こんにちは!南野弘明です。

前回は実際に自己分析の結果を用いてそれをどのように活用するかを説明させていただきました。まだの方は是非下記の過去記事を参考にしてください↓

関連記事:転職を繰り返さない為の自己分析4ステップ法

本日は、あなたの自己分析結果とマッチした応募したい企業について、どのようにアプローチすべきかを説明していきたいと思います。志望動機の書き方にも直結する大事なことなので必ず実施しましょう!

関連記事:転職面接で一番大事な志望動機!志望動機の書き方教えます!

【20代お勧め転職エージェント】
大学中退、中卒、高卒の就職なら、第二新卒エージェントneo
第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!DYM就職
既卒・フリーターでも内定率80%超え!【ウズキャリ既卒】【ウズキャリ第二新卒】

【30~50代お勧め転職エージェント】
転職サイトに掲載されていない【非公開求人】の紹介を受ける方法は?
未経験からの転職ならWORKPORT
大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】

STEP1:企業のホームページから情報収集

まず前提として、新卒と中途採用では置かれている立場がまったく違います。

新卒は手厚い教育を受けれることも多いと思いますが中途採用は、

業務内容、業界の動向、企業の方向性など当然知った上で応募している

というのが常識(前提)です。つまり、応募する前から調べてるんだから面接で答えられない方がおかしいと面接官は思うわけです。では、どうやって企業研究を行う上で企業情報を入手していくかというと、ファーストステップとして重要なのが、

企業のHP情報

です。このHPの情報は面接で聞かれる基本情報なので必ず押さえてください。特に、

・企業の沿革/経営方針/企業理念/社長挨拶
・従業員数/組織構成
・支社や営業所(海外工場等も)
・売上/取扱商品
・社員の声
・プレスリリース

HPの情報だけでこれだけの情報が簡単に入手できてしまいます。

特に私が常に目をつけいているのが、

★経営方針

★取扱商品

★プレスリリース

です。重要なチェックポイントとして、

○経営方針と自分の方向性があっているか
○取扱商品と自分のスキルの関連性があるか
○プレスリリースで企業の今後の方向性がどのようになっているのか

を必ずチェックしています。この辺を企業の面接時に

マッチングポイントとしてアピール

していくと好印象を与えることができると思います。



STEP2:新卒情報サイトの活用

企業のHPではよく、

新卒採用コーナーは「2019年卒業の方はこちら」

的なリンクで飛ばしてマイナビとかに繋がるようになっていると思います。実は

新卒採用サイトには求める人物像なりが転職求人票よりもかなり詳しく書いてあることが多い

です。なので、必ず新卒採用のサイトは確認してください。会社の雰囲気について先輩社員の声が出ていると思います。大体の情報は先輩社員の声で入手できてしまいます。

面接で「求める人物像」と違うとマイナスポイントになりやすいのですが、新卒情報サイトを利用すると間違えなく「求める人物像」が書かれているので絶対にチェックしましょう!例えば、

・主体的に動ける人
・コミュニケーションが取れる人
・論理的に物事を考えられる人
・協調性が有る人

などのワードを基に、志望動機を作り上げると簡単に職務経歴書が作成できてしまいますよ!


STEP3:業界の動向調査

これから受ける企業の業界の動向調査は超重要です!

1次面接、2次面接どちらでもよく聞かれる内容になりますので必ずチェックしてください。

業界研究(動向調査)は、業界の将来性を知ることで成長分野なのか衰退分野なのかそして、その業界で応募企業の立ち位置を理解するのとても重要です。この業界研究の内容を志望動機などに絡めておくと好印象を与えることができますが、注意が必要なのは、

しっかり調べ上げること

です。中途半端に調べて深く突っ込まれて撃沈パターンの人も私は何度も見てきています(笑)。付け焼刃の情報では実際に働いている人たちからしてみれば簡単に見抜けてしまいます。

業界の深い情報を得たいときは転職エージェントに相談するのもいいでしょう。私自身が利用した経験から特に相談を親身になって聞いてくれたのが20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】がとてもよかったです。20代のとき利用し、ホワイト企業に転職することができました。30代になってから管理職を目指したのでWORKPORTの頼り、親身になって一緒にキャリアプランなども考えてもらえました。キャリア形成の考え方が苦手な人にも利用することをお薦めします!

