▼強み/年収分析最強ツール▼
新卒一年目で転職したい!その理由と成功の秘訣を解説!

新卒一年目で転職したいと思うと、きちんとした理由が必要であったり厳しい転職活動になるため、一歩目が踏み出せないといった方も多いと思います。しかし、今の会社にいることが本当に正しいのでしょうか?新卒一年目で転職する上で大事なこと、転職の秘訣について解説します。

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

注目20代おすすめエージェント

新卒一年目で転職したいと思う人の理由

新卒一年目で転職したい20代女性

新卒一年目は、社会人になって間もなく、やる気に満ち溢れている人もいれば、学生気分が抜けない人もいるでしょう。この新卒一年目は比較的転職希望者も多く、その理由の多くは4つに分類することができます。Yahoo知恵袋でも多くの質問が寄せられているので、その質問について解説します。

 

まずは、新卒一年目で転職したいと思う人の理由について見ていきましょう。

就職活動に納得できる結果が得られなかった

新卒一年目です。お恥ずかしいのですが就活に失敗して自分の行きたい企業ではないとこに入ってしまいました。配属もやりたいことではないです。1社目をキャリアアップのために使って転職するのってありでしょうか?また可能なんですかね?

 

新卒で入社する会社が第一志望であればベストですが、そのような会社に入れることは稀です。第一志望ではなかったという気持ちからやる気が見い出せず、耐えられなくなり転職を考えてしまう方は、非常に多いです。

入社してからやりたいことに気付いた

新卒、入社一年で転職を考えています。やりたいことが見つかり、受けたい会社が今求人をしているので転職活動をしたいと思っています。

 

希望の会社、職種に就けたものの、入社してからやりたいこととは違ったり、本当にやりたいことが分かったといった人は多いです。今後40年近く働く上で、新卒一年目でやりたいことに気付いたということは、意外とラッキーなパターンでもあるかもしれません。

 

関連記事

職場の雰囲気が合わない(人間関係含む)

新卒一年目です。職場の雰囲気といい、女の先輩とうまくいっていなくて辞めたいです。辞めてもいいですかね。どこへ行っても同じですか?

 

新卒一年目で入った会社の人間関係がよい会社であればベストですが、こればかりは新卒の就活で人間関係、上司の人間性を見抜くことは非常に難しいです。社会人になるとやばい会社を見抜けるようになりますが、新卒では会社の組織などを知らないと思うので、運的な要素にたよることが殆ど。その為、入社して人間関係が悪いことが分かり、新卒一年目で転職したいと思う方も多いでしょう。

 

関連記事

ブラック企業だった

自分新卒一年目で去年の4月から働いていたのですが、会社がブラックすぎて辞めたいです。2月末頃に辞めようかなと思っています、まだ会社の人に言ってないですが、、。

 

新卒一年目で心を病んでしまう方も多いです。入社した会社がコンプライアンスなどを徹底している会社であることを見抜くのは難しく、入社して病んでしまうと今後の長い人生にも支障をきたすので早めに転職を考えるべきです。

 

新卒一年目で転職を考え、次の会社こそブラック企業は避けたいと思うのであれば下記のような企業の口コミサイトを利用してみるとよいでしょう。また、自社の口コミをみて明らかにブラック企業的な書き込みが多いのであれば早めに転職を考えておくことがおすすめです。

 

👑地方都市にも強い!転職会議
地方都市も強い!転職会議

画像引用元:転職会議

転職系サービスとしては日本最大級の会員数!転職希望者・転職情報収集、日本中の企業の口コミが集まっているのが特徴です。大手転職サイトと求人を提携しているため、多くの求人をまとめて検索ができるのも転職希望者にはありがたい!地方在住でも色々な求人に出会えたり、企業情報を検索できるのでおすすめ。

