第二新卒の転職理由について対策する女性

ホワイト企業に転職したいと思うのは、転職希望者なら誰しもの夢。しかしホワイト企業を探すのは一筋縄ではいきません。入社しないと分からないでは入社後にブラック企業だったら大変です。今回の記事は、ホワイト企業に転職したい人に贈る私の実践したおすすめ方法を解説します。

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

「ブラック企業に絶対に入社したくない!」 と思って皆さんは就職、転職活動を行うと思いますが、結局のところ「ホワイト企業に転職したい!」ということだと思います。

 

転職というのは「現在の職場で解決できないことを転職で解決する」ということですから、自ずと「ホワイト企業の方が実現しやすい環境の可能性が高い」となるわけです。

 

では、この「ホワイト企業」ですが、どんな定義があり、転職した人はホワイト企業をどのようにして実感できたのかまた、ホワイト企業にどのような方法を使って転職てきたのかについて、私の実体験を基に解説していきます。

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!
【公式Twitter】
【最強転職ツール】

 

ホワイト企業に転職したい人は定義の理解が大切

ホワイト企業に転職したい女性

そもそも「ブラック企業の定義」て色々なメディアでも取り上げられる一方で、ホワイト企業の定義はあまり注目されていませんよね?まずは、ブラック企業の定義とホワイト企業について確認してみましょう。

▶ブラック企業の定義

厚生労働省においては、「ブラック企業」について定義していませんが、一般的な特徴として、

①労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す
②賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い
③このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う

などと言われています。

▶ホワイト企業の定義

逆にホワイト企業はどうでしょうか?ブラックとホワイトは相反することからこの真逆のパターンがホワイト企業の定義と言えます。

 

ホワイト企業に転職する際は、下記の五つの定義について確認し転職探す方法がかなり有効な手段です。ホワイト企業に転職したい人は必ず覚えておいてくださいね!

 

【ホワイト企業五箇条】

定義 内容
残業が少ない 36協定が締結され、週の残業時間が『40時間まで』など書かれている。
離職率が低い 離職率が高いということは従業員満足度が低い会社です。
福利厚生充実 手当をはじめとする福利厚生は大企業に目が行きがちだが、これだけでホワイト企業と判断してはいけない。年間休日にも注目。
評価制度の明確化 きちんとした評価制度があることで従業員の満足度はあがり、協調性も沸くので離職率が低い会社であることが多いです。
年齢層が均等 極端に若い、極端に年配が多い企業はブラックの可能性が非常に高いです。

 

就職や転職の際にブラック企業だけは是が非でも避けたいものですが、ブラック企業の入社することを避ける努力よりも、ホワイト企業に転職する方法の方がめちゃくちゃ重要です!

 

次に私がこの五箇条を基に、どのようにホワイト企業を探して行ったかについて解説していきます。

ホワイト企業に転職したい人は『求人票』に注目!

ホワイト企業に転職したい人が夢見る大企業

ホワイト企業を探すコツは五箇条を基に探して行くことは重要ですが、転職に利用するツールも大事です。この転職ツールを間違えるとブラック企業に転職する可能性が高くなります。

 

ホワイト企業に転職したい人は是非『求人票』に注目してください。この求人票の見方をきちんと理解できれば間違いなくホワイト企業に転職できます。

 

ホワイト企業に転職したいという思いで転職活動をさせた私が実践した有料級情報をご紹介いたします。

注意!ハローワークの求人は基本ブラック企業

転職=ハローワークと考え、ハローワーク以外利用しないという信者の方は徹底してハローワークでホワイト企業を探してください。

 

逆にハローワーク以外も用して転職活動をしている方は、ハローワークの利用は避けた方がよいでしょう。

 

私自身も利用しましたが、ホワイト企業と言える企業は皆無でした。詳しくは後述します。

 

関連記事

▶ホワイト企業に転職したいなら求人票はここを見る!

上記五箇条がきちんと求人票に記載されている企業ほどホワイト企業の可能性が高いです。

 

しかし、きちんと書かれていてもその内容によってはブラック企業になり得るので、ホワイト企業を探すときの見るポイントを解説します。ホワイト企業に転職したい人は是非実践を!

