1年間の転職ノウハウ

品質管理の転職!面接で必ず聞かれる5つの質問対策決定版!

品質管理職は製造業の中でも非常に人気の高い職種です。工場勤務であればほぼ間違いなく設置されている部署なので、求人広告でも見かける機会は多いと思います。品質管理職は人気が高いからこそ面接対策はしっかり行いたいところ。今回の記事は、面接の質問対策をご紹介します!

転職ノウハウ大辞典

●こんな方におすすめな記事●

①面接の通確率が悪い
②面接が苦手
③面接攻略の情報取集がしたい

👑年代別おすすめ転職エージェント一覧


 
完全無料
求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1。
実績豊富な 転職エージェ ントが20代~40代の転職成功に導きます。


 
完全無料
全国の優良企業の求人が豊富。20~30代の転職サポートに強い!
人事&採用担当との太いパイプで、応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート。


 
完全無料
非公開求人を含む約10万件の求人から20~30代に合った求人を紹介。
企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポート

面接の質問は典型パターンあり!

品質管理の面接で質問に答える応募者

こんにちは!転職アドバイザー南野弘明です。品質管理の転職活動で最も関門となるのが『面接』ですが、この面接が突破できるかの大きなカギを握っているのが『面接序盤』です。

面接官として10年以上のキャリアがありますが、品質管理職として採用された人のほぼ全員が、この面接序盤の質問を難なくこなせていたという傾向があるので、対策は絶対に行うべきです!

 

色々なサイトでも品質管理職の面接対策を解説している印象ですが、正直実践編として役に立つ情報はあまりないので、当ブログの本記事を理解していただければ、品質管理の転職はばっちりです!

 

もちろんすべての回答例付き!

品質管理の質問1:簡単な自己紹介をお願いします

品質管理職の転職希望者を面接質問する面接官

品質管理職の面接でも100%この質問が来ますね(笑)。皆さんはこの『簡単に自己紹介をお願いします』をどのようにお考えですか?まさか、本当に簡単に答えていませんか?または長々とこたえていませんか?

 

実はこの自己紹介で面接の半分は完了しています。

 

それくらい、この自己紹介はとても重要です。実は私たち面接官は、この自己紹介であなたの第一印象、対話力、大まかな経験が自社とマッチしているかを確認しています。

 

1つ目のポイントは、話し方、身振り手振り、顔の表情すべてがチェックされていると思ってください。こういった外見上の細かい表情などを見ることで、人柄を確認することができます。

 

2つ目のポイントは、説明の長さです。簡単に自己紹介してくださいというのは、大体長くても1分程度にまとめあげることが大事です。あくまでも自己紹介なので、根掘り葉掘りはここでは聞かれないと思って大丈夫です

 

それでは、ベスト回答例を見てみましょう。

 

ベスト回答例:自己紹介
はじめまして。南野弘明と申します。前職では電子機器メーカーにて品質管理職として工場の品質向上および顧客クレーム対応に携わって参りました。工場の品質向上活動では不良率前年比で5%ダウンを達成することができ、社内品質企画賞をいただきました。私の強みは品質という観点から各部署とコミュニケーションを図り、円滑に業務を進めることで即座に品質改善に取り組んでいくことです。御社の募集要項を拝見させていただき、スピーディーに問題を解決していくフットワークの軽さが重要というコメントに共感できる部分が多く、即戦力として御社に貢献できると考え、応募させていただきました。本日はどうぞよろしくお願いします。
回答例のポイント
①まずはあなたの名前をしっかり、はっきりと!
②説明は「にこやかに」!
③前職はどのような会社に勤め、どのような業務に携わっていたかを説明しましょう。
④その業務であなたが誇れる成果を説明する。
⑤あなたの強みを説明しましょう。
⑥応募企業とあなたのマッチポイントが何かを説明しましょう。
⑦本日はよろしくお願いしますで締めましょう。

 

上記7つの流れで品質管理職としての自己紹介を説明することができれば完璧です。ここでは細かく深堀されて質問されることはないので、しっかり、はっきりと言える練習だけでOKです。

