1年間の転職ノウハウ

コロナ禍で求人が減った業界4選とその理由をわかりやすく解説

コロナ禍で求人が減った職種・業界は、今後しばらく期待できないため、転職先として選ぶのは避けた方がよいでしょう。代表的な業界4選をわかりやすく解説します。

転職ノウハウ大辞典

こんな方におすすめの記事

①転職を考えている
②フリーターから正社員を目指したい
③おすすめの転職方法を知りたい

👑リクナビNEXT

全国の求人情報を勤務地や職種、皆さんのスキルや資格などから検索でき、転職ノウハウや転職活動体験談等、転職成功のヒント満載の求人/転職のサイト。
完全無料

コロナ禍で求人が減った業界は今後も低迷する

コロナ禍で求人が減った職種・業界から転職したい若い男性

多くの方は、コロナが原因なのでコロナが収束すれば景気が戻り元の生活に戻るため、今が正念場と思っている方も多いのではないでしょうか?

実はNOです。

コロナ禍での景気低迷といのは、原因はそうかも知れませんが世界情勢を見ると、ウクライナ戦争やそれらが原因による物価高騰などで、コロナが収まったから景気が戻るとは簡単には言えません。

特に大打撃を受けている業界は大きく分けて4つ。

これらの従事している方または、転職先として選ぼうとしている方は考え直すことがおすすめ。

その理由について一つ一つ見ていくとともに、おすすめの転職方法について解説していきます。

①飲食・宿泊業界

コロナ禍で求人が減った職種・業界に勤める女性

コロナ禍で求人が減った職種・業界の代表としても言えるのが、飲食・宿泊業界です。この先10年は景気が戻らないと考えて良いでしょう。

緊急事態宣言とともに発令されたのが、「不要不急の外出」。これらが原因で大きく業界全体が低迷したため、危機的状態に陥ってしまいました。

政府がコロナが少し収まる度に打ち出す「GOTOトラベル」「GOTOイート」といったキャンペーンを行いますが、それらを打ち出す度に増加する「感染者数」。

多くの方が実感しているため、簡単には景気が回復するとは考えにくい状態になっています。

そのため、飲食業・宿泊業から転職してしまう方も非常に多いのが特徴です。

②商業施設・アパレル業界

コロナ禍で求人が減った職種・業界に勤めるアパレル店員

コロナ禍で求人が減った職種・業界の中でも大きく求人が落ち込んだのが「商業施設(百貨店)・アパレル業界」です。

百貨店を含め休業を要請されたり、時短勤務など様々な要請により苦戦を強いられている業界であることは間違いありません。

その代わりとして一気に加速した業界がEコマース業界。

Amazonや楽天といったインタネットを通じてものを帰る業界は加速していますし、今後も爆発的に発展していくことが容易に予想できます。

③イベント・観光業界

コロナ禍で求人が減った職種・業界に勤めるイベント会社社員

コロナ禍で求人が減った職種・業界の中でも大きく求人が落ち込んだのが「イベント・観光業界」です。

感染拡大の観点から、多くの人が集まり大声を出すようなイベント会場は感染リスクが高まるため延期・中止が現在も継続しています。

また苦肉の策として「入場人数宣言」なども行われていますが、今までのような集客が見込めないためコロナ収束で即回復とは考えにくい業界です。

逆に大きく飛躍したのが、動画配信。イベント会場の様子を撮影し、自宅で雰囲気を楽しめるため現地に行かなくてもよいといった利点があるため、需要が急拡大しました。

④パチンコ業界

コロナ禍で求人が減った職種・業界_パチンコ

コロナ禍で求人が減った職種・業界の中でも大きく求人が落ち込んだのが「パチンコ業界」です。

外出しなければいけないリスクと、景気低迷によるギャンブル離れ・若者離れが急拡大した業界。

約10年前の震災のときや、今回のコロナ騒動でもメディアに叩かれた業界であることからも「不要な業界」という世間の認識は非常に強いと言えます。

これらのことからも上記4業界は、転職先として選ぶべきでは無いですし、求人数も減っていることからリストラなども加速すること間違いなしです。

次に、上手な転職方法について解説します。

コロナ禍で求人が減った業界にどうしても転職したい人は?

コロナ禍で求人が減った職種・業界が転職した女性

コロナ禍で求人が減った職種・業界であっても、その業界に長く従事していたり、今後その職種・業界で働きたい方も多いと思います。

そういった方は、転職ツールを活用し、少しでも良い条件の企業に転職することが秘訣。

しかし、簡単にはいうものの、そんな簡単なものではありませんよね?

次にどのようなツールを活用し、どのように転職活動をすべきかという点について解説します。

①求人サイトで情報収集

コロナ禍で求人が減った職種・業界で求人を検索する場合、大手転職サイトを活用することをおすすめします。

地方に強い転職サイトも存在しますが、それらの多くは好条件求人は少ないです。

厳しい転職の中でも少しでも良い条件の求人を狙う場合は、大手転職サイトを積極的に利用しましょう。

👑リクナビNEXT

全国の求人情報を勤務地や職種、皆さんのスキルや資格などから検索でき、転職ノウハウや転職活動体験談等、転職成功のヒント満載の求人/転職のサイト。
完全無料

②適正年収と相談

コロナ禍で求人が減った職種・業界から転職したい様子

コロナ禍で求人が減った職種・業界で求人に応募する場合、厳しい業界のため給与面はあまり期待できません。

そのため、給与アップよりも適正年収(相場年収)を基に求人を選んでいくことがおすすめです。

現在の年収が500万円であれば、適正年収算出アプリを利用して600万円と出ればそれら近辺の求人を狙う。

逆に低ければ現状の年収維持が可能な求人を狙うなど戦略的に臨むのがよいでしょう。

👑市場価値分析ができるミイダス

職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなどコンピテンシー(行動特性)を分析
登録は質問に答えるだけ職務経歴書、履歴書の作成、カウンセリング等一切不要。

完全無料

③転職エージェントに相談する

コロナ禍で求人が減った職種・業界で求人に応募する場合、転職エージェント経由で求人を探しいくとマッチ度の高い求人に出会えるチャンスが広がります。

また、各種転職サポートも受けられるので、積極的に利用しましょう。

👑リクルートエージェント

日本最大の転職エージェント。求人紹介実績No.1なので安心。
大手転職エージェントだから全国対応。Web面談可能なので、安心してサポートが受けれる!
完全無料

コロナ禍で求人が減った業界:まとめ

コロナ禍で求人が減った職種・業界から転職した男性

コロナ禍で求人が減った職種・業界についての記事はいかがでしたか?

対面や外出といったキーワードが入るような業界や、世間一般的に印象が良くない業界は今後も回復は難しいでしょう。

しかしどうしてもといった場合は、転職ツールなどをうまく活用した転職活動がおすすめです。

それではまた!

転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事