調査 結果
登録者数 700万人以上
利用者層 全年代
中小企業 強い
登録 簡単
利用方法 簡単:口コミを投稿すれば一定期間無料で企業情報が閲覧できるので、口コミを投稿してみましょう。
おすすめ理由 実際に働いていた元社員や社員の会社に対する評価や年収、残業時間、有給消化率などを口コミとして見ることができるので、応募企業の生の情報が簡単に入手可能です!
公式HP https://jobtalk.jp/

新卒一年目で転職することを躊躇する理由

新卒一年目で転職したい女性が悩む様子

新卒一年目で転職を考えているけど、辞めること、辞めたあとのことを考えると、不安になり転職を躊躇してしまう人は多いです。会社に対してのうしろめたさ、自分自身に対して自信が持てず今後に関して不安になる方も多いようです。

 

しかし、その考えは間違えています。

 

新卒一年目における転職に対して躊躇する理由、間違えている不安について次に解説します。

入社させてくれた恩がある

新卒年目で転職したい女性が一人で考える様子

会社側が採用活動を行い、自分自身を認めてくれたという恩を感じる人も多いでしょう。多くの新卒応募者の中から少ない枠の中で自分という人間を採用してくれたのに、新卒一年目で転職すると、会社の社長、部長、人事の方に対して失礼に当たると思い、新卒一年目での転職は辞めておこうと考えてしまう方を多く見受けられます。

 

ここが間違えている!
確かし人間であれば恩義を感じるのは当然です。しかし、自分に合わない、人間関係が悪い、ブラック企業といった環境であればどうでしょうか?そのような環境を野放しにしている会社に居続けることが、本当に正しい選択なのか、自分の人生の中でプラスになることはあるのか、そういったことを総合的に考えて転職を決意したのであれば早く転職活動をし、劣悪な環境から逃れないと転職することすら厳しくなってしまいます。

結果を残せていない

新卒一年目で転職したい女性が結果を残すために仕事をする様子

新卒一年目であれば会社に教えてもらうことしかありません。せっかく採用してくれた企業で何か一つでも結果を残してから転職すればあと腐れなく退職できると思う方も多いです。

 

ここが間違えている!
結果を残すというのは簡単なことではありません。社会人になって結果を残せたというレベルの話になると10年経っても会社で結果を残せていない人は山程います。何をもって結果なのかをわからない新卒一年目で、結果について考えてしまうと、10年目で達成できることもわからない状態なので結果を残すではなく、転職先で結果を残せる人物になるということの方が前向きな思考になる為切り替えることが大事です。

職歴に傷が付く

新卒一年目で転職したいが職歴を気にする様子

新卒一年目で転職すると一年目で辞めたという結果が永遠に付きまとい、職歴に傷が付いてしまうことを恐れる人も多いです。履歴書を綺麗にしておくためにも、「3年は頑張るしかない」と考え、ズルズルと居座ってしまっているという人を沢山見てきました。

 

ここが間違えている!
職歴に傷が付くことを恐れ、人間関係がわるい、面白くない、ブラック企業といった会社に居座ってもモチベーションも上がらずスキルも身に付けることができない人が多いです。職歴に傷がつくという考えは、転職を短期間で繰り返したり、一貫性の無い転職を繰り返す場合を指します。その為、新卒一年目での転職を一度行ったくらいでは、職歴に傷がつくことは無いので、そこを気にする必要はないと言えます。

 

関連記事

新卒一年目だからスキルが身についてない

新卒一年目で転職したい女性がスキルが無くて悩む様子

スキルが身についていない新卒一年目は、評価されないと思い転職を躊躇してしまう方が多いです。転職は即戦力が求められるため、応募しても採用されないと思ってしまいなかなか行動に移せないといった悩みを抱きがちです。

 

ここが間違えている!

