コロナ転職について不安がある20代の心理状態

コロナ転職は正直厳しい。しかし20代は大チャンス。コロナで敬遠されがち転職というワードですが、ライバルが少なく若手が欲しい企業が沢山あるのが特徴。今回の記事は、20代が上手く転職活動を進める秘訣と新卒採用せずに20代の中途採用に期待する企業の秘密を解説。

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

コロナ感染拡大を止まらぬ状況の中、皆さんは『転職』についてどのようにお考えですか?

 

未曽有の大不況と言われた10年前の『リーマンショック』や20年前の『就職氷河期』と言われていたその時よりさらに酷いのが

 

コロナ大不況

 

です。転職を考えたのに今回のコロナ不況により転職を諦めた20代の方も多いかと思いますが、10年以上の面接官経験と転職経験からの感想からすると、

 

皆さんの『転職しない』は間違えています!

 

今回はコロナ禍の今だからこそ20代はコロナ転職しないと逆にやばい理由を解説していきたいと思います。

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!
『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!

 

コロナ転職は厳しい!転職市場にもたらした影響とは?

コロナ転職について不安がある20代女性の心理状態

コロナという目に見えないウイルスが原因で世界中は大混乱し、多くの感染者、死者をもたらしました。この酷いウイルスは、景気を悪化させたことにより『雇用』にも大きな打撃を与えています

 

2020年夏。大きな話題を呼んでいるキーワードが以下のようなリストです。

 

①会社倒産
②リストラ
③コロナ不況

 

会社倒産、リストラ、離職といったようにネガティブなワードが転職市場で多くつぶやかれています。このコロナがもたらした影響は、好調だった20代の転職にも当然影響を与え、20代の採用を中止した企業は非常に多いでしょう。

 

当然企業は、人件費を削減したい今新しい人を採用したいとは思わないのは当然のことと言えるでしょう。コロナ転職は、年齢を重ねるごとに非常に厳しくなっています。

コロナ禍で増す転職希望者は40代以上が多い

コロナ転職について不安がある20代がハローワークに並ぶ姿

コロナ禍で頻発している『雇止め』ですが、それを行うと逆に増える転職希望者。需要と供給のバランスが崩壊してしまい、転職市場は転職希望者で溢れています。

 

既に非正規雇用者で職が無い方々は転職市場で溢れかえり、逆に正社員として働いているのにコロナ禍だからこそ起きる『会社への不信感』が増したことにより、転職を考え行動している人も多いです。

 

例えば・・・

 

①コロナ感染リスク軽減の『テレワーク』を導入しない
②賞与なし
③給与カット

 

コロナ感染リスク対応への不信感のみならず、生活ができない正社員の方も非常に多いのが現状です。

 

その為転職市場は、転職希望者が溢れかえり、現状は『買い手市場』です。つまり、企業側が有利な採用ができてしまうという転職市場の低迷が起きてしまっています。

 

特に目立つのがリストラによる転職希望者である40代以上。逆にコロナ転職を避けているのが20代。しかし企業が欲しいのは20代のコロナ転職者なので、転職市場と転職希望者の需要と供給が崩れているのが現状です。

20代はコロナ転職を絶対成功させることができる!

コロナ転職でも頑張る20代

コロナ禍で発生した『雇止め』。それとは裏腹に増える『転職希望者』。ライバルが多い中での転職は、かなり不利なので現状は転職しない方がいいという専門家の方が多いはず。

 

しかし、実際は転職しないとまずい20代の方も多いのでそんなことは言ってられないのが現状。

 

例えば・・・

 

①給料が安いのにさらにカットされた
②会社が倒産しそう
③ブラック企業でもう無理
④フリーターで職を失いそう

 

自分の人生に大きく関わることなので流ちょうなことは言ってられない状態です。そういった人は積極的に転職活動を行ってください

 

なんとなく転職を意識している人も、転職市場の調査や業界動向などを加味しながら行動しておくことがおすすめです。

 

しかし20代の方はコロナ転職が不利になるから転職しないと思い、転職市場では20代を求めているのに多くの方がチャンスを逃しているのが現状なんです。

 

つぎに実際にコロナ禍で20代転職希望者がとるべきコロナ転職への行動を見ていきましょう。

▶給与カットは即転職活動を!賞与一部カットはセーフ

コロナ転職について不安があるので貯金額を確認する20代

給与カットと言われるのはいわゆる『基本給の一部がカットされたパターン』です。これは正直会社倒産寸前でリストラを実施しなくてはならない状況に陥っています。

 

給与カットが実施された場合、立ち直れる見込みが明確な企業ならまだしも、殆どの企業はそうではないので、即時コロナ転職をしないとかなりまずいです。

 

特に20代社員にまで給与カットが発生してしまっている企業は要注意!

