▼強み/年収分析最強ツール▼
ハローワークと転職エージェントはどっちがいい?比較してみた

ハローワークはもちろん求人保有数No.1!しかしブラックな噂をよく聞きませんか?一方で転職エージェントはきめ細かいサポートがあり良質な求人を保有していますが、求人数は少なめ。今回はそんな2つを比較してみましたので、転職活動の参考にしてみてくださいね!

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino
こんな方におすすめの記事
①ハローワークはブラック企業が多そうで不安
②転職エージェントは本当に無料なの?
③2つのメリット・デメリットを知りたい

注目年代別おすすめ転職エージェント

20代 第二新卒AGENTneo
30代 doda
40代 リクルートエージェント
50代 エンワールドジャパン

ハローワークと転職エージェントを比較してみる

ハローワークと転職エージェントを比較する20代男性

転職を考えたとき、今は色々な転職ツールがあるので、利用に結構迷っているというご相談をよく受けます。特に下記のような転職ツールを利用して転職活動を行っていませんか?

 

注目おすすめ転職3選ツール

転職ツール 特徴
リクナビNEXT 全国の求人情報を勤務地や職種、あなたのスキルや資格などから検索が可能。転職成功のヒント満載の求人/転職のサイトです。
ミイダス コンピテンシー診断が使える!職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、あなたのコンピテンシー(行動特性)を分析できる(完全無料)。
転職会議 国内最大級100万件以上の転職口コミ情報が掲載されています。会員数は500万人以上。日本中の企業の口コミが集まっています。

※クリックすると公式サイトに遷移できます。

 

もちろんめちゃくちゃ役立つツールなので、みなさん利用していると思います。しかし、それ以外にも重要な転職ツールがありますよね?それが下記の2つ。

 

転職活動によく使われるツール
①ハローワーク
②転職エージェント

 

正直なところ、どちらもメリット・デメリットがあるので、どちらを使えばいいのかというのは、利用する人の環境や、経験、スキルによって最終的に変わってくるというのが結論です。

今回の記事で、ハローワークと転職エージェントについて徹底比較してみましたので、是非参考にしてみてくださいね!

比較①:求人数ならハローワークが勝ち!

ハローワークと転職エージェントを比較する仲間たち

「転職活動をするなら求人数が多い方が自分にマッチした企業に出会う確率が高そう」というのは誰しもが思うはず。まずは、ハローワークと転職エージェントを求人数で比較してみました。

転職エージェントはなぜ求人数が少ないの?

ハローワークにはない転職エージェントの仕組みで比較

画像引用元:doda

転職エージェントマニュアル内でも過去に説明している通り、転職エージェントは、求職者が入社後に採用報酬として、求職者の年収の3割程度を対価として得ることになります(例:300万円なら100万円程度)。

一人採用するためにかなりの出費となりますので、利用できない企業も多いです。しかし、それでも利用する企業があるというのは、キャリアアップを図りたい人材を効率よく採用活動ができるという企業側のメリットがあるからこそ需要があるということ。

 

よって、求人数はハローワークと比較すると求人数は圧倒的に少なくなってしまうため、転職エージェントを複数登録することが大事になります。

 

👑求人数ランキング👑
エージェント名 求人数 おすすめ年代
リクルートエージェント 300,000以上 20-50代
doda 100,000以上 20-30代
マイナビエージェント 60,000以上 20-30代
パソナキャリア 37,000以上 30-50代

※2021年9月調べ
※利用は完全無料で内定までサポートしてくれます。

なぜハローワークは求人が多いの?

ハローワークは、国が管轄する職業安定所なので、企業側も求職者側も無料で利用することができるのが特徴です。出張所も多く、全国に550所以上あることから、転職エージェントに比べ圧倒的な求人数を有しています。

つまり求人数だけで比較すると圧倒的にハローワークが多いので『とにかく早く転職したい』という人はハローワークを利用するのがおすすめです。

ただし、後述しますが、エージェントと比較すると求人の質がとにかく悪いです。そのため、ブラック企業の遭遇率が激高なため、キャリアアップの転職には向いていません。

 

関連記事

比較②:求人の質なら圧倒的に転職エージェント

ハローワークと転職エージェントを上手く比較し、大手に転職

比較1では、単純に求人数で比較しましたが、次は取り扱う求人の質に着目して比較してみました。求人数が多ければ転職できる可能性は高くなりますが、納得できる転職になるかと言えばそうとは限らないです。

次は、ハローワークと転職エージェントを求人の質で比較してみましょう。

転職エージェントは求人の質がよいのはなぜ?

