志望動機の作り方を転職ノウハウを見ながら勉強中

志望動機の作り方て意外と悩みませんか?転職を考えている人にとっては悩みの種だと思います。しかしこの作り方には、作成ポイントがあるのできちんと守れば立派な志望動機が作れちゃうんです!現役面接官が見られるポイントを解説!

 

こんにちは!転職アドバイザイーの南野弘明です。

 

転職活動中盤の面接試験。この試験を突破できないと内定獲得は当然ながらできません。皆さんもお分かりのように、面接で必ず答えなくてはいけないのが『志望動機』です。

 

この志望動機で採用の合否が決定すると言っても過言ではないくらい重要です。

 

「弊社になぜ応募しようと思ったのですか?」

 

つまり「あなたの志望動機を教えてください!」ですよね?。この重要質問一つで、多くの方が一次面接で落とされてしまうことが本当に多いです。

 

今回の記事は、志望動機の作り方わ解説します!

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 

●こんな方におすすめな記事●

①もうすぐ面接を控えている
②転職をそろそろスタートしたい
③職務経歴書作成中

 

注目20代の転職希望者必見!

志望動機の作り方一つで合否に大きく関係する理由

志望動機の作り方を転職先に合わせながらポイントを交えて説明するアドバイザー

検索サイトで『転職 面接』の後に必ず来るのが『志望動機』です。つまり、多くの方が面接時に聞かれる志望動機について調べているといこと。

 

それだけ志望動機が重要ということを多くの方が理解しており、作成に悩まれているということ。

 

では、なぜ企業が志望動機を重要視するのかズバリお答えします。

 

僕は現役で面接官として採用に携わっていますが、不採用になった人には共通点がありました。その理由が下記です。

 

志望動機が超絶うすっぺらい

 

です。こういう人は有無を言わさず不採用にしてました

 

なぜだと思いますか?

 

その理由は大きく分けて3つの理由から志望動機が薄っぺらい人を不採用にしていましたので、一つずつ解説していきます。

 

これは、志望動機の作り方に大きく関係するポイントなので要チェックです☆

▶入社してもすぐやめる可能性が高い

志望動機が薄い人は、入社してもすぐに辞める可能性が非常に高いです。この志望動機が薄っぺらくなる理由というのが、志望動機の使い回しが原因です。

 

当たり障りのない志望動機にしないと使い回しができないので、当然志望動機が薄くなります。

 

そういった人は本気で入社したいと思っていない人が殆どです。

 

なので採用しても「自分に合わない」と思ったらすぐ辞める傾向にあります。だから企業側が志望動機を重要視するわけです。

 

薄っぺらい志望動機では、面接官に熱意を伝えることができません。そして、面接官は熱意が無いと辞める可能性が高いと判断し、不採用にしてしまうんです。

 

志望動機の作り方で大事なのは、長く働ける自分をきちんとアピールできるかがポイントになることを覚えておきましょう!

▶プレゼン能力が無い

志望動機が薄い人は、まず間違いなくプレゼン能力がありません。プレゼン能力が高い人は、面接の場で志望動機がどれだけ重要かを理解しているので、しっかりとした対策、練習をしたうえで面接の場に臨みます。

 

志望動機は自分をアピールするチャンスです。

 

プレゼンテーションは、自社の商品を売り込む手段であったり、社内で自分の企画を通す為に説明したりといったアピールの大事な手段ですよね?つまり、

 

志望理由で自分をアピールする能力が無い人は、プレゼン能力が無い

 

と判断できてしまいます。

 

転職の面接は、プレゼン能力が試されているという考え方があれば、志望動機を使いまわすなど考えもしないはずです。

 

使い回し用の当たり障りのない志望動機で、人の心などつかめるはずはないです。その為にも、志望動機の作り方は、ポイントを押さえてマスターしてください。

▶マネジメントスキルが無い人が多い

また、志望動機が薄い人は大抵『マネジメントスキル』が低い人が多いです。先ほどもいいいましたが「人の心をつかめない」為、マネジメントが偏った考えだけで行われ、部下を統率することが非常に難しい人が多いです。

 

逆に志望動機に説得力がある人は、論理的に物事を考え、部下、顧客、会社全体と考え方を広げてマネジメントを行うので、仕事に対して高い成果を残すことができる人が非常に多いです。

 

そういったできる人間をアピールするのが志望動機なので、志望動機の作り方はきちんと覚えておきましょう!

 

次に具体的な志望動機の作り方を解説していきます。

 

注目おすすめ転職3選ツール

転職ツール 特徴
リクナビNEXT 全国の求人情報を勤務地や職種、あなたのスキルや資格などから検索が可能。転職成功のヒント満載の求人/転職のサイトです。
ミイダス コンピテンシー診断が使える!職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、あなたのコンピテンシー(行動特性)を分析できる(完全無料)。
転職会議 国内最大級100万件以上の転職口コミ情報が掲載されています。会員数は500万人以上。日本中の企業の口コミが集まっています。

※クリックすると公式サイトに遷移できます。

最強!志望動機の作り方を公開します【有料級】

転職の志望動機の作り方をネットでポイントを検索中

面接官に好感を持たせる志望動機の作成方法は、次に説明する志望動機の作り方の手順通り作成していけば、超絶簡単に作成できるので安心してください!

 

超重要テクニックなので必ずマスターしてくださいね!

 

大事なことは3つです!