STEP4:最新のトレンド情報入手

トレンド情報なので必ず最新情報を入手してください。入手方法について以下に示します。

1:新聞・業界誌

職務において専門性が高い仕事の場合は業界誌を必ずチェックしてください。
業界情報を知らないで転職活動をしていまうと面接で「本気度」を疑われてしまいます。特に大手企業をける人は必ず隅々までチェックしておきましょう!

2:インターネット

応募企業の名前を入れるだけで簡単に最新情報を得られる時代です。また、企業によってはSNSを活用する企業もふえているのでそういったところも合わせてチェックしながら進めましょう。

Twitter、Facebook等の公式サイトは特に重要です!

3:四季報

新卒の時もやられていますよね?特に会社の状況と位置づけがわかるので必ずチェックしてください。


STEP5:転職エージェントから情報入手

転職エージェントはそもそも、転職したい企業の情報をはじめ色々な業界について詳しく知っています。自分で企業研究をしながらわからなかった情報などは転職エージェントに相談に乗ってもらい、面接時の対策などを検討していくのもかなり有効な手段です。
求人を調べる際もエージェントにお願いしてしまえば自分で調べなくても好条件の企業を調べてもらえます。そういった意味でも転職エージェントをフル活用してください!

特に私がおすすめな転職エージェント3社をピックアップして紹介させていただいていますので、是非複数社登録しカウンセリングを受けて、自分に合ったエージェントと内定を勝ち取ってください!

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】


◆ここに注目!◆
1人あたり平均10時間の手厚いサポートが特色で、企業担当による面談対策も行ってもらえます。取引企業様は約1万社と非常に多く、内定~入社後もしっかりサポートしてもらえます。ブラック企業を除外、優良企業のみの紹介してくれるので安心して転職活動ができます!
不採用通知の内容が分かるからすぐに改善・対策ができるので履歴書の添削はもちろん、一緒に職務経歴書の作成も行ってもらえます!関西支店でのサポートしてもらえるのもいいですね!

◆ターゲットユーザー◆
正社員での就職・転職を希望する18歳~28歳の方々
・経験・学歴不問
・フリーター、中卒、高卒、大学中退、大学卒業後(既卒)、海外留学から帰国後、就職浪人、
公務員試験からの民間企業就職への切り替え、短期離職、第二新卒(就業後3年以内の離職)、中途、
キャリアアップの転職など幅広い経歴の方を完全無料でサポート!

第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!DYM就職


◆ここに注目!◆
フリーター、既卒・第二新卒向けの就職サービスで確固たる地位を獲得しています。100%正社員求人、書類選考スキップで最短1週間で入社できるという企業との強いパイプも特徴的です。特に、経歴や学歴に不安を抱えていても正社員になる為にしっかり、丁重にサポートしてくれるところが安心材料です。

◆ターゲットユーザー◆
【女性/男性】
10代・20代
【ユーザーの詳細】
既卒・第二新卒・フリーター・ニート

地方からの就職希望者必見!!
東京で働く!仕事と住まい同時提供TokyoDive


◆ここに注目!◆
・地方からの上京など東京で新生活を始める方に、住まいと仕事を同時に提供。
・求職や住居探しのわずらわしさを負担し、東京での新生活をスムーズに始められるようお手伝いしてもらえる。

◆ターゲットユーザー◆
【女性/男性】
10代・20代・30代
【ユーザーの詳細】
・東京で新生活を始めたい方
・シェアハウスに興味のある方
・東京に飛び出したいが不安で一歩が踏み出せない方

◆特色◆
・住居探しと仕事探しをする手間が省ける。
・様々な働き方が選べる!
・通常の1人暮らしで必要な「敷金」「礼金」「仲介手数料」などが一切かからない。
・何かとお金がかかる東京の生活で、30-60万円程度の初期費用を抑えることができる。
・家具・家電もついている!揃えるのに時間とお金がかかる家具や家電もしっかり備わっているから安心
・毎月の家賃補助が出る!(条件による)

転職を成功の為に読んでおきたい