 

『賞与一部カット』をされた場合は、あと半年様子を見て行動しましょう。多くの企業が前年の30%カットなどを行うとともに、冬のボーナスは全額カットする企業も多いでしょう。

 

もし皆さんの会社が『夏のボーナスも全額なし』だった場合は、危機的状況なので、冬の賞与も全額カットの可能性が高いです。そういった場合は、生活できなくなる場合があるので転職活動を行うべきでしょう。

 

関連記事

▶会社が倒産してからのコロナ転職は超不利!

コロナ転職について不安がある20代が面接まで行けた風景

多くの20代の方はこう考えるでしょう。

 

会社が倒産するまで待って、失業保険をもらいながら転職活動すればいいや!

 

これが通じたのは一年前まで、現在これをやるとほぼ間違いなくコロナ転職ができず爆死します。

 

このコロナ不況は現在はまだましで、オリンピックが開催できないと分かった時点で日本の転職市場はさらに酷くなるでしょう。

 

その為にも今後成長できるだろう業界を見極めて転職しなくてはならないのが『コロナ禍の20代の転職』です。

 

関連記事

▶ブラック企業からの脱出ができるのは20代まで

コロナ転職について不安がある20代が内定をもらった時の風景

ブラック企業でも給与がもらえて、賞与ももらえたなら今は転職しないで頑張った方がいいでしょう!しかし、以下に当てはまったのであれば即コロナ転職が必要です。

 

ブラック企業在籍のこんな人はすぐ転職

①年齢が27~28歳
②精神的に辛い(限界)
③月の残業時間が120時間を超えている

 

逆に上記に当てはまらないのであれば、転職活動しない方がいいでしょう。

 

①は、転職市場価値が高い20代後半の内にブラック企業を脱出しないと、市場価値が低迷する30代だとコロナ禍でさらに厳しくなることが予想できるからです。

 

②は、肉体的な疲れは、なんとか頑張れば耐えられるのですが、精神的に崩壊してしまうと回復することが難しいためです。

 

③は、②と連動しますが、よっぽど残業大好き人間でなければ肉体も精神も崩壊するレベルの残業時間なので転職すべきです。また、残業代全額支給でない会社に勤めているのであれば、即時転職を考えましょう。

 

関連記事

▶現在20代フリーターなら最後の正社員チャンス

コロナ転職について不安がある20代を支えるエージェント

前述してもうお分かりの様に、現在の転職活動が厳しい現状でも20代は転職市場価値が高いため30代、40代よりもかなりコロナ転職のチャンスです。

 

もしこの機を逃してしまうとオリンピック開催不可、オリンピック後の日本の景気はかなりひどくなることはわかっています。だからこそ今正社員への転職をしないと、間違いなく地獄を見ます

 

下手すると『生活保護』、フリーターでの結婚も男女ともに不可能な現状が待っています。

 

フリーターだがら正社員になれないではなく、コロナ禍のまだましな転職市場を利用して転職することが皆さんの将来に大きく影響してしまうので、今が本当の最後のチャンスだと思って行動しましょう。

 