 

志望動機に盛り込む内容はこれ!
①応募企業とのマッチ度
②論理性
③熱意

 

この3つが超重要なので絶対に覚えておきましょう。それでは、次に志望動機の作り方の作成手順をポイントを交えて解説していきます。

前提:質問の裏を読む

企業は、志望動機について質問するときに『弊社への応募理由を教えてください』と大抵の企業が聞いてくるはずです。

 

この質問には裏があり、それには4つ聞きたいことがあるんです。

 

✅一つ目が、この職種を選んだ理由。

 

✅二つ目が、他社との差別化要素。

 

✅三つ目が、あなたのスキルと自社のマッチ度

 

✅四つ目が、熱意です。

 

この4つを論理的に答えられないと、

 

それは弊社じゃなくてもよくないですか?」

 

となってしまうのです。

 

つまり、志望動機が薄いと判断され不採用になるわけです。では次に、志望動機の作り方をポイントを交えて説明していきます。

志望動機の作り方1:なぜこの職種を選んだか

この理由は簡単ですよね。この職種を選んだ理由は、過去の実績、前職の実績を応募企業の職種とマッチしていたからです。

 

しかし、注意しなければいけないのが『未経験』応募のときです。

 

例えば営業→経理と職種変更をする場合、なぜ経理の職種に変更し、なぜ応募企業の経理なのかまでしっかり答えられるようにしましょう。

 

志望動機の作り方のポイントは、この変化が生じたことに対して具体的なアピールです。経理という職種の魅力と営業経験が即戦力として活かせることを説明することが非常に大事です。

志望動機の作り方2:他社との差別化は超重要!

他社との差別化された部分について論理的に伝えることがポイントです。

 

確かに差別化が難しい会社もあります(オリジナリティーがない)。だから在り来たりのことを言う。しかし、それでは採用されることはありません。そのために大事なことはたった一つ!

 

企業研究が重要なんです。

 

この企業研究をやらない人は志望動機が薄くなり、しっかりと説明できないため不採用になってしまいます。

 

企業研究の方法については過去記事でやり方を詳しく書いているのでしっかり読んでください。企業研究は志望動機の作り方に直結します!

 

志望動機は差別化が重要!
①御社のこのポジションに興味を持ち、○○の経験が活かせると考え応募しました。
②御社のこのビジネスの○○という仕事に興味を持ち応募しました。

 

という、他社との差別化された部分について論理的に伝えることがポイントです。

 

関連記事

志望動機の作り方3:求める人物像とのマッチ度

転職エージェントの持つ求人には、求人票の中に細かく『求める人物像』が書かれています。この求める人物像を言い換えると下記の様になります。

 

当社で活躍できる人はこんな人

 

あなたを採用したとき、あなたが使いものにならなければ会社にとって意味がありません。その為転職エージェントが持つ求人には、細かく求める人物像が書かれています。では、これをどのよに説明すればいいかというと、

 

志望動機の中に今までの経験をどのように活かせるか論理的に説明する

 

ことが大事です。次に志望動機の作り方のポイントを交えた例文を見ていきましょう。

▽志望動機例文

上記3つの内容を加味して志望動機を作ると下記の様な志望動機を作ることが可能です。

 

<南野弘明回答> 

これまで、約7年に渡り、中所企業向け生産管理ソフトの営業職に従事してまりました。御社の求人票を拝見し、今までのソフト販売の実績を、御社のWebサービスの販売促進に活かせると考え応募させていただきました。

御社のWebサービスは、製造業向けの在庫管理システムの為、生産管理ソフト販売経験が直結すること、また、御社の強みであるユーザー企業に足を運び、しっかりとした操作説明からアフターフォローをチームで行い解決するという点に他社にはない魅力に共感しております。

現職の知識と経験を活かし社業に貢献し、チーム一丸となり目標を達成していく環境に魅力を感じ応募させていただきました。

 

 

この職務経歴書の志望動機の作り方のポイントをまとめると、以下のような構成になっています。

 

志望動機例の構成ポイント
前半部分:応募職種との直結性
中盤部分:即戦力として働ける根拠
中盤部分:他社との差別化
後半部分:熱意

 

内容が端的にまとめられているので、面接官が深堀質問しやすい説明になっているので、印象のいい志望動機が作られています。

 

志望動機の添削は転職エージェントにお任せ♪

注目年代別おすすめ転職エージェント

20代 第二新卒AGENTneo
30代 doda
40代 【パソナキャリア】

どうしても志望動機の作り方がわからない人は?

志望動機の作り方を転職サイトを見ながらポイントまとめ中

志望動機の作り方はいかがでしたでしょうか?簡単にいうと、「なぜ弊社に応募しとのですか」については、

 

志望動機+即戦力をセットで答える!

 

これを意識しながら志望動機を書いていくというのがポイントです。どんなにあなたが優秀な人間でも志望動機が論理的に説明できなければ企業は採用しません。そこを頭に入れて志望動機を作りあげていくのが超重要です。

 

志望動機は、自己満で終わらせずに、第三者の立場で読んでもらうと改善点が見つかりやすいので、家族、友人または人材紹介会社(転職エージェント)を利用するとよいかと思います。

 

特に、20代の初めての転職の場合、志望動機で差が付きライバルに負けてしまう事例が非常に多いです。

 

しっかり第三者の転職エージェントなどに添削された志望動機は、プロ目線で作られているので説得力が非常にあり好感が持てます。

 

志望動機の作成方法に不安がある場合、下記のように20代専用の転職エージェントを利用してみることをおすすめします!それではまた!

 

注目20代おすすめエージェント

僕が全力でおすすめする転職戦略公開
みんなの転職の悩みベスト3

1位:転職はむずかしい?

2位:ブラック企業だけはやだ!

3位:今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!