことはせず、その仕事の効率化を図っていくのがポイントです。

極端なことをいうと、一日3回データ入力作業を行う仕事であれば、回数を1回にすることを考え、それを上司・先輩・職場の仲間に提案してみましょう。

その時に大事なのは、問題点をどのようにすると改善される可能性があるのか。そして、その問題をシミュレーションした結果はどうだったかまでを説明しましょう。

ただの提案では、上司が縦に首を振ることはありません。根拠を説明することが大事です。

そういった問題点を改善していく能力は、万が一転職が必要な時でも非常に武器になるのでおすすめです。

おすすめ記事

②資格取得を目指す

成長できない職場から転職を考える25歳男性

成長できない職場にいる人にアンケートを取ってみると、必ず上位にくるのが、「目標が無い」という答えです。

教育制度が無いので1年ごとの目標設定制度が充実しておらず、個人の成長を気にしていない会社が殆どです。

しかし目標設定して欲しいといっても会社は社員の一意見なんて無視されてしまいます。

そういったときは、会社に依存せず、自分で目標を立てる必要があります。そういった目標を立てるときにおすすめなのが資格の取得です。

殆どの資格は転職に役立たたない物なのですが、無いよりかはましなので、半年に1回程度で自分の業務に近い資格を取得してみるのもよいでしょう。

おすすめ資格:職種別
①経理:簿記2級
関連記事:経理の転職に有利な資格6選
②品質管理:QC検定2級
関連記事:工場勤務におすすめな資格7選
③20代:ITパスポート
関連記事:20代の転職が有利になるおすすめの資格7選
など

今の業務に関連した資格を取得していくことがおすすめです。

会社に依存してしまうと成長でないわけですから、自分でお金を払ってモチベーションを上げていく必要があります。

おすすめ記事

③転職活動をしてみる

成長できない職場から転職を考える若手社員

転職するかしないかは別として、今の環境を客観的に他社と比較してみると今の環境が恵まれていることに気付いたり、その逆に気付くこともあります。

これは転職活動をすると、多くの企業に面接に行くわけですから、その中で応募企業が自社の説明をしてくれるので気付くことが多いです。

今の会社が成長できない環境ではなく自分に原因があるというこもあるので、転職活動をしてみることをおすすめします。

転職活動の第一歩は、転職サイトへの登録。

闇雲に応募してみることよりもまずは、転職サイトへの登録と情報収集が重要です。

転職活動最初の登録におすすめの転職ツールは、下記を参考に登録することが王道です。

👑転職必須無料ツール一覧


 
完全無料
全国の求人情報を勤務地や職種、皆さんのスキルや資格などから検索でき、転職ノウハウや転職活動体験談等、転職成功のヒント満載の求人/転職のサイト


 
完全無料
コンピテンシー診断では、あなたの職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、あなたのコンピテンシー(行動特性)を分析。


 
完全無料
国内最大級100万件以上のの転職口コミ情報を掲載。
会員登録すると48時間、転職会議内の企業口コミが見放題となります。また、在籍した企業の口コミを投稿すると、最大90日間企業の口コミが見放題となります。

④今の成長できない職場について「プロ」に相談してみる

成長できない職場から転職を考える方を支援するエージェント

今の自分の抱えている問題が自分が成長できないことであれば、同僚や先輩または、上司に一度相談してみるとよいかと思います。

一番身近にいる存在であり、皆さんよりも自社の経験が長く、経験値を説明してくれることが殆どです。

 

また、転職エージェントへの相談もおすすめです。

 

転職エージェントはただ単純に求人を紹介してくれるわけではなく、将来のキャリアプランも考えてくれるので利用をおすすめします。

例えば、自己成長できないから転職を考えていると相談すれば、教育が充実している会社を紹介してくれたり、ときには転職ではなく、自社にいることの方が自分の為になるなどのアドバイスをしてくれます

もし、20代の若手社員であれば、是非一度登録してキャリア面談で相談してみるとよいでしょう。

👑マイナビエージェント

20代に大人気!新卒でおなじみのマイナビブランドだから安心。
大手転職エージェントだから全国対応。Web面談可能なので、安心してサポートが受けれる!
完全無料

成長できない職場からの転職:まとめ

成長できない職場から転職を決意した男性成長できない職場にいるべきかについての記事はいかがでしたでしょうか。

大事なことは、今の会社は自己の成長を本人に任せている会社であることを自覚することでしたね?

そういった会社は日本中にありますので、今の会社で色々と工夫して、自己成長できる職場にしていくことが大事です。

日々の雑用も改善していくことで、会社にとっても有益になる場合もありますし、自身の問題解決能力もあがります。

自分の成長は結果から得られるものなので、結果を追い求めていきましょう。

そして、それがだめなら『転職』といのも一つの手です。環境を変えることで、飛躍して活躍する人も多いので、転職活動を少しづつ初めて見るとよいかと思います。それではまた!

転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事