▼強み/年収分析最強ツール▼
女性の転職!転職活動を始める際の注意点について解説

女性の転職は男性と違い、転職を考え始めたころからきちんとした準備をしながら進める必要があります。特に将来を見据えながら進める必要があるのが最大の注意点。今回の記事は、女性の転職において大事な転職活動準備事項について解説いたします。

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

20年前と大きく転職市場が変わったことと言えば「女性の社会進出」ではないでしょうか。

 

20年前は女性の上司なんてほとんどいない世の中。今の世の中は女性上司は当たりまえ。男性部下を上手に使い、高度な仕事も難なくこなしていく女性上司を見ると非常に頼もしいですよね?

 

しかし女性は男性と違い、家族がいればそちらを重要視する必要があるので難点。

 

「ばりばり働いて、男性社員に負けないくらい出世してやる!」と思っても、結婚し子供を産むとその心は大きく変化してしまうものです。

 

今回は女性の転職における転職活動前の準備しておきたい4つのことについてまとめてみましたので、女性の方で転職を考えている方であれば、是非参考にしていただければ幸いです。合わせて各注意点も解説いたします。

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 

女性の転職ポイント1:何を優先するのか

女性の転職における注意点を説明する女性上司

女性の転職は、男性の転職で考えるべきポイントと異ります。その大きく異なるポイントというのは、優先順位付けにあります。

 

女性/男性の転職理由について見てみましょう。

▶男性の転職優先順位

  1. 給与
  2. 将来性
  3. スキルアップ

 

男性は、結婚する前から将来の見据えて転職を考える人が大半です。

 

■現在の給与で家族を養えるか。
■今の会社の将来性では家族を養うことができるのか。
■結婚後に何かあってもやっていけるスキルを身に着けたい。

 

上記のように、家族を養うという観点で仕事選びなどを行うのが男性の転職事情ですが、女性は異なります。次に、女性が転職を考える際のポイントを見てみましょう。

▶女性の転職優先順位

  1. 安定した企業で働きたい
  2. 転勤したくない
  3. 結婚後も正社員で働きたい
  4. 産休・育休が取れる会社で働きたい
  5. 時短を使える会社に転職したい
  6. 長く働ける会社に転職したい
  7. 家から30分以内の職場で働きたい

 

男性は家庭にお金を入れることに優先順位を付ける傾向がありますが、女性は家庭と仕事の両立に将来性を置くことが転職のポイントとなっています。

 

出産と同時に退職ということはせず、産休・育休を取ったあとも正社員として長く働きたい、そしてできれば子供のお迎えもあるので時短も使いたいというところが職探しのポイントとなります。

 

もし20代の女性で転職を考える場合、何歳で結婚して、出産はいつごろか、職場復帰後どのようなキャリアを形成していきたいかという点を踏まえ転職先を探すようにしましょう。

 

給料ばかり追い求めてしまうと、子育てに適さない職場もあるので、女性が転職する際の転職先としてはあまりおすすめできません。

 

こういった優先順位も男性とは異なる注意点として挙げられます。

女性の転職ポイント2:転職先の仕事内容

女性の転職における注意点を話し合う女性たち

女性の転職のポイントの1つめの優先順位を決めたらいよいよ職探しです。ここで忘れてはいけないポイントとして「仕事内容をしっかり確認する」ということです。これはかなり重要な注意点です。

 

当たりまえだと思われがちですが、女性は男性よりもこの仕事内容についてよく理解しないまま転職してしまうケースが多く見受けられます。

 

例えば「応募求人で営業職を募集しているのに前職が事務職だったから外回りの営業業務よりバックオフィスの事務職の方がメインなはず!」といった、自分で求人内容を変えてしまう人を多く見受けられます。

 

女性の転職事情は男性と異なり、職種が少し変化しただけでもライフワーク(子育て等含む)のバランスが大きく崩れてしまいますし、長く働けない職場にもなってしまうところが注意点。

 