新卒一年目となるとスキルが十分身についていないのは当然!企業は第二新卒の方に高いスキルを求めていることはありません。むしろ、ポテンシャル(潜在能力)に注目して採用しているので、高い専門スキルよりもポータブルスキルに注目してアピールしていくことが大事になります。

ポータブルスキル:社会人として持っておくと便利なスキル

転職の市場価値がないと思っている

新卒一年目で転職したい男性

新卒一年目では業務の深い知識が無いため、転職市場価値が無く採用されないまたは、採用されても給与は大幅に下がる可能性が有る為、転職することに不安を感じている人も多いです。

 

ここが間違えている!
コロナで新卒採用を止めている企業が多いのは、教育コストがかかることによるもの。第二新卒枠であれば、社会人のビジネスマナー、基礎研修などを在職企業と教えてもらっているため、採用企業側もその点のコストを抑えられると考えています。前述のようにご自身のポテンシャルの高さをきちんとアピールできるかが採用可否に繋がることを覚えておきましょう。

 

もし今の自分に自信がない、自分の価値はどんなところにあるのか、年収相場はどうなのかという点が気になるのであれば、下記の市場価値分析を利用して、年収査定や強み、弱み分析、自己分析などを行ってみましょう。もちろん無料で利用可能です!

 

👑適正年収分析のミイダス👑

画像引用元:ミイダス

サービス紹介
ミイダスは無料で利用できるアセスメントリクルーティングプラットフォーム。44万人が登録(毎月2万人登録)、法人15万社が利用する、転職支援のアセスメントリクルーティングプラットフォームです。

利用価値
・ミイダス コンピテンシー診断が無料。
・市場価値、職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなどのコンピテンシー(行動特性)を分析。

簡単登録
・登録は質問に答えるだけ
・職務経歴書、履歴書の作成、カウンセリング等一切不要。
・キャリアに応じて、質問事項を変えるので正確で効率的。

新卒1年目で転職を決断するタイミング

新卒一年目から転職考えた場合、転職活動をするタイミングが大事になります。次に、新卒一年目の転職タイミングについて解説します。

求人が多い時期を狙う

新卒一年目で転職したい若者が求人を探す様子

一般的に求人が多い時期は、9月~11月、3月~5月頃です。この時期は求人が多い時期なので、よい求人に出会えるチャンスは増えると思います。しかし、コロナによって新卒採用が減少し、第二新卒の採用を増やしている企業の傾向を見ると、第二新卒は一年を通じて応募している企業が多いので、そこまで気にする必要はありません。新卒一年目であれば、1月ごろから転職活動をはじめてみるとよいでしょう。

社会人生活が慣れた時期以降がベスト

入社して1~3か月で退職したいと思うかもしれませんが、できれば仕事が慣れた時期を見計らっての転職がベストです。新卒一年目の試用期間は概ね3ヶ月又は6ヶ月に設定している企業がほとんどなので、試用期間を過ぎたくらいだと基礎研修は終わっているので、それを機に転職活動を始めるとよいでしょう。

有給休暇を与えられてから転職活動を行う

新卒一年目で転職したい女性が有給休暇を利用して転職活動中

転職活動の基本は、在職時に行うことが鉄則です。退職後の転職活動は、社会人ブランクを発生させてしまい、職歴に傷がつくことに繋がってしまいます。また、自己都合退職後は、3か月間雇用保険を貰うことはできません。その為、生活費が苦しくなることからも在籍中に転職活動をしましょう。

 

在籍期間中に活動する為にも大事なのが有給休暇です。有給休暇の付与は一般的に入社後の3か月または6か月経過の新卒一年目の従業員に初年度10日が付与されます。それを利用して効率よく転職活動をすることで上手な転職活動が可能になります。

 

関連記事

新卒1年目なら第二新卒枠を設けている企業を狙うのが秘訣

新卒一年目の転職の場合は、経験者を募集するような求人に関しては採用される確率は極めて低いです。しかし、第二新卒という枠で募集をかけている企業であれば、採用される確率が跳ね上がります。次に、新卒一年目が転職を成功させる秘訣について解説します。

