1年間の転職ノウハウ

障がい者の方必見!成功直結型の転職のやり方を解説!

障がい者の転職方法というと「難しい」や「無理」といったネガティブなイメージがあると思います。しかし実は、健常者の方より断然簡単に転職ができてしまうのが障がい者枠での転職。今回の記事は、障がい者の転職方法(やり方)について、転職初心者の方にもわかりやすく解説します!

転職ノウハウ大辞典

こんな方におすすめの記事

①障がい者として転職を成功させたい
②自分の求める働き方を実現させたい
③正しい転職活動のやり方を知りたい

👑おすす障害者専門エージェント一覧

完全無料
マイナビグループの障害者に特化した人材紹介サービス。
首都圏、関西の地域を中心に求人紹介を行っていいる。
障害者の方が自分らしく働くために、長期的なキャリアイメージに着目して 求人紹介をしてくれる点がマイナビパートナーズの強み。

完全無料
経験豊かなキャリアアドバイザーによるアドバイスと きめ細やかな支援体制で企業と求職者のベストマッチングを進める 身体障がい、内部障がい者のための「転職エージェント」です。

完全無料
dodaチャレンジは、dodaブランドの中の障がい者向けに特化した転職支援サービスです。 大手・優良、外資系、ニッチトップ企業まで幅広い求人ラインナップをご用意しています。 障がいの種類(身体・精神・知的)も幅広くサポート。る。

障がい者の転職方法で注目するのは「企業の障がい者受入体制」

障がい者の転職のやり方をビルで解説

障がい者の転職のやり方をお伝えする前にまず最優先でチェックしていただきたいことは、応募しようと思っている企業の障がい者受入体制をチェックすることです。

 

ここのチェックは超重要!

 

特に障がい者雇用による助成金目当ての会社は、こういった受入体制が完璧な状態で無い中で障害者を受け入れようとしています。

そういった企業で障がい者の方々が満足いく仕事はできませんし、パフォーマンスだってあがりません。

しっかりとした受入体制が整ったところを最優先にし、転職活動をすることが障がい者の転職方法として押さえておく点です。

受入体制が整っている企業は、働く従業員に対しても「障害者の方々とは」とい教育を受けていることが殆どです。

どのように接するべきかなど、障害者と健常者が一緒に働ける環境があることは、長期に働ける安心感をえられるので、転職活動においては最優先で調べるようにしてください。

障がい者の転職のやり方は「心構え」も大事

障がい者の転職のやり方を相談する女性

障がい者の転職のやり方としてまずは「障がい者として転職するための心構え」を大事にしましょう。

健常者の方を含め多くの方が「転職で失敗した」ということを経験されています。

その原因のほとんどが、転職を問題解決の手段としてしか思っていないことが原因 です。

転職というのは「今起きている問題を解決する手っ取り早い問題解決方法」と思っている人がいっらしゃるのであれば、今日限りやめましょう!以下のように考えてください。

転職の格言
転職することが目的ではなく、転職して企業に貢献し、自身も成長していくことが目的!

上記のことを理解していない転職者のほとんどが「失敗」を経験し、なんども転職を繰り返してしまうんです。

障がい者の転職方法の一つはスタート時点での心構えをきちんと持つことです。

転職についての相談は必須

障がい者の転職のやり方がわかった女性

障がい者の方は、健常者の方よりも身体的、精神的な不利なものです。

だからこそ以下のことをもう一度考えてみてください。

 

・本当に転職していいのか
・転職しないで今我慢すれば解決するかも
・給与は低いけど人間関係はいいし・・・

 

など、転職に迷いがあるのであればまずは「相談」 から。

障がい者専門転職エージェントはサポート充実

私がおすすめする転職活動のやり方は、民間企業が経営する人材紹介会社に相談することです。相談およびサービスを含めて「完全無料」で以下のサービスが受けられます。

転職エージェントのサポート
・転職すべきかの悩み
・求人の紹介
・応募書類の対策
・面接対策
・内定後のフォロー

など至れり尽くせりのサービスを受けることができます。

また、私が口を酸っぱくして言い続けている「企業の障害者受け入れ体制」などの情報も入手できるので絶対おすすめの転職方法です。転職方法がわからない人には絶対おすすめ!

「dodaチャレンジ」がおすすめ!

障がい者の転職のやり方_dodaチャレンジ

障がい者の転職活動のやり方で圧倒的に差が付くのが、障がい者専用転職エージェントの存在を知っているか否か

障がい者専用エージェントを利用するメリットは前述した通りですが、あるゆる対策が可能であり、欲しい情報を入手できる強みがあります。

転職エージェントのシステムは「求職者側は完全無料」で「企業側が障害者の方が入社後にエージェント側に報酬を支払う」システムで成り立っています。

この報酬額は高額なこともあり、離職が激しいブラック企業で到底利用できない為、登録することのメリットがありません。

また、高額な報酬を支払ってでも採用したいという企業なので、将来性、安定性にも期待できる企業が殆どです。

👑dodaチャレンジ

dodaブランドの中の障がい者向けに特化した転職支援サービス。
大手・優良、外資系、ニッチトップ企業まで幅広い求人ラインナップを用意。 障がいの種類(身体・精神・知的)も幅広くサポートしてくれる。

完全無料

障がい者の転職はエージェントとゴールを明確に!

