113_転職失敗_ブラック企業_入社_原因

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

検索キーワードでもよく引っかかる「転職失敗」という言葉。この記事を読んでいただいている皆さんはきっと「転職失敗を体験された人」だと思います。

 

転職失敗と思う理由って結構ありますよね?例えば、

 

・給料が入社前の話と違った
・離職率が高い会社だった
・上司の罵声がすごい
・セクハラ、パワハラ
・残業100時間超え

 

そんな現実を目の当たりにしてやっと気づくことがあります。そうです。

 

ブラック企業に入社してしまった

 

気付いた時には時すでに遅し…。

 

僅か三か月で再転職活動を余儀なくされてしまいます。ブラック企業を避けて転職活動をしていたのになぜブラック企業に入社してしまったのか。その原因について今回の記事は徹底的に解説していきますので、是非参考にしてみてください!

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!
『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!

 

20代ならブラック企業を避けられるエージェント↓

転職失敗=ブラック企業入社の事例は多い

私も過去にブラック企業を経験しておりますが、残業時間は140時間を超えたあたりから精神的にも肉体的にもボロボロです。

 

非常に人気の高い企業に勤めていて、それなりに評価も高かったのでなかなか辞める決断はできません。そういったことが長くなるにつれて更に肉体に異変が発生しました。

 

朝起きようとしても体が動かない。。。

 

それを感じたときに転職しないとまずいとはじめて自覚しました。これ精神学的にかなりやばい状態だったみたいです。私の場合は、面接官の経験が豊富だったことにより面接対策なんかもスムーズにいき、そのおかげで、ホワイト企業に転職できました

 

では、なぜブラック企業に私が入社してしまったのかを解説していきます。

ブラック企業に転職しまった原因は『前々職の経営危機』

結局のところ転職なんて以下の理由が殆どですよね?転職市場のアンケートでも毎回上位にランクされてると思うんですが、

 

1:人間関係
2:雇用条件の改善
3:会社の経営状況

 

ですよね?

 

私の場合、前々職(新卒)でやりたい仕事はできていましたが「会社の経営が厳しい」状況になり転職を考え始めました。転職活動をすると世の中は「好景気」という状況で「なぜ自分だけが苦しいのか」と思ったんです。

 

まさに今のこのコロナ時代のようです。会社倒産、リストラなどが発生し、転職活動をしなければにっちもさっちもいかないくらい経営がやばかったので、急いで転職活動をしないと今後の生活ができない状態です。

 

で、悪夢のブラック企業への転職活動がスタートしました。

転職失敗どころか超スピード入社ができた理由

転職活動をスタートを始めるのに最も大事なのは「何を基準に転職活動をするか」です。その点はぶれていないのですが、私が最も優先したのが「収入」でした。

 

兎に角給与を上げたいという気持ちで転職活動をスタート。転職サイト、アプリ、転職エージェントをしっかり使い、兎に角収入で満足できる会社を選びました。結果、

 

収入面は大幅にアップ↑

 

という結果が得られたことにはとても満足できましたね。

 

しかも、転職活動自体は1.5か月で完了させることができたので転職活動の効率に関してはベストだったと思います。

 

その時に利用した転職ツールは下記を参考に↓

入社後にブラック企業と気づいてしまった

正直、転職成功を勝ち取ったと思いましたよ(笑)。だって目標の収入アップができたんですから。しかし、入社後気づいたんです。

 

ここブラック企業じゃね?

 

はい。ブラック企業でした。

 

まず「裁量労働制」を導入していたため「夜10時まで残業代がでない」という事態が発生。しかし、深夜労働手当は支払われるので、その点はまーいいとして、月の残業時間は多いときは160時間を超えるありさま。

 

次にブラック社員登場です。

 

毎日馬鹿みたいに吠えていて、夜10時前に帰ろうものなら次の日にネチネチいうやつです。

 

で、自分のミスを他人に擦り付けるので客からも罵声の嵐。自分のミスを他人のせいにして、その情報を上層部に報告。

 

しかしよかったこともあります。それは、実力があればガンガン出世できます。そして給料ももらえます。それを望める環境であったため、約十年勤めることができましたが、最終的には精神的にも体力的にも限界が来てしまいました。

 

まー正直上記以外にも山ほどありますが今回は割愛します(笑)

 

