大手転職エージェントはこちら▼
転職で20代が失敗しない対策!8つの失敗原因を理解しよう!

こんにちは!南野弘明です。

 

転職市場で20代の需要は高いため、転職を考えている人はとても多いと思います。市場の動向として、

 

・第二新卒(入社1~3年未満)は未経験採用が多い。

 

第二新卒について知りたい方はこちら!

 

・20代後半は特に需要が高く、キャリア採用+未経験での採用幅が広がっている。

という傾向にあります。

 

今回は「転職で20代が失敗しない対策!8つの失敗原因を理解する」ことに的を絞って徹底解説していきます。

20代が利用したい転職エージェント↓

転職で20代が失敗してしまうパターン代表例

自己分析

転職市場では20代は売り手市場の最高潮!つまり、

 

需要が高い⇒選択肢が幅広い=自分の希望を実現できる

 

となることが容易に想像できます。これが30代以上になると、

 

・生活面から妥協しなくてはならないことが増える。
・希望を実現するためには沢山の障壁がある。
・未経験職種の選択肢が狭まる。

 

という現実があります。20代は上記のハードルが非常に低いので転職することが容易にできてしまう傾向にあるのは当然なのかもしれません。

転職しやすい20代は安易に転職してしまう傾向にある

つまり、転職しやすいため安易に転職することによる転職失敗が多いのも納得できます。

 

では、どういった内容が多いのかみていきましょう。

事例1;ブラック企業に転職してしまった。

お金も時間も費やし転職活動をしたにも関わらず、ブラック企業に転職してしまった話は非常に多く寄せられています。主な内容として、

 

・毎日終電近くまで残業(しかもサービス残業・・・)
・パワハラ、セクハラが横暴
・理不尽な命令
・達成不可能なノルマ

 

ブラック企業の代表例みたいな状態の会社に転職してしまい、身も心もズタズタになって相談して来る方が非常に多いです。

関連記事

事例2:仕事内容や企業雰囲気の相違

次に多いのが、仕事内容や企業雰囲気の相違です。

 

・希望した仕事と違った。
・職場雰囲気が合わない。
・労働面などの働き方が違った。

 

折角転職したのに上記のことが希望や想像と異なるため辞めてしまう人がとても多いです。この原因は、求人票ではわかりにくい部分を調べる転職ノウハウを知らないことが原因です。残念ながら、多くの人はこれを知らないんですよね・・・当ブログではしっかり説明していますので安心してください(笑)。

3:辞めてから前職の良さに気づいてしまった。

転職する前は大っ嫌いだった前職。社風、職場の雰囲気、上司、同僚、仕事内容など兎に角大っ嫌いでストレスしかなかったあの会社・・・いざ辞めてみると良さに気づいてしまうという後悔の念にかられてしまうパターンも多いです。辞めてから振り返ると、

 

・実は条件が良かったのでは?
・怒られたけど自分の為を思って言ってくれてたんだな・・・。
・自分が辞めた後に需要が拡大し、実は将来性があった。

 

等、従事していた時には思いもしなかったことが、

 

もう少し働き続ければ良かった・・・

 

という後悔につながっていきます。

 

【10代、20代オススメ転職エージェント】

転職 で 20 代 が 失敗 し ない 対策 ! 8 つ の 失敗 原因 を 理解 しよ う !

転職 で 20 代 が 失敗 し ない 対策 ! 8 つ の 失敗 原因 を 理解 しよ う !

20代が転職に失敗してしまう原因はこれだ!

緊張する

ではなぜ20代で転職を成功させる人と失敗させてしまう人がいるのでしょうか?実は原因はとても単純です。下記に説明していきます。

①辞めて次の職場に行くことを目的にしてしまっている。

当ブログのコンセプトで説明している通り、転職には

 

★「目的」と「対策」がとても重要です。

 

転職は現状をより良い状態にする手段ですので、その手段を利用するためには「目的」を明確にしなくてはなりません。

転職に大事なのは目的を明確にする
・自分の将来の為にスキルアップをしたい。
・人間関係に病んでしまったので別の職場で改善したい。
・給料が上がらないので上がる会社に行きたい。
・残業少なめの会社に行きたい。

など「目的」を明確にしなくてはなりません。 失敗する多くの人が現状から抜け出すこと、すなわち、辞めることが目的になってしまっています。

転職を逃げではないという思考は重要

当ブログの関連記事でも紹介していますが、

 

