1年間の転職ノウハウ

35歳以上必見!厳しい転職を成功させる6つのことを解説

35歳以上となると転職市場における今までの価値と大きく変わります。ポテンシャル採用からマネジメントスキルや即戦力の要素が強くなるため、自分を売り込む力、そして転職後に活躍できる2つの力が必要です。今回の記事は、35歳以上が厳しい転職成功させる為に絶対にやるべきこと6つをご紹介!

転職ノウハウ大辞典

こんな方におすすめの記事

①35歳を越えて転職したいと思い始めた
②家庭・将来に不安を抱えている30代後半
③40歳までには転職したいと思っている

👑30代におすすめ転職エージェント一覧


 
完全無料
求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1。
実績豊富な 転職エージェ ントが30代の転職を成功に導きます。


 
完全無料
全国の優良企業の求人が豊富。20~30代の転職サポートに強い!
人事&採用担当との太いパイプで、応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート。


 
完全無料
非公開求人を含む約10万件の求人から自分に合った求人を紹介。
企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポート

35歳以上の転職は即戦力!

35歳以上の男性が厳しい転職を成功させるために助言するアドバイザー

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

35歳以上のミドル層の皆様!転職活動を頑張っていますか?

今日は、転職の悩み相談が多い「35歳以上になると転職活動が上手いかない」という悩みについて記事にしていきます。

35歳以上の転職市場は、非常に厳しいのが現状です。35歳以上となると転職市場で求められるのはたった一つ!

 

即戦力です。

 

つまり「一から勉強して、一日も早く戦力になれるよう頑張ります」はあり得ないということ。

今回の記事は、35歳以上からの厳しい転職活動に的を絞って、皆様に転職のコツについて説明していきます。スキルに自信がない方でも、厳しい転職に向け、準備すればなので、上手いやり方もご紹介します!

おすすめ記事

1:35歳以上の男性は未経験に応募しちゃだめ!

35歳以上の男性が厳しい転職市場を分析中

35歳以上の男性が転職市場で求められるのは「あなたの経験」だけです。

その経験を軸に転職市場で求められる即戦力として働ける企業に応募しなくては、市場価値を生み出すことはできません。

35歳未満の男性の転職活動は、自己分析やりたいことを確定させる経験がどのように活かせるか戦略を練るという対策が非常に効果的ですが、その方法が通じるのは35歳未満だけであることをしっかり理解してください。

 

基本的には、転職市場で求められることは即戦力のみ

 

若年層であればポテンシャル(潜在能力)を加味した採用が一般的なため、多少の経験不足は許されるでしょう。その為厳しい転職になるということはありません。

35歳以上になると大事なのは、マネジメント能力やテクニカルスキルといった経験値が求められます。その為、そういった管理能力がない転職希望者は転職活動に苦戦を強いられる可能性は非常に高いです。

関連記事

2:35歳以上は『スキルと経験を活かす』に注力

35歳以上で転職する羽目になり、厳しい面接が行われている風景

35歳以上のビジネスパーソンは、自分のやりたいことを探す旅は完全に終了しています。

35歳以上のビジネスパーソンに「これから教育して・・・」なんて企業側は一切考えていません。

企業側は、即戦力つまり、あなたの経験(財産)を我社で徹底的に活かして、即貢献してくれ!これだけです。

財産とは具体的に何かというと、①業務に必要な知識②人脈③多くの経験の3点セットです。

この3つが活かせない会社であれば「応募することすら無意味」なので履歴書、職務経歴書なんて送る必要はありません。

逆に3点セットがしっかりとマッチするのであれば「即応応募」してください。

転職というのは「縁」ということばが使われるように「タイミング」がとても大事です。

「後で応募しよう」「候補の一つとして考えよう」は機会の喪失につながるので絶対にやめましょう。

35歳以上の厳しい転職活動だこそ、タイミングを意識した転職活動が重要になってきます。

関連記事

3:転職先で勉強が許されるのは30%程度と考えておく

35歳以上で転職する羽目になったがスキルなしなので厳しい転職活動実施中

35歳以上で最前線で働くビジネスパーソンが転職活動をして即戦力になりうる会社に入っても、やはり「勉強」は必要です。

文化の違う企業に入社するわけですから「ルール」も当然変わってきますので、今までの経験や知識が全て活かせるとは考えにくいです。

入社後に自分の今までの経験が活かせるのは70%程度であり、 30%程度は入社後に勉強しなくてはならないということを覚えておきましょう。

これが50%勉強となると即戦力という面が薄れてくるので、非常に厳しくなります。

勉強度合いが80%を超えてしまうと、もはや会社側から烙印を押されてしまうので、下手すると用期間で解雇の可能性も出てきてしまいます。

それだけ若者世代よりも転職活動が厳しくなってくるというのが現状です。

関連記事

4:35歳以上は自分のスキルの棚卸が必須

35歳以上で転職する羽目になり厳しい現実をしる男性

35歳未満の男性であれば「何ができるか」よりも「どのように成功したいか」という面に自己分析結果を絞っていきますが、35歳以上は、応募企業でどの様に即戦力として役立つことができるかの1本勝負です。

