▼強み/年収分析最強ツール▼
30代で未経験の転職は厳しい!その理由と成功の秘訣を解説

「30代の転職は厳しい」と言われる中でも、キャリアアップの目的や現職への不安・業界の将来性から転職活動をする方が最も多い世代です。そんな中で未経験の業界や職種に転職したいと思っている方もいると思います。そんな方は要注意!未経験の転職が厳しい理由と成功の秘訣について解説します。

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

●こんな方におすすめな記事●

①今転職しないとまずい30代の方
②業界を変えて不況を乗り越えたい30代の方
③コロナ禍の転職の仕方が分からない30代の方
④情報収集中の30代の方

【30代】おすすめ転職エージェント

30代の転職は、最も市場価値が高い年代。だからこそ好条件の求人に応募して、大幅なキャリアアップを狙う価値あり!

完全無料で利用できる転職エージェントは、キャリアカウンセリングを通じたマッチ度の高い求人紹介や各種対策、雇用条件交渉(年収交渉)まで幅広くサポート。

ハロワークや求人紙では手に入らない好条件の「非公開求人」を狙い撃ちして転職成功を勝ち取れるおすすめエージェント3社に是非登録してみましょう!

おすすめエージェント 特徴
doda 寄り添う転職サポート
マイナビエージェント 30代のキャリアアップに最適
リクルートエージェント 業界最大手で求人保有数もNo.1

30代で未経験から業界・職種への転職は厳しいです

30代で未経験業界・職種に転職することが厳しいことがわかった男性

不況下の転職はマジできついです!

その中でも30代で未経験の転職は厳しいと言わざる得ません。

もちろん40代以上は更に厳しいです。その大きな理由は『買い手市場』ということが大きな理由です。

転職市場では、市場動向を以下の様に分類するのが一般的です。

転職市場名 状況 転職難易度
売り手市場 応募者側有利
※未経験でも採用されやすい
簡単

企業を選びたい放題なので、条件が気に食わなければお断りOK!

買い手市場 企業側有利 難関

悪い条件でも人が集まるので採用されること自体が難しく、採用されても雇用条件が悪い可能性あり。

今はこの『買い手市場』であるのがコロナ禍の特徴です。

つまり、今転職することは不利な市場であることを意味しています。1人募集の企業に多くて10人しか集まらない企業が、100人集まるというとんでもないことが起きるのが買い手市場です。

現に私がリーマンショック後に面接官として活動していた頃に、エンジニアを募集したら1人採用で100人の応募がありました。

それぐらい不景気はライバルが多く、転職することが難しいといのが現状です。これがコロナ禍の市場で起きているので、30代の方々も本当に今すべきかを慎重に検討すべきというのが今回の趣旨です。

では次に、30代の市場価値を見ていきましょう。

おすすめ記事

未経験からの転職でも転職活動をしたほうがいい30代とは?

30代で未経験業界・職種に転職することが厳しいことがわかった女性

30代は、転職市場の中でも現場レベルの即戦力が期待される年代です。

その為、企業が多少高給を払っても採用したいのが30代だと言えます。

つまり、応募者側の本当の雇用価値を見極められている年代です。

実力が本当に評価されるため、学歴ではなく経験やスキルを評価して雇用されるので、市場価値が高い方は不況云々よりも需要が無限大にあるというのが30代の転職市場の価値と言えます。

しかし、未経験の業界・職種にチャレンジしたいという30代の方は別物です。即戦力が求められる30代なのに未経験となると、市場価値を下げてしまい、非常に厳しい転職活動になります。

ただ、色々な理由から、未経験でも転職しなければならない30代の方もいると思うので、今回は30代未経験の転職活動でも行った方がいい人について解説します。

①会社が倒産寸前

30代で未経験業界・職種に転職することが厳しいことがわかった様子

会社が倒産寸前の場合は、早く転職活動に取り組まないと生活できなくなるの30代の方も多いず。

特に、家のローンや共働きではない世帯の人は、特急で今転職活動をしないと財産を失う可能性があります

会社倒産の可能性だからまだ転職しなくていいと考えている人は大きな間違えで、会社倒産やリストラという結果を背負って活動をするとかなり厳しい転活になります。

会社倒産の前であれば、金銭的余裕があり精神的にもかなり楽なので是非急いで転活を行ってください。

30代で未経験の転職は厳しいと言われる中でも、業界衰退の勢いが自社にも影響しているような企業に在籍されている方は、少しでも経験を活かして早めの転活をするのがおすすめです。

関連記事

②リストラが決行された

30代で未経験業界・職種に転職することが厳しいことがわかった20代男性

リストラの情報が入るとかなり精神的にも負担になりますが、もしあなたがリストラ象にならないという確証や自信があるなら転職活動は不要です。

むしろ今の仕事を全力で頑張ってください!

