大手転職エージェントはこちら▼
18_転職_面接_結果連絡

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

転職活動をしていて、志望度の高い会社であれば『早く面接結果が知りたい』と思いませんか?しかし、なかなか面接結果が来なくて焦ってしまうこともありますよね?

 

そんな皆さんの不安を解消するために、面接の結果連絡が来る目安や、問い合わせした方がよい場合などについてわかりやすき解説していきたいと思います!

 

10年の面接官の経験から、間違いなく多くの企業が行っている『裏情報』も皆さんにお届けするとともに、早く面接結果を入手するための転職ツールも最後にご紹介します。

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!
『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!

 

●こんな方におすすめな記事●

①面接結果が来なくて不安
②遅い理由を知りたい
③面接結果が早く来る方法を知りたい

面接の結果を応募者に連絡するのは時間がかかる

応募者の気持ちを考えて、早く合否の連絡を出したいと思う企業も非常に多いです。しかし、その連絡を出す過程には、色々な打ち合わせや手続きがあり、どうしても時間がかかります。

 

私自身「書類選考」や「面接官」を経験していますが、面接結果を通達するまでに応募者の方を待たせてしまったことが結構あります。

 

なぜ面接や書類選考でそんなに時間がかかるのかという点についてまずは説明いたします。

▶書類選考結果連絡に時間がかかる理由

応募者から莫大な数が届く『応募書類』。兎に角、見ていくのが大変な作業です。

 

しかも、この応募書類は平社員ではなく、課長職以上が確認することが殆どなので、忙しい管理職は、確認して人事に連絡するのにも遅れがちです。

 

さらに、担当者同士であーでもない、こーでもない等、意見が合わない場合もあるので、更に遅れてしまうことも頻繁にあります。

 

また、やっとの思いで書類選考通過者が確定したら、書類選考の合格通知と、面接日程の調整をメールで送付かまたは電話で行います。

 

・メールを見ていない応募者
・電話に出ない応募者

 

に対しては、再度連絡することもありますが、大抵は折り返し連絡が無ければ不採用にしていました。人生のイベントにおいて、十分な転職活動体制になっていないというのは致命的なので、これは絶対に注意してください!

2020年8月追加事項

転職活動中の要注意点!

転職活動中は、電話連絡が頻繁に行われるので、すぐに電話に出れる状態しておくか、出れない場合は、できる状態になったらすぐに折り返しで電話連絡をするようにしてください。

また、メールに関しては、頻繁にチェックするようにしてください。スマホから簡単にメールチェックができますので忘れずに行うこと。また、スパムメールに移動している場合もあるので、スパムメールファルダのチェックも忘れずに

▶面接結果連絡に時間がかかる理由

面接の結果となると、また色々な手続きがあって応募者に連絡するのが遅くなってしまいます。

 

一次面接メンバー(課長、人事)で結果をまとめ

部長クラスに報告(通過者のスペック確認)

二次面接日程調整・通達準備

結果連絡

 

部長クラスの人たちも忙しいですし、一次面接の詳細をまとめるのも時間がかかります。そういった理由からも、面接の結果連絡を応募者に連絡が行くのに時間がかかります。

 

しかし!

 

実はこれには色々な裏ルートがあり、応募者によっては早く連絡がいく場合もあるので次にご説明します。

マッチ度が高い人には『即連絡』という裏ルートがある

実は裏事情ですが、どうしても採用したいと思った人に関しては、なるべく早く連絡する傾向はありました。

 

自分たちが欲しい人材=他社も欲しい人材

 

と考えるので、そこは応募者側との駆け引きになると思います。一方で、応募者 が横一線でも時間がかかります。どの人もダメな場合には不採用通知を出せば終わりですが、皆いい場合はすごく時間がかかります

 

採用枠2人に対して10人くらい個性が違っていい人ばかりだと本当に困ります。その場合は、吟味するのに時間がかかってしまい、全員に連絡するのにもかなり時間がかかります。

 

そういった場合は、当社に入社してくれる人の志望度によって連絡速度を変更していたので、面接の際は『御社が第一志望』とはっきりと伝えておくことがおすすめです!

