大手転職エージェントはこちら▼
16_転職_自己分析_活用方法

転職スタートの為の自己分析結果活用法!

 

こんにちは!南野弘明です

 

皆さん!自己分析できていますか?自己分析なしに転職活動の成功は絶対にありえません!

 

今日は自己分析ができた皆さんと次のステップへ行きたいと思います。

 

もし、自己分析に自信がない人は是非過去記事を参考にしてください!

 

自己分析がまだな方はこちら!

自己分析が転職スタート時になぜ必要なのか

自己分析

自己分析について前回の続きとなりますが、しっかりと自己分析ができていないと転職を繰り返すということを頭に入れておいてください。

 

転職を繰り返す多くの人がこの自己分析ができていない為に苦労してしまっているのです。

 

一度転職してしまうと転職癖がつきます。

 

給料に不満が出てきたらもっと高いところに転職しよう、人間関係が悪ければアットホームな会社に転職しようなど、転職で問題を解決しようとします。そうならない為にもしっかり自己分析をしてください。転職の目的を明確にすることで転職に対して妥協せずに取る組むことができます。結果的にその苦労が転職先でも役に立ちますよ。

自己分析の結果をどのように利用するのか

無事に自己分析ができたら次からがとても大事な部分です。転職を成功できた人のほとんどが下記のやり方を実行している人たちなので、必ず実行してください。

まずは転職エージェントに登録

自己分析ができた後は、転職エージェントへ登録です。

 

ここで重要なのが、転職エージェントに登録するときに心構えとして、自己分析をした結果を相談するということです

 

・転職の目的がはっきりできた人
・逆に今の会社にいるべきなのかと思った人

 

など様々だとおもいます。それはそれでOKです。まずは自分を見つめなおすことが一番大事なんです。

 

あなたの抱えている問題は転職しても必ず解決できるとは限らないのです。

 

転職すべきか、残るべきか、そういったことを相談するためにも転職エージェントはとても便利です。転職のプロに相談していくことも転職活動をスムーズに進めていくのにとても大事なことです。1社では比較できないので3社以上の登録をおすすめします。

20代が利用した転職エージェント↓

転職エージェントとの面談を受ける(重要!)

それでは、無事に複数社の登録が完了したと思うので先に進めさせていただきます。

 

登録すると転職エージェントから電話がかかってくるので「面談の日程」を決めましょう!

 

日程が決まればあとはエージェントが指定する本社や支店に行くだけです。

 

転職エージェント先にいくと、カウンセリング(面談)を受け、その結果プロのコンサルタントの方があなたにあった求人を紹介してくれます。その求人をみて実際に応募をするのですが、ここからが重要です。

 

転職エージェントとの面談の際には自己分析の結果を基に、

 

・転職する目的
・譲れないポイント
・将来の夢

 

等をしっかりとエージェントに伝えましょう。そうすることにより、エージェント側もあなたに合った求人を的確に絞り込むことができます。

エージェント側から渡された求人票より業務内容や募集要項を確認

次に大事な作業として、自己分析の結果と求人票を照らし合わせていき、以下のように分類しましょう。

 

・即応募群
⇒8割以上自分の希望とマッチしている

 

・検討群
⇒5~7割程度のマッチ度

 

・受けない群
⇒5割以下のマッチ度

 

3つに分類することで、優先順位がわかってくると思います。最低でも7割以上条件がマッチしていないと入社してから後悔します。そこを狙って転職活動することが目的を達成させるために大事なことです。

 

しかし、中には生活面も含めて急ぐ方もいらっしゃると思います。その時は検討群も視野にいれてください。検討群であれば面接の際に「この会社自分にあっているかも!」と考えが変わったりするものです。

 

3つの群に分けるときのマッチ度のポイント

・業務内容
・職種
・ポジション
・応募資格(○○業務5年以上など)
・想定年収
・休日数
・福利厚生

この7つについては必ず書かれています。この内容からあなたの将来のキャリアを想像していくことが重要です。また、業務内容については具体的な内容が細かく記載されていないことが多いので面接でしっかり確認できるようにまとめておきましょう。

募集要項と自分を照らし合わせてみる

企業側はどんな人物を求めているのか必ず確認してください。

 

自己分析の結果と企業側が求める人物像はマッチしていますか?
あなたのキャリアで挑戦してもついていけそうですか?

 

このマッチ度で書類選考通過率~内定までが決まると思ってください。採用側も求めている人物であるから採用するわけです。そこをしっかり頭に入れて応募してください。そうすることにより内定がぐっと近くなります。

転職 スタート の 為 の 自己 分析 結果 活用法 !自己分析活用方法:まとめ

面接で確認する

自己分析の活用方法はいかがでしたでしょうか?

 

みなさん気になることありませんでしたか?そうです!ハローワークや自己応募については触れていないんです。なぜ触れないのか?その理由は、

 

①ハロワの求人はブラック企業ばかりだから。
②自己応募は労力の割に見返りが薄い。
③転職エージェントは煩わしいことを全て請け負ってくれる最大のメリットがあるから。

 

です。転職エージェントをしっかり使いこなすことによって、よい求人に初めて巡り合うことができるんです。それを知らずにエージェントを利用しても何の価値もないことを理解してください。そのためには自己分析をしっかりやることがとても大事です。

自己分析の正しいやり方↓

本気で転職したい場合は、転職ツールを使い倒せ!!
保育士の本気の転職

転職に必要不可欠なことは、「目的」「対策」です。

 

✔転職する目的はあるのに対策方法がわからない。
✔どんな企業が自分にマッチするのか分からない。
ブラック企業への転職だけは避けたい。
✔業界に詳しい人から転職アドバイスをもらいたい。

 

そんな悩みに答えてくれる最強の転職ツールが「転職エージェント」です。南野弘明自身の4度の転職でキャリアアップができたのは転職エージェントのおかげといっても過言ではありません。

 

ハローワークや転職サイトだけで転職活動をしている人は、転職エージェントを利用して企業選びから面接対策雇用条件交渉をはじめとする手厚いサポートを受けてみよう!ライバルに圧倒的な差をつけるスムーズな転職が可能です!!

Twitterでフォローしよう

転職を成功の為に読んでおきたい