▼強み/年収分析最強ツール▼
マスコミ業界に強い!転職エージェントランキング

マスコミ業界に強い転職エージェントの特徴は、広告会社やマスコミ企業はもちろん、スタートアップから大手企業までプロフェッショナルな求人を紹介してくれます。一般企業を含むマーケティングやデジタル分野の求人も多いのも特徴のひとつ!マッチ度の高い求人を紹介してもらえます!

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

マスコミ業界で転職するならWeb広告事業が大事

マスコミ業界に強い転職エージェントを利用して転職した男性

マスコミ業界といえば花がある非常に人気の業界です。男性・女性問わず支持されている業界なので、非常に人気の業界です。

しかし一方で今後の業界の課題として挙げられるのが、テレビコマーシャルからWeb広告へのシフトです。TV離れが進み、広告代理店や制作会社は衰退していくことが考えられます。

そんな中でもマスコミ業界の中で早くからデジタル化に対応してきた企業は、今後も成長していくことが予想できます。大手高広告代理店、制作会社ではなく、時代の波に乗っている企業に転職していくことが、今後のマスコミ業界での成功の秘訣と言えます。

マスコミ業界の求人例

マスコミ業界に強い転職エージェントを利用して転職活動中

TV離れが進む中でも更に発展していくであろうマスコミ業界。非常に人気の求人ですが、どのような職種が募集されているのか見ていきましょう。

 

【マスコミ業界の求人例】

業界 職種
広告系 デザイナー職(技術)・営業職・企画職
放送系 ディレクター職・技術職(撮影・編集)・記者
情報系 記者・営業職
出版系 営業職・ライター・編集者

①:求人倍率が高い

マスコミ業界の求人傾向として、求人倍率が非常に高い傾向にあります。男女ともに人気の業界であり且つ、技術系職種でなければ未経験でもハードルが低い業界です。特に女性向けの求人も多いことから、女性の未経験からの転職者も非常に多いです。

転職サイトなどに求人をだすと多くの応募者が集まってしまうことから、優良求人などはマスコミ業界に強い転職エージェントなどに求人を出すことが多いです。

今回おすすめする転職エージェントに登録し面談を受けることで、ご自身に合った求人を紹介してもらえるチャンスが増えるので上手に活用してみましょう。

 

おすすめ記事

②:未経験歓迎求人も多い

技術系業務内容でなければ他業界の経験が活かせることも多いので、経験者オンリーの求人だけではなく未経験歓迎求人も多いのがマスコミ業界の特徴です。

学歴よりも今までの業種・業界・職種の経験を重視するので、ポテンシャルが高い方は積極的に採用される傾向にあります。

研修を通じた育成に関しては手厚い業界ではないので期待はできませんが、芸能人の方に対する雑誌の取材などの際は、先輩と同行してOJTで実務を学ぶことができるので、業務を通じて経験をすぐに積めます。

③:平均年収

【マスコミ業界の平均年収】

業界 平均年収
広告系 750万円前後
放送系(テレビ) 1300万円前後
情報系 1000万円前後
出版系 850万円前後

日本の平均年収の倍以上が見込めるのがマスコミ業界。そのため、未経験でもハードルは低い一方で、入社難易度は非常に高いです。

面接試験だけではなく、筆記試験(一般常識、SPI、作文など)も実施されることが多いです。問題集などを一冊購入して徹底して試験対策を行うことがおすすめです。

マスコミ業界に強い転職エージェントであれば、応募書類対策・面接対策などの転職対策も万全。マスコミ業界に精通した担当者との二人三脚での転職が可能になります。

 

おすすめ記事

④:雇用形態には注意しよう!

