▼強み/年収分析最強ツール▼
非公開求人て何?公開求人との違いは?転職用語について解説

非公開求人という言葉を転職活動をしていると一度は聞いたことがある人も多いと思います。合わせて反意語の公開求人という言葉も。公開求人、非公開求人の違いと、各求人に応募するメリットデメリットについて、企業として転職者としても利用した僕がわかりやすく解説します。

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino
この記事で分かること
①公開求人とは何か
②非公開求人とは何か
③それぞれの企業のメリット・デメリット
④応募者のメリット・デメリット
【年代別】おすすめ転職エージェント

完全無料の転職エージェントの活用は、現代の転職では必須ツールの一つ。マッチ度の高い求人紹介から各種転職対策、雇用条件交渉(年収交渉)まで幅広いサービスが受けれます。

企業との太いパイプで年代ごとにマッチした求人を多く保有しているからこそ、選考通過率・内定率が劇的に上がります!

この機会におすすめの下記の転職エージェントに登録し、無料サポートを受けてみましょう!

20代 第二新卒AGENTneo
30代 doda
40代 リクルートエージェント
50代 エンワールドジャパン

公開求人とは何か

非公開求人と公開求人の違いがわかった女性

公開求人は要するに、インターネットや紙媒体(新聞・雑誌(求人誌)など)で企業名を公開するとともに、求人情報を求職者に広く公開することで、多くの応募者を集める方法が公開求人です。

求人情報をきちんと公開することで、多くの求職者の目に留まり、優秀な人材を獲得できるということから多くの企業は求人票を公開し募集をかけています。

 

最近の転職活動では、利用のしやすさからも転職サイトが利用されています。有名どころの転職サイトで言うと下記のような転職ツールがあります。

 

【おすすめ】転職ツール3選

転職活動は情報戦略が大事。ハロワークや求人紙では得られない様々な情報は「完全無料」で簡単に手に入る時代です。

応募書類対策・面接対策・入社の決断材料などに活用できるおすすめ転職ツール3選に登録し、効率よく転職活動をすすめることは転職成功の秘訣!

登録もわずかな時間で完了!是非この機会に登録しておきましょう!

転職ツール 特徴
リクナビNEXT 全国の求人情報を勤務地や職種、あなたのスキルや資格などから検索が可能。転職成功のヒント満載の求人/転職のサイトです。
ミイダス コンピテンシー診断が使える!職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、あなたのコンピテンシー(行動特性)を分析できる(完全無料)。
転職会議 国内最大級100万件以上の転職口コミ情報が掲載されています。会員数は500万人以上。日本中の企業の口コミが集まっています。

 

次に求人を公開する企業のメリット・デメリット及び応募者のメリットデメリットを見てみましょう。

企業が公開求人を出すメリット・デメリット

非公開求人と公開求人の違いを理解した女性

求人を公開することで、多くの応募者を効率よく集めることができます。応募書類が多く集まるということは、選りすぐりの採用活動ができるので、本当に必要な人材を雇用することに繋がります。この部分の考え方が非公開求人との違いです。

さらに、優秀な人材でありながらも自社の求人票をみて応募してきたことからも年収について安い給与で雇用できるといったことにもつながります。条件はそこそこで、よりすぐりの人材を集められるので、非公開求人との違いとも言えます。

その為、幅広く応募者を集めることができるので、自社に本当にマッチした人材を自社で選びきるという大きなメリットが公開求人にあるというのがポイントです。

 

しかし、公開求人にするとデメリットも多く、求人票を出すということは、本当に採用したい人の目に留まって欲しいのに、そうでない人も応募してきてしまうことで、採用活動が長期化する恐れもあります。それと同時に、採用効率が低下し、良い人材をうまく選定できず採用の機会を失うこともデメリットです。

また、求人票には一般的な要求以外記載できません。重要プロジェクトのスペシャリストに来て欲しいと考え、公開求人にしてしまうと、ライバル企業にそのプロジェクト内容を自ら公開してしまうことになります。公開求人は幅広い人材を募集できるメリットもありますが、極秘採用などが行えないといったデメリットがあります。

求職者が公開求人に応募するメリット・デメリット

非公開求人と公開求人の違いを説明する女性

求職者にとっては、公開された求人を利用することで、自分のペースで転職活動ができたり、自分で企業を選んで応募することができるので、そういった面でメリットがあります。

時間の余裕が取れない在籍中の転職活動も自分で計画的にできることからも自由度が高く、手軽に利用できるメリットもあります。

 

逆にデメリットとしては、公開求人はライバルが多くなることから、採用される確率が低くなります。優秀な人材も集まりやすい公開求人の為、公開求人が出たタイミングで応募しないと採用が終わってしまう可能性があるので、公開求人に応募し続けると転職活動が難航することも考えられます。この部分は非公開求人との違いです。

また、求職者が簡単に利用できるということは、ブラック企業も簡単に利用できます。特にハローワークなどの無料で公開している求人は、ブラック企業の温床になり、求職者とトラブルになるケースもあるのが特徴です。

