▼強み/年収分析最強ツール▼
管理職経験が無いと転職に不利?30代以上の疑問解決!

管理職経験が無い為、転職に不利だと思っている方は意外と多いです。もちろん役職者であれば、転職における即戦力という観点から有利に転職ができる可能性が高くなり、年収UPも期待できます。管理職の経験がないとなぜ不利なのか、無いときの面接対策方法はないのか解説します。

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

●こんな方におすすめの記事●

①30代で転職考えている
②管理職経験が無いので転職に不安
③転職活動の情報収集

【30代】おすすめ転職エージェント

30代の転職は、最も市場価値が高い年代。だからこそ好条件の求人に応募して、大幅なキャリアアップを狙う価値あり!

完全無料で利用できる転職エージェントは、キャリアカウンセリングを通じたマッチ度の高い求人紹介や各種対策、雇用条件交渉(年収交渉)まで幅広くサポート。

ハロワークや求人紙では手に入らない好条件の「非公開求人」を狙い撃ちして転職成功を勝ち取れるおすすめエージェント3社に是非登録してみましょう!

おすすめエージェント 特徴
doda 寄り添う転職サポート
マイナビエージェント 30代のキャリアアップに最適
リクルートエージェント 業界最大手で求人保有数もNo.1

30代以上は何らかの管理職経験が大事!

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

30代の転職に求められるのはやはり即戦力。今までの経験を活かし、早い段階で企業に貢献できることが期待されます。30代、40代となれば、中小企業なら係長から課長クラスが一般的です。

しかし、30代後半に差し掛かりいざ転職活動をしようと思ったとき、求人票に『なんらかの管理職経験・マネジメント経験』と記載されていることありませんでしたか?

これだけ読み取ると、管理職経験者(役職者)でなくては落とされてしまうと考えてしまう人も多いはず。

今回の記事は、30代で管理職経験が無いと転職に不利なのかという点について、企業目線でお答えしていきます

管理職経験が必須かは求人票を要チェック!

管理職経験が無いのに転職しようと思う男性

求人票には、採用の基準が書かれています。

つまり、その求める人物像とマッチしている方を採用したいと考えているので、求人票の内容は要チェックです。

ここに「管理職経験」というワードなどがないかしっかり確認しましょう。

特に、求人票には『必須条件』『歓迎要件』の二点が書かれていると思います。必須条件は、当然入社に必要なことなので、満たしていない方はご遠慮くださいということです。例えば・・・。

求人票の記載例
①×××設計の経験5年以上
②TOEIC500点以上
③何らかのマネジメント経験
④管理職経験

歓迎要件は当社の入社必須ではないけど、あると活躍の場が広がる、そしてそれに応じて同じ能力の方がいれば、歓迎要件を持ち合わせている人を優先して採用することを意味しています。

つまり、必須条件に従い応募の判断をすることが重要です。

ここに管理職経験というワードが無いかは転職の求人票で必ずチェックしてください。

関連記事

管理職経験が活かせる求人例

管理職経験が無いけど転職したい男性

管理職経験を『確実に』求める求人は、以下のようなパターンの求人票が殆どです。

管理職という具体的なワードを使用しないで、指導・教育・マネジメントなどの言葉が使用される場合があるので、きちんとチェックすることがポイントです。

管理職経験を求める求人例
①求人の標題に『管理職候補』等を意図的に記載されている
②必須要件に『部下の指導経験』等の記載がされている
③マネジメント経験などが明確に記載されている

こういった求人は管理職の経験者を募集する求人なので、20代の方には厳しい求人です。逆に30代の方で管理職経験がある方は、求人票の求める能力を加味して応募することをおすすめします。

では、管理職経験無しだと不利になるのかという点を加味して、対策方法を次に解説します。

【おすすめ】転職ツール3選

転職活動は情報戦略が大事。ハロワークや求人紙では得られない様々な情報は「完全無料」で簡単に手に入る時代です。

応募書類対策・面接対策・入社の決断材料などに活用できるおすすめ転職ツール3選に登録し、効率よく転職活動をすすめることは転職成功の秘訣!

登録もわずかな時間で完了!是非この機会に登録しておきましょう!