では、なぜこんなことになってしまったのかその原因について説明します。

原因1:自分はブラック企業なんかに入らないという驕り

ブラック企業に自分だけは入るは絶対ない!と驕りがあったことが原因の1つです。

 

世の中のブラック企業についての前知識もありましたし、ブラック企業に入社していた人の話も知っていたので、面接でしっかり確認さえすれば転職失敗なんてありえないと思っていました。

 

そういった驕りが「油断」を生んでしまったのが本当に悔やまれます。

早く転職活動を終わらせて高年収で働きたい焦り

転職活動なんて楽勝だと思っていました。

 

「高年収を手に入れてばりばり次の会社で働いてやろう!」「もっと上を目指そう!」と意気揚々と転職活動をし、高年収かつ自分のキャリアが活かせる会社を転職エージェントを通して見つけることができたので、求人を逃さない為にも面接を早めに受け、内定をゲットした時点で何も考えずに決めてしまいました。

 

もちろん転職エージェントからも『この会社は年収が高い分きついですよ』ということばはいただいていました。

 

だけど年収が一番でした。

 

だって28歳で年収500万円もらえるんですよ(笑)。若いし何とかなったの35歳まで。35歳を過ぎたころから毎日地獄でしたね。

20代の頃に利用した転職エージェント↓

30代で利用した転職エージェント↓

 

年収につられて「OK~!」といった自分が馬鹿でした。ただ、残業が多くてもブラックでも「年収を求めた転職だけを実現したい」と思う人にとっては「最高の会社」だと思います。地獄ですが。

 

ブラック企業診断はこちら↓

面接官の話を鵜呑みにした

面接のときにしっかり確認したんですよ。

 

・人間関係はどうですか?
・残業量はどうですか?
・シェアはどれくらいですか?

 

とかね。でも返ってきた答えが以下。

 

・あだ名とかで呼び合ったりしてるよ!
・残業が多い時と少ない時はメリハリありだよ!
・シェア拡大中!

 

これよく考えたら「答えになってない」んですよね。転職失敗の多くは、確認不足、情報不足と言われていますが、高年収に魅かれて正直「有頂天」になってました。思考回路が壊れてましたね。

転職成功!ブラック企業からの脱出作戦を開始した

「このままだと身も心もボロボロになる」

35歳を超えたころから転職を意識し、面接官の経験を活かして鬼のように対策を実施。見事にちょーホワイト企業に転職できたので、その対策方法を解説します。

転職に向けて自己分析開始

まずは、転職に失敗しないためにもきちんと自己分析を行いました。

 

・自分の強みと弱み
・自分の経験の棚卸
・収入面
・通勤距離
・企業に求めること

 

転職失敗は年齢的にも許されない状況もあったので、しっかり自己分析を実施。面接官の頃にも自己分析を疎かにして自分の棚卸ができていない人は、面接官に強い印象を与えることができないことを理解していたので、ここは徹底的に行いました。

情報収集に利用したサイト、アプリはこちら↓

転職エージェントに3社登録

転職エージェントが悪いわけではなく、全ての原因は私自身の転職の考えの甘さが転職失敗を招いたことから、再度転職エージェントに登録しました。

 

効率よく転職するためには当然複数社の登録が必要なので、3社程の登録を一気に行い、効率の良い転職活動と情報収集を実施。

 

色々なキャリアアドバイザーから情報をもらい相性の良い転職エージェントを最終的に利用しました。

 

ブラック企業対策におすすめなエージェントは20代、30代で異なります。下記を目安に登録してみましょう。

▽20代の転職エージェントはブラック企業対策万全エージェント

私自身も20代の頃に転職し、前職のブラック企業に転職。収入だけを目指した転職は結局精神と肉体の両方がやられます。

 

20代だらこそ転職に利用したエージェントは下記が一番なので、是非検討してみてください。

若手1位『第二新卒エージェントneo』

10代・20代のえらぶ就職転職満足度No.1。面接対策満足度No.1、就職転職相談しやすさNo.1と非常の若手層から指示されています。
第二新卒はもちろん、フリーター/既卒/中退/高卒/中卒/早期離職など学歴不問で就業支援を行っているので納得の転職が可能です!もちろん利用は完全無料です。
求人数 10,000件前後
面談の質 若手専門のエージェントなので不安解消の為に初回面談は2時間と他社の倍!
対応地域 東京、大阪、名古屋、福岡にオフィスあり
特徴 若手の転職支援実績No.1。初めての転職からキャリアに不安な方までサポートしてもらえます。
対応年齢 10代、20代
公式サイト▶ 【公式】第二新卒エージェントneo
※外部サイトに遷移します