ハローワークと転職エージェントを比較してエージェントを利用することに決めた女性

一人採用するのに数百万の出費がかかるにも関わらず、採用に意欲的な企業は、資金力が豊富である企業が多いのが特徴です。そのため、以下のような求人が集まりやすいのが特徴です。

 

求人の質がよいとは?
①給与が高い
②職場環境がいい
③福利厚生が整っている
④年間休日日数が多い
⑤ブラック企業が極端に少ない

 

特に私がおすすめするエージェントは、事前に「ブラック企業では無いこと」を企業側に対して調査・確認し、ブラック企業を徹底排除 していることも特徴です。ブラック企業排除に取り組んでいる優良おすすめエージェントは以下となります。

 

ブラック企業排除に力を入れているエージェント
※下記は20代のみしか利用できません
※2社とも完全無料で。
エージェント名 特徴
第二新卒AGENTneo 手厚い正社員就職サポートが売り!一人あたり平均8時間の手厚いサポート。企業担当による面接対策。幅広い求人を紹介してくれる。内定後はもちろん、入社後もしっかりサポート。
ウズキャリ ブラック企業を徹底排除!離職率/労働時間/社会保険の有無/雇用形態などで厳しい基準を設けている。全ての企業に訪問して基準を満たしているかを確認しているので安心。当サイトから入社された方の定着率は93%以上と非常に高いのも魅力。

ハローワークはブラック企業の温床

企業側が無料で利用できるので、兎に角求人の質が悪すぎ。特に、下記の面が転職エージェントと比較して圧倒的に悪いです。

 

求人の質が悪い特徴
①給料面の条件が異常に悪い
②業務内容も過酷または単純
③職場環境も悪いところが多い
④休日日数が糞(100日を切るところも)

 

さらにいうと雇用条が入前に言われた内容と違といトラブルが多く報告されています。

 

ハローワークで入社した会社。既に1週間ほど働いているのですが雇用条件通知書をもらえてません。一応ハローワークの求人票を見ながら、雇用形態について口頭で説明して頂きました。こういう場合、求人票が雇用契約書みたいな感じになるのでしょうか?また、今からでも雇用状況通知書を申告すればもらえるものでしょうか?よろしくお願いします。

 

私自身面接官をしていた時にも、企業側へのブラック企業度を転職エージェントの営業マンがしっかり確認していたので、転職エージェントは全体的にブラック企業排除に力を入れている印象です。

逆に、ハローワークの相談員さんは、有名ブラック企業を平気で相談してくるなど、本当に信じられない経験を私個人もしたことがあります。

 

ハローワークはブラック企業の温床になっていることは間違いありません。その為、求人の質で比較すると圧倒的に転職エージェントの方がおすすめです。

 

関連記事

比較③:応募者の質は転職エージェント経由が勝ち

ハローワークと転職エージェントの応募者を比較する企業

次は、企業目線で応募者を見たとき、どちらの応募者の方の質がよいのかという点で比較していきます。

実際に私が在籍する企業は、転職エージェントとハローワークの両方に求人を出していた時期があるのですが、その経験をもとに企業目線で比較してみました。

転職エージェントの紹介求職者はレベルが高い

転職エージェントとハローワークを比較して利用をエージェントに決めた女性

求職者が転職エージェントに登録すると、全てのサービスは完全無料登録後に利用することが可能です。しかし、誰でも登録することができるというわけではありません。エージェントによっては「審査」があります。

例えばフリーターやニートの方が大手転職エージェントに登録しようとしても、断られる可能性が高くなります。

 

つまり「キャリアが悪いまたは低い」と判断されると、非公開求人(優良企業が多い)を紹介してもらえないという場合もあり、転職エージェントによっては選別が行われ、能力が高い人を企業に紹介することが殆どです。

選別する理由は大まかには以下です。

 

転職エージェントが求職者を審査する理由
・優良企業に転職できる確率が低い為、フォローする時間がもったいない。
・企業に出す推薦書が書けない。
・ブラックリストに載っている。

 

など様々なことを避けるため審査を行っています。

過去記事でも紹介していますが、キャリアが不安な方は、そういった方を専門に扱う転職エージェントを利用すれば、大手よりもしっかりとしたサポートを受けれることが多いので、過去記事を参考に登録してみるとよいかと思います。