品質管理の質問2:職務経歴を教えてください

品質管理職に転職の面接質問にメモをとる面接官

品質管理職の面接序盤の質問で、自己PRが終わると職務経歴の詳細を聞かれます。

この説明の意図は、あなたの今までの品質管理職として経験した業務、それに伴うスキルが自社にマッチしているかを見極めるための質問です。

 

よくある失敗事例として沢山の業務、経験を行っていたことをすべて細かく答えようとして、だらだらと説明する人がいます。この時点で面接官は「ダメだこりゃ」となってしまいます。

あなたの職務経歴を簡潔に述べ、成果を数字で表して説明することが大事です

 

そして、あなたの経験がその応募企業にどれだけマッチしているかがポイントなので、必要のない経験は省いてしまってもOKです。マッチングポイントの探し方は、過去の自己分析方法の記事を参考にしてください。

 

関連記事

 

ベスト回答例:職務経歴
私は、新卒1年目は設計、2年目以降は品質管理業務で不良率改善、クレーム対応を行って参りました。1年目の設計業務では製図の基本、製品の構造など深く経験することで、2年目以降の品質管理業務での不具合解析に大いに役立ちました。そして、自社工場でもただ不良率の集計をするだけではなく、商品の構造をしっかり理解することで問題点の発見までスピーディに行うことでき、その結果、不良率5%低下につなげることができました
回答例のポイント
①年ごとに簡単に業務内容とその成果を説明しましょう。
②業務内容について深堀質問されるので、しっかり対策しましょう。
→今回の回答例では「設計」「品質管理」の二つを深堀されます。例えば設計なら「どのような商品を設計したか」「製品の部品点数は何点くらいで構成されているか」どれくらいの経験値があるか確認されます。
③経験業務でどのように工夫し成果を達成したか説明しましょう。
④成果は必ず「数字」で説明してください。

 

職務経歴については「先ほどの●●についてもう少し具体的な事例と合わせて詳しく説明してください」等かなり深堀されますので、説明した内容をさらに深堀させて説明できるよう万全な準備を行ってください。

 

👑20代におすすめ転職エージェント一覧


 
完全無料
求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1。
実績豊富な 転職エージェ ントが20代の転職を成功に導きます。


 
完全無料
全国の優良企業の求人が豊富。20~30代の転職サポートに強い!
人事&採用担当との太いパイプで、応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート。


 
完全無料
非公開求人を含む約10万件の求人から自分に合った求人を紹介。
企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポート

品質管理の質問3:あなたの強みを教えてください

品質管理の面接で質問に答える応募者が内定を得た様子

品質管理職の転職における面接についてよく質問されるのが『強み』についてです。一見品質管理職に関係ないような質問に聞こえますが、実は関係大ありです!

品質管理職は、他部署との関りが強い部門なので、どういった人間性なのか知りたいという面接官の意図が込められた質問です。

 

強みを説明するときは、なぜそれが自分の強みなのかという点を、必ず説明できるようにしておきましょう。

単純に自分の強みだけを説明しても面接官はピンときません。わかりやすい事例を添えるだけで、説得力のある説明になりますので、下記の事例の様に答えるといいと思います。

 

ベスト回答例:強み
私の強みは「聞く力」と「改善する力」です。品質管理は多くの部署と係りながら混沌とした問題に取り組ま必要があり、一方的に話すのではなく、他部署の意見を聞きながら問題を解決しなればならない為、「聞く力」がとても重要と考えています。また、問題解決で終わることなく一歩先の改善まで行い、2度同じ問題が発生しないようPDCAを回しながら進めることができます。今後は強みを生かし、品質改善を行うだけではなく顧客への品質問題についての説明を含めた対話力も身に着け御社へ貢献したいと考えております。
回答例のポイント
①あなたの「強み」を説明してください。
②またその強みがどのように役立つのか事例を交えて説明してください。
③あなたの「強み」が応募企業にどのように役立つのか説明してください。

品質管理の質問4:転職理由を教えてください

品質管理部長が転職希望者を面接質問中

品質管理職でも間違いなく質問されるのが転職理由です。この質問は、転職 理由と自社のマッチ状況を確認するとともに、適応能力、忍耐力、キャリアプランを確認しています。

「~が嫌だから」ではなく「~を実現するためにやめた」と置き換えて説明することで、転職理由ネガティブからポジティブに変化します。

 