企業規模別の書類選考・面接結果連絡早見表

面接の結果が大手企業からベンチャー企業まで、同じ連絡スピードになることはまずありません。その為に、早見表を作成したので下記を参考にしてください。

 

【結果連絡早見表】2020年8月追加

※単位:以内

企業規模 書類選考 一次面接 二次面接 最終面接
大企業 1か月 2週間 2週間 10日
中企業 2週間 2週間 1週間 1週間
小企業 10日 1週間 1週間 1週間
ベンチャー 1週間 3日 3日 3日

 

上記を目安にして、目安期限を過ぎるようであれば、企業に問い合わせるのも手です。当然求職者側も転職活動をしているのだから、問い合わせることが失礼にあたることはありません。

 

しかし、連絡の仕方については注意点があるので下記に解説します。

▶電話で問い合わせをする場合の注意点

電話で問い合わせをする場合、社会人としての電話のマナーを守りつつ、選考結果の連絡期日の問い合わせをすることになるので、注意しましょう。

 

連絡する場合は、下記を事前に確認した上で電話連絡での問い合わせとなるので

✅人事担当者(総務の場合も有)の名前
✅いつ応募書類を発送したのか
✅いつ面接を受けたのか
✅なぜ電話連絡をしたのか
→御社の志望度が高く、他の選考も進んでいると伝えた方がいい
✅いつ頃連絡がもらえるのか目安の確認
→確定日ではなく、目安
✅連絡方法の確認
→メールなのか電話なのか

 

電話では、失礼が無いように、上記の内容を確認すればOKです。しつこい問い合わせは、迷惑なので、やめましょう。

▶メールで問い合わせをする場合の注意点

メールで問い合わせする場合は、電話連絡と同様に社会人としてもマナーを守りつつメールで問い合わせをする必要があります。

 

その場合は、下記の例文を基にアレンジして書いてもいいですし、下記をコピペしてもOKです!

問い合わせ例

×××株式会社
人事部 南野様(ご担当者様)

 

お世話になっております。御社の採用試験を受けさせていただいております●●です。

お忙しいところ恐縮ではございますが、選考状況について教えていただきたくメールさせていただきました。

応募より2週間以上経過しており、御社を第一志望とさせていただいておりますことから、選考状況について教えていただけばと思い、大変失礼とは存じておりますが、メールさせていただきました。

もし可能であれば、選考連絡の目安となる連絡期日などあれば、ご連絡いただければ幸いです。

 

以上、お手数をおかけして大変申し訳ございませんが、よろしくお願いします。

個人で応募すると面接結果の入手に時間がかかる

転職活動に悩む

企業のHPや転職サイトから企業に応募すると、平気で上記の結果連絡早見表よりも遅れることがあります。

 

これは、前述したように莫大な応募書類を確認していき、全て確認後に連絡したりする企業が多いのが原因です。私が所属していたグローバルベンチャー企業の場合は、以下のような順に選考結果を連絡していました。

 

転職エージェント>転職サイト>個人応募

 

これは、転職エージェント経由の人材の方が、効率よく採用活動ができるのが特徴だからです。転職サイトも利用したのですが、応募量が多く管理が非常に大変、個人応募に至っては、個別に連絡するので正直めんどくさかったです(笑)

 

もし、転職活動をスムーズに行いたいのであれば、転職エージェントを経由して応募する方が、企業の目にも止まりやすいので断然お得です。

転職エージェント経由は面接結果連絡が早い!