リストラ決行の前に行われる『希望退職者募集』に応募して転活をした方がよいのかという疑問がありますよね?これについて以下の様に考えるとよいでしょう。

このコロナ禍での転職は30代は本当の実力が試される年代です。今の会社では活躍できないと見限っているのであれば、今がラストチャンスです。

この機を逃したら転職不可能になるかもしれません。

割り増し定職金+3か月分の給料支給等、好条件を提示されているはずなので自分の気持ちを整理しながら第三者的なエージェントのキャリアカウンセリングなどを受けて考えてみるとよいでしょう。

その際は、できれば経験分野が良いですが、未経験分野も視野に入れるといいです。求人とリンクした経験があれば評価対象としてくれる企業もありますので、エージェントなどと一度相談してみましょう。

おすすめ記事

③自分の成長に不満がある

30代で未経験業界・職種に転職することが厳しいことがわかった20代女性

30代の転職は厳しいと言われていますが、自分の実力を正しく評価してもらえないと不満に思っている方は、転職活動を行ってみることがおすすめです。

「自分の実力を試す転職活動」とは、面接までいってどれだけ自分を評価してくれる会社があるのかという点も大事ですが、転職ツールを使うことで確認することができます。

30代の転職活動が厳しいと言われる理由が「転職市場価値がある人材かどうか」なので、その価値を分析できるのが「年収査定」です。

ご自身の年収と市場価値の年収に乖離がある場合は、転職活動を行ってみることがおすすめです。

今の年収が高いのであれば問題有りませんが、低い場合は転職ツールを使ってご自身の年収査定を行ってみるのが良いでしょう。

一般的には、未経験の転職は評価が下がり、厳しい転職活動になりがちですが、事前に未経験分野へ転職した場合の価値がわかれば「やる・やらない」の判断も行いやすくなります。

おすすめ記事

自分の市場価値がわかるアプリ!ミイダス
コンピテンシー診断であなたの特性がわかる!
あなたの「現在の転職市場価値」をミイダス!
7万人の転職データから、類似した経歴・スキルを持つユーザーへのオファー実績から算出。また、企業の選考条件に合致した企業数も算出してくれます!
評価
サービス ミイダスは無料で利用できるアセスメントリクルーティングプラットフォーム。44万人が登録(毎月2万人登録)、法人15万社が利用する、転職支援のアセスメントリクルーティングプラットフォームです。
利用価値 ・ミイダス コンピテンシー診断が無料。
・市場価値、職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなどのコンピテンシー(行動特性)を分析。
地域 全国の地域で利用可能
登録 ・登録は質問に答えるだけ
・職務経歴書、履歴書の作成、カウンセリング等一切不要。
・キャリアに応じて、質問事項を変えるので正確で効率的。
公式サイト https://miidas.jp/

転職活動しない方がいい未経験分野希望の30代とは?

30代で未経験業界・職種に転職することが厳しいことがわかった30代男性

コロナ禍の転職は、先ほどの会社倒産寸前の境地に立たされている人もしくは、リストラを決行されて会社に不満を抱いていた人は、未経験分野を視野に入れた即時転職活動を行った方がいいです。

逆に転職しない方がいい人未経験30代はどんな人なのかを30代の転職は厳しいと言われている根拠と共に解説します。

①ブラック企業に10年以上勤めた人

30代で未経験業界・職種に転職することが厳しいことがわかった30代女性

ブラック企業に在籍して10年以上勤めた経験があるのであればむしろこのまま頑張った方が無難です。

ブラック企業に在籍して頑張れた皆さんなら、今は転職する機会ではありません。

むしろまたブラック企業に転職してしまう可能性もあります。

市場価値が高い20代であれば、ポテンシャル採用(未経験OK)なのでチャンスがありますが、30代の即戦力として働ける本当の実力が試される現在の買い手市場の今はかなり不利です。

