▼強み/年収分析最強ツール▼
20代の転職に強い!転職エージェントランキング!

20代の転職に強い転職エージェントの特徴は、未経験・経験・第二新卒といった幅広い求人に対応した転職エージェントがおすすめ。特に、はじめての転職になることが多い20代。そんな不安を二人三脚でサポートしてくれるおすすめの転職エージェント3社をご紹介!

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

20代の転職は新卒とは違う!

20代の転職に強い転職エージェントにサポートしてもらう男性

20代の転職といえば、初めての転職者の方も多いのが特徴です。新卒での就活の経験のまま転職活動をしてしまうと、意外と苦労してしまうのが20代の転職です。

履歴書の書き方職務経歴書の提出といった新卒にはない書類の作成が大事なので、それに困惑してしまう方も多いのではないでしょうか?

 

また、転職の基本は過去の経験からの実績や入社後に活躍できるポテンシャルを面接の場で確認されます。20代の転職では、この部分の悩みを持つ方が多く「対応の仕方が分からない」「面接練習したい」といったご相談を多く頂いております。

初めての転職だからこそサポートを受けながらの転職活動を行うことで、二人三脚で内定を勝ち取ることができます。そこで役立つのが完全無料の20代の転職に強い転職エージェントです。

 

サービスの利用メリットについて次に解説します。

①20代の転職だからこそ転職エージェントのサービスを活用する

20代の転職に強い転職エージェントに登録し、キャリア面談を受けることで、将来のキャリア相談から、求人紹介も行ってもらえます。

求人票をただ眺めるだけではなく、キャリアアドバイザー(キャリアカウンセラー)との打ち合わせの中で、自分にマッチした希望の転職先がどこなのか、活躍できるステージが応募企業にはあるのかを、打ち合わせをしながら求人の応募ができるようになります。

②20代の転職は対策が大事

20代の転職に強い転職エージェントが対策を教える様子

20代の転職に強い転職エージェントを活用することで、転職サポートをフル活用できます。特に魅了的なサービスが、応募勝利対策模擬面接です。新卒と異なり、転職では様々なテクニックを利用して応募書類を作成しないと、書類選考は通過できません。

新卒の頃は、学歴やアルバイト経験などが評価されましたが、転職では仕事の経歴が評価されます。

 

転職の面接必須事項
①何を仕事で頑張ったのか
②どのようなことを学んだのか
③それをどのように次の会社で活かすのか

 

これらを論理的に記載し、面接で説明する必要があります。そのテクニックを無料で教えてくれるのが20代の転職に強い転職エージェントです

応募書類対策もきちんと行ってもらえるので、書類選考通過率も一気にあがるのでおすすめです。

③入社後のサポートもある

一人の転職より、すべてのサービスを無料で利用できる転職エージェントに登録して転職活動を進めるほうが断然有利です。

しかしここで不安になるのが、「転職できたらそれっきり」となって相談相手を失ってしまうこと。しかし20代の転職に強い転職エージェントはそんなことはありません。

 

入社後にも転職先で働いている皆さんに対してこまめに連絡を取ることで、納得のいく転職がきちんと成功できたか、転職先がブラック企業ではないかなどしっかり確認をとってくれます。

一人の転職では味わえない手厚いサポートを受けることで、転職活動に成功し、将来活躍できるステップを手伝ってくれるのが20代の転職に強い転職エージェントの存在と言えます。

20代の転職に人気の仕事

20代の転職に強い転職エージェントのサポートで内定を勝ち取った若者たち

20代の転職は、現在の仕事の更にステップアップした仕事から、未経験のキャリアチャンジの仕事まで幅広く転職が行われているのが特徴です。

20代の転職利用で非常に多いのが下記に紹介する4つであり、下記の転職理由に対応できる強みを持つ転職エージェントもランキング形式で後述いたします。

①IT業界で将来性のある仕事をしたい

20代の転職で人気があるのはやはりIT業界です。IT業界といても職種は様々。エンジニア職、営業職、事務職など幅広い職種があるので、必ずしもエンジニアになるということはありません。

 

おすすめ無料ITスクール特集

無料 説明会 スクール名 コース 本校/オンライン
ProgrammerCollege プログラミング
東京/○
GEEK JOB プログラミング 東京/○
ネットビジョンアカデミー ネットワークエンジニア
※CCNA講座
東京/○

\↑完全無料の入校説明会開催中↑/

②大手企業で力を発揮したい!