その時に利用すべきフリーター向け転職エージェントについては、下記の様な専門的な転職エージェントを利用すると効率よく転職できるのでお勧めです。

👑20代おすすめエージェン👑

若手1位『第二新卒エージェントneo』

10代・20代のえらぶ就職転職満足度No.1。面接対策満足度No.1、就職転職相談しやすさNo.1と非常の若手層から指示されています。
第二新卒はもちろん、フリーター/既卒/中退/高卒/中卒/早期離職など学歴不問で就業支援を行っているので納得の転職が可能です!
求人数 10,000件前後
面談の質 若手専門のエージェントなので不安解消の為に初回面談は2時間と他社の倍!
対応地域 東京、大阪、名古屋、福岡にオフィスあり
特徴 若手の転職支援実績No.1。初めての転職からキャリアに不安な方までサポートしてもらえます。書類添削、模擬面接なども充実。
対応年齢 10代、20代
公式サイト▶ 【公式】第二新卒エージェントneo
※外部サイトに遷移します

 

関連外部サイト

【完全版】第二新卒エージェントneoのサポートてどうなの?利用価値まとめ

20代のコロナ転職:まとめ

コロナ転職について不安がある20代女性が転職に成功できた風景

コロナ禍での転職は、一般的には不利な市場です。その為1年前とは違い、20代でも転職はかなり苦戦するでしょう

 

しかし、新卒の就活生よりは明らかに有利であり、新卒採用凍結をしている企業でも20代の転職志望者を積極的に採用活動をしている企業が多いのが現状です。

 

正直今転職しない20代は、30代の更なるコロナ不況により転職することは厳しくなってしまうので、20代が最後のチャンスだと思って転職活動を行うべきと考えています。

 

その為の転職の対策は必須であり、当ブログの関連記事でしっかり対策を行うとともに、転職エージェントなどを積極的に活用したアクティブな転職活動がコロナ禍の20代の転職には必要なことだと私は考えています。

 

それではまた!

 

20代おすすめ転職エージェントはこれだ!

20代初めての転職

 

「求人検索、応募書類作成、面接対策、雇用条件の交渉...。初めて尽くしで何から手を付けていいのか分からない。」といった、20代におすすめの転職エージェントを紹介!

登録からサポートまで完全無料で安心して利用できるので、転職エージェントの利用価値は絶大です!

20代特化型から大手転職エージェントまでおすすめ理由を添えて紹介しますので、気になる転職エージェントがあればまずは登録してみましょう!

第一位:第二新卒エージェントneo
ブラック企業を除外、優良企業のみの求人紹介!
 
20代のサポートは業界随一!
20代に特化した転職エージェントである「第二新卒エージェントneo」。株式会社ネオキャリアが運営する関東、関西、九州地方の20代の転職に強みを持っています。求人数も10000社以上を保有し、経験豊富なアドバイザーが親身にサポートしてくれます☆
【特徴】
①書類対策、面接対策徹底サポート。
②サポート時間が他社より長い。
③ブラック企業排除で求人紹介。
④学歴、職歴に不安があってもサポート可能。
【NGユーザー】
18歳以下と29歳以上※詳細確認や登録は以下から確認可能です↓

同率第一位:DYM
最短1週間で入社可能!
 
全国的に幅広い求人紹介なので20代に人気
DYM就職は、第二新卒・既卒はもちろんフリーターやニートの方向けの正社員求人を多数紹介。経歴や学歴に不安があっても正社員に転職・就職ができて、最短1週間でのスピード入社も可能!一人ひとりに合わせた徹底サポートで内定決定率の高さを実現しています。
【特徴】
①優良な正社員の仕事を紹介。
②2000社の優良企業を紹介。
③正社員求人100%。
④ブラック企業は徹底排除
⑤イベント来場者の就職率は脅威の96%。
⑥書類選考なし。
⑦カンタン60秒マッチングサービス。
【NGユーザー】
18歳未満、30歳以上※詳細や登録は以下から確認可能です↓

第三位:マイナビエージェント
大手転職エージェントでも20代に特におすすめ!
大手でもサポート力で他社を圧倒!
株式会社マイナビの人材紹介サービス「マイナビエージェント」。大手転職エージェントにありがちな「サポート力の弱さ」に対して、きめ細かなサポートで20代の転職をサポートしてくれるのが大きな特徴。保有求人数も多いため、全国でサポートしてもらえます☆
【特徴】
①東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富
②20~30代に転職サポートに強い!
③人事&採用担当との太いパイプ!
④応募書類の準備から面接対策可能!
⑤親身な転職サポート!※詳細や登録は以下から確認可能です↓

Twitterでフォローしよう