転職エージェントに断られる女性の反応

転職エージェントに断られるというのは、なんだか否定されたみたいでいやですよね?折角の転職活動なので、転職エージェントを利用して条件のよい会社を紹介してもらいたいのは誰もが同じ。断られたときの対処法について今回の記事で解説します!

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

最近になって非常に多く問い合わせをいただいている内容に、転職エージェントに断られるとき、どうしたらいいかという相談をいただくことが多くなっています。

 

年齢や詳しい経歴をお聞きできればベストでしたが、連絡が付かずに終わってしまったパターンもありますので、この場を持って、

 

転職エージェントに登録を断れられるとき(求人を紹介してもらえない)場合の原因と対策方法を公開させていただきます。

 

是非この機会に対策方法を試してみてください!断られる原因が分かればしっかり対策すれば問題なし!転職エージェントに断られるときの対処法について解説します。

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!
『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!

 

転職エージェントに断られるときはどんな時(原因)

転職エージェントに断られる度に落ち込む男性

転職を考え「よりよい条件で転職したい」と考え転職エージェントに登録するというのは正解です。しかし、転職エージェントは、いくつかの条件を満たしていない人材には「お断り」が発生してしまうんです。

 

その「お断り条件」つまり「転職エージェントに断られる原因」について詳しい原因を見ていきましょう。

原因1:年齢と経歴のミスマッチ

転職エージェントは、あらゆる年齢層について幅広く人材を募集しているのは事実ですが、その年齢に対して「経歴が不十分」と判断した場合「お断り」を行っています。具体的には以下のような場合です。

 

①20代で正社員経験なし
②30代でフリーター
③40代で管理職経験なし

 

といったように企業側のニーズに対して年齢に合った経歴が無いと企業に対してのニーズに合っていない為、転職エージェントに断られるといことが発生します。

 

当然求められる年齢によって転職エージェントへ登録できる条件は厳しくなります

 

特に、40代以上に対しての登録が厳しいなと思うのは「大手転職エージェント」です。

 

40代以上の方から「転職エージェントに断られるけどどうすればいい?」という悩み相談が多いのは、上記が原因と考えられます。

 

原因2:経歴に旨味がない人材

前述したように大手転職エージェントは経歴に旨味がない人材に対しては「お断り」が発生しやすい傾向にあります。例えば以下のような経歴。

 

転職エージェントが好まない経歴
①自衛隊
②役者業
③公的機関
④工場勤務(40代以上)
⑤自営業(YouTuber含む)

 

①~⑤の特色で仕事の内容が特殊すぎる場合「転職エージェントに断られる」という事例が非常に多い傾向があります。

 

上記に当てはまる人は転職エージェントの選び方についてが原因があるので、対策が必要です(後述)

原因3:転職回数が多すぎる

転職市場において「転職回数が極端に多すぎる人材は嫌われる」といった傾向があります。その理由は、

 

高額な採用コストをかけてもすぐに転職してしまう

 

と思われてしまうからです。つまり、そういった人材は大手転職エージェントにとっては必要としない人材と認識されてしまいます。そもそもそれは、

 

転職エージェントのビジネスモデルによるものです。

 

皆さんは転職エージェントに登録後に完全無料でエージェントが提供するサービスを利用できますが、皆さんが企業から内定後その企業へ就職したら、

 

企業側が転職エージェントに報酬を支払う

 

といったビジネスモデルで成り立っています。

 

さらに!もしあなたが転職先を数か月以内に転職してしまうと、企業側に報酬を返却しなくてはならないという転職エージェントと企業側のペナルティー制度が設けていることが殆どです。

 

転職回数が多い人材は「退職のリスク」があるため、大手転職エージェントは特に転職回数が多い人材を嫌うことが原因と考えられます。

 

転職回数が多い人は後述する対策を行うと転職エージェントに登録することは可能なので試してみるとよいでしょう。

 

転職エージェントに断られるを卒業できる対処法

転職エージェントに断られるも諦めない男性

大手転職エージェントは、前述した理由から「登録お断り」可能性があります。そういった場合の対策として、大きく分けると3つのことを実践すれば転職エージェントに断られるということから卒業できるので、下の3つを見てください。

 

☑ 時間をおいてから再度登録してみる 
☑ 複数社の転職エージェントに一気に登録
☑ キャリアに合った転職エージェントを選ぶ

 

上記の具体的な原因についての対策方法を次に説明していきます。

対策1:時間をおいてから再度登録してみる

このやり方は効果が薄いですが、登録ができる場合もあるので試してみる価値はあります。ただ前提として、

 

今皆さんが登録しようとしている転職エージェントしか日本には無いというわけではない

 

ということを前提として説明いたします。例えば「大手転職エージェントに絶対登録したい」といった場合に試してみてください。原因についての対策方法は、2つのステップが必要です。

