面接日時の再調整を検討する様子

面接日時を変更したいという事態は転職活動においては付きもの。しかし変更・再調整の内容によっては企業に悪い印象を与えかねません。電話連絡?メール連絡?どちらがよいのか、また面倒な悩みを抱えないようにする方法はないのか、わかりやすく解説します。

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

転職活動をしていると、面接日程の調整というのは意外と頻繁に発生します。

 

これは、複数社同時応募して面接日程が重なったり、在職中の企業で急な予定が入ったりと色々なケースが想定できます。

 

また、せっかく応募企業側が自分の為に時間を割いてくれていたのに、自分の都合でリスケ(日程の再スケジューリング)することは企業側に悪い印象を与えると心配する方も多いはず。

 

そういった面接日時を変更したい時に、応募企業側の印象を悪くしないように変更依頼をお願いする上手い方法を今回は解説いたします。

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 

面接日時を変更したいときのステップ

面接日時の再調整をPCを使って再検討中

転職活動中の面接日程調整はかなり大変ですよね(汗)。複数社が同時に書類選考を通過してしまうと、面接日程調整に一苦労します。また、在職中の企業で、打診日がちょうど顧客との打ち合わせなんてことも想定の範囲内だと思います。

 

面接日時の調整中、確定後に変更したい場合の対応方法について次に解説します。

【確定前】再日程候補の打診

面接日時は、まず企業側から日程について打診されることが殆ど。しかし、在職中の仕事および転職活動中の他社との面接日程などの兼ね合いから厳しい場合も。

 

下記は面接候補日の都合が合わず、再設定してもらいたいときの、依頼メール例文となるのでコピペ&修正で連絡を入れるようにしましょう。

例文

×××株式会社
採用ご担当者 ●●様

 

お世話になります。貴社HPより採用試験に応募させていただきました△△です。この度は、書類選考のご連絡いただき、誠にありがとうございます。是非、貴社面接にお伺いさせていただきたいと思います。大変恐縮ではございますが、いただきました候補日は現職の都合で貴社へお伺いすることができない状況でございます。

 

つきましては、下記の日程で面接日時の再調整をご検討いただければと存じます。

 

第一候補:〇月〇日(×曜日)13:00-17:00
第二候補:〇月〇日(×曜日)全時間可能
第三候補:〇月〇日(×曜日)14:00-17:00

 

当方の都合により誠に申し訳ございませんが、ご検討の程よろしくお願いします。

【確定後】面接日時のリスケ

下記は面接日時の調整が済み、面接日が確定してからの再日程調整(リスケ)を行う場合の例文です。コピペOKなので、必要に応じてアレンジして利用してくださいね!

例文

×××株式会社
採用ご担当者 ●●様

 

お世話になります。貴社HPより採用試験に応募させていただきました△△です。

 

〇月〇日(×曜日)14:00-15:00で採用試験の件ですが、当方の都合で大変恐縮ではございますが、貴社にお伺いすることができない状況でございます。誠に申し訳ございません。つきましては、下記の日程で再調整をお願いしたく、よろしくお願いします。

 

第一候補:〇月〇日(×曜日)13:00-17:00
第二候補:〇月〇日(×曜日)全時間可能
第三候補:〇月〇日(×曜日)14:00-17:00

 

当方の都合により誠に申し訳ございませんが、ご検討の程よろしくお願いします。

【注意】面接日時の連絡ポイント

面接日時の再調整を忘れないように張り紙中

せっかく調整していただいた日程の為、誠意を込めて伝えることが重要です。特に、確定後の再調整は、企業側に迷惑をかけることになるので、日程をまとめてから一度電話連絡をし、すぐにメールのリマインダーを残すことがポイントです。

 

また、日程の候補日は一日だけではなく、三日分の候補日を準備しましょう。

 

一日だけでは企業側の都合がつきにくくなるので、候補日が多い方が企業側が判断しやすくなります

 

おすすめ!転職エージェント3選
当サイトから登録の多いエージェントはこちら(各サイトに遷移できます)
【若手】20代の転職

【ミドル】
20代、30代の転職

【管理職】
40代の転職

【注目】面接日時の調整の秘訣

面接日時の再調整を人事部

面接日時の調整は、正直かなり面倒なやり取りを必要とします。これは転職活動をやっていると手間になり、これだけで転職活動鬱になりかねないです。

 

私はこれ自体がすごい手間で苦労する為、転職エージェント経由で全て応募していました。

 

転職エージェントを経由すると求人の紹介だけではなく、企業側との面接日程の調整など全てサポートしてもらえます。

 

その為、急な日程調整でも企業に連絡することなくエージェント側に一本連絡入れれば面接日程の調整をしてもらえるので、かなり転職活動が楽になります。

 

転職活動は、転職エージェントを使いこなすとめっちゃ便利なのでおすすめ!

 

私が利用して一番よかったエージェントを下記に記載するので是非、登録してみることをおすすめします。それではまた!

▶おすすめ転職エージェント

おすすめdoda

サイト名 特徴
doda 登録するとdodaの専門スタッフがみなさんの希望や適性に合った求人の紹介や、転職活動のサポートを無料で行ってくれます。 専門スタッフが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポート。また、必要に応じてキャリアカウンセリングを実施してくれます。

doda

画像引用元:doda

評価項目 解説
求人数 100,000件以上
エージェントの質 面接で本来の自分を最大限にアピールするためのノウハウを専門スタッフが直接アドバイスしてくれる。
登録メリット 履歴書、職務経歴書だけでは伝わらない、人柄や志向、考え方など、転職希望者の方の優れた特性を推薦状や推薦時のメールにまとめ、履歴書、職務経歴書に添えて企業に応募してくれる。
対応エリア 全国
僕が全力でおすすめする転職戦略公開
みんなの転職の悩みベスト3

1位:転職はむずかしい?

2位:ブラック企業だけはやだ!

3位:今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!