転職ツール 特徴
リクナビNEXT 全国の求人情報を勤務地や職種、あなたのスキルや資格などから検索が可能。転職成功のヒント満載の求人/転職のサイトです。
ミイダス コンピテンシー診断が使える!職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、あなたのコンピテンシー(行動特性)を分析できる(完全無料)。
転職会議 国内最大級100万件以上の転職口コミ情報が掲載されています。会員数は500万人以上。日本中の企業の口コミが集まっています。

管理職経験無しの人の転職対策方法

管理職経験が無いけど転職の面接まで進んだ男性

管理職経験が無いといっても応募できる求人は沢山あります。

あくまでも求める人物像を基に企業とのマッチ度でアピールすることが重要です。

しかし、往々にして、30代に求められる求人は即戦力重視となるので、マネジメント経験を求める求人が多いのが特徴です。

逆に、未経験、学歴不問といった求人は20代の若手を求める求人なので、給与面も低めに設定されています。

30代家族持ちであるのであれば、少しでも厚待遇の求人を狙う必要があるので、未経験歓迎求人ではなく管理職候補を求める求人に応募することで、キャリアアップも可能になります。

そういった求人は往々にして年収が高額に設定しています。

30代の管理職経験が無い方が、管理職経験の求人に応募できないかというとそんなことはありません。

しかし、あくまでも管理職の経験を求めている求人なので、その代替経験が無いと面接までたどり着けません。その時に必要なのが、実務上の経験です。

応募企業が求めるであろうマネジメントスキルを読み取る

管理職経験が無いのに転職しうと戦略を練る男性

例えば、製造業で考えてみましょう。

製造業だと、主任、班長などの職責の方は、基本役職者と判断されないのですが、マネジメントを行っています

これらは「管理職の経験」という部分で欠かせないスキルのため以下のようなワードがあれば積極的に応募してみることがおすすめです。

何らかのマネジメント経験
・パートの方への指導
・後輩への教育
・他部署との連携

などを通じて、色々なマネジメント経験を有しています

これがいわゆる『平社員』ですと、上記のような経験があまりないはずなので難しいのですが、役職者前のクラスの方は、転職活動において存分にアピールできます。

管理職経験は無いとしても、何らかのマネジメント経験は活かせるので、きちんとアピールしていきましょう。

関連記事

必ずマネジメントからの実績を説明する

管理職経験が無いけど転職の面接でマネジメント経験をアピール中

そして、そのマネジメントの経験でどのような成果を上げることに繋がったかのエピソードを交えて説明しましょう。

管理職経験が無いにしてもマネジメント経験のエピソードで実績の説明が可能になってきます。

例えば「不良品が沢山出ていたので、後輩全員を集め対策会議を実施し、担当者ごとに改善案提出。その中から、できることから全員一丸となって実施し、不良が5%低減した」等の結果をエピソードを交えて説明することが非常に重要です。

 

『できました』や『経験があります』だけでは面接官は納得しません。

 

エピソードを交えて説明することで『共感』してもらうことができるので、イメージを湧きやすく相手に伝わりやすいので、是非実行してみてくださいね!

おすすめ記事

管理職経験無しからの転職:まとめ

管理職経験が無いのに転職できて喜ぶ男性

管理職経験が無いと転職に不利かというそんなことはありません。

あくまでも重要なのは、企業とのマッチ度であることを覚えておいてくださいね。

30代であれば、キャリアアップを目指す必要があるので、応募する求人は即戦力求人となる傾向にあります。

その為、管理職やマネジメント経験は強い武器になりますが、役職者でなくてはそういった求人に応募できないと考えずに、自分が管理職、役職者に相応しい経験をし、その経験が応募企業で活かせることをアピールするようにしましょう。

それではまた!

30代の転職の悩み7選

  • 30代に多い転職理由は何?

    30代の転職理由の多くは大きく分けて3つ分けることができます。

    ①待遇への不満

    30代は企業の中核を担う年代。上司や部下からの板挟みになり、職場の色々な対応に追われます。部下の失敗・納期対応・クレーム対応などが重なり残業も多くなります。そんな忙しい毎日を過ごしても、一向によくならない給与や待遇。努力が報われない一方で、求人サイトや転職エージェントの求人を見るとマッチ度の高い求人を発見!しかも年収は1.2倍!といったように、待遇面の不満から転職活動に踏み切る方が非常に多いです。

    ②キャリアアップ

    30代は、知識・経験・スキルといった面で、ピークの年代です。専門的な業務の吸収が早い為、社内でも活躍している人も多いでしょう。今の職場に不満はないけど、もっと上を目指したキャリアアップがしたいと最も思う年代です。油の乗った30代のうちに、好条件の職場へ転職し、自分の力を試してみたい!もっとスキルを身に着けたい!年収を上げたい!といった思いから転職活動に踏み切る方が多いです。

    ③職場の不満

    30代になると出世コースに乗れる人物とそうでない人物の差が歴然と現れはじめます。同期は他部署で課長になったのに自分は主任止まり。上司からのパワハラ、平等ではない評価、休暇が取れない、いやな仕事を押し付けられるといったように、すべてのことが圧し掛かってくるのが30代です。そのため、職場に強い不満を感じ転職に踏み切る方が多いのも特徴です。

  • 30代の転職タイミングは?