登録情報の内容を詳しく記入する

登録が断られた登録情報を一回見直してください。

 

転職エージェント側は、あなたの登録情報を基に「紹介できる求人はあるか」という検討を行い「問題なし」と判断した場合「面談」を実施して「求人を紹介」してくれます。つまり、

 

登録情報は転職エージェントに対してもアピールポイントとして作る必要がある

 

ということです。

 

この登録情報が薄いと転職エージェント側は「能力が無いため企業側の要望を満たすことができない」と判断してしまい、求職者側の「転職エージェントに断られる」に繋がってしまいます。

 

そうならない為にもアピールポイントはしっかり書くべきです。では、どんなことをアピールすると転職エージェント側に好印象を与えるかというと以下のような内容です。

 

①行きたい業界に合った資格を所持している
②語学スキル(英語、中国語、韓国語ならgood)
③マネジメント経験(管理職での強み)
④コミュニケーション能力の強み・経験
⑤転職後のキャリアプラン

 

といった内容が登録情報内でアピールできていると登録がしやすくなります。特に、下記の大手転職エージェントに登録を希望される30代、40代の方は必ず実施しましょう!

 

おすすめ!転職エージェント3選
当サイトから登録の多いエージェントはこちら(各サイトに遷移できます)
【若手】20代の転職

【ミドル】
20代、30代の転職

【管理職】
40代の転職

登録情報の詳細化でダメなら時間を空けて再登録

転職活動が盛んな時期に登録してしまうと「転職エージェントに断られる」というパターンが多い傾向にあります。

 

転職シーズンを避けて「再登録」すると「登録できた」という声が多いので一旦諦めて転職サイトや転職アプリ等で転職市場の情報を入手しておきましょう。

 

そして約3か月後に再登録してみると登録できることがありますので試してみてください。

 

関連記事

おすすめ転職サイト&アプリについて解説▶

対策2:複数社の転職エージェントに一気に登録

対策2はかなり効果的な方法です。前述したように「大手転職エージェントへのこだわり」がなければ、日本には沢山の転職エージェントが存在します。よく聞く声として、

 

大手転職エージェントは断られたけど中堅エージェントに登録できた。その結果、サポートも充実してて逆に自分に合っていた。

 

という声です。

 

その時の転職エージェントの選び方は、年齢別に利用すべき転職エージェントが異なるということを念頭に置いておいてください。

 

私としては、大手転職エージェントより、中堅転職エージェントの方がアドバイザーの「当たり」が多かった印象です。過去記事に「年代別エージェント特集」を組んでいるので、20代、30代、40代の皆さんは是非参考にしてもらえれば幸いです。

 

対策3:キャリアに合った転職エージェントを選ぶ

転職を急いでいるのに転職エージェントに断られるという出鼻を挫かれる場合、自分のキャリアに合った転職エージェントを選ぶといいです。

 

1社の登録を断られたからたいって転職エージェントの登録を諦めるのではなく、次は自分の職種に合った転職エージェントを利用してみることをおすすめします。

 

例えばIT系転職エージェント、フリーター向け、女性向け、看護師向け、工場系等数々の転職エージェントが存在します。

 

過去記事にランキング形式で紹介していますので、是非下記ののボタンより覗いてみてくださいね。厳選した転職エージェントをご紹介しています。

 

転職エージェントに断られる原因と対策:まとめ

転職エージェントに断られる女性をサポート

大手転職エージェントは、求職者の登録情報を見た結果「登録お断り」を実施する場合があります。

 

そういった場合も「転職エージェントに断れるから諦める」ではなく、登録情報を見直したり、複数社の転職エージェントに一気に登録してみると、高確率で登録することが可能なので、試してみるといいと思います!

 

特に中堅転職エージェントは、大手エージェントへの対抗心が強いため「サポートもかなり親身」です。過去の特集ページを参考に自分に合った転職エージェントを見つけ『転職エージェントに子断られる』から卒業しましょう!それではまた!

転職エージェントに断られるの対処法

 

▼おすすめ記事▼

本気で転職したい場合は、転職ツールを使い倒せ!!
保育士の本気の転職

転職に必要不可欠なことは、「目的」「対策」です。

 

✔転職する目的はあるのに対策方法がわからない。
✔どんな企業が自分にマッチするのか分からない。
ブラック企業への転職だけは避けたい。
✔業界に詳しい人から転職アドバイスをもらいたい。

 

そんな悩みに答えてくれる最強の転職ツールが「転職エージェント」です。南野弘明自身の4度の転職でキャリアアップができたのは転職エージェントのおかげといっても過言ではありません。

 

ハローワークや転職サイトだけで転職活動をしている人は、転職エージェントを利用して企業選びから面接対策雇用条件交渉をはじめとする手厚いサポートを受けてみよう!ライバルに圧倒的な差をつけるスムーズな転職が可能です!!

Twitterでフォローしよう