転職しない方がいい人なのか考える男性

転職しない方がいい人と転職した方がいい人というのは、今の置かれている現状で大きく異なります。特に、転職しない方がいい人の部類なのに、焦って転職してしまい後悔している方を多く見かけます。今回の記事は転職しない方がいい人5選について解説します。

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

転職しようか、この会社にいた方がいいのか、多くの人が悩みを抱えています。今のご時世転職なんていたって普通のことで、転職することが悪いと思っているのはひと昔前の人たちです。

 

しかし、転職というのは、少なからずリスクもありますし、転職による失敗だってあります。

 

そのリスクについてしっかり考えず転職した人たちの多くが、転職を繰り返しています。

 

そして、新卒から折角入った会社、苦労して転職した会社ですから、会社に残り頑張ることも重要です。今回の記事は、

 

転職しない方がいい人

 

に着目して記事にしたいと思いますので、転職しようか悩まれている人がいるのであれば、是非参考にしてみてくださいね。

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 

転職しない方がいい人てどんな人?

転職しない方がいい人なのか考える女性二人

「会社を辞めたい!」と思っていざ転職したものの、転職先でうまくいかず、再度転職活動を強いられている人を沢山見てきています。

 

その原因の多くは「本当は転職しない方がいい人なのにのに転職活動をしてしまっている」というのが原因です。では、転職しない方がいい人はどんな人かというと下記の3つを見てください。

 

転職しない方がいい人
①自分のスキルに自信がない
②コミュニケーション能力が高くない
③人間関係がよい職場
④給与に対して不満が無い
⑤やりたいことが特にない

 

上記5選に当てはまっている人は転職しない方がいい人です。これらに当てはまっている人は、転職しても後悔することになる確率が非常に高いのでおすすめできません。

 

ではなぜ転職しない方がいい人なのか理由を見ていきましょう。

①スキルに自信が無いと転職活動が難航しやすい

転職しない方がいい人なのか考えすぎて頭を抱える女性

転職しない方がいい人のパターン1として、自分のスキルに自信がない人は転職するにはまだ早いと思った方がいいでしょう。

 

転職とは新卒とは違い、転職先で即戦力として働けることが前提の採用です。その転職先は面接の場で、みなさんが自社で働いて活躍してもらえるかの質問つまり、みなさんのスキルをしっかり確認してきます。

 

自分のスキルに自信が無いと説得力に欠けてしまい、企業側に上手くアピールすることができません。すなわち、転職活動は非常に難航し時間を無題にしてしまう可能性が高いです。

 

まずは今の仕事をしっかりこなし、誇れるスキルを身に着けたり、資格の勉強などをして自分に自信をつけることから始めて『いける!』と思ったタイミングで転職活動をするとよいでしょう。

関連記事

②コミュニケーション能力が低いと転職先で苦労する

転職しない方がいい人のパターン2は、コミュニケーション能力に自信がないと転職先で非常に苦労するので転職することはおすすめできません。

 

現職場ではコミュニケーション能力があまりなくても他のメンバーはみなさんのことを理解しているで『コミュニケーション能力が無い人』だとしても一定の仕事をこなしていれば特に問題視されません。

 

しかし転職活動及び転職先では、コミュニケーションがとれないと『能力が低い人』と判断され、いくらその他のスキルが高くてもダメ人間のレッテルを貼られてしまいます。

 

コミュニケーション能力が低くても転職を成功させたいと思うのであれば、コミュニケーションの資格などを取得して客観的にコミュ力があることを証明するとともに、勉強しながらコミュ力を身に着けていくことをおすすめします。

 

③人間関係に満足できているなら転職しない方がいい人

転職しない方がいい人のパターン3は、現在の職場の人間関係に満足している人です。

 

人間関係に悩んで転職するというの、精神衛生上も転職した方がいい人なのですが、逆に人間関係に悩みが無いのに転職しようと思っているならやめた方がいいです。

 

人間関係というのは構築することが非常に難しいですし、転職してみないとどんな人がいるのか分からないという非常にリスクが高い内容です。

 

今の職場で何らかの問題を抱えているから転職したいと思っているのはよくわかりますが、人間関係に不満が無いのであれば生活できないくらいばい状態でなければ転職しない方がいい人です。

 

今の人間関係を捨ててまで本当に転職すべきかどうかは、転職エージェントなどに一度相談し、結論を出しても遅くないので、キャリアカウンセリングなどを受けてみましょう。

 

下記に紹介する転職エージェントは、転職しない方がいい人にははっきりやめた方がいいと伝えてくれるのでおすすめです!