1:年間休日と有休

年間休日と有給休暇の内容がきちんと書かれている企業に応募しましょう。大手転職サイトからホワイト企業と思われる求人事例を引用して解説していきます。

 

完全週休2日制(土日)祝日

【年間休日】127日
【有給休暇】10日~25日
【休暇制度】夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇
【その他】節目休暇・ファミリーサポート休暇等

 

見るポイントで最も大事なのが年間休日が120日より多いかどうかです。120日より少ないと、どこかの月で土日の出勤がある可能性が高いです。120日を下回り、100日などの企業などは絶対に避けましょう。

2:福利厚生の充実

次にホワイト企業の福利厚生について見ていきます。最近では、コロナ感染拡大防止に力を入れている企業についても注目ポイントと言えます。

 

【試用期間】3ヶ月
※労働条件は本採用と同じです。

【保険制度】
・健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険

<制度>持株制度・財形貯蓄制度・企業年金制度等
<施設>独身寮・社宅・保養施設・医療施設等

●ワーク&ライフサポートプログラム
・配偶者の出産、看護、子の学校行事等で取得できる休暇制度
・育児、介護のための短時間勤務制度
・育児や介護費用の一部を会社が補助
・自宅で業務に従事できる制度

 

まずは保険制度4つに全て加入されていること、制度としては財形貯蓄などあるとよいですね。独身寮、保養所などあると生活面でも非常に優遇されています。

 

注目すべきは、ワークライフに関する内容です。

 

育児や介護についてきちんと書かれており、補助などがあれば従業員の満足度の高い会社と言えます。ホワイト企業に転職したい人は、ワークライフバランスのとりやすい環境かどうかに注目してください。

3:残業について何らかの内容が書かれている

残業時間について明確に平均残業時間が書かれている企業はホワイト企業の可能性が高いです。例えば、月平均20時間以下等。

 

ただし、ホワイト企業全てが明確に書かれていないこともあるので、下記の様な先輩社員の声からも参考にするとよいでしょう。

 

基本的に20時以降のPC作業は禁止されていますし、仕事を持ち帰るようなこともありません。労務管理がしっかりしているので、メリハリをつけた働き方を実現することができると思います。もちろん、仕事について頭の中であれこれ考えることまでは制御できませんが(笑)

 

この様にホワイト企業に転職する方法は、転職サイトから先輩社員の声などからも読み取ることができます。特に残業の量は、先輩社員の声に書かれていることが多いので注目してみてみましょう。

 

おすすめ!転職エージェント3選
当サイトから登録の多いエージェントはこちら(各サイトに遷移できます)
【若手】20代の転職

【ミドル】
20代、30代の転職

【管理職】
40代の転職

4:離職率、年齢層、評価制度は面接で確認

ホワイト企業に転職する方法は、上記5箇条についてきちんと確認することです。これを怠るとブラック企業に転職してしまう可能性を高めてしまいます。離職率、年齢層、評価制度は面接で確認しなければわからないことが殆どです。求人票には以下の様に書かれていることが多いです。

 

★離職率4%の「安定」して働ける環境!
★充実した環境であなたの力を発揮しよう!

求人票に書かれて例

 

質問の仕方

・長期的なキャリアを御社で積み貢献することが目標ですので、御社でお勤めされている方の定着率を教えていただけますか?

・御社の課長職になられる方の平均的な年齢層を教えていただけますか?

・御社の求人を拝見すると『結果が評価に直接反映する』というところに魅力を感じています。具体的な評価制度について教えていただけますか?

 

直接ストレートに質問するのはNGです。ホワイト企業の可能性がある企業だからこそ前向きな問の仕方に強く共感してもらえます。

 

上記の様に、よいポイントを引き出そうとしながら転職時の面接で聞き出していくことがホワイト企業を探すコツなのでホワイト企業に転職したい人は是非参考に!

関連記事

5:20代ならブラック企業排除に力入れているエージェントを経由

転職エージェントを利用することは、ブラック企業への入社を極端に抑えることができる対策です。そうすることによりホワイト企業への転職したいを実現できる確率も上がる為、有効な方法と言えます。

 

特に20代が転職するときはブラック企業への転職するリスクが増すので、下記のような転職エージェントを利用するとブラック企業への転職リスクが大幅にさがるのでおすすめします。

 

登録もわずか1分程度。登録後のキャリア面談でブラック企業を避けたいときちんと伝えましょう!