20代の転職に強い転職エージェントに電話中

新卒での就活に失敗してしまい、滑り止めの企業に就職したものの、企業体質や将来性に不満を感じ転職を決意した方が非常に多いです。

転職サイトやハローワークで仕事を探したものの、自分の納得のいかない企業ばかり。そんな悩み相談が多いのが20代の転職です。

非公開求人をはじめ、良質の転職エージェント持つ求人に応募することで、納得の転職ができるのでおすすめです!

③外資系企業で英語を活かして活躍したい

20代の転職で人気が高いのが、外資系企業への転職です。TOEICの点数はそこそこ持っているけど、今の会社は英語をまったく使わないといったこともよくあります。

「入社前は英語を生かしてほしい」と言われたのに実はまったく利用する機会がないなんてことは結構ざらです。

そのため、外資系企業に転職して英語を活かしたいという思いで転職をされる20代の方は多く、その際に20代の転職に強い転職エージェントを利用して成功している方も多いのが特徴です。

④年収を上げたい

20代の転職に強い転職エージェントの求人を確認中

大学の同期と会うたびに活躍の話をされるとげんなりしますよね?

 

「年収は500万円に達した」

「来月は海外出張だ」

「オフィス35階にあって眺めが良い」

 

こんな話をされて今の自分と比較してしまうと、ほとんどの方が転職を考え始めます。そのときに大事なのが、年収を上げる転職を行うことです。

転職に満足できたかどうかの決定的な結論は「年収」です。どんなに環境がよい職場でも年収が低い企業に行くと間違いなく転職を再度考えはじめます

 

しかし20代の転職に強い転職エージェントを利用することで、良質な求人紹介から、内定後の年収交渉/雇用条件交渉まで無料のサポートを受けられ、大幅な年収アップが可能性があります。

年収アップだけではなく、ご自身の希望を満たしてくれる転職が可能になるのも、20代の転職に強い転職エージェントの特徴と言えます。

20代の転職に強い転職エージェントランキング

20代の転職に強い転職エージェントランキング①

会社内の採用担当者・現役面接官そして、自分の転職経験から転職エージェントを利用した経験より、20代のみなさんに自信を持って紹介できる3社をピックアップいたしました。

転職相談を受ける中でご利用者の皆さんの意見や、私の分析基準よりランキング形式にする際のポイント以下となります。

 

ランキングのポイント
①総合的な評判
②サービス満足度
③キャリアアドバイザーの質
④担当者の対応

 

これらをもとにランキング形式にしてみましたので、是非参考登録・キャリア面談を受けてみましょう!

【補足】転職エージェントの登録にあたって

転職エージェントに登録する際は、2〜3社登録することで、サービスの比較が可能になるのと、複数社登録でスピーディーな転職活動が可能になります。

また、今回ご紹介する転職エージェントは、あらゆる職種・業界に対応できる総合型転職エージェントなので、非常に多くの求人を保有しているのも特徴です。

特化型転職エージェントはこちらから検索

 

最大限サービスを活用するためにも、複数社登録がおすすめです!

👑1位:第二新卒エージェントneo

20代の転職に強い転職エージェントランキング_第二新卒エージェントneo
10代・20代が選ぶ就職・転職満足度No.1。面接対策満足度No.1、就職転職相談しやすさNo.1と非常の若手層から指示されています。第二新卒はもちろん、フリーター/既卒/中退/高卒/中卒/早期離職など学歴不問で就業支援を行っているので納得の転職が可能です。

求人数 10,000件前後
面談の質 若手専門のエージェントなので不安解消の為に初回面談は2時間と他社の倍!
対応地域 東京、大阪、名古屋、福岡にオフィスあり
特徴 若手の転職支援実績No.1。初めての転職からキャリアに不安な方までサポートしてもらえます。
対応年齢 10代、20代
公式サイト▶ 【公式】第二新卒エージェントneo

👑2位:DYM就職

20代の転職に強い転職エージェントランキング_DYM就職
企業の採用担当や企業の社長にも直接交渉してもらえるので、エージェント登録後は書類選考なしでスピーディーな転職活動を実現してもらえます!第二新卒をはじめ、既卒、ニートの方でも安心して正社員を目指すことが可能です!