さらに、コロナ不況により、製造業全体が低迷、経営不振等で退職せざる得ない理由でも、その結果をどのように受け止め、どのように前進したいかをしっかり説明することで評価されることを頭に入れてください。

必ずポジティブな回答に置き換えてください。何度も言いますが、ネガティブな説明は不採用の可能性が非常に高くなるのでNGです。

 

ベスト回答例:転職理由
前職では品質管理の業務を主とし3年間携わって参りました。その中で、モノづくりにおいて品質管理という業務があるからこそ安定した信頼性の高い製品をお客様に届けることができることを学び、時にはお客様からクレームが入りクレームに対して真摯に対応することでお客様から信頼を得られる喜びと自分の自信にもつながりました。品質の業務経験により問題解決力を上流工程の設計業務で活かたい、ま、学生時代から好きだった開発に活かしたいという気持ちが強く、より商品の専門性を身に着け会社に貢献したいという気持ちが強くなったことが転職に踏み切った動機です。今後は質を強く意識した設計者・開発者として新商品に携わり、お客様のみならず製造メンバーへも喜んでいただける商品を作り上げていきたいと考えております。
回答例のポイント
①あなたが自社で携わった業務でどのように貢献し、どのような喜びが得られたかを説明しましょう。
②なぜ転職に踏み切ったかを説明してください。
③キャリアチェンジする場合は前職の業務がどのように活かせるかを説明してください。

品質管理職の転職理由はかならい深堀されるので要注意!この深堀の仕方での王道の質問が、以下のようなパターンです。「あなたの会社ではなぜ希望について達成できなかったのですか」です。

 

例えば・・・

・部署移動などで達成できない理由
・上司への希望を出したが叶わなかった理由
・達成するのにどれくらい年月が必要なのか

 

など、達成できない理由を明確にしておくことがとても大事です。達成できないから転職し、達成できたことで応募企業にどのように貢献できるかのストーリー性がとても重要です。これをまとめあげるのもやはり自己分析が必要になりますので、過去記事を参考にしっかり自己分析を行ってください。

 

関連記事

品質管理の質問5:なぜ弊社に応募しようと思ったのですか

品質管理をしながら転職の面接の質問対策をするために企業訪問中

面接序盤で聞かれる質問で多いのが応募理由つまり『志望動機』です。面接官はあなたの強み、キャリアプラン、自社についての理解度、応募の動機を知るためにこの質問をします。

前職の経験をどのように活かし当社に貢献してもらえるのかについて確認されるため、企業側の思い(募集要項)とマッチした志望動機を作りましょう。

 

大事なのは応募企業の理解度です。応募企業のことを知らなくてはあなたの思いと企業側の思いが一致した志望動機を作り上げることができず、面接官の共感が得られません。その為には、企業研究にしっかりと時間をかけて調べ上げてください

付け焼刃の理解度では見抜かれてしまうこと頭にいれてください。過去記事に企業研究のやり方がありますので是非参考にしてください。

 

過去記事:転職スタートのための企業研究方法

 

ベスト回答例:志望動機
現職では、モーターの品質管理業務を担当しています。統計解析を用いた品質改善活動のほか、ISO9001,IATF16949など国際規格に基づいた品質管理規定の策定も推進して参りましたが、業績悪化に伴い品質部門の縮小が決定し、今までの経験が活かせる環境を探していました。現在、貴社では国際基準に合わせた品質管理体制の強化に加えて新たな規定・基準の構築を推進され、企業全体として品質管理・品質保証の必要性に注力されている状況に強く共感したため、志望いたしました。生産・製造現場だけではなく、さまざまな部門と連携を図りながら、全社的活動として改善活動を推進した経験も貴社の新たな品質管理体制の構築において貢献できると考えて応募させていただきました。
回答例のポイント
①どのような業務、どのようなアイテムに携わってきたか説明しましょう。
②なぜ、退職に踏み切ったかを説明しましょう。
③応募企業がどのようなことに力を入れ、将来の方向性と自分のやりたいことがマッチしているとを説明しましょう。
④さらに+αで貢献できることを説明しましょう。

 

企業とのマッチングポイントも重要ですが、中途採用に求められることは即戦力+αです。あなたを雇うことで+αの価値があるからこそ企業側は雇いたいと思うわけです。+αの部分は最後にしっかり盛り込みアピールすることが大事です。

 

👑30代におすすめ転職エージェント一覧


 
完全無料
求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1。
実績豊富な 転職エージェ ントが30代の転職を成功に導きます。


 
完全無料
全国の優良企業の求人が豊富。20~30代の転職サポートに強い!
人事&採用担当との太いパイプで、応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート。


 
完全無料
非公開求人を含む約10万件の求人から自分に合った求人を紹介。
企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポート

品質管理の面接は技術的な質問に要注意!