求人票からはわからない女性の転職事情については、しっかり面接の場で確認したり、転職エージェント経由で確認してもらうことが女性の転職には大事なポイントと言えるでしょう。

おすすめ記事

女性の転職ポイント3:転職活動はいつから始めるのか

女性の転職における注意点を調べる女性

女性の転職におけるポイントは、転職活動の時期を明確にしてから実行に移すことが大事です。

 

  • 今の職場が嫌いですぐにでも離れたい。
  • 給料が低くて耐えられない。
  • セクハラ上司がいて精神的に耐えられない。
  • 彼が転勤してしまうのでこれを機に退職したい。

 

など女性の転職事情は様々です。しかし、忘れてはいけない注意点として、今の職場で抱えている問題を解決できれば長く働ける職場かどうかといところが転職に踏み切る一つのポイントとなります。

 

女性は男性よりも長く働ける職場は少ないです

 

それは、前述したように家庭と仕事の両立が必要になるところが最大のポイントです。そのためにも転職活動をする上でのプランニングは、男性よりも女性の方がしっかり立てて進めることが必要になるところが注意点となります。

 

下記のプランニング例を見てみましょう。

▶女性の転職活動プラン例

時期 行動 詳細
2020年6月 上司と職場での問題点を話し合う ●●さんからのセクハラについての解決策を相談
2020年6月 転職エージェントに登録開始。
2020年7月 転職エージェントにて面談 ・求人紹介
・応募書類対策
・面接対策
2020年8月 求人応募 5社程度応募し、順次面接。この時点で現職場の問題が解決できれば、現職場に残る。
2020年9月 内定 退職交渉方法について転職エージェントと相談
2020年10月 有休消化 2週間引継ぎ
2週間有休消化
2020年11月 転職先入社

 

上記例は5か月を目途に退職までをプランニングしていますが、急ぎで転職したい人は3か月程度で転職することは十分可能です。

 

女性の転職は男性よりも色々な複雑な事情があるので、それを加味したプランを立てましょう。

女性の転職ポイント4:転職活動はエージェントを利用する

女性の転職における注意点について解説する二人の女性

女性が転職を考える上で大事なポイント3つを説明させていただきました。それらを増えてまずは信頼できる人に相談してみることをおすすめします。

 

身内、同僚、上司、転職エージェントなど色々な相談相手を見つけて本当に転職すべきかどうかという点を総合的に考えて転職に踏み切るようにしましょう。

 

女性の転職は男性とは異なり、転職を繰り返すと家庭事情にも影響してしまうので慎重に転職活動を行うということが重要な注意点になります。

 

一人で悩まず女性の転職に強い人材紹介【パソナキャリア】などを利用して、現状の抱えている問題をよりよい職場環境で解決できる転職先を探してもらうというのは、非常に大事なことだと思います!

▶転職は『パソナキャリア』の利用がおすすめ!

転職は女性の気持ちに寄り添った転職の提案をしてくれるパソナキャリアが一番おすすめ。女性は結婚・出産・育児・家庭といったいくつものハードルを抱えているので、男性と同じ転職の考えでは通じない部分も多いです。

 

パソナキャリは創業以来女性の就職支援に強いという特徴を持っているため、キャリアコンサルタントが求職者に寄り添った提案をしてくれるのがポイント。

 

是非この機会に登録しておきましょう!それではまた!

 

注目女性におすすめ『パソナキャリア』

パソナ

画像引用元:人材紹介【パソナキャリア】

求人数 30,000件前後
面談の質 女性のキャリアに寄り添った面談なので、女性の転職に強い面談。
対応地域 関東、関西、東海
特徴 女性の就労支援実績が豊富なので、女性の転職に強いです。私の妻も利用し、大手外資系証券会社に転職しています!
公式サイト▶ パソナキャリア【公式】
僕が全力でおすすめする転職戦略公開
みんなの転職の悩みベスト3

1位:転職はむずかしい?

2位:ブラック企業だけはやだ!

3位:今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事