この意味は、同業他社以外は応募不可能といっているわけではなく、即戦力として応募しようとしている会社で、本当に今までの経験が活かせるかどうかを見極めるということを意味します。

例えば製造業であれば、機構部品の設計経験は十分。成形関係の経験もあり、その経験は応募企業にどのように活かすことができるかをしっかり研究することを忘れてはいけないということです。

厳しい転職活動を二人三脚で達成できる強い味方である転職エージェントなどは積極的利用することがおすすめです。

👑30代におすすめ転職エージェント一覧


 
完全無料
求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1。
実績豊富な 転職エージェ ントが30代の転職を成功に導きます。


 
完全無料
全国の優良企業の求人が豊富。20~30代の転職サポートに強い!
人事&採用担当との太いパイプで、応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート。


 
完全無料
非公開求人を含む約10万件の求人から自分に合った求人を紹介。
企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポート

5:「自分の経験を売り込む」ことが最大の対策

35歳以上で転職する羽目になって厳しい転職活動に嫌気がさしている男性

35歳以上の転職活動における面接の場を想像してみましょう。

企業が求めている情報は「求人票」からしっかり読み取れると思います。

その内容を基に、いかに自分の経験が応募企業にマッチしているかをしっかりアピールする必要があります。

つまり「あなたのやりたいこと」なんて企業に一切話す必要はなく、あなたの経験が応募企業にどれだけ価値があるかだけをひたすら面接の場で攻めていくことが35歳以上の厳しい転職市場で生き残る有効な手段と言えます。

しかし、多くの人は転職の考え方を「やりたいことをやるために転職するんだ!」という熱い思いで転職を決意しますが、35歳以上のビジネスパーソンにそんな自己都合は通用しません。

企業側もそんな人物求めていません。

35歳以上のビジネスパーソンに対して、転職市場が求めていることはたった一つ!

 

我社に役立つ人物であるかどうか

 

だけを面接官は見ているということをしっかり頭に叩き込んで応募書類対策、面接対策に取り組んでください!

ここがずれると厳しい転職活動を更に悪化させてしまう要因になってしまいます。

関連記事

6:35歳以上の転職活動は「質の高い求人」を探せ!

35歳以上で転職する羽目になったがスキルなしで厳しい転職なのでエージェントに相談中

35歳以上のビジネスパーソンとして、待遇の良い求人を探したいならハローワークや求人誌で求人を探すことは大きな間違いです。

ハローワークの求人に応募して次が決まっても皆さんの納得いくい企業に出会える可能性は低いでしょう。

特にハローワークの求人というのは、無職者が使う転職ツールです。

ビジネスパーソンとして成功を勝ち取りたいなら「質の良い求人」を転職サイトや転職エージェントを利用して転職活動をすることが非常に効果的な探し方と言えます。

特におすすめなのが、転職エージェントです。

転職エージェントが持つ求人というのは一般では公開されない「非公開求人」が多く、大手企業をはじめ、優良中小企業、右肩上がりのベンチャー企業など「即戦力」を武器として戦える案件が非常に多いです。

そういった企業にアピールすることで高待遇の求人に出会うことができ、キャリアアップすることができるということを覚えておきましょう。

初めての転職、転職経験済みでもその人に合った求人の紹介をしてくれますので、登録後の面談で悩みや不安をしっかり相談してみましょう!

私自身ももちろん厳しい転職活動を経験しており、その際には積極的にエージェントを利用していましたのでおすすめ!

それではまた!

30代の転職の悩み7選

  • 30代に多い転職理由は何?

    30代の転職理由の多くは大きく分けて3つ分けることができます。

    ①待遇への不満

    30代は企業の中核を担う年代。上司や部下からの板挟みになり、職場の色々な対応に追われます。部下の失敗・納期対応・クレーム対応などが重なり残業も多くなります。そんな忙しい毎日を過ごしても、一向によくならない給与や待遇。努力が報われない一方で、求人サイトや転職エージェントの求人を見るとマッチ度の高い求人を発見!しかも年収は1.2倍!といったように、待遇面の不満から転職活動に踏み切る方が非常に多いです。

    ②キャリアアップ

    30代は、知識・経験・スキルといった面で、ピークの年代です。専門的な業務の吸収が早い為、社内でも活躍している人も多いでしょう。今の職場に不満はないけど、もっと上を目指したキャリアアップがしたいと最も思う年代です。油の乗った30代のうちに、好条件の職場へ転職し、自分の力を試してみたい!もっとスキルを身に着けたい!年収を上げたい!といった思いから転職活動に踏み切る方が多いです。

    ③職場の不満

    30代になると出世コースに乗れる人物とそうでない人物の差が歴然と現れはじめます。同期は他部署で課長になったのに自分は主任止まり。上司からのパワハラ、平等ではない評価、休暇が取れない、いやな仕事を押し付けられるといったように、すべてのことが圧し掛かってくるのが30代です。そのため、職場に強い不満を感じ転職に踏み切る方が多いのも特徴です。

  • 30代の転職タイミングは?