 

おすすめ!転職エージェント3選
当サイトから登録の多いエージェントはこちら(各サイトに遷移できます)
【若手】20代の転職

【ミドル】
20代、30代の転職

【管理職】
40代の転職

④給与に関しては満足している

転職しない方がいい人のパターン4は、給与に強い不満は無いけどスキルアップしたいといった人です。仕事をするというのは『給与をもらうため』というのが大前提です。この給与は皆さんの仕事の対価であり『我慢料』も含まれていることを忘れてはいけません。

 

仕事内容に不満があり、大したスキルも身につかない会社であれ給与に対して不満がないのであれば、今の会社で自己啓発をしてアピールできるよう努力していけばいいだけです。

 

スキルを身に着けたいから給与を下げてでも転職したいと思っている人は大勢います。

 

しかし企業は会社ではありません。スキルが無い人を雇用するときは、未経験者と同レベルのような扱いをされ今貰っている給与の4分の3程度に下げられる可能性もあります。

 

今の給与に不満がないのであれば、今の会社で最大限努力をし、出世できるくらいの結果をバンバン出し続けていくことを強くおすすめします。

関連記事

⑤やりたいことがないのに転職しても今と変わらない

転職しない方がいい人なのか考える介護職員

最後のパターン5は、やりたいことが無いのに漠然と転職を考えている人です。こういった人は転職しない方がいい人です。

 

転職とは、今の環境とはまったく違う環境で新たに仕事をすることになります。そういった環境では、積極性や高いモチベなどが無いと周りから信頼を得ることはできません。

 

特にやりたいことが無いのに転職してしまうとそのような環境で新たに仕事をしなければならないので非常に苦痛を感じる事になり、少しでも合わないとまた転職を考え始めてしまいます。

 

転職に大事なのは目的と対策です。

 

やりたいことがないという自分の中でそのような思いがあるのであれば目的の部分が欠けているので転職をするにはまだ早いかもしれません。

関連記事

転職しない方がいい人5選:まとめ

転職しない方がいい人なのか分かった男性

今の環境に何らかの不満があるたびに転職を繰り返している人を多く見てきました。

 

そういった方に理由を聞いてみると、冷静な判断ができていないというパターンが非常に多いのが特徴です。

 

転職というのは、人生における一大イベントであることは間違いありません。その一大イベントであるからこそ、会社を辞める決断を簡単に下してはいけないのです。

 

ご家族、友人、会社の同僚や上司、転職エージェントなどの色々な意見を聞きながら冷静に考えて行動に移していくことがとても重要です。

 

その中でも転職のアドバイスを的確に出してくれる転職エージェントは是非利用したいツールだと私は思っています。

 

色々なエージェントを利用してきましたが、親身になって相談に乗ってくれる転職エージェントは結構少なかったと感じています。過去記事に良質な転職エージェントの特集を組んでいるので、本当に転職すべきか悩んでいる人は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

それではよい転職を!

転職なら『doda』がおすすめ!

一押し!doda

サイト名 特徴
doda 登録するとdodaの専門スタッフがみなさんの希望や適性に合った求人の紹介や、転職活動のサポートを無料で行ってくれます。 専門スタッフが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポート。また、必要に応じてキャリアカウンセリングを実施してくれます。

doda

画像引用元:doda

評価項目 解説
求人数 100,000件以上
エージェントの質 面接で本来の自分を最大限にアピールするためのノウハウを専門スタッフが直接アドバイスしてくれる。
登録メリット 履歴書、職務経歴書だけでは伝わらない、人柄や志向、考え方など、転職希望者の方の優れた特性を推薦状や推薦時のメールにまとめ、履歴書、職務経歴書に添えて企業に応募してくれる。
対応エリア 全国
本気で転職したい?転職ツールを使い倒し術

転職に必要不可欠なことは、「目的」「対策」です。

✔転職する目的はあるのに対策方法がわからない。
✔どんな企業が自分にマッチするのか分からない。
ブラック企業への転職だけは避けたい。
✔業界に詳しい人から転職アドバイスをもらいたい。

そんな悩みに答えてくれる最強の転職ツールが「転職エージェント」です。僕自身の転職経験、面接官、人事としてのキャリアを活かして全力でおすすめするエージェントをランキングでご紹介!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!