▼強み/年収分析最強ツール▼
職歴に傷がつく転職はNG!理由と対策についてわかりやすく解説

職歴に傷がつくから転職活動をしないで今の会社に嫌々在籍してしまい、転職のタイミングを逃してしまっている人が非常に多いです。その原因の多くは、職歴の傷の捉え方を間違えてしまっていることが殆ど。職歴に傷がつく転職とそうではないときについて、わかりやすく解説します。

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

注目現役面接がおすすめする転職ツール5選

エージェント リクルートエージェント

日本最大の転職エージェント。求人数No.1!地方にも強い!完全無料!

エージェント 第二新卒AGENTneo

20代に特化したエージェント。求人紹介〜内定まで対策付きでフルサポート!完全無料!

転職サイト リクナビNEXT

日本最大の転職サイト。エージェントと合わせて利用することで、色々な角度で求人情報が入手できる。完全無料!

自己分析 ミイダス

市場価値分析(年収査定)と自己分析が同時にできるおすすめツール。完全無料!

口コミ 転職会議

応募企業の噂を元従業員、現役従業員から口コミとして情報を得られるサイト!自ら投稿で無料になる!

職歴に傷がつく転職とはどのような転職なのか

職歴に傷がつく転職は駄目という男性

職歴に傷がつかないように転職をすることはとても大事です。10年以上面接官として採用活動に携わっていますが、職歴に傷がつくような転職をしている人を採用することは非常に稀です。

 

では、どのようなことをすると職歴に傷があると判断されてしまうのか、そのパターンは大きく分けて3つのパターンがあるので、詳しく見ていきましょう。

一貫性のない職種への転職は職歴に傷がつく

職歴に傷がつく転職に困っている男性

一貫性のない職種への転職を繰り返している(概ね3回以上)応募者は、職歴に難ありと判断しています。つまり、職歴に傷がつくことを恐れている人は、転職する際の職種に一貫性を持たせることが大事です。例えば以下のようなパターンに気をつけましょう。

 

職歴に傷がつく代表例
新卒就活:営業職
転職一回:設計職
転職二回:販売職
転職三回:設計職(応募)

 

このような職種に一貫性がない転職活動をすると、応募企業から「なぜ今回の職種に応募しているのか」という質問をされても説得力がなく非常に薄っぺらく聞こえて採用する気にならないです。

 

今回の事例で設計職を辞めて販売職に転職したのに、また設計職に戻りたいといったとき、設計職を離れた理由が「どこでもいいから内定をもらいたかった」と何を言われてもそのように聞こえてしまいます。

 

しかも、設計職としてのキャリアがあっても十分なキャリアがないと判断されたり、行く場所が無いから片っ端から応募しているように判断されてしまいます。このようなやり方は、職歴に傷がつくよい例なので注意しましょう。

 

こんな転職はOK
逆に設計職(自動車業界)→設計職(半導体業界)のような業界が変わるだけで職種は変わらない転職の仕方は、多様な業界での経験が買われ、好印象を持たれることも多いので職種についてのこだわりについてきちんと面接で説明できるようにしましょう。

 

関連記事

短期で転職を繰り返す転職は職歴に傷がつく

職歴に傷がつく転職を恐れる女性

短期で転職を繰り返している人は、職歴に傷をつけてしまっています企業は、長期で活躍してくれる人を採用しようと考える為、短期で転職を繰り返す人を好みません。転職を繰り返す人の特徴は概ね以下のような印象を与えます。

 

職歴に傷がつくと・・・
・人間関係の構築が下手
・我慢強くない
・十分なスキルが身についていない

 

このような印象を持たれてしまうため、短期で転職を繰り返す人は好まれません。短期というのは、1~3か月で繰り返している人は論外ですが、面接官が見ているのは1~2年以内の転職を繰り返し且つ、5回以上行ってしまっている人と考えておくとよいでしょう。

 

職歴に傷がつく人の特徴は、このようなパターンにはまっている人なので、十分なスキル期間を経ている人は逆にキャリアアップをしているといった捉え方もあります。そのような場合は、面接の際にアピールポイントをまとめ、なぜ転職する必要があるのかを本番できちんと説明できる様準備しましょう。

 

関連記事

ブランクを発生させた転職は職歴に傷がつく

職歴に傷がつく転職を避ける男性

ブランクを発生させる転職は、職歴に傷がつく典型的なパターンなので、自己都合による退職後の転職活動は絶対に辞めましょう。自己合退をしてブランクを発生させると、仕事感が鈍った応募者と判断されるだけでなく、なぜ自己都合したのかについて厳しく質問されることもあります。

 

しかし一方で、会社都合の転職(リストラ、会社倒産のみ)の場合は、きちんとした理由があるので転職理由としては問題ありませんが、ブランクが長い場合は、問題がある為次が決まっていなかったと判断される可能性があります。

 

いずれにしろ、ブランクを発生させた転職は、職歴に傷がつくことに繋がるのでブランクを空けない活動をするようにしましょう。

 

関連記事

職歴に傷がつかない転職をするための秘訣

職歴に傷がつく転職に困る男性

職歴に傷がつく転職、社会人生活を送る上で重い足かせをかけられながら仕事をしているので同じです。キャリアアップの転職がしたいと思ったときでもその足かせが邪魔をして希望の会社に転職できないといった事態に陥る可能性があります。

 