更に未経験分野への転職となる場合は、相当苦労します。

とりあえず、あと数年だけでも頑張って市場価値を高めてから転活をすることが30代の転職は厳しいと言われるなかでの対策と言えます。

資格の勉強やスキルを身に着け、未経験と思わせない実力を十分に身につけることがおすすめです。

おすすめ記事

②自分のスキルを上げたいと思っている人

30代で未経験業界・職種に転職することが厳しいことがわかった40代女性

30代の転職希望者の多くは、自分の市場価値を高めたいと考える人が多いでしょう。

しかし、その市場価値を下げてしまうのがコロナ禍の市場かもしれません。現状よりも良い条件の企業を探すのも大変ですし、コロナ感染のリスクだってあります。

また、転職して更に新しいスキルを身に着けたいと思っている30代の方(未経験からの希望)は、かなり厳しい転職になります。

買い手市場(企業有利)では、自分のスキルを売り込める30代のみの需要が多いです。

よっぽど人手不足の企業でもない限り、「未経験だけど勉強します」という姿勢では採用したいと思う企業は少ないでしょう。

今の本当の市場価値がどれくらいなのかは現在はアプリを使って確認できる時代です。そういったアプリを利用して市場価値をまずは調べてみることをおすすめします。

おすすめ転職ツール5選

転職エージェント 20代〜50代まで幅広くおすすめ!
リクルートエージェント
転職エージェント 20代限定の転職エージェント
就職Shop
求人サイト 日本最大の転職サイト
リクナビNEXT
自己分析 市場価値や自己分析に役立つ
ミイダス
口コミ 企業の裏情報入手に役立つ!
転職会議

③転職の目的が漠然としている人

30代で未経験業界・職種に転職することが厳しいことがわかった40代男性

30代の市場価値は即戦力にありその価値に答えられないまたは、漠然と考えている人は転職しない方がいいです。

コロナ禍の転職は、生半可な気持ちでできるほどの余裕はない状況なので、今の会社で頑張っていくことを考えましょう。

こういった方は、30代の転職は厳しいと考え、現職の仕事を全力で取り組むこと強くおすすめします。

特に今の会社・業界の将来性に不安があるという漠然とした予測から、景気のよい分野への転職を未経験からと考えて成功するのはかなり厳しいです。

まずはご自身が本当にすべきかという点を自己分析を行い、深く検討を行うことが大事です。

おすすめ記事

30代の未経験からの転職は厳しい?まとめ

30代で未経験業界・職種に転職することが厳しいことがわかった男女

コロナ禍の転職活動は、未曽有の大不況の為、未経験分野への転職はすべきではないというのが答えです。

しかし一方で、未経験業界や職種への転職をしなくてはならない30代の方もいます。

30代未経験の転職ポイント
未経験でも転職した方がいい30代
①会社が倒産寸前
②リストラが決行された
③自分の成長に不満がある
未経験の転職をしない方がいい30代
①ブラック企業に10年以上勤めている人
②スキルを上げたい(勉強したい)転職
③目的が漠然としている人

上記の厳しい転職となりますが、未経験でも転職した方がいい人に当てはまる30代の方は、転職を即時決断し急いで転職活動を踏み切る必要があります。

今のチャンスを逃してしまうと間違いなく『損』します。そのために利用したいのが転職エージェントです。

エージェントは、在籍しながら転職活動をする有効なツールなので、コロナ禍の30代の転職には非常に役立つので複数社登録しておくとよいでしょう。それではまた!

【30代】おすすめ転職エージェント

30代の転職は、最も市場価値が高い年代。だからこそ好条件の求人に応募して、大幅なキャリアアップを狙う価値あり!

完全無料で利用できる転職エージェントは、キャリアカウンセリングを通じたマッチ度の高い求人紹介や各種対策、雇用条件交渉(年収交渉)まで幅広くサポート。

ハロワークや求人紙では手に入らない好条件の「非公開求人」を狙い撃ちして転職成功を勝ち取れるおすすめエージェント3社に是非登録してみましょう!

おすすめエージェント 特徴
doda 寄り添う転職サポート
マイナビエージェント 30代のキャリアアップに最適
リクルートエージェント 業界最大手で求人保有数もNo.1
転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事