求人数 公開求人2,000件前後
面談の質 寄り添う転職・就活を実現。完全無料で利用可能。
対応地域 首都圏・関西圏
特徴 一部上場企業からベンチャーまで幅広い求人と就職支援実績。
対応年齢 10代、20代
公式サイト▶ DYM就職【公式】

👑3位:マイナビエージェント

20代の転職に強い転職エージェントランキング_マイナビエージェント
転職未経験の20代でも安心して利用可能。自分に合った求人をキャリア面談を通じて紹介してもらえます。もちろん応募書類添削、面接対策も行ってくれるので、内定率が格段にUP!就活でもお馴染みの『マイナビ』なので、なじみの深い転職エージェントです。

求人数 100,000件前後
面談の質 転職の基本から疑問・対策まできちんと相談可能
対応地域 首都圏・関西圏
特徴 大手エージェントだからこそ支援実績はピカイチ!
対応年齢 20代~30代のビジネスパーソン
公式サイト▶ マイナビエージェント【公式】
▼ランキングポリシー▼
※転職エージェントのランキングおよび詳細は、各HPや私自身が利用した経験、利用者からの声を基に分析した結果を掲載しています。他社を否定するものではありません。また、利用の有効度は個人差があります。複数社に登録し、比較検討されることをお勧めします。

20代の転職の悩み7選

  • 20代で多い転職理由は?

    20代で多い転職理由は大きく分けて3つです。

    ①労働条件(パワハラ・長時間労働・つまらないなど)
    ②待遇(給与・福利厚生など)
    ③人間関係(上司・同僚との関係)

    はじめての社会人として生活。入社初期の1から3年目までに上記に気付いてしまって転職する方が非常に多いです。30代に差し掛かる29歳までは、それなりの経験を積んでさらなるキャリアアップを図りたいと考える人も一定数いらしゃいますが、かなり稀なケースです。

    20代は仕事が慣れていない中、上司・先輩などから過酷な労働を強いられる(パワハラが多い)ことも多く、鬱になる前に転職するまたは、見限って転職に踏み切るケースが多いので、20代の転職理由としてはトップの理由がこの労働環境の悪さです。

    上記の理由からわかるように、過酷な労働を強いられる割には給与が安いといった悩みや、学生時代の友人との給与を比較しはじめてしまい、自分の会社の待遇の悪さに気付いて転職に踏み切る人も多いのが特徴です。

    最後は人間関係です。上司・先輩・ひいきや嫉妬・いじめなど、社会人になってもよくあることです。そういった人間関係に悩んで転職を考える方も多く、悩みすぎてうつ病になる方も多いのが人間関係の悩みなので、必要に応じて転職活動を行ってみるのもおすすめの解決方法の一つです。

  • 20代の転職タイミングは?

    20代の転職タイミングは、前半と後半では大きく異なります。節目となるおすすめのタイミングは以下二つ。

    ①25歳:大学卒業後3年目

    25歳は転職一つの節目です。ポテンシャル採用と言われている第二新卒としての転職活動の最後の年齢なので、高いスキルを求められることが少なく、今後転職先で教育することで活躍をしてもらえるといった方が採用される傾向にあります。その中でも3年の社会人経験を有していることで、ビジネスマナー、顧客対応、専門的な基礎知識・経験などもポテンシャルに+αで活きてくるので、非常に有利な転職が期待できるのが、25歳というタイミングです。

    ②28歳:大学卒業後6年目

    28歳というタイミングは、人生に大きくかかわる節目の年齢といっても過言ではありません。社会人経験もあり且つ、戦力と期待できるほどの経験値を有している可能性が非常に高い年齢です。そのため、現在の職場への待遇面の不満などがある場合、大幅な給与アップが期待できます。例えば年収400万円から500万円など、大きく飛躍できる年齢といえます。

    上記のように、節目のタイミングで転職すると有利な転職ができるので、是非参考にしてください。

  • 20代の女性は転職に不利ですか?