▽30代の転職エージェントは最大手3社がおすすめ

30代の転職の時は、最大手3社を利用して転職活動を行いました。もちろんブラック企業への転職を避けるため、転職エージェントに相談。そしてホワイト企業への転職を実現。

 

その時に利用した転職エージェントは下記3社なので、3社全て利用し、進めていくことをおすすめします。

 

※クリックすると詳細確認できます。

業界最大手【リクルートエージェント】

キャリア相談なら【マイナビエージェント】

転職の悩み解決【doda】

ホワイト企業に転職成功!

最終的には相性の良さそうな転職エージェント1社に絞り、徹底的に企業情報を入手し、面接対策もばっちり行い数社に応募。

 

無事応募企業全てから内定をもらうことができ、自己分析の結果と照らし合わせて最終的に選んだのがホワイト企業です。年収も400万円アップでき転職成功以外の何物でもありません。

 

ちょーホワイト企業で、働きやすい環境ですし、成長企業ということもあり、社内雰囲気も抜群。転職エージェントからも「社内の状況」を入手していたので本当に助かりました。

有休全消化で退職してやりました!

もうね、ブラック企業に恩なんてないので、余った有給休暇を全消化して辞めてやりました。

 

「辞められては困る」と引き止めにあいましたが、完全無視。そんなに居て欲しいなら、不満をぶつけてる時に対応策を検討しろといってやりました(笑)。

 

おかげで約1か月間しっかり体を休めて最高でしたね☆

まとめ

転職失敗という形でもろに痛感したブラック企業の過酷な環境。

 

しかし、高収入を求めた転職については成功。

 

では、いったいなぜブラック企業に入社してしまったのか。私が最も失敗したことは、

 

「ブラック企業だけは避けなければならない」とい思考回路よりも、自分の目指すべきところばかりを優先させてしまったこと。

 

の一言です。だって、転職エージェント側からも「残業について」「過酷な環境」については入手していましたし、転職の効率ついてもほぼ完ぺきでした。自分のやりたいことや目標を優先しすぎると「盲目」になり、思考回路が停止したその隙がブラック企業への入社、つまり、

 

転職失敗

 

を招いたしまったんです。皆さんも転職する際には、自分の目標だけではなく、自己分析の結果とアドバイスをもらえる人からの情報などをしっかり吟味して、最終的な転職の決断を行いましょう。そうすることにより、ブラック企業を避けて転職活動が可能になりますよ!

おすすめ記事

ブラック企業の転職相談はメルマガ登録後可能です!

超絶ブラック企業に在籍していた経験を基に、ホワイト企業へ転職成功するためのノウハウを開発した私。ブラック企業に在籍していたからこそわかる実体験を基に、ホワイト企業への転職について無料で相談できるメルマガをご紹介いたします!

 

そんな夢のような話があるわけないと思っていませんか?

 

ブラック企業を避けて転職するというのは、かなり難易度の高い転職ノウハウになりますが、メルマガ登録で転職成功のノウハウを完全無料でご提供させていただくと共に、無料相談を実施させていただだいています☆

 

メルマガ詳細および登録は下記よりお待ちしております↓

メルマガ登録

本気で転職したい場合は、転職ツールを使い倒せ!!
保育士の本気の転職

転職に必要不可欠なことは、「目的」「対策」です。

 

✔転職する目的はあるのに対策方法がわからない。
✔どんな企業が自分にマッチするのか分からない。
ブラック企業への転職だけは避けたい。
✔業界に詳しい人から転職アドバイスをもらいたい。

 

そんな悩みに答えてくれる最強の転職ツールが「転職エージェント」です。南野弘明自身の4度の転職でキャリアアップができたのは転職エージェントのおかげといっても過言ではありません。

 

ハローワークや転職サイトだけで転職活動をしている人は、転職エージェントを利用して企業選びから面接対策雇用条件交渉をはじめとする手厚いサポートを受けてみよう!ライバルに圧倒的な差をつけるスムーズな転職が可能です!!

Twitterでフォローしよう