マスコミ業界に転職する際、未経験からだと「契約社員」「派遣社員」としての雇用形態スタートの求人も多いです。ご自身が求める雇用形態ではない場合、避けることも無難ですが経験を積んでから正社員へ転職することもおすすめです。

また経験者であれば高いレベルで仕事をできることから、海外駐在なども期待できます。

高いレベルで仕事をする場合は、ポータブルスキルはもちろん英語やその他語学を学んでおくことがおすすめです。

マスコミ業界に強い転職エージェントを通じて転職活動をする際も、TOEICの点数などはかならず聞かれますので、ハイレベルの求人に応募する場合は、TOEICのテストを受けておくとよいでしょう。

 

おすすめ記事

マスコミ業界でのキャリアアップは?

マスコミ業界に強い転職エージェント

マスコミ業界でキャリアアップを図りたいといった方は、非常に多いと思いますし、これからも更に増加していくと思います。

マスコミ業界でキャリアアップを図る上で大事なのは、必要なスキルを身に着けていき、それを活躍できる場で活かすつまり「転職」という形も一つの手段であるということです。

特に重要な知識・経験・考え方などをもとに見ていきましょう。

①:Web関連の知識の習得

マスコミ業界でキャリアアップしていくことで今後求められる知識は、Web関連の知識です。単純なライター的な仕事からのステップアップにも欠かせません。

また単純なインターネットに関する知識だけではなく、Webデザインの知識も必要です。

デジタル化に対応できる知識を身に着け、経験を積んでいくことが今後のマスコミ業界でキャリアアップ必要といえます。

マスコミ業界に強い転職エージェントの求人でも、Web広告に関連する求人が非常に多いです。今後の活躍のために是非勉強しておきましょう!

②:制作部門・管理部門の両方の経験を積む

マスコミ業界で長く働きキャリアアップしていくためには、技術的な仕事も管理的な仕事も両方を身につけることが大事。一つのことを極めることも大事ですが、両方の分野を経験していくことで高いステージで仕事をしていことが可能です。

一つの分野を磨いていき、どこかのタイミングで一方の部門に転職をしてステップアップしていくというのは、マスコミ業界ではよくあります。

その変換期のステージのタイミングで転職をすると、相互のスキルを磨いた経験が転職先で大いに役立つこともあり、転職市場では貴重な人材と重宝されることもしばしば。

マスコミ業界に強い転職エージェントを上手く利用することで、上手にステップアップを図ることができるのでおすすめです。

 

おすすめ記事

③:柔軟性のある人材を目指す

マスコミ業界は、営業職・技術職・企画職など様々な分野に精通した人材であることが強みになります。営業職でありながら企画もできたり、企画職でありながら技術も長けているような人材は、マスコミ業界では貴重な人材であるため、更に上のステージにキャリアアップが可能です。

あらゆる場面で柔軟な対応ができるというのは、知識と経験が必要になるので、応募書類や面接の場でしっかりアピールするようにしましょう。

マスコミ業に強い転職エージェントとのキャリア面談では、ご自身の知らない強みの部分もヒアリングを通じて教えてくれるので、積極的に活用していくことがおすすめです。

マスコミ業界で転職を考えたら準備すべきこと

マスコミ業界に強い転職エージェントに提出する履歴書

新たなキャリアアップの手段の一つとして転職があり、マスコミ業界でキャリアアップして行きたいと思ったタイミングで、マスコミ業界で転職するための準備を進めることが成功の秘訣です。

マスコミ業界に強い転職エージェントを利用することはもちろんですが、登録後のキャリア面談が行われる前に以下の準備を進めておくことが大事です。

 

大事な資料一式
◯履歴書(写真添付)
参考記事:履歴書の書き方
◯職務経歴書
参考記事:職務経歴書の書き方
◯ポートフォリオや企画書など(クリエイティブ職・プランナー職希望の方)
◯身分証明書
(免許証、保険証など住所・氏名が確認できるもの)

 

特に、履歴書・職務経歴書はドラフト版を用意しておき、企業ごとに書き換えて応募ししていくことが非常に大事です。よくマスコミ業界で使いまわしで提出されている方を見ますが、書類選考の通過率に大きく影響するのでやめましょう。

また、Webデザイナーなどのクリエイティブ職の転職を希望する場合は、ポートフォリオ(成果物)をきちんと用意してください。これは面接の前に要求されることが多いので、事前に何を提出するか決めておくとよいでしょう。