そのようなにならないためにも、正しい転職活動の方法について見ていきましょう。

転職のタイミングを決めておく

職歴に傷がつく転職に悩む30代男性

職歴に傷がつくことを避けるためには、転職のタイミングをきちんと決め、その目標に向かって転職活動を行うことがおすすめです。一般的なタイミングとしては、時期、スキル、市場価値からタイミングを見計らうことが鉄則と言われています。

1:時期

時期とは、求人が多く市場に出回る9月~11月と3月~5月頃を狙って転職活動をすることや、3年以上同じ業界職種を経験してからといった要素を決めておくことが大事です。とくに3年以上と自分の中で縛りを作っておくと、色々な求人にも対応でできるようになり、職歴に傷がつくことなく、キャリアアップの転職と捉えられやすくなります。

 

応募要件に「〇〇経験3年以上」と記載された求人は、大手サイトでも多く、ステップアップの転職に繋がりやすい求人の為おすすめです。職歴に傷がつくとこのような求人への対応ができない為、機会損失に繋がり、転職したいときにできないといった負のスパイラル陥ってしまいます。

 

大手転職サイトに登録し、まずは求人検索をして、どのような職歴のある人物が求められているのか調査して
おくとよいでしょう。

 

2:納得できるスキルを保有する

職歴に傷がつくことを恐れて転職活動をしないことも間違えています。給与が一向に上がらない会社、人間関係最悪な会社、いつも不景気な会社に長年勤めていても、豊かな生活を送ることはできません。しかし、闇雲に転職活動をしてもキャリアダウンになることもあり、そのような転職は職歴に傷がつく原因です。

 

十分なスキルを身に付けて転職することで、スキルを活かした一貫性のある転職活動ができるようにり、キャリアに傷つくことなく、逆に高評価を得られる職歴を作り上げることができます。

 

その為には、専門的なスキルだけではなく、ポータブルスキルを身に付け、なりたい自分をきちんと分析して市場価値高めることが重要です。

3:市場価値分析を行う

職歴に傷がつく転職というのは、市場価値を見出せない転職です。高度なスキルを活かして転職すべきところを、「今の職場から逃れたい」、「不満だからとりあえず辞める」といった考えになってしまい、本当の目的を見失ってしまいます。

 

結果、職種や業界を転々としてしまい、結局なんのスキルも残らなかったということもよくあります。そうならない為にも、今の自分の市場価値を知り、それ以上の転職を繰り返すことが職歴に傷がつかない秘訣です。

 

例えば、年収を例にすると300万円→400万円→500万円といったような転職しているのであれば、職務経歴書にきちんと記載することで、意味のある転職を行っていることが分かります。逆に、500万円→450万円→430万円のような転職では、転職理由とは別の本当の目的(人間関係に不満など)が見え隠れし、職歴に傷がついてしまいます。

 

このようなことが起きないよう、自分の市場価値を下記のような市場価値分析ツールを活用して分析してみることがおすすめです。

 

長く働くことが優秀ではないことを理解する

職歴に傷がく転職をれる40代男性

職歴に傷がつくからできる限り長くはたらき、市場価値を高めるという方法もあります。決して間違えていませんが、これはタイミングを逃していることにもつながってしまい、得策とは言えない場合もあります。長く働けば優秀になるとは限らず、それよりも年齢とスキルが見合っていることが大事であることを、強く意識しましょう。

 

例えば、30代であれば専門的なスキルとある程度のマネジメント能力が求められ、現場を牽引できるようなバリバリの人材が好まれます。そういったスキルを30代でもっていれば市場価値は高いですが、40代でその程度なら不要と思われることも十分ありえます。

 

必要な時期に必要なスキルを身に付けて転職をすることが大事であり、その良い時期に転職することは決して職歴に傷がつくことは無く、逆に良いステップアップと判断され、好まれる傾向にあります。

 

自分に合った転職先をきちんと見つけて、年齢に見合ったスキルを売り込むというのは決して簡単ではありませんが、年代に見合ったエージェントを利用し、マッチ度の高い求人紹介と応募、転職サポートを受けると職歴に見合った転職先への入社が叶う可能性が高まります。

 

転職を考えている方は、年代別におすすめする下記のエージェントに登録し、キャリアカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

 

注目年代別おすすめ転職エージェント

20代 第二新卒AGENTneo
30代 doda
40代 リクルートエージェント
50代 エンワールドジャパン

最後の転職を意識する

職歴に傷がつく転職を恐れない20代男性

職歴に傷がついている方の多くは、転職理由が薄く、覚悟の転職ができていません。問題を解決する手段の一つとして転職はありますが、その解決をメイン手段に使っていることが問題です。職歴に傷がつく転職にならない為にも自己分析、企業研究をきちんと行い、本当に入社したい会社なのかの根拠を自分の中で作り上げることが大事。

 

転職の軸を明確にし、今の自分にできる最大の成果を出せる企業を厳選し応募することで、熱意・意欲が伝わり本当に自分にあった転職先を見つけることができるようになります。

 

各エージェントのキャリアカウンセリングを利用することで、本当に自分にあった職場を紹介してくれます。職種・業界・現在の年齢などによって利用すべきエージェントもことなるので、下記のまとめてサイトを活用し、登録してみるのもおすすめです。それではまた!

 

僕が全力でおすすめする転職戦略公開
みんなの転職の悩みベスト3

1位:転職はむずかしい?

2位:ブラック企業だけはやだ!

3位:今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事