▼強み/年収分析最強ツール▼
求人票の歓迎要件・あれば尚可は要チェック!対策方法解説!

転職の求人票には「歓迎要件」「歓迎スキル」「歓迎条件」「あれば尚可」などの記載事項がありますよね?応募企業がさらにレベルが高い人を求める場合に使用されることが多い転職キーワード。歓迎条件を満たすとどんな利点があるのか、現役採用担当社がわかりやすく解説します。

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

この記事でわかること

①求人の応募基準
②求人票の見方
③上手い転職活動のやり方

求人票マップ

応募条件 必須条件 歓迎要件
学歴不問 年収 試用期間
マネジメント経験 第二新卒 コミュニケーション
人物重視 UIターン 求人票全般

求人票の歓迎要件と何か

求人票の歓迎要件を見る女性

転職活動で大事なことは、きちんと求人票を読み解き、自分に応募資格があるかを見極めること。

その中でも重要なことは求人票に書かれている必須要件(必須条件)がきちんと自分が満たしているかを考えて応募することが大事。

この必須条件を満たしていないと書類選考を通過することは非常に厳しく、応募するだけ無駄な場合もあります。

求人票によく書かれている事例とし、「なんらかの営業経験5年以上」「BtoB営業経験」など必須条件として書かれていることが多いです。

 

それてとは別に「歓迎要件」「歓迎スキル・優遇スキル」「優遇条件・歓迎条件」という形で求人票に書かれていることが多いです。記載事例としては以下の要件があります。

<以下は優遇スキル>
・アウトバウンドのコール営業経験者
・少人数でもマネジメントの経験がある方
・数値の分析から営業戦略の企画をした経験者
・ロジカルに物事を考え実行できる方
・社会情勢などトレンドをキャッチアップできる方

大手転職サイト記載例

参考サイト:リクナビNEXT
参考URL:https://next.rikunabi.com/

必須要件・必須条件はあくまでも応募資格であり、歓迎要件・優遇しキルは、その経験やスキルを持ち合わせている人は「積極的に採用を検討します」という意図があります。

求人票の歓迎要件を満たすと採用確率が跳ね上がる

求人票の歓迎要件を確認する女性

必須条件=応募資格に対して、歓迎要件は「採用に直結する条件」と捉えることが大事です。

必須条件を満たしているのはあくまでも応募条件なのです、歓迎要件・歓迎スキルに注目して面接対策をして臨むことが大事。

自分のスキル・経験がいかに役立つかを表す指標となるのが歓迎要件なので、合致すればするほど採用される確率が上がります。

ただし、完全合致するスキル・経験がなくてもOK。

大事なことはその経験やスキルと類似したものがあるかどうかです。面接では必須条件・必須要件を序盤で確認し、中盤・終盤は歓迎要件・歓迎スキルの確認を行う形で面接が進みます。

求人票にかかれている歓迎要件・歓迎スキルは隅々まで確認するようにしましょう。

おすすめ記事

歓迎要件に対する面接対策

求人票に応募した求職者の歓迎要件を充足度を確認する会議

前述したように、歓迎要件・歓迎条件を満たすことは、採用に直結するのできちんと面接対策を行うことが非常に重要です。

また書類選考通過率を上げるためには、必須条件だけをアピールするのではなく、歓迎要件についてもしっかりアピールすることで通過率が変わります。

次に歓迎要件についての対策方法を解説します。

①歓迎要件の合致・類似した経験を職務詳細に書く

求人票の歓迎要件について職務経歴書で対策中

職務経歴書の詳細欄は、時系列に今までの経験や役職・スキルなどを記載する欄です。

多くの方の職務経歴書を見ると、必須条件については満たしていることを書いていますが、歓迎要件・歓迎条件について満たしていることが読み取れない職務経歴書が多いのが特徴です。

例えば歓迎要件に「自動車業界での品質保証経験」や「何らかの設計経験」などが記載されていればそれを明確に記載しておくことが大事です。

職務経歴書記載例
【企業名】
○○エンタープライズ株式会社
※自動車業界専門のプラスチック成形
【所属部】
品質保証部 品質保証課
※経験12年
【主な業務】
・・・
【主なスキル】
CADで検査装置ジグ設計経験
なご

このように、歓迎要件・歓迎条件に合わせて記載することで、応募企業の採用担当者が見たときにひと目で分かるように記載することが重要です。

この書き方をすることで、ライバルとの大きな差が生まれ、書類選考通過率が一気に上るので是非試してください。

おすすめ記事

②自己PR欄で再度アピール

求人票の歓迎要件を自己PR欄でアピール

職務詳細には端的に載し、最後は自己PR欄でアピールすようにしましょう。

歓迎要件を自分が満たしているということをアピールすることにより、採用担当者に会って話を聞いてみたいと思わせることが非常に重要です。

何を先程の事例であれば、自動車業界のどのようなスキルが応募企業に役立つのかを自己PRすることが大事なので、下記の事例用な自己Pを作成してみましょう。

自己PR
自動車業界での品質保証経験12年により、不適合における是正のみならず、顧客との折衝やクレーム対応なども経験してきましょう。
場合によっては顧客との取り決めにより対策が新規治具導入などの場合もあるので、私自身でCADの勉強を行い、簡単な図面などは描けるようになりました。

このように歓迎要件を自己PRに書くことで、応募書類通過率もあがるので、是非試してみてくださいね!

おすすめ記事

求人票のマッチ度が確認してもらってもOK

求人票の歓迎要件を満たしてる企業紹介_doda

※転職エージェントの仕組み

画像引用元:https://doda.jp/

大手転職サイトなどから応募する場合は、求人票に必須条件や歓迎要件がきちんと記載されているケースがほとんどですが、ハロワークや求人紙ではきちんと書かれていないことがほとんどです。

そんな時は、ご自身のスキルや経験がマッチしている企業の求人を紹介してもらうというのが手っ取り早い方法です。

転職活動の基本は、1社に絞り込むのではなく、複数社を同時応募していくことで効率よく転職活動ができるのでおすすめです(参考記事:平均応募社数)。

しかしその複数社応募は、求人票の合致度で大きく効率が変わります。

転職エージェントから紹介される求人は、ご自身の経験と合った求人紹介がほとんどなので、書類選考通過率・面接通過率が上がり、結論として内定確率もあがります。

転職エージェントの中でも20代に特化した転職エージェントや30代、40代におすすめの転職エージェントは変わってくるので、この機会に是非登録してみてくださいね!

それではまた!

【年代別】おすすめ転職エージェント

完全無料の転職エージェントの活用は、現代の転職では必須ツールの一つ。マッチ度の高い求人紹介から各種転職対策、雇用条件交渉(年収交渉)まで幅広いサービスが受けれます。

企業との太いパイプで年代ごとにマッチした求人を多く保有しているからこそ、選考通過率・内定率が劇的に上がります!

この機会におすすめの下記の転職エージェントに登録し、無料サポートを受けてみましょう!

20代 第二新卒AGENTneo
30代 doda
40代 リクルートエージェント
50代 エンワールドジャパン
転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事