面接で残業時間を聞く若者

面接で残業時間を聞くのは基本的に禁止。しかし、転職活動でブラック企業を見極めるポイントとしても大事な残業時間。そんなナイーブな質問だからこそ上手く聞き出し、納得ができる転職がしたいですよね!上手く聞き出す方法について解説!

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

転職というのは、よいことだけではなく、リスクを伴うのというのは皆さんご存知かと思います。

 

スキルアップしたい20代の方に多いのが、転職したのはいいけどブラック企業に転職してしまったという事例です。

 

特に一番多い相談が、残業が月80時間を越えてしまって身も心もズタボロといった内容。

 

この残業時間は求人票に平均時間が書かれていることもあれば、入社しないとわからないというパターンもあります。

 

しかし、これを面接で確認してしまうと『残業する気がないのかな?』と悪い印象を与えてしまいます。

 

今回の記事はブラック企業を避け、自分のライフワークに合わせた適切な残業時間を事前に知る上手い聞き方について解説いたします!

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 

●こんな方におすすめの記事●

①面接で残業時間を聞く方法知りたい
②残業がなるべく少ない会社に転職したい
③残業時間に対する聞き方に悩んでいる

 

面接で残業時間を聞くとかなり印象が悪い

面接で残業時間を聞くか悩む男性

転職先で長く働く為にも絶対に確認したい残業や休日についてですが、これをストレートに聞いてしまうととても印象が悪いです。

 

面接で残業時間を聞くこと自体注意が必要なその理由は、会社に尽くす人材であって欲しいというのが、応募企業の希望だからです。

 

みんな残業は嫌いです。

 

でも残業しなければいけない時は沢山あります。

 

質問をするというのは残業を気にしているということですから、残業しなきゃいけないときも仕事を投げて帰社してしまう人と判断してしまうのが企業です。

 

自分自身はそんな理由で質問しているわけではなくても、そのように捉えられてしまう厄介な質問がこの『面接で残業時間を聞く』についてです。聞き方一つで印象を悪くするので要注意です。

 

面接で残業時間を聞くには「日常業務」がポイント

面接で残業時間を聞く女性

面接で残業時間を聞く際、自分からストレートに聞くのはご法度ですが、質問をしながら切り込んでいくと最終的に残業時間の回答やイメージを湧かせることができることが多いです。

 

その時の聞き方として、自分が入社してからのことを面接官にイメージさせるのが大事です。

 

以下のような会話をみてください。

▶パターン1:残業が多くなりそうな営業職

下記が営業職への質問事例です。この何気ない質問をしながら、面接で残業時間を聞くことができるのでテクニックを覚えましょう!

 

面接で残業時間を聞くことを避ける男性

営業職男性
もし御社に入社させていただいた場合の、一日の流れをお聞かせいただくことは可能でしょうか。

 

面接で残業時間を聞くことを警戒する面接官

面接官
メールチェックや会議、営業職だから外回り、時間があれば会社に戻って仕事、遅いようだったら直帰もできますよ。

 

面接で残業時間を聞くことを避ける男性

営業職男性
前職だと17:30までに戻れない場合は直帰となりましたが、御社はいかがでしょうか。

 

面接で残業時間を聞くことを警戒する面接官

面接官
弊社の場合は、19:00までに戻れない場合は、直帰可能です。

 

このようなパターンの場合、19:00までに戻れる場合が殆ど。毎日帰るのは20:00頃と想像することができます。面接で残業時間を聞く際、ストレートに確認しなくても想像することも沢山ありますよ!

 

また、次のような質問もよいでしょう。

▶パターン2:部署内の交流から切り出す

下記のように、先輩社員の声を利用して聞き出すのありです。このパターンも面接で残業時間を聞くことをストレートにやらなくてよいので絶対おすすめ!

 

面接で残業時間を聞くことを避けたい女性

事務職女性
御社HPに先輩社員の紹介の中で、交流会(ようするに飲み会)が開かれていると記載されていたのですが、他部署との交流会もあるのですか?

 

面接で残業時間を聞くことを警戒する面接官

面接官
だいたいは同じ部署の上司やチームメンバーで行いますね。

 

面接で残業時間を聞くことを避けたい女性

事務職女性
交流会が無い日は、皆さん直帰されていることが多いですか?

 

面接で残業時間を聞くことを警戒する面接官

面接官
弊社は残業が少ないから、結構飲みに行く人も多いと思いますよ。あと、趣味やジムに行っている人も多いですね。

 

 

このようなパターンであれば、残業時間が少ないことが容易に想像できますよね。飲みに行ける時間に帰れるし、ジムに通う余裕があるほどの残業時間ということになります。

 

面接で残業時間を聞くというのは企業側嫌がりますが、プライベートな時間が確保できる状態にあるかを確認すると、残業時間が長いか短いかが分かるようになります。

 

▶パターン3:受注の波から想像して聞き出す

下記のように受注の波から残業時間が多くなりそうな時期を想像するのもいいですね。面接で残業時間を聞かなくても受注の波でいつが多くなりそうか想像可能です。

 

面接で残業時間を聞くことを避けたい犬

かわいい転職者
御社のレジャー商品が活発に売れる時期は、6月、10月頃と予想しておりますが、その時期は生産がフル稼働の状態でしょうか?稼働率としてはどれくらいですか?