これらの情報はマスコミ業界に強い転職エージェントであれば事前に教えてくれますし、応募書類のアドバイス、面接対策、ポートフォリオについてのコメントももらえるので、安心して転職活動に臨めます。

マスコミ業界に強い!転職エージェントランキング

マスコミ業界に強い転職エージェントランキング②

『転職エージェント』は、転職者の『悩み』を叶える転職のプロ!キャリア面談を通じて、転職希望者の方にマッチした求人の紹介から、書類選考対策・面接対策そして内定交渉まで『全無料』で対応してくれる転職の強い味方です!

転職エージェントの利用価値はそれだけではなく、転職活動を中の面接調整を相手企業と行ってくれたりトラブルなどにも対応してくれるので、孤独な転職活動を二人三脚で乗り切れるようになります!

 

また、エージェントが持つ非公開求人に応募することで、好条件の求人も紹介してもらえるので是非登録してキャリア面談を受けてみましょう!

👑1位:doda

マスコミ業界に強い転職エージェント_doda
dodaは自分で求人を探せる『doda求人情報サービス』。一人で不安な転職やハイレベルの転職にdodaエージェントサービスが利用できます。一人で心細い転職活動でも的確なアドバイスとフォローで転職成功を勝ち取れます!私が使ったエージェント間違いなくNo.1です。もちろんマスコミ業界に強い転職エージェントでもあるので、是非登録しておきましょう!

求人数 100,000件前後
面談の質 転職の動機からキャリアプランまで寄り添う面談。
対応地域 全国
特徴 転職者満足度No.1。業界を牽引していくほどの大手人材紹介会社。サポート体制も充実。初めての転職でも安心
対応年齢 20代、30代がメイン
公式サイト▶ doda【公式】

👑2位:マスメディアン

マスコミ業界に強い転職エージェント_マスメディアン
マスメディアンは、宣伝会議、販促会議、ブレーン、広報会議などクリエイティブ・マーケティング関連の専門誌を発行し60年以上の歴史を持つ「宣伝会議」のグループ会社。広告・Web・マスコミ職種を専門に転職・就職を支援している。4万人を超える転職支援実績を誇る広告・Web・マスコミの分野に強いNo.1クラスの転職・就職支援会社。

求人数 非公開求人多数
面談の質 企業ごとの特徴に合わせたアドバイスができるのも、専門特化型だからこそ。自信の強みを引き出してもらえます。
対応地域 東京・大阪・名古屋・福岡・金沢と拠点がある為、その周辺地域求人に強みあり。
特徴 これまでの転職実績やノウハウから企業が選考で注目しているポイントや、過去にどんな人がプラス評価・採用されているかなどもアドバイスしてくれる。
対応年齢 全年代
公式サイト▶ 【転職エージェント】マスメディアン

👑3位:リクルートエージェント

マスコミ業界に強い転職エージェント_リクルートエージェント
日本最大級の求人数を持つリクルートエージェント。求人数は20万件前後。各業界に精通したアドバイザーが求職者の希望とスキルを加味して求人紹介をしてくれるので、マッチ度が高いです。日本を代表する転職エージェントなので、マスコミ業界の転職にも強いのが特徴。

求人数 200,000件前後
面談の質 希望とスキルを確認した上での求人紹介なのでマッチ度が高い質の良い面談。
対応地域 全国
特徴 日本最大の求人数を誇るので、マッチ度の高い求人に応募できます。書類添削も行ってくれるので、苦手な方は確認してもらえます。
対応年齢 20代、30代がメイン
公式サイト▶ リクルートエージェント【公式】
▼ランキングポリシー▼
※転職エージェントのランキングおよび詳細は、各HPや私自身が利用した経験、利用者からの声を基に分析した結果を掲載しています。他社を否定するものではありません。また、利用の有効度は個人差があります。複数社に登録し、比較検討されることをお勧めします。
転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事