    20代の女性であることが直接不利になることはありません。しかし、20代の女性であるからこそ、将来のことを考えての転職活動をすることが大事です。結婚・出産・育児・家庭など、女性には男性にない苦労が今後待っています。単純に給与がよい、ブランド力のある会社などで転職先を選んでしまうと、育休が3カ月しかとれない、時短が使えないなど不便なことが非常に多いです。そのような環境にいるとまた転職したいということになってしまうため、20代の女性であるからこそ将来を考え、慎重に転職活動をすることがおすすめです。

  • 20代なら未経験でも転職できる?

    20代前半はポテンシャル(潜在能力)採用がほとんど。そのため、今までの短い社会人生活の中で培った経験やスキルを未経験分野に活かすことで、未経験からの転職が可能です。例えば製造業の設計職から製造業の品質管理職、半導体の営業職から不動産の営業職といったように、業界・職種を変えての転職も可能になります。ただし異業種かつ異職種への転職(例:製造業の設計職から不動産の営業職)はそれなりにハードルは高いので、過去記事を参考にきちんと対策を行いましょう。

    20代後半になると経験職への転職が一般的です。営業職から異業界への営業職というパターンであれば未経験でも転職は可能です。しかし、異職種・異業界への転職は、20代前半よりかなりハードルは高くなるので、本当にやりたいことかどうかを見極めるとともに、一時的な給与面のダウンや待遇面の悪化も覚悟した転職になることも視野に入れて転職活動に臨みましょう。

  • 20代フリーターからの就職は可能?

    20代であることは、転職市場で非常に価値の高い存在です。もちろん正社員から正社員の転職が一番価値が高いですが、既卒/フリーター/ニートであっても、20代のうちなら初めての就職も可能です。バイトは職歴としてカウントできないといのが一般的ですが、だからといってスキルがないわけではありません。販売員のバイトをしているのであれば、接客スキル、後輩店員の指導実績などアピールポイントがあります。そういったスキルを活かして就職活動に挑めば、決して難しいことはありませんので是非チャレンジしてみましょう。今は、既卒/フリーター/ニートでも完全無料で利用できる「就職エージェント」がありますので、積極的に活用することがおすすめです。

    ▶就職エージェント特集

  • 20代の転職は何回までOK?

    20代の転職は、2回までならそこまで気にしません。それ以上多い人は転職活動をしてもかなり厳しいと思います。その理由は、応募企業側が採用してもすぐ辞めてしまう可能性があると警戒心を持つことそして、経験が浅いうちに転職しているため、必要なスキルが身についていないと判断されてしまうことがあげられます。もし3回以上転職を繰り返している場合は、転職活動に対する対策をきちんと行うとともに、自分に合った企業に応募し、今後転職はしないという決意を持って転職活動に挑むことが大事です。自分に合った求人の探し方がわからないといった場合は、過去記事を参考に転職活動をすすめてみることをおすすめします。

  • 転職ツールはなにがいいですか?

    20代の転職で活用すべきは、転職サイト・求人サイト・転職エージェントです。ハローワークなどの転職ツールを活用する方も多いと思いますが、正直ブラック企業が多いです。特に顕著なのが、年間休日日数が極端に少ない企業や、賞与が少ない企業、みなし残業代を取り込む企業です。こういった企業はブラック企業気質があるので、避けた方が無難です。そういった企業を避けて転職活動をすすめ、20代のうちに好条件の転職先に転職することが20代の転職のポイント。過去記事を参考に転職ツールを上手く活用しましょう。

    ▶おすすめ転職エージェント

  • 転職エージェント絞り込み検索
    年代
    特徴
    職種
    業界
    さらに詳しく検索
    地域

    Twitterでフォローして限定記事を購読!

    転職を成功の為に読んでおきたい記事