 

面接で残業時間を聞くことを警戒する面接官

面接官
いい質問ですね!6月に販売する為には、5月がフル稼働になり、90%以上の稼働になることも多いですよ。この時期は製造メンバーは、かなり生産が逼迫しているので、人が足りなくて困っているんですよ。

 

 

このパターンは製造業向けの聞き方です。稼働率90%というのは、工場でいうと余裕が無くかなり、やばい状態です。つまり、残業、休出しないといけないような状態。

 

これから推測すると、売れ筋商品が出るときはかなり残業と休出を強いられることを覚悟しておく必要があります。しかし逆に、閑散期はNO残業と予想できるのでメリハリがあることから、個人の考え次第になります。

 

面接で残業時間を聞くことは負の印象を与えてしまうので、想像できる質問をするとよいでしょう。

おすすめ!転職エージェント3選
当サイトから登録の多いエージェントはこちら(各サイトに遷移できます)
【若手】20代の転職

【ミドル】
20代、30代の転職

【管理職】
40代の転職

【必見】面接で残業時間を聞くことができないならエージェントを使ってしまう!

面接で残業時間を聞くことができた女性

面接で残業時間を聞くことはご法度ですが、前述のような切り口で攻める聞き方をしていくのも効果ありです。

 

ただ、まどろっこしい質問をしなくても第三者に上手く聞いてもらうといいですよ!

 

私がよく使った手なのですが、転職エージェントを通じて求人に応募していたので、不明点をエージェント経由ですべて聞いてもらうのは効果的でした。

 

例えば面接が終わった後に、エージェントからのフォロー連絡がくるのですが、以下のように依頼しました。

 

『面接で残業時間がどれくらいか聞きたかったのですが、センシティブな部分で聞きませんでした。すみませんが、エージェントさんから上手く聞いてもらえると助かります。絶対入社したいのでお願いします。』

 

このようにお願いするとかなり上手く聞き出してもらえるのでおすすめです。

 

私は、dodaを利用していたのですが、ホワイト企業に転職する前にお願いして聞き出してもらえました。

 

その結果が以下です。

 

残業時間の変化
前職の残業時間:月残業120時間以上
入社前情報:月残業時間20時間程度
入社後実績:月残業時間18時間程度

 

殆ど差が無い結果だったので、かなり上手く聞いてくれたと思います。dodaについて下記に特徴をまとめてみたので、是非参考にしてみてくださいね!

▶dodaの特徴まとめ

おすすめdoda

サイト名 特徴
doda 登録するとdodaの専門スタッフがみなさんの希望や適性に合った求人の紹介や、転職活動のサポートを無料で行ってくれます。 専門スタッフが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポート。また、必要に応じてキャリアカウンセリングを実施してくれます。

doda

画像引用元:doda

評価項目 解説
求人数 100,000件以上
エージェントの質 面接で本来の自分を最大限にアピールするためのノウハウを専門スタッフが直接アドバイスしてくれる。
登録メリット 履歴書、職務経歴書だけでは伝わらない、人柄や志向、考え方など、転職希望者の方の優れた特性を推薦状や推薦時のメールにまとめ、履歴書、職務経歴書に添えて企業に応募してくれる。
対応エリア 全国

【必見】口コミサイトから残業時間を暴く

面接で残業時間を聞くことを避け、口コミサイト確認中

口コミサイトは、現役社員や退職者の方の書き込みなので、生の声が確認しやすいです。ブラック企業と思われる企業は、残業時間が多く社員の人たちから実績残業時間が書かれている為、かなり信憑性があると思います。

 

口コミサイトでおすすめなのが『転職会議』なので、登録してみることをおすすめします。

 

転職会議は月々の費用を払わなくても口コミを入力すると無料で見れるので、自社の内容を簡単に口コミ入力すれば、一定期間閲覧し放題です。

 

詳細はこちら↓

面接で残業時間を聞くはNG:まとめ

面接で残業時間を聞くことを諦めた女性

何れにしろ、面接で残業時間を聞くことについては、ストレートに聞くのではなく質問を工夫して残業時間を想像するか、エージェント経由で聞いてもらったらり、口コミサイトで情報を得るなどで簡単に確認できますよ!是非実施してみてくださいね!

 

それではよい転職を!

 

※ボタンをクリックすると転職エージェントランキング特集が確認できます!

エージェント特集 おすすめ理由
20代に特化したおすすめの求人を紹介してくれるエージェント。初めての転職でも徹底サポートしてくれるが特徴です。未経験可の求人も豊富。
20代、30代が利用したい大手転職エージェント。経験者・未経験者でも安心!給与アップを目的とした転職に特におすすめ!私自身も400万円の年収アップに成功!
40代のおすすめエージェント。ハイクラス求人、管理職の方向けのおすすめエージェントをご紹介します!
僕が全力でおすすめする転職戦略公開
みんなの転職の悩みベスト3

1位:転職はむずかしい?

2位:ブラック企業だけはやだ!

3位:今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!