障がい者の転職のやり方をネットで検索中

障がい者の転職活動のやり方で失敗しがちなのが「ゴールの設定」を怠ったパターンです。

このゴールというのは要するに、いつまでに転職したいかということです。

離職中であれば、金銭的な問題もあるでしょうし、離職期間を長引かせると仕事観が鈍るということも避けたいですよね?

そういった意味でも「ゴールをいつ頃に設定するか」は、障がい者の転職方法の中でも大事なことの一つと言えるでしょう。

障がい者専用転職エージェントを利用すれば、しっかりとゴールに向かって目標を設定してくれるので安心してください。

これが「個人応募」となるととても大変なので、エージェントに登録してみることをおすすめします。

おすすめ記事

転職における「譲れないこと」を明確に

障がい者の転職のやり方をメモする様子

障がい者の転職活動のやり方で忘れがちなのが「転職における譲れない条件の明確化」です。

当然あなたと二人三脚で転職活動をするキャリアアドバイザーも一緒に考えてくれますが、最後に決めるのは自分です。

そのためには譲れない条件の優先順位を付けることは、転職方法において重要な位置づけになります。

私なら以下のような条件が転職の条件としますね。

 

1位:給与(笑)
2位:職場環境(受入体制)
3位:職場が近い

 

他にも将来性のある企業、自分にスキルに合った企業等色々あると思います。その為にも、自分はどんな企業に転職したいのかは企業選びの重要な要素となるのでじっくり検討しておきましょう!

企業研究は障がい者の転職方法でも大事

障がい者の転職のやり方を模索中

障がい者の転職活動のやり方で難しいのが、企業選びからの「企業研究」です。

企業研究は転職活動において面接の合否を分けるポイントにもなるので、深く行っておくのが転職のやり方です。

しかし!あなたには強い味方の「障害者専用エージェント」がいることをお忘れなく!

エージェントは所謂「転職サポートのプロ」。

企業情報から業界の動向、その企業の実際の仕事や仕事の難易度、給与情報までありとあらゆる情報を持っています

企業研究のやり方が分からなくても、エージェント側があなたにしっかり教えてくれるので安心してください。

もし自分でも確認しておきたければ、応募企業のHPだけでもなんとなく検索して内容を見ておけばいいと思います。

エージェントを経由しない応募を行っているのであれば、帝国データバンクの情報、専門誌など非常に多岐にわたる情報源を駆使しないといけない為、おすすめできません。

障がい者専用エージェントランキング


障がい者の転職方法で最大の難所は面接

障がい者の転職のやり方の秘訣を教える男性

障がい者の転職活動のやり方で最も最難関なのが「面接」 です。

しかし!ここも安心してください。エージェント側は面接における以下の情報や、やり方教えてくれる可能性が高いです。

 

①面接官の人数と役職
②面接回数
③面接で過去に聞かれた内容

 

こういった情報源を武器にエージェントと対策を取ることで、難所のクリアーすなわち「内定」も手に届くところまで来るわけです。

エージェントはそのためにいる訳ですから、二人三脚でしっかり対策することをおすすめします!

障がいの種類(身体・精神・知的)も幅広くサポートしてくれるdodaチャレンジなら面談後も、転職活動中の求職者からの相談を受け付けてくれます。

また企業との面接後には、キャリア・アドバイザーが面接の感触・企業側の反応などをうかがい、今後の転職活動を徹底サポートしてくれます。

エージェントと一緒に最後は内定を勝ち取る!

障がい者の転職のやり方がひらめいた様子

障がい者の転職活動のやり方完全版のラストは「内定」です。

内定後に提示される「内定通知書」と「雇用条件通知書」についてはエージェントが企業側から入手しあなた対して説明してくれるパターンが殆どです。

あなたから企業側に直接しなくていいメリットを生かし、雇用条件に納得がいかない場合は、エージェント経由で交渉してもらうといいですね。

その方が入社後に蟠りもなく、仕事に熱意をもって取り組めますから!

今回の記事で、障がい者の転職方法についてご理解いただけましたか?とても大事なのが民間企業が運営する障害者専用転職エージェントの利用でしたね?

障害者の気持ちに立って親身な相談、転職準備~内定までしっかりサポートを受けることができるので安心して転職活動ができると思います。

この機会に是非障害者専用転職エージェントに登録してみましょう!転職に迷っている障害者の方でも安心して相談できますしやり方も教えてくれますよ!絶対おすすめ!

転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事