大手は新卒一年目でも積極採用の傾向

ホワイト企業のビル

大手企業は、年間を通じて第二新卒の社会人を積極的に採用している企業が多いです。その為、求人票には明確に「第二新卒積極採用」と書かれていることも多く、求人票から狙い目求人が分かるようになっています。

 

特に大手転職サイトや第二新卒専門の転職エージェントを活用すると、第二新卒募集の求人をピンポイントで紹介してもらえる上に、内定まで転職対策付きでフルサポートを行ってくれます。

 

下記おすすめ第二新卒専門転職エージェントなので、是非活用してみましょう。もちろん、もちろん全てのサービスが無料!

 

注目20代おすすめエージェント

新卒一年目は「未経験歓迎求人」を狙い撃ち

新卒一年目で転職した女性

未経験歓迎の求人は、若手を募集しているという意味も含まれています。その為、経験が浅い新卒一年目の転職にとっても応募資格を満たしています。しかも、未経験求人を募集する意味は、「若手の人材を集めたい」といった意味が含まれています。

 

求人に年齢制限をかける場合、その理由を記載する必要があるのですが、未経験歓迎と書くと若い方を募集したいといったことが求人票からよみとってくれという意味を含んでいので積極的に応募するようにしましょう。

 

👑地方都市にも強い!リクナビNEXT
地方都市でも使えるリクナビNEXT

画像引用元:リクナビNEXT

リクナビNEXTは、日本最大級の転職サイトで登録者数が非常に多いのが特徴です。経験者求人、未経験者可の求人も多く取り揃えているので、地方在住の方の悩みである「求人が無い」ということへの対策に使えます。また、好条件求人や求める人物像がわかりやすく書かれているので、初めての転職活動でも安心して利用できます。

調査 結果
登録者数 900万人
利用者層 全年代
中小企業 強い
登録 簡単
利用方法 簡単
おすすめ理由 履歴書・職務経歴書のダウンロードや自己分析ツールなど様々なコンテンツが無料で利用できるようになります。登録も簡単なので情報収集だけでもOK
公式HP https://next.rikunabi.com/

新卒一年目だからこそ面接対策は必須!

新卒一年目で転職したい男性が面接試験中

新卒一年目は、就活の経験があるから面接対応も大丈夫と思っている人も多いかもしれません。しかし、これは大きな間違いです。新卒の就活と転職の面接は質問されることが大きく異なるのが特徴です。

 

自己紹介、職務経歴、保有スキル、志望動機など対策して答える必要がり、新卒の際に求められるスキルではなく、社会人としてのスキルがきちんと説明できないといけません。

 

新卒一年目がアピールすること
①専門スキル
②ポータブルスキル
③保有資格

 

といったように、次の会社で活躍できるスキルを説明できないと新卒一年目の甘めの採用活動でも不採用になってしまいます。

 

その為に必要なのが面接対策、応募書類対策です。これらの書き方が不十分な新卒一年目の転職を希望される方が多いです。そうならない為にも転職エージェントを利用した転職活動の対策が非常に重要になります

 

個人で応募することよりも転職エージェントを利用する通過率が上がったり、種対策、企業情報、自己分析なども行っているエージェントを下記に集めているので、積極的に活用するようにしましょう!それではまた!

 

おすすめ模擬面接におすすめエージェント

名前 広告 特徴
第二新卒AGENTneo 20代に人気の転職エージェント。手厚いフォローと親身の対応が特徴。
就職Shop 書類選考なしの企業を多く保有。面接対策もばっちり!20代特化のエージェント。
リクルートエージェント 若手からハイクラス求人を多く保有。業界最大手。
マイナビエージェント 新卒でおなじみのマイナビ。転職サポートに特化したエージェント。

※クリックすると詳細ページに遷移できます。

僕が全力でおすすめする転職戦略公開
みんなの転職の悩みベスト3

1位:転職はむずかしい?

2位:ブラック企業だけはやだ!

3位:今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事