・仕事から逃げること
・会社から逃げること

 

は決して悪いことではありません。時には逃げることだって必要です

関連記事

今の会社にいることが本当に必要なのかよく考える

その会社にいることで、

 

・生活ができない。
・精神を病んでしまう。
・将来が不安。

 

など、いても何の得もない会社もたくさんありますから・・・。ただ最終的な目的は辞めることではなく、

 

★転職してより良い環境で働くこと

 

そこを意識して転職先を決めることを怠るから転職に失敗してしまうんです。

②情報不足

失敗する多くの人は、企業の情報収集を怠る傾向にあります。その結果、

 

・ブラック企業に転職してしまった。
・想像していた仕事と違った。
・働き方が自分に合っていない。

 

などの原因に陥るのは間違えなく「情報不足」が原因です。

噂を鵜呑みにせず、事実を確認する

転職活動をしていると色々なところからの噂を鵜呑みにして、

 

・自分の理想とマッチさせてしまう

 

ことをやりがちです。焦りから、会社や仕事に対しては理想を抱きつつも情報を基に事実を確認することを行わないがために理想だけ先行し、事実を入社してから知ることになるため、理想と現実のギャップが大きくなり「転職失敗」という結果に陥ってしまいます。

求人情報は嘘も多い!

求人情報というのは「嘘」も非常に多いです。なぜなら、

 

・人を集める為に嘘をつくかないといけない

 

ということもあり得るからです。特に、ブラック企業であればあるほどその傾向は強いです。また、ここでいう情報収集とは応募企業、業界だけではありません。

 

自分自身の情報についても入手する=自己分析を行う

 

のも含まれています。

関連記事

転職前は絶対に自己分析を行う!

自己分析が不足している人は、自分の理想をしっかり理解していないので転職先で、

 

・実は自分が希望していたことではなかった

 

という現実により知ることになる人がとても多いです。

関連記事:自己分析4ステップ法

③数年後の想像ができていない。

前述したとおり、20代の転職は容易です。未経験でも容易に採用されます。そんな売り手市場の傾向から、目先の利益のみに目が行き、将来を想像して転職活動を行わなかったことが失敗の原因になることが多いです。将来を見据えるポイントとして、

 

・業界動向(将来性)
・会社の方向性
・昇給率(昇給制度の有無)
・自分の成長環境

 

等、これから5年後、10年後、20年後と働いていくわけですから

 

長い目線で仕事を決める

 

のがとても重要になります。目先の給与、人間関係の改善だけを気にして転職先を決めてもその先にあなたの幸せがあるとは限りません。

④業界や仕事に対して視野が狭い

20代によくありがちなのが、経験不足から視野が狭くなってしまい、なんとなくで転職先を決めてしまう傾向にあります。例えば、仕事のやりがいを求めて決断した人の場合、兎に角やりがいばかりを重視して仕事を決めてしまう傾向にあります。これは必ずといっていいほど失敗に陥ります。

やりがいだけが仕事をする意味ではない!

仕事をするということは奉仕活動ではありません。生活や自己実現など様々なことを満たすことにより幸福が得られるものですからやりがいを求めすぎ給与や環境は度外視した結果ブラック企業に転職してしまった事例もよく聞きます。視野が狭くなると以下の内容を確認しない人が多いです。

転職する上で、絶対確認すべき内容
・仕事内容
・労働環境(オフィスの外観も含む)
・雰囲気(社風、人間関係、部署内等)
・待遇(給与、残業代全額支給か、交通費上限、退職金等)

など様々な状況を考慮しながらバランスが取れた職場に行くことが大事です。

 

仕事とプライベートはバランスが大事

例えば、給与が極端に高い会社というのは往々にして仕事量が半端じゃない場合が多いです。給与は満たされるが、プライベートの時間がないというアンバランス差に嫌気がさして1年で転職とならない為にもバランスはとても大事です。

⑤転職と就活は違う。

20代の方がやりがちなのが、就活の延長に転職活動を持ってきてしまいます。就職活動というのは、

 

・0からスタート

 

ですが、転職活動は、

 

・前職と比較することがスタート

 

となるので、現職に残るという選択肢があります。転職活動には期限がありません。就職活動の時は在籍中というリミットがありますので「妥協」も仕方がないです。しかし、転職活動は妥協しなくていいですし、自分の理想についてもより具体的に考えることができるのでさらにステップアップできる環境を求めることができます。