 

利用しやすい反面、その手軽さから不利な雇用条件や、ブラック企業への転職の登竜門になりやすいのも公開求人の特徴といえます。良い条件の企業ほど応募者が殺到するの、多くのライバルと戦う羽目になるのは大きなデメリットと言えれると思います。

 

関連記事

非公開求人とは何か

非公開求人と公開求人の違いを説明する男性

公開求人に対義語が非公開求人です。一般的には公開されない求人な為、普通に転職活動を行っていてもまず出会うことはありません。

その理由としては、自分の転職したいと思っていた会社のHPの採用情報を見ても「現在は募していません」となっているのに、実は非公開求人として一定層だけが知っているということもあるからです。

 

その非公開求人を持っているのが人材紹介会社いわゆる「転職エージェント」です。次に、転職エージェントの非公開求人を利用するメリット・デメリットについて見ていきましょう。

企業が非公開求人を出すメリット・デメリット

非公開求人と公開求人の違いをしって喜ぶ女性

非公開求人のメリットは、大々的にオープンにしたくない求人に対して非公開求人という形で転職エージェントを経由して求人票にマッチした応募者を選定してもらうことができるのがメリットです。この部分は違いと言えます。

非公開求人を出す転職エージェントを利用すると、自社のHPで応募をかける必要もなく、転職エージェントを通じて一括した採用活動が可能になるメリットも一つ。

沢山の応募者を一つひとつ確認して、面接の準備なども大幅に短縮できるので、転職サイトを利用するとより効率の良い採用活動ができるのも違いと言えます。

特にライバル企業には見られたくない「新規プロジェクト・事業」といった内容をエージェントの担当者は極秘で求職者に教えることで、秘密が保たれる採用が可能になります。

 

デメリットとしては、転職エージェントを経由して無事採用になると、企業側は転職エージェント側に予定年収の2~4割程度の報酬を支払う必要があります採用活動費に違いがでます

しかし、応募者の方は転職エージェントの全てのサービスを完全無料で受けることができるので、絶対利用した方がよいでしょう。

 

完全無料サービスの一例
①キャリア面談で転職相談が可能
②マッチ度の高い求人紹介で内定率が上がる
③応募書類対策を行ってくれる
④模擬面接を行ってくれる(エージェントによる)
⑤面接前に企業の極秘情報を教えてくれる
・過去の面接内容
・筆記試験内容
⑥面接日程の調整と面接後のフォローを行ってくれる
⑦内定時に雇用条件の交渉を行ってくれる

求職者が公開求人に応募するメリット・デメリット

非公開求人と公開求人の違いを考える応募者

逆に応募者にとってはメリットが多く、公開されない求人の為、好条件の求人が多いです。年収が高かったり、雇用条件・福利厚生が充実した企業が多いのも一般公開される求人との違いです。

また採用に数百万かけることができる企業である為、中小企業でも安定して伸びている企業が多いことからも求職者にとってメリットがあります。

これはブラック企業のような離職率の高い会社は利用できない構造を生み出すことに繋がるので、ブラック企業対策としても利用価値が高いです。

※僕の利用実績;年収400万円UP

また、非公開求人を紹介されたということは、マッチ度が高く内定獲得が得やすくなりますので積極的に活用しましょう。

 

デメリットとしては、転職エージェントでマッチ度の高い求職者を企業に紹介されることから、選別が行われます。スキルが高く若くて優秀な人材の方がエージェントも紹介しやすいので、年齢が高い人は紹介求人も少なくなります。

ご自身にあった転職エージェントを上手く使わないと逆に不利な転職活動になるので注意しましょう。

 

下記に紹介する年代別のおすすめ転職エージェントであれば、未経験からハイクラスまで対応した転職エージェントなので、年代に合った求人紹介を行ってくれます。特におすすめのエージェントを集めているので、この機会に是非登録してみましょう。

 

【年代別】おすすめ転職エージェント

完全無料の転職エージェントの活用は、現代の転職では必須ツールの一つ。マッチ度の高い求人紹介から各種転職対策、雇用条件交渉(年収交渉)まで幅広いサービスが受けれます。

企業との太いパイプで年代ごとにマッチした求人を多く保有しているからこそ、選考通過率・内定率が劇的に上がります!

この機会におすすめの下記の転職エージェントに登録し、無料サポートを受けてみましょう!

20代 第二新卒AGENTneo
30代 doda
40代 リクルートエージェント
50代 エンワールドジャパン

非公開・公開求人の違い:まとめ

企業の経営状況であったり、求人票の持つ意味は異なるため、みなさんが行きたい会社が公開・非公開なのかHPや転職エージェントでなくてはわかりません。

非公開だけにこだわらず、オープン求人も転職サイトで確認できるよう、両方をうまく活用していくようにし、双方の違いをうまく利用しましょう。

転職サイトで情報集しながらエージェントの紹介求人に積極的に応募していくと、最短の転職活動も可能になります。是非試してみてくださいね!それではまた!

転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事