品質管理の面接と質問対策をきちんと行った20代女性

品質管理の転職における典型的なパターン5つがおわかりいただけたところで、最後に技術的な質問の内容についても「おまけ」として解説させていただきます。

僕自身採用担当として企業に勤めている一方で、現役の品質エンジニアとして働いています。

多くの工場勤務者の方を採用している中で、かならず聞いているいくつかの質問で、その応募者の方の品質能力・適性がわかる質問があるので、面接前にしっかりとまとめておくことをおすすめします。

技術質問1:使用していた計測機器はどのようなものですか?

品質管理の転職の質問でこの質問をすると、どのようなレベルの品質管理担当者かがすぐにわかります。計測機器といっても、業界で使用する計測機器は異なるのですが、その業界に適した測定機器が何かを把握し、何を測定していたかがきちんと説明できることがポイントです。

 

測定機器名 測定内容
ノギス 外形・内径・段差測定
ハイトゲージ 高さ測定
ダイヤルゲージ 平面度・平行度・傾斜度・同軸度・同芯度といった幾何公差を測定
マイクロメータ ノギスより正確且つ、1um単位で測定可能
光学顕微鏡 ステージの組み合わせによって、対象物の測定を行う装置
三次元測定機 ノギスなどでは測定できな対象物をデジタルで測定する機器
オシロスコープ 波形の分析、高速現象の観測、過渡現象の観測など

 

特に、三次元測定機とオシロスコープの利用経験は品質管理の面接の中でも高く評価される測定機器です。もし利用経験があり得意であれば積極的にアピールしましょう。

また、その他測定機も利用経験や測定原理などはきちんと説明できるよう準備しておきましょう。

どのような仕事の中で利用したか、担当者なのか指導者なのかなども質問されます。また計測機器には「校正」という大事な仕事もあります。校正経験、校正周期などの質問もよく行われるので、経験から説明できるようにしましょう。

技術質問2:統計は得意ですか?

品質管理の面接と質問対策をきちんと行った30代女性

品質管理職で高いレベルで仕事をするためには「統計の知識と経験は必須」です。この経験や統計を使いこなせないと3流エンジニアと判断されます。

一般的な用語として説明できないとまずいのが以下のようなワードです。

 

品質管理の統計必須内容
①Xbar-R管理図
②工程能力指数
③正規分布
④標準偏差σ
⑤抜き取り検査

 

これらの説明は、品質管理職の面接でよく質問される内容です。品質管理職で年収500万円以上目指したいのであれば、最低限上記5つの計算方法や統計的な意味を理解し、面接で説明でき且つ、どのような時に利用したかを説明できるようにしてください。

自信が無い方は、ただ勉強するのではなく、品質管理検定2級を取得する勢いで勉強することをおすすめします。僕も取得している資格ですが、大体2ヶ月は勉強が必要なので、転職を考え始めたら取得の勉強をはじめておくとよいでしょう。

 

品質管理検定おすすめ本
僕が勉強したおすすめ本です!

技術質問3:品質トラブルを解決した事例を教えて下さい

品質管理の転職質問で非常に多いのが問題解決能力を問う質問です。この質問をすると過去の経験がどのようなレベルで仕事をしていただのかがすぐにわかります。

 

面接官:品質トラブルを解決した事例を教えて下さい。

応募者:工程内不良率を5%低減させました。

面接官:どのように5%も低減させましたか?

応募者:どの工程でトラブルを発生させているのかを分析し・・・最終的に自動機導入まで持っていき、予算や自動機の選定まで行った経験があります。

 

このように詳しいトラブル解決方法と最終的にどのようにクロージングしたのかの話の内容で、応募者の方の実力がわかるので頻出質問といえます。

過去の経験をもとに面接前にまとめておくことをおすすめします。

技術質問4:顧客のクレーム対応経験はありますか?