20代限定:フリーター/ニートでも利用可能なエージェント
エージェント名 特徴
ウズキャリ 既卒・第二新卒・フリーター・ニートの内定率83%以上。入社した方の生の声を元に入社後の働き方や満足度もお伝えするので、入社後のイメージが湧きやすい。個別サポートと集団対策を選べる(※どちらも完全無料)。
第二新卒AGENTneo 10代・20代のえらぶ就職転職満足度No.1、オススメしたいエージェントNo.1、就職転職相談しやすさNo.1。第二新卒はもちろん、フリーター/既卒/中退/高卒/中卒/早期離職など学歴不問で就業支援をしてくれる。もちろん完全無料。
DYM就職 第二新卒・既卒はもちろんフリーーやニートの方向けの正社員求人を多数紹介しています。経歴や学歴に不安があっても正社員に転職・就職ができて、最短1週間でのスピード入社も可能で完全無料。

ハローワークの応募者は基本レベルが低い

ハローワークは、誰でも無料で利用できる点が特徴です。つまり企業側からしてみたら、とんでもない求職者に出会ったりするようなこともちらほら。僕の会社でハローワークを利用しなくなった理由が下記です。

 

ハローワークの求職者例
①面接当日に断わりもなく来ない
②入社当日に来ない
③入社しても活躍しない事例多数
④やる気がない
⑤すぐ辞める
⑥働ければいいと思っている求職者が多い

 

など呆れ返る事態も多いです。もちろんすべての求職者がそうとは限りませんが、転職エージェントの応募者とは比較にならないです。

さらに過去に面接官を行っていた企業では、ハローワークからの求職者は応募書類通過率もかなり低く、社会的なマナーがなっていない人も多かったです。

 

転職エージェントの紹介求人とはレベルが圧倒的に違うというのが、企業目線からの特徴です。

その為、ハローワークからの応募者と比較すると、圧倒的に転職エージェントの応募者の方が質が高い為、内定率にかなり差が出ていました。

比較④:サポートの手厚さは転職エージェントが勝ち

ハローワークと転職エージェントを比較して上手く転職に成功した女性

転職エージェントもハローワークも両方とも転職に対するサポートは付いています。しかし、そのサポートの質については雲泥の差があるのが特徴です。

次は、ハローワークと転職エージェントのサポート力について比較してみましょう。

転職エージェントのサポートは手厚い理由

ハローワークと転職エージェントを比較するためにアンケートをとる女性

転職エージェントの仕事は求職者を入社させることにより報酬を得ることができますので、求職者に対してとにかく手厚くサポートしてくれます

私がホワイト企業に転職する際もエージェント経由で求人に応募していましたが、そのサポート力はかなり使えるサポートでした。

 

無料で手厚いサポートを受けれるので、絶対におすすめです。

 

転職エージェントのサポート力
・転職相談
・求職職者に合った求人紹介
・履歴書、職務経歴書の添削から企業への送付
・面接日程の調整
・面接対策
・内定後の条件交渉
※上記サービスはすべて完全無料です。

 

兎に角手厚いサポートで求職者と一緒に内定を勝ち取ることが特徴です。特に、在職中の転職希望者は絶対に利用すべきです。前職の企業でも転職エージェントを利用し、転職の際も利用した経験から利用価値が高いと思います。

年代別に見ると下記のエージェントがおすすめなので、登録して手厚いサポートを受けてみましょう。

👑年代別おすすめエージェント👑

注目年代別おすすめ転職エージェント

20代 第二新卒AGENTneo
30代 doda
40代 リクルートエージェント
50代 エンワールドジャパン

ハローワークは真剣さが伝わってこないサポート

ハローワーク職員は企業のことを全然知らないので、ブラック企業をあたかもホワイト企業のように説明してくる始末。

世間的にもブラックで有名な企業を、おすすめのような感覚で伝えてきたときは笑いました。ハローワークを利用するときは受け身でいると何もされないので注意が必要です。

 

転職エージェントは、転職初心者から上級者まで、登録者に合ったサポートを行ってくれるという特徴があるので、初心者であれば受け身な体制でもしっかりバックアップをしてくれます。

ハローワークと転職エージェントを比較すると企業ということもあり、エージェントのほうが明らかにサポート力があります。私は絶対ぬるま湯に浸かっているハロワは利用しません。

 