ホワイト企業への転職は『第二新卒エージェントneo』がおすすめ

若手1位『第二新卒エージェントneo』

10代・20代のえらぶ就職転職満足度No.1。面接対策満足度No.1、就職転職相談しやすさNo.1と非常の若手層から指示されています。
第二新卒はもちろん、フリーター/既卒/中退/高卒/中卒/早期離職など学歴不問で就業支援を行っているので納得の転職が可能です!もちろん利用は完全無料です。
求人数 10,000件前後
面談の質 若手専門のエージェントなので不安解消の為に初回面談は2時間と他社の倍!
対応地域 東京、大阪、名古屋、福岡にオフィスあり
特徴 若手の転職支援実績No.1。初めての転職からキャリアに不安な方までサポートしてもらえます。
対応年齢 10代、20代
公式サイト▶ 【公式】第二新卒エージェントneo
※外部サイトに遷移します

実体験!ホワイト企業に転職したいが実現できてよかったこと

ホワイト企業に転職したいが叶った牛

ブラック企業を実感できる瞬間は多いですが、逆に「ホワイト企業を実感できる瞬間」てどんなときなのでしょうか?ホワイト企業に転職したいと思う人は是非覚えておいてくださいね!

 

私自身もブラック企業→ホワイト企業に転職したいを叶えた経験を持っているので、皆さんにホワイト企業の素晴らしいところを少しお伝えしたいと思います。

1人間関係が良好な職場だと感じ取れる

まず一つ目が「人間関係の良好さ」を感じ取れた時です。

 

例えば、所属部署のメンバーは困ったことがあれば仕事のことのみならず「プライベートのこと」も相談しやすいといった雰囲気があります。

 

また、上司と「報連相(ホウレンソウ)」が上手くできる為、部署内が非常に活発に回っていることが実感できます。

 

その為、モチベーションや自分の成長を肌で感じることができると「ホワイト企業」を実感できるので、特に人間関係の悩みや仕事のモチベが上がらない人はホワイト企業を狙い撃ちした求人に応募していきましょう。

 

ホワイト企業に転職したい人は、面接で人間関係に対する質問をしてみるとよいでしょう。

休暇が取得しやすい環境

部署内の雰囲気のみならず会社全体で「しっかり休んでしっかり仕事をすることが一番生産性を上げる」といった風潮がある会社はホワイト企業であると言えるでしょう。

 

そういった会社は、有給休暇が取りやすく、有給休暇の消化を部下に指示するような会社が非常に多いです。

 

また、当然のことながら育児休暇の制度も充実しており、男女関係なく取れるような会社は完璧な「ホワイト企業」と言えるでしょう。ホワイト企業に転職したい人は、求人票に記載されていることもある有休消化率に注目しましょう。

福利厚生が充実!給与面も満足

ホワイト企業の特徴は、待遇面に満足している人が多いのが特徴です。当然自分の努力が給与面に反映していれば努力することに意義を感じ、モチベーションを上げることができます。

 

転職前にはいくらやっても給料が同じ。そんなことに嫌気がさして転職したのであればホワイト企業に転職できた=転職成功と言えるでしょう。

 

これはホワイト企業5箇条の中の『評価制度』についてきちんと面接で確認することが大事なのでしっかり確認しましょう。ホワイト企業に転職したい人は、求人票に記載されていることも多い評価制度に注目しましょう。

 

おすすめ記事

まとめ

ホワイト企業に転職したいを叶えた男性

ブラック企業である瞬間は簡単に感じ取れる中、ホワイト企業を実感できる瞬間て結構少ないと思います。ホワイト企業の特徴を見ると大きく分けて3つありました。

 

1:人間関係良好
2:有給休暇が取りやすい
3:福利厚生、待遇面が満足できる

 

上記3つが満たされたとき、人は「ホワイト企業」と認識されると言われています。このことをしっかり理解して日々を過ごすと自分の会社が「ホワイト企業かどうか」を見極めることができます。

 

もしホワイト企業に転職したいと思うのであれば、転職エージェントを利用して転職するとハローワークよりも遭遇確率が非常に高くなるので是非利用してみましょう

 

元面接官の経験と転職ツールの活用でホワイト企業に転職した私が利用した転職ツールも下記に記載しますので、是詳細を認してみてくださいね!それではまた!

