大手転職エージェントはこちら▼
19_30代_転職_市場価値

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

転職市場というのは、年代別でその価値が非常に変わっていくの特徴です。もし、今回の記事をご覧になられている方で、ご自身の転職市場価値を知り、転職を成功させたいと思っている方であれば、非常に役立つかもしれません!

 

最近30代の方から多くの悩み相談をいただくようになり、その中でも30代で家族持ちの方も非常に増えているのが特徴です。

30代男性
30代の転職は実際のところ厳しいでしょうか?会社の業績が悪く、冬のボーナスには期待できません。家族があるので転職を考えているのでアドバイスお願いします。

 

承知しました!

 

30代の転職が本当に厳しいのか、30代の転職で成功するためにはどうすればいいのかという観点で解説させていただきます。

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!
『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!

 

●こんな方におすすめな記事●
①30代で更にキャリアアップしたい
②現在の環境に不満がある
③コロナで将来が不安

30代の転職ぶっちゃけ厳しい?

転職難易度

30代の転職てぶっちゃけ厳しいのかという観点でいうと皆さんはどう思いますか?

 

正直なところ、20代の社会人経験5年程度26歳~28歳が最も転職しやすい です。これはコロナ時代になっても変わらないでしょう。

 

ある程度社会人経験があり、ステップアップの境目なので、企業側も若くて優秀な人材を確保したいと思うのは当然のことだと思います。

 

20代は「ある程度の経験」があれば異業種への挑戦も不可能ではない年齢なので、積極的かつ転職の対策がしっかりできていれば3か月以内に転職先が決まることは間違いありません。

 

では、30代はというとぶっちゃけ、転職しやすい部類です。なぜなら、経験値が高く即戦力として一番期待できる年齢だからです。しかし、即戦力という観点で見られるため、転職が厳しい人も多く存在するのが30という年齢なので、人によっては厳しいと言わざる得ないでしょう。

30代と20代は採用基準が全く違う

転職する理由

30代はそもそも、20代で転職することと求められる内容全く異なります。

 

20代はあくまでもポテンシャル採用で優秀な人材を確保することが目的ですが、30代になると「将来の管理職候補」での採用となります。

 

数年後には課長クラスになれるような人材という意味で即戦力を期待されての採用なので、ポテンシャルではなく本当にスキルがあるのかが転職のカギになります。

▶30代前半と30代後半でも求められる内容が異なる

転職市場でややこしい年代なのがまさしく30代。この30代は、即戦力だからこそ、厳しい目で採用されるのが現状です。なぜなら、30代前半と30代後半でも求められる内容が異なるからです。

 

34歳までは役職は無くても特に問題はありません が、 35歳を超えてくると役職無者は能力が欠けているから役職がないと判断され 、結果職務経歴書の段階で不採用という流れになりがちです。

 

その為、もし転職を考えているんであれば、30代前半で転職を決めた方がよいでしょう。30代後半になると採用ハードルが一気に高くなるので、かなり転職が厳しい状態になるので、34歳という区切りの方は急いで転職活動をすることをおすすめします。

35歳を超えるとマネジメントスキルが問われる

仕事に追われるサラリーマン

35歳を超えると管理職候補での採用になります。最低でも企業内で主任、係長レベルでなくてはならないです。

 

その後、転職することで課長クラスにキャリアアップして自分を高めていいくことも大変重要になります。

 

私は37歳で超ホワイト企業に転職を成功させておりますが、当時の入社も「管理職候補」という立場で転職しました。もちろん、この管理職候補という言葉は、求人票に記載されていた為、管理職の経験もあるので上手くマッチしました。

 

34歳までは、テクニカルスキルだけで転職活動ができるのですが、35歳を超えると一気にテクニカルスキル+マネジメントスキルの二つが見られることになり、管理職経験(最低でも主任以上)の経験が無い人には、ハードルが高くなってしまいます

▶35歳を超えた場合、求める人物像とのマッチングは8割以上が求められる

35歳を超えての転職は、募集要項に8割以上マッチしていなければ採用とはならにくいでしょう。

 

つまり、もし30代で未経験求人や、異業種にチャレンジしたいと思うのであれば34歳までにチャレンジしないとかなり厳しいのが現状です。

 

さすがに8割以上のマッチング度を異業種で叶えようと思っても、かなり求人が少ないので不可能に近い数字になってしまうかもしれません。

▶34歳までなら即戦力となり得る業界であればチャンスあり

30代を迎えてしまうと、まったく異なる業界への転職はかなり厳しいです。例えば、製造業からアパレルのように経験がない業界ではキャリアチェンジは不可能 に近いのが現状です。

 

30代は、異業種に転職したとしても即戦力を期待されていることに変わりがないわけですから、製造業からアパレル業界に飛び込んでも、アパレル業界のノウハウの部分は正直会社で教えてもらわないとできないですよね?