    30代の転職タイミングは、30代前半と後半のタイミングに分けることが可能です。特に30代後半になると、転職難易度が上がってしまうので、転職を考えている場合は、35歳になる前に転職することがおすすめです。

    ①30代前半の転職

    30代前半は、20代で培った経験・スキルを活かしてキャリアアップを考える最適な時期です。特に32歳前後であれば、応募企業の採用担当者も最前線で活躍してくれることを期待して採用します。そのため、大幅な年収アップも見込めるキャリアアップの大チャンスなのが30代前半です。

    ②30代後半の転職

    30代後半の転職は、経験・スキルはもちろんのこと、管理職としての資質が問われる年代です。そのため、面接ではマネジメントの経験談などを確認されることが多いです。35歳を超えて係長以上の管理職経験を活かして転職活動をすると、求人がかなり限定的になってしまうため、厳しい転職活動になるといわれています。ただし、限定的な求人の一方で、管理職募集が多い為、キャリア採用の転職が可能になります。年齢的には37歳前後がベストです。

  • 30代の女性は転職に不利ですか?

    30代の女性は、状況により転職が不利になることが多いです。不利になるパターンは多くの場合、以下に該当するときです。

    ①既婚で子供がいない場合

    既婚でお子さんがいない場合で、今後子供を作りたいと思っている場合は、面接で今後の予定を質問される場合があります。そういったとき企業は、産休・育休・時短といった企業への負担を懸念するので、企業側が納得できる回答の準備が必要です。

    ②既婚で子供がいる場合

    30代の女性の多くは、保育園通園のお子さんがいる方が多いです。小学生になると学童になりますが、一番の企業側の懸念は、急の子供の予定(イベント・風邪など)です。急なお休みが発生する可能性があるため、企業側は育児と仕事の両立をどのように対応していくのかという点を面接で確認しますので、納得のいく回答をきちんと準備しましょう。

    いずれにしろ、子育ての件で不利になる可能性があるので、過去記事の「女性の転職」を参考にきちんと対策をすすめましょう!

    女性の転職ノウハウはこちら▶

  • 30代は未経験でも転職できますか?

    30代に求められる転職市場の価値は、即戦力です。現場の一線で会社に貢献されることを期待されるため、完全に未経験での転職はかなり厳しいです。難易度的には以下のような例が参考になります。

    ①業界も職種も変えない転職:難易度◎

    →IT業界の営業からIT業界の営業

    ②業界を変えて職種を変えない:難易度○

    →IT業界の営業から製造業の営業

    ③業界を変えないで職種を変える:難易度△

    →IT業界の営業からIT業界のSE

    ④業界も職種も変える:難易度☓

    →IT業界の営業から製造業の設計

  • 30代のフリーターから就職できますか?

    30代のフリーターから就職することは不可能ではありません。ただし、クリエイティブな仕事への就職は厳しいため、職種が絞られてきてしまうことを念頭においての就職活動を行いましょう。30代のフリーターの方が就職する先に多いのが、以下のような職種です。

    ①トラック・タクシードライバー

    ②販売員

    ③製造業

    ④営業職

    いずれも高いスキルよりも、自分の努力次第といった職種が多いのが特徴です。

     

  • 30代の転職は何回までOK?

    20代からカウントして3回までの転職ならあまり気にしません。3回までなら会社の雰囲気が合わなかった、キャリアアップしたかったなどの理由から、転職を考える方は多いです。転職をするというのは悪いことと捉えやすいですが、色々な企業を見た経験というのは、プラスに捉えてアピール材料にすることもポイントです。

    しかし、4回目以降になるときちんとした転職理由が採用の合否に直結するポイントになります。例えば、販売員→営業職→介護職→営業職などの転職の経歴になると、一貫性がなく、書類選考すら通過することはできません。職種をころころ変えたような転職になると、きちんとしたスキルを身に着けていないと捉えられやすく、即戦力としての期待が持てないまた、不満があると転職してしまうのではないかという懸念を採用担当者は持ちます。

    そうならないためにも、各々の転職の節目でどのような理由で転職したのかという点を、きちんと説明できるように準備しましょう。

  • 30代の転職ツールは何がいいですか?

    30代の転職は、最もキャリアアップが期待できる年代です。即戦力として期待する企業がほとんどなので、是非我社に来て活躍してほしいと願っています。つまり、それだけの活躍を見込み、入社を応募者に決断してもらうためには「年収」という形で企業からの意思表示をしてきます。しかし、30代の転職で失敗してしまう人の多くは、この待遇面の交渉に失敗しているケースがほとんど。せっかく好条件の転職が可能な年代なのに、自ら放棄してしまっています。そんな難しい条件交渉を完全サポート(完全無料)で行ってくれる転職エージェントを積極的に活用することが、30代の転職には必要不可欠。

    是非下記の30代おすすめツールを活用して、大幅キャリアアップに挑んでみましょう!

    30代おすすめ転職エージェント特集▶

  • 転職エージェント絞り込み検索
    年代
    特徴
    職種
    業界
    さらに詳しく検索
    地域

    Twitterでフォローして限定記事を購読!

    転職を成功の為に読んでおきたい記事