転職エージェントを経由して転職活動を行うと色々なメリットがありますが、その一つに選考結果の連絡が早いというメリットがあります。

 

企業側からなかなか連絡が来ないと当然企業側に問い合わせる訳ですが、個人応募だと自分から企業側に問い合わせなくてはなりません

 

第二志望、第三志望が控えている中、企業側を急かすような行為をしなくてはならない為、下手をすると悪い印象を与えかねません。

 

転職エージェントであれば自分の印象を悪くすることなく、エージェントがすべてコントロールしてくれます。

 

現に、私自身も転職エージェントを使い倒しましたが、転職エージェントに面接の結果連絡を早くしてくれというのと、企業に直接言うのでは心の負担は100倍くらい違いました(笑)。

 

つまり、面接結果を早く入手できるかは、転職エージェントを利用しているかどうかでかなり差が付きます。転職エージェントも商売ですから、求職者の要望に応えなければ顧客満足度を上げることはできません。

 

転職エージェントは、応募企業に対して自分の志望度が高いと猛プッシュ&フォローを入れてくれます。

 

エージェント側はあなたが数社面接結果待ちであれば、第一志望の面接結果を早く出すよう企業側にプッシュすることで、第二志望、第三志望を補欠としてコントロールできます。

 

当然転職エージェントもプロなので企業側に印象を悪くするようなプッシュはしませんよ。私が面接官を担当してた時のエージェント側のプッシュ方法を以下のような感じでした。

▶転職エージェント経由は面接結果が早い理由

転職エージェントを利用していた前職で、エージェント経由にすると兎に角選考結果を早く出すように社内も動いていました。

 

それは下記のように転職エージェントが上手く企業側に交渉していたのが理由です。

転職エージェントの交渉術

・応募者の面接の印象はどうでしたか?

・応募者は「第一志望」とのことですが改善点はありますか?

・第二志望、第三志望との日程調整が難しく早めに面接をさせてもらえるとありがたいのですが、御社でご考慮いただけると幸いです。希望としては3日後程度は可能でしょうか。

・もし応募者に次の面接でアピールしておくべき点などありましたら情報としていただけますか?

 

こういったことは、個人応募ではなかなか難しい交渉術ですが、転職エージェントであれば、簡単に交渉してもらえます。だからこそ転職エージェント経由は、転職活動において有利に進められると言われています。

 

その中でも、私が利用経験がある2社の特徴を下記にまとめておきますので、是非登録してみるとよいかと思います。

 

企業目線でもかなりサービスがよかったので、おすすめです!

▶20代おすすめ転職エージェント

【20代おすすめ転職エージェント】

【完全無料】20代の初めての転職でも安心サポート!
 
ブラック企業完全排除して求人を紹介!
【特徴】
10代、20代の初めての転職は不安が付きもの!ハローワークなどでは味わえない専門性の高いサポートを受けることができます。面談時間が長く、一人ひとりの求職者の気持ちに立って、転職の相談を行ってくれます。面談を通じて、あなたに合った求人の紹介をしてもらえる上に、求人応募前には転職サポートをしっかり行い、内定獲得まで二人三脚で進められます!
【サポート内容】
①あなたにあった求人紹介。
②履歴書、職務経歴書の応募前対策。
③面接が苦手な人は「模擬面接」実施。
④面接の日程調整。
⑤面接後のアフターフォロー
⑥企業との条件交渉(給料等)
⑦内定後の提出書類の書き方サポート
上記全て完全無料です!

▶30代おすすめ転職エージェント

30代におすすめする転職エージェントはこれだ!
業界大手で全国の求人に対応可能!
【特徴】
業界大手の転職エージェント。サポート力と求人の質の高さ、そして非公開求人の豊富さ全てにおいて満足できるとおすすめ転職エージェントです。
約1時間の面談後の自分に合った求人を紹介してくれ、さらにその中から自分の希望求人に近い企業を伝えておくと面談後にも多くの非公開求人を随時紹介してくれます!
【2つから自分の好みで転職活動が可能】
■求人情報サービス
①常時豊富な求人情報を掲載している転職サイト。
②日本最大級の求人数を掲載。
③あなたにマッチした求人の検索と応募が可能。
④職種、年齢、経験を問わず利用可能。
南野弘明のおすすめは下記エージェントサービス!
■(注目!)エージェントサービス
①専門スタッフが、あなたの希望や適性に合った求人を紹介。
②ハローワークと違い、質の高い転職サポートを受けられる。
③非公開求人を含む求人から、あなたに合った求人を紹介。
④専門スタッフが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ。
⑤面接日程の調整など内定までをトータルサポート。
⑥必要に応じてキャリアカウンセリングを実施。上記を完全無料で利用可能です!