▶ホワイト企業に転職したいならdodaが一押し

1位おすすめ転職エージェントNo.1『doda』

私自身が企業側としても転職者としても利用価値が一番高かった転職エージェント。業界に精通したコンサルタントが転職者のわがままを叶えてくれます!転職希望の方は登録する価値あり!転職相談だけでもOK。
求人数 100,000件前後
面談の質 転職の動機からキャリアプランまで寄り添う面談
対応地域 全国
特徴 転職者満足度No.1。業界を牽引していくほどの大手人材紹介会社。サポート体制も充実。初めての転職でも安心
公式サイト▶ 話そう、探そう・転職はdoda
※外部サイトに遷移します
年代別!最強転職エージェント紹介!

最強転職エージェント

 

「求人検索、応募書類作成、面接対策、雇用条件の交渉...。初めて尽くしで何から手を付けていいのか分からない。」といった、はじめの転職におすすめの転職エージェントを紹介!

登録からサポートまで完全無料で安心して利用できるので、転職エージェントの利用価値は絶大です!

各年代別のおすすめ転職エージェントを理由を添えて紹介しますので、気になる転職エージェントがあればまずは登録してみましょう!

👑20代の転職に利用価値大👑
ブラック企業を除外、優良企業のみの求人紹介!
20代のサポートは業界随一!
20代に特化した転職エージェントである「第二新卒エージェントneo」。株式会社ネオキャリアが運営する関東、関西、九州地方の20代の転職に強みを持っています。求人数も10000社以上を保有し、経験豊富なアドバイザーが親身にサポートしてくれます☆
【特徴】
①書類対策、面接対策徹底サポート。
②サポート時間が他社より長い。
③ブラック企業排除で求人紹介。
④学歴、職歴に不安があってもサポート可能。
【NGユーザー】
18歳以下と29歳以上
面談予約が取れないかた
※詳細確認や登録は以下から確認可能です↓
👑30代の転職に利用価値大👑
20代、30代のキャリアアップに最適な求人をピンポイント紹介!
丁寧な対応で求職者の方一人一人との関係性の構築を大切にしている
パーソルキャリアの「doda」は求人情報サービス・人材紹介サービスを提供する転職サイトです。まずは自分で求人を探してみたいという方も、1人での転職活動は不安を感じるという方もdodaで自分に合った求人を見つけることができるのでおすすめ!私はdodaで年収大幅アップを実現しました!
【特徴】
<転職サイト機能>
日本最大級の求人数を掲載。毎週更新される求人特集や新着求人から、マッチした求人の検索と応募が可能。職種、年齢、経験を問わず、さまざまな求職者が利用可能。
<エージェントサービス>
非公開求人を含む約10万件の求人からあなたに合った求人を紹介。専門スタッフが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポー
【NGユーザー】
①エージェントサービスへ新規会員登録後、キャリアカウンセリングを受けれない方。
②40代以上は求人数が少なめなのでおすすめできない。
👑40代の転職に利用価値大👑
40代以上の転職にうれしいハイクラスにも対応
好条件求人を多く有していることから利用満足度も好評価!
転職のリクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1。実績豊富な 転職エージェントがあなたの転職を成功に導いてくれること間違いなし!異業種への転職、ハイキャリアを目指した転職、グローバル求人にも対応。幅広い求職者が利用している。
【特徴】
1.面談で自身がまだ気づかれていない強味を発見できる。
2.非公開求人も含めた多数の求人から最適な求人を紹介。
3.キャリアアドバイザーからも企業にあなたの強みをアピール。
【NGユーザー】
①キャリアカウンセリングを通じての求人紹介を求めない方。
②電話連絡が取れない方。

※転職エージェントのランキングおよび詳細は、各HPや私自身が利用した経験、利用者からの声を基に分析した結果を掲載しています。他社を否定するものではありません。また、利用の有効度は個人差があります。複数社に登録し、比較検討されることをお勧めします。

👑併用したい転職ツール👑
転職ツール 特徴
リクナビNEXT 全国の求人情報を勤務地や職種、あなたのスキルや資格などから検索が可能。転職成功のヒント満載の求人/転職のサイトです。
ミイダス コンピテンシー診断が使える!職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、あなたのコンピテンシー(行動特性)を分析できる(完全無料)。
転職会議 国内最大級100万件以上の転職口コミ情報が掲載されています。会員数は500万人以上。日本中の企業の口コミが集まっています。

※クリックすると公式サイトに遷移できます。

Twitterでフォローしよう