 

会社側は即戦力を求めて中途採用を募集するわけですから、未経験者など採用する可能性は極めて低いです。

 

しかし、例えば製造業でも設計から品質管理へ転職というのは、正直努力次第で可能です。なぜなら、製造業という業種をわかっているというところが強みなんです。

 

品質管理のことは設計も当然理解していないと良いものは作れないので、スペシャリストではないけど経験はしたことがあるというのはとても大事なことです。

 

なので、30代前半であれば、業種は同じで職種を変えてみるという転職の方法であれば比較的転職は成功しやすい傾向にあるのでチャレンジしてみるとよいでしょう!

30代の転職まとめ

優秀な社員の転職

30代の転職についての記事はいかがだったでしょうか?

 

上記で説明させていただきましたが、30代で転職するということは必ずといっていいほど「即戦力」としての採用です。

 

すなわち、経験していない業種に行くことはまず無理だと思ってください。

 

また、今の自分には他の企業に行って即戦力としてやっていけないと思うのであれば転職活動を無理に行わない方がよいと思います。管理職、即戦力、テクニカルスキルといったキーワードに対して、転職してそれが成功する可能性が80%程度ないと転職は難しいというのがその理由です。

 

非常に厳しい内容を書かせていただきましたが、30代の転職市場はそれが現実ですので、その点を理解していただければ幸いです。

 

30代という節目を迎え転職すべきかどうか迷うのであれば、第三者的な立場の友人、家族に一度相談してみたり、転職エージェントを利用してキャリア相談を受けてみるのもよいでしょう。

 

完全無料で利用できるの、多くの求職者がそのサービスを利用し、転職を成功させています。迷うのであればまずは相談してみることをおすすめします!それではまた!

▶30代おすすめ転職エージェント

30代におすすめする転職エージェントはこれだ!
業界大手で全国の求人に対応可能!
【特徴】
業界大手の転職エージェント。サポート力と求人の質の高さ、そして非公開求人の豊富さ全てにおいて満足できるとおすすめ転職エージェントです。
約1時間の面談後の自分に合った求人を紹介してくれ、さらにその中から自分の希望求人に近い企業を伝えておくと面談後にも多くの非公開求人を随時紹介してくれます!
【2つから自分の好みで転職活動が可能】
■求人情報サービス
①常時豊富な求人情報を掲載している転職サイト。
②日本最大級の求人数を掲載。
③あなたにマッチした求人の検索と応募が可能。
④職種、年齢、経験を問わず利用可能。
南野弘明のおすすめは下記エージェントサービス!
■(注目!)エージェントサービス
①専門スタッフが、あなたの希望や適性に合った求人を紹介。
②ハローワークと違い、質の高い転職サポートを受けられる。
③非公開求人を含む求人から、あなたに合った求人を紹介。
④専門スタッフが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ。
⑤面接日程の調整など内定までをトータルサポート。
⑥必要に応じてキャリアカウンセリングを実施。上記を完全無料で利用可能です!

30代が転職に絶対利用したいツールて何??
30代の転職

転職に必要不可欠なことは、「目的」「対策」です。

 

✔転職する目的はあるのに対策方法がわからない。
✔どんな企業が自分にマッチするのか分からない。
ブラック企業への転職だけは避けたい。
✔業界に詳しい人から転職アドバイスをもらいたい。

 

そんな悩みに答えてくれる最強の転職ツールが「転職エージェント」です。南野弘明自身の4度の転職でキャリアアップができたのは転職エージェントのおかげといっても過言ではありません。

 

ハローワークや転職サイトだけで転職活動をしている人は、転職エージェントを利用して企業選びから面接対策雇用条件交渉をはじめとする手厚いサポートを受けてみよう!ライバルに圧倒的な差をつけるスムーズな転職が可能です!!

Twitterでフォローしよう

転職を成功の為に読んでおきたい