関連記事

比較⑤:転職難易度ならハローワークが楽

ハローワークと転職エージェントを比較しバランスをとる

転職する為には色々な求人に応募していくと思いますが、転職エージェントとハローワークの求人に応募し比較した場合、どちらが転職難易度が高いのでしょうか。

これは、取り扱う求人の質に左右される要素なので、その点を踏まえ次に転職難易度で比較した結果を見ていきましょう。

転職エージェントの求人は質が高いため難易度が高い

ハローワークと転職エージェント比較するためにエージェントに相談中

エージェントにお願いする企業というのは「質の高い企業」が多い為、採用は比較的難易度が高いです。面接が概ね3回で、筆記試験+書類選考が行われる求人が多いです。

質が高い企業ですから質の高い求職者を求めるため、採用条件も厳しいものになるのは当然の流れと言えます。

 

エージェント側は、当然その高い難易度の採用試験をクリアーするための対策をしっかりやってくれるので、求職者とエージェントがWin-Winの関係になるのも納得できる結果と言えます。

しかしもし採用まで行けば『条件が良い』というメリットがある為、多くの求職者が転職エージェントを利用するというのが特徴です。

 

関連記事

ハローワークの求人は、求人難易度激低

ハローワークに掲載している企業は、とりあえず採用しておくか程度の企業が多い為、筆記テストが無いところも多いのが特徴。もちろん面接も1回。

その為、手っ取り早く働きたい人にとっては、ハローワークの求人はもってこいです。

 

適当に書いた履歴書、職務経歴書が通ったという事例が数多く寄せられています。

 

ハローワークってゴミみたいな求人しかないんですかね?年間休日80日で月給16万とか舐めてんのか?

 

逆に言うと、転職難易度が低いということは、雇用条件も悪い(薄給、ブラック等)ということなので、よく考えて利用すべきというのが結論です。

好条件を求めるなら転職エージェント。兎に角働きたいならハローワークがおすすめです!

比較⑥:キャリアアップしたいなら転職エージェント

ハローワークと転職エージェントを比較し年収アップを望む

最後に、キャリアアップ(高収入)が望める求人という意味で比較してみたいと思います。前述からも予想できるかもしれませんが、高収入を望むなら絶対に転職エージェントの利用がおすすめです!

給与が低いハローワークの求人では、キャリアアップができません。エージェントに登録してハローワークの求人と比較すれば一目瞭然。

転職エージェントは内定時に条件面の最終交渉をしてくれる

ハローワークと転職エージェントの求人を比較した結果を連絡

優秀な人材を確保するために高額な報酬をエージェントに支払うわけですから、資金力がある企業が殆どです 。その為、採用時の年収も自ずと変化なし~高めに設定しても通る可能性があります。

条件面の交渉を行うのは、センシティブな部分で上手くできない人も多いのが特徴。エージェントを通して交渉してもらうとよいでしょう。

 

現に、私は転職エージェントを利用して年収400万円アップ(結構異例だと思いますが)に成功しているので、エージェントの最終交渉はかなり重要だと思います。

👑30代おすすめ転職エージェント👑

注目30代おすすめエージェント

ハローワークは条件交渉してくれない

当然ながら質の良い求人が見込めないので、高収入は見込めません。更に言うと求人票の報酬条件が実態とは全く異なるなどは日常茶飯事です。

ご相談いただいた方々からも、入社後に雇用条件のトラブルがあり、再転職を余儀なくされたという方も多かったので、ハローワークを利用の際は、雇用契約書書の確認をしっかり行うようにした方がよいでしょう

 

ハローワークと転職エージェントを比較すると圧倒的にエージェントの求人のほうが年収面は高いですが、それだけ入社難易度は上がることをお忘れなく!

ハローワークVS転職エージェント:結果発表

ハローワークと転職エージェントを比較するした結果を喜ぶ若者

転職エージェントとハローワークを比較してみると結局のところ、職場環境や条件面にこだわりを持つ場合は『転職エージェント』。手っ取り早く働きたいなら『ハローワーク』という結果かと思います。

 

転職エージェントの特徴】

審査が通ればあとは手厚いサポートを受けながら内定獲得に向けて備するのみ!質の高い求人なので当然キャリアアップが見込める=高収入を目指せる。

 

ハローワークの特徴】

安かろう悪かろうな為、今後使用しない方が身の為だが「どうしても職が見つからない」人はてっとり早く就職が可能。

 

どちらが悪いということではなく、あくまでも自分の置かれている現在の立場を考慮した利用がおすすめです。また、併用するというのも得策の一つなので是非検討してみてくださいね!

色々な転職エージェントをまとめてランキング形式にした記事もあるので是非転職してステップアップしたい人は覗いてみてくださいね!それではまた☆

 

転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事