品質管理の面接と質問対策実施中

この質問も品質管理の転職の必須質問の一つです。顧客と直接電話やメールときには、客先で説明したことがあるのかで、応募者の会社の立ち位置が分かる質問です。

大きな会社になると、品質管理部門は解析を行い、品質保証部門が顧客対応となるケースもあるので、その場合はそのように伝えてください。

品質管理と品質保証が同じ部門であり、顧客対応の経験があれば、具体的にどのような流れで顧客対応をしたのかきちんとまとめておきましょう。転職先の面接官に説明するときは下記の内容を具体的に自社のやり方に当てはめて説明できれば問題ありません。

 

項目 説明
顧客窓口 営業から品管に情報伝達
解析は誰か 解析担当者(自分かどうか明確に!)
クレーム報告書の作成 担当者なら報告書で工夫したことを説明できるように!
顧客への説明 電話・メール・対面・Webなど
心構え 説明のときに工夫したことなど

 

上記の流れで且つ、自分の体験談・エピソードを一つでいいので作り上げて説明できればOK。面接官は、自社で仕事をしてもらう上で、即戦力として働ける人材かの確認のための質問と捉えておくとよいでしょう。

 

👑製造業おすすめ転職エージェント一覧


 
完全無料
求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1。
実績豊富な転職エージェ ントが製造業の転職を成功に導きます。


 
完全無料
全国の優良企業の求人が豊富。20~30代の転職サポートに強い!
人事&採用担当との太いパイプで、応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート。


 
完全無料
非公開求人を含む約10万件の求人から自分に合った求人を紹介。
企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポート

技術質問5:ISO9001に関する知識や経験

品質管理の部門がISO9001の事務局を担うことも多いので、技術的な質問として確認されることがあります。製造業で工場があれば、多くの会社がISO9001を取得していると思います。

それらの知識や利用経験(顧客監査、審査期間対応、仕入先監査)があれば、積極的説明できるように準備しておきましょう。

また、内部監査員としてのスキルを持っていれば、内部監査員として心がけていたことなどまとめて説明できると好印象を持たれます。

ISO9001を取得していない企業で働いていた場合、品質エンジニアとしての評価は急激に下がってしまうので、「取得していなかったが知識は豊富」であることを説明できるよう勉強しておくようにしてください。

わかりやすい本を以下に記載しておくので、購入して一読しておくとよいでしょう。

 

ISO9001おすすめ本

経験者からはじめての方まで広くおすすめの教科書です。かなりわかりやすく書いてあるんで、ISO9001取得企業へ転職を考えている場合は、事前に勉強しておくことをおすすめします。

 

最新版 図解でわかるISO9001のすべて[大浜庄司]

価格:2,640円
(2022/1/25 00:02時点)
感想(1件)

品質管理の面接と質問対策:まとめ

品質管理をしながら転職の面接の質問対策を実施し内定を獲得した男性

今回は品質管理職の転職で、面接序でよく質問される5つのポイントについて回答例と解説を盛り込みながら説明させていただきました。

面接の序盤ではまずあなたの品質管理職としての概要(スペック)をざっと確認されます。この序盤の内容を基に中盤以降はさらに深堀しながらあなたとのマッチ度を測ることで採用の可否を検討していくわです。

 

序盤でうまく受け答えができないと深堀の質問に対処できず印象が非常に悪くなります。

その為には、自己分析で転職の目的を明確にし企業研究でなたと企業のマッチングポイントを明確にしていくことがとても大事になります。

 

面接が苦手な人は各種転職エージェントに登録すると無料練習できますので、私が厳選した転職サイトに登録し、万全な面接対策を行ってください。以下私のおすすめ転職サイトになりますので是非、登録してみましょう!それではまた!

 

👑年代別おすすめ転職エージェント一覧


 
完全無料
求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1。
実績豊富な 転職エージェ ントが20代~40代の転職成功に導きます。


 
完全無料
全国の優良企業の求人が豊富。20~30代の転職サポートに強い!
人事&採用担当との太いパイプで、応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート。


 
完全無料
非公開求人を含む約10万件の求人から20~30代に合った求人を紹介。
企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポート

転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事