    30代の転職タイミングは、30代前半と後半のタイミングに分けることが可能です。特に30代後半になると、転職難易度が上がってしまうので、転職を考えている場合は、35歳になる前に転職することがおすすめです。

    ①30代前半の転職

    30代前半は、20代で培った経験・スキルを活かしてキャリアアップを考える最適な時期です。特に32歳前後であれば、応募企業の採用担当者も最前線で活躍してくれることを期待して採用します。そのため、大幅な年収アップも見込めるキャリアアップの大チャンスなのが30代前半です。

    ②30代後半の転職

    30代後半の転職は、経験・スキルはもちろんのこと、管理職としての資質が問われる年代です。そのため、面接ではマネジメントの経験談などを確認されることが多いです。35歳を超えて係長以上の管理職経験を活かして転職活動をすると、求人がかなり限定的になってしまうため、厳しい転職活動になるといわれています。ただし、限定的な求人の一方で、管理職募集が多い為、キャリア採用の転職が可能になります。年齢的には37歳前後がベストです。

  • 30代の女性は転職に不利ですか?

    30代の女性は、状況により転職が不利になることが多いです。不利になるパターンは多くの場合、以下に該当するときです。

    ①既婚で子供がいない場合

    既婚でお子さんがいない場合で、今後子供を作りたいと思っている場合は、面接で今後の予定を質問される場合があります。そういったとき企業は、産休・育休・時短といった企業への負担を懸念するので、企業側が納得できる回答の準備が必要です。

    ②既婚で子供がいる場合

    30代の女性の多くは、保育園通園のお子さんがいる方が多いです。小学生になると学童になりますが、一番の企業側の懸念は、急の子供の予定(イベント・風邪など)です。急なお休みが発生する可能性があるため、企業側は育児と仕事の両立をどのように対応していくのかという点を面接で確認しますので、納得のいく回答をきちんと準備しましょう。

    いずれにしろ、子育ての件で不利になる可能性があるので、過去記事の「女性の転職」を参考にきちんと対策をすすめましょう!

    女性の転職ノウハウはこちら▶

  • 30代は未経験でも転職できますか?

    30代に求められる転職市場の価値は、即戦力です。現場の一線で会社に貢献されることを期待されるため、完全に未経験での転職はかなり厳しいです。難易度的には以下のような例が参考になります。

    ①業界も職種も変えない転職:難易度◎

    →IT業界の営業からIT業界の営業

    ②業界を変えて職種を変えない:難易度○

    →IT業界の営業から製造業の営業

    ③業界を変えないで職種を変える:難易度△

    →IT業界の営業からIT業界のSE

    ④業界も職種も変える:難易度☓

    →IT業界の営業から製造業の設計

  • 30代のフリーターから就職できますか?

    30代のフリーターから就職することは不可能ではありません。ただし、クリエイティブな仕事への就職は厳しいため、職種が絞られてきてしまうことを念頭においての就職活動を行いましょう。30代のフリーターの方が就職する先に多いのが、以下のような職種です。

    ①トラック・タクシードライバー

    ②販売員

    ③製造業

    ④営業職

    いずれも高いスキルよりも、自分の努力次第といった職種が多いのが特徴です。

     

  • 30代の転職は何回までOK?

    20代からカウントして3回までの転職ならあまり気にしません。3回までなら会社の雰囲気が合わなかった、キャリアアップしたかったなどの理由から、転職を考える方は多いです。転職をするというのは悪いことと捉えやすいですが、色々な企業を見た経験というのは、プラスに捉えてアピール材料にすることもポイントです。

    しかし、4回目以降になるときちんとした転職理由が採用の合否に直結するポイントになります。例えば、販売員→営業職→介護職→営業職などの転職の経歴になると、一貫性がなく、書類選考すら通過することはできません。職種をころころ変えたような転職になると、きちんとしたスキルを身に着けていないと捉えられやすく、即戦力としての期待が持てないまた、不満があると転職してしまうのではないかという懸念を採用担当者は持ちます。

    そうならないためにも、各々の転職の節目でどのような理由で転職したのかという点を、きちんと説明できるように準備しましょう。

  • 30代の転職ツールは何がいいですか?

    30代の転職は、最もキャリアアップが期待できる年代です。即戦力として期待する企業がほとんどなので、是非我社に来て活躍してほしいと願っています。つまり、それだけの活躍を見込み、入社を応募者に決断してもらうためには「年収」という形で企業からの意思表示をしてきます。しかし、30代の転職で失敗してしまう人の多くは、この待遇面の交渉に失敗しているケースがほとんど。せっかく好条件の転職が可能な年代なのに、自ら放棄してしまっています。そんな難しい条件交渉を完全サポート(完全無料)で行ってくれる転職エージェントを積極的に活用することが、30代の転職には必要不可欠。

    是非下記の30代おすすめツールを活用して、大幅キャリアアップに挑んでみましょう!

    30代おすすめ転職エージェント特集▶

  • 転職エージェント絞り込み検索
    年代
    特徴
    職種
    業界
    さらに詳しく検索
    地域

    Twitterでフォローして限定記事を購読!

    転職を成功の為に読んでおきたい記事