⑥人や環境のせいにする。

20代だけとは限りませんが、不満を人や環境のせいにする人は転職を成功することはできません。

 

・仕事に対してうまくいかない原因
・自分が納得できない原因

 

は周りにだけではなく、自分にも問題があるとい意識を持たなくては良い転職にはつながりません。転職といのは、

 

・自分自身では改善することはできない
・自分の希望を叶えることができない

 

という結論に達することができて初めてするものです。周りが悪いという不満を解決するために転職としてしまうと、次の会社に行ってもまた不満が出れば転職すればいいとなり、結局スキルアップすることもできず無駄な人生を過ごしてしまいます。

⑦転職の手間をめんどくさがる。

何度も言ってますが、20代の転職はあっという間に決まってしまいます。適当にやって給料アップすればいいやという安易な動機だけで転職していざ入社するととんでもないブラックだったというのはよくあります。

 

転職活動は大変だし面倒なことも多いのです。特に、

 

・企業分析
・自己分析

 

は絶対に手間を惜しんではいけません!この部分の手間を省くから失敗・後悔するのです。

関連記事:企業分析5ステップ法

⑧転職後の振る舞いに問題あり

転職の目的は次が決まることではありません!職場を変えてみて気づくこともあります。例えば、

 

・人間関係が上手くいかない原因は職場ではなく自分自身にあった。
・仕事内容になじめなかったのは自分自身にあった。

 

というパターンもよくあります。それに気づくことは今後自分が成長するために大事なことです。ここで自分自身の性格や仕事への取り組み方を改善できればいいのですが、改善策をさらに「転職」という形に置き換える方も非常に多い傾向にあります。

20代が転職で失敗してしまうのは、、転職というのは運の要素があります。

職務経歴書

どんなに情報収集、下調べ、面接対策を行って 失敗してしまう可能性はないとはいいきれません。人生においても「失敗の可能性」はつきものです。

転職ノウハウを知ることで自分の実力を最大限引き出せる

しかし、転職において成功を掴む人と失敗ばかりする人の傾向は明らかです。失敗する人の傾向は、

 

・転職のノウハウを知らない。
・転職のノウハウを知っていても実行に移さない。
・実行に移しても努力が不十分(手間を惜しむ)。

 

つまり、転職活動のやり方次第で失敗する可能性は限りなく低くすることができるということです。大事なのは、やるべきことをしっかりやり、後悔することのないよう転職活動を進めることだと思います。

転職活動はプロを味方にすることで成功できる!

転職は素晴らしい

多くの人が、転職活動を一人でやろうとする傾向にありますが、それなりの時間と手間がかかるものです。また、転職のノウハウをしっかり理解していないと「ブラック企業」に転職してしまう可能性が高くなってしまいます。

 

しかし、20代に特化した転職エージェントを利用すればブラック企業を除外した好求人を紹介してくれます。転職全般に関するサポートを行ってくれるだけではなく、自分以外の視点から見てくれるので間違いにも気づきやすくなるというメリットがあります。

完全無料で利用できる転職エージェントは絶対おすすめ!

何でもかんでも一人で苦労するのではなく、登録、面談により無料で上記をの内容を手厚くサポートしてくれますので是非利用してください。登録は複数社行うことでエージェントをフル活用できるのがポイントです。

 

ちなみに私は4回転職して全て転職エージェントを利用しています(笑)。

 

利用のこつは、転職エージェントを3社以上登録することで、求人の偏りや、紹介求人が少なることを防ぐことが可能です!

20代おすすめ転職エージェントはこちら↓

20代が転職に絶対利用したいツールて何??
20代の転職

転職に必要不可欠なことは、「目的」「対策」です。

 

✔転職する目的はあるのに対策方法がわからない。
✔どんな企業が自分にマッチするのか分からない。
ブラック企業への転職だけは避けたい。
✔業界に詳しい人から転職アドバイスをもらいたい。

 

そんな悩みに答えてくれる最強の転職ツールが「転職エージェント」です。南野弘明自身の4度の転職でキャリアアップができたのは転職エージェントのおかげといっても過言ではありません。

 

ハローワークや転職サイトだけで転職活動をしている人は、転職エージェントを利用して企業選びから面接対策雇用条件交渉をはじめとする手厚いサポートを受けてみよう!ライバルに圧倒的な差をつけるスムーズな転職が可能です!!

Twitterでフォローしよう

転職を成功の為に読んでおきたい