まとめ

第一志望の会社から面接結果が来ないと不安になるのはみんな同じです。焦らず待つことも大事ですが、今回紹介させていただいた、目安の期日を過ぎてしまうようであれば、問い合わせをしてみましょう。

 

ただし、個人応募で問い合わせすると下手すると悪い印象を与えかねないので、今回紹介させていただいた必要事項を確認し、問い合わせをしてみてくださいね。

 

また、転職活動をスムーズに進めていきたい場合は、今回紹介させていただいた転職エージェントなどを利用して転職活動をすれば、面接の結果などはかなり早く入手することができますし、面接後のフォロー体制(お礼メールなどは一切不要)も万全!

 

興味があれば、下記に年代別転職エージェント特集を組んでいますので参考にしてみてくださいね!それではまた!

20代おすすめ転職エージェント

30代おすすめ転職エージェント

20代おすすめ転職エージェントはこれだ!

20代初めての転職

 

「求人検索、応募書類作成、面接対策、雇用条件の交渉...。初めて尽くしで何から手を付けていいのか分からない。」といった、20代におすすめの転職エージェントを紹介!

登録からサポートまで完全無料で安心して利用できるので、転職エージェントの利用価値は絶大です!

20代特化型から大手転職エージェントまでおすすめ理由を添えて紹介しますので、気になる転職エージェントがあればまずは登録してみましょう!

第一位:第二新卒エージェントneo
ブラック企業を除外、優良企業のみの求人紹介!
 
20代のサポートは業界随一!
20代に特化した転職エージェントである「第二新卒エージェントneo」。株式会社ネオキャリアが運営する関東、関西、九州地方の20代の転職に強みを持っています。求人数も10000社以上を保有し、経験豊富なアドバイザーが親身にサポートしてくれます☆
【特徴】
①書類対策、面接対策徹底サポート。
②サポート時間が他社より長い。
③ブラック企業排除で求人紹介。
④学歴、職歴に不安があってもサポート可能。
【NGユーザー】
18歳以下と29歳以上※詳細確認や登録は以下から確認可能です↓

同率第一位:DYM
最短1週間で入社可能!
 
全国的に幅広い求人紹介なので20代に人気
DYM就職は、第二新卒・既卒はもちろんフリーターやニートの方向けの正社員求人を多数紹介。経歴や学歴に不安があっても正社員に転職・就職ができて、最短1週間でのスピード入社も可能!一人ひとりに合わせた徹底サポートで内定決定率の高さを実現しています。
【特徴】
①優良な正社員の仕事を紹介。
②2000社の優良企業を紹介。
③正社員求人100%。
④ブラック企業は徹底排除
⑤イベント来場者の就職率は脅威の96%。
⑥書類選考なし。
⑦カンタン60秒マッチングサービス。
【NGユーザー】
18歳未満、30歳以上※詳細や登録は以下から確認可能です↓

第三位:マイナビエージェント
大手転職エージェントでも20代に特におすすめ!
大手でもサポート力で他社を圧倒!
株式会社マイナビの人材紹介サービス「マイナビエージェント」。大手転職エージェントにありがちな「サポート力の弱さ」に対して、きめ細かなサポートで20代の転職をサポートしてくれるのが大きな特徴。保有求人数も多いため、全国でサポートしてもらえます☆
【特徴】
①東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富
②20~30代に転職サポートに強い!
③人事&採用担当との太いパイプ!
④応募書類の準備から面接対策可能!
⑤親身な転職サポート!※詳細や登録は以下から確認可能です↓

Twitterでフォローしよう

転職を成功の為に読んでおきたい