コロナ解雇で転職を余儀なくされた男性

コロナ解雇は転職における正当な理由だから転職活動に影響しないと思っていませんか?実は、コロナ解雇という理由があっても転職には圧倒的に不利です。ではなぜ不利になってしまうのでしょうか?その理由と対策方法についてわかりやすく解説!

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

世界恐慌並みの経済打撃を与えた新型コロナウイルス(別名;武漢ウイルス)。サービス業を中心にすでに派遣切り、パート&アルバイト切りがスタートしています。

 

新型コロナウイルスによる景気悪化が続けば間違いなく「コロナ解雇」という言葉が盛んに出てきます。

 

このコロナ解雇という言葉は所謂「会社都合」と言われるものですが、このコロナ解雇によって転職するのは、とてつもなく転職に不利です。その厳しい内容については、後述しますので、是非参考にしてください。

 

今回の記事は、新型コロナウイルスでコロナ解雇されることを想定して、何を準備しておき、どのように転職活動を行うべきかについて記事にしていきたいと思いますので、是非参考にしてみてください。

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!
【公式Twitter】
【最強転職ツール】

 

コロナ解雇は正当な理由なのに転職活動に影響するの?

コロナ解雇で転職を余儀なくされた人の数

新型コロナウイルスにより、中小零細企業を中心に押し寄せるコロナ解雇(いわゆるクビ)。今現在、日本中に溢れかえっています。

 

政府による経済対策108兆円、減収世帯30万円支給等が執行される前に会社が持たない企業は倒産の危機です。

 

そうなると一番最初に始まるのが「リストラ」です。従業員に順位付けし、コロナ解雇していくことになるのですが、リストラされると非常に転職において不利です。その理由が以下になるので見ていきましょう。

コロナ解雇が不利な理由1:年齢制限

世界恐慌なので、リストラ(コロナ解雇)されても仕方がないと仮定して、いざ転職活動をすると年齢制限で門前払いにされるケースが非常に多いです。

 

採用条件に29歳以下などが明確に記載されている場合がありますし、書いていなくても社内的には35歳以上は書類も見ないで返送パターンもあります。

 

新型コロナウイルスが原因だとしても、年齢による不条理な通知が来ることは心しておくことが必要です。特に40代は、かなり優秀なスキルが無い人は門前払いになります。

 

40代の転職ノウハウはこちら▶

コロナ解雇が不利な理由2:給与が下がる

前職で長く働き、活躍していたとしてもどういう理由であれコロナ解雇された人は、前職の給料の2/3くらいに給料が下がる人が非常に多いです。

 

その為、高給を貰っていた人が大幅に生活水準を落とす必要があり、持ち家の売却、車の売却など非常に苦境に立たされます。その理由の多くは、前職のスキルを完全に活かせる会社を見つけにくい状況にあるからです。

 

もちろん、応募企業が求める人物とあなたのスキルがマッチすれば条件がいい転職が可能ですが、多くの場合はそうはいきません。

 

ハローワークは無職者専用の転職ツールなので低レベルな条件が多いし、転職サイトは1社に100人くらいの応募が集まることはざらです。そうなると優秀でコストがかからない人が採用されることが殆どです。

 

もし、自身のスキルに自信があり、マッチ度が高い企業を求めるのであれば、転職エージェントを利用しましょう。過去記事に詳しく紹介していますので是非参考にしてみてください。

 

関連記事

コロナ解雇が不利な理由3:足元を見られる

原因が新型コロナウイルスであろうと会社都合のコロナ解雇であることは間違えありませんし、早く次の転職先を探さなくてはなりません。

 

そうすると心に余裕がなくなり、企業の良しあしが判断できなくなるだけではなく、悪い条件でも転職を急いでしまい、給料の低下のみならず雇用条件が劣悪な企業に転職してしまうことが殆どです。

 

例えば、雇用条件通知書をもらう前に内定通知書に押印してしまったり、面接で提示された金額よりも内定後に出された給料が低かったりなど非常にトラブルになっているケースが多いです。

 

特に、ハローワークの求人で応募した人にそういったトラブルが多いので注意しましょう。

 

関連記事

コロナ解雇される前にやるべきこと3選

コロナ解雇で転職を余儀なくされた男性が求人誌立ち読み

新型コロナウイルスが原因で企業の業績が悪化し、コロナ解雇者が続出するのは目に見えていますが、解雇される可能性があるのに何も準備していない人は、コロナ解雇された後に本当に苦労します。

 

そうならないためにも大事な心構えを3選を紹介します。

①会社がやばいと思ったら転職サイトに登録しておく

新型コロナウイルスにより臨時休業を余儀なくされた場合、企業は労働者に対して労働基準法に基づき賃金の6割以上を支払う義務があります。これを支払わない企業は労働基準法違反になることを覚えておきましょう。

 

しかし、働いてもいない人に6割以上を負担するのは企業としても大打撃を受けます。

 

そこで政府は「助成金」という形で企業を支援する方針を固めています。特に打撃を受ける中小企業では9割、大企業でも6割程度が支援されます。しかも、これはパートなどの方にも適用されます。

 

休業手当と同時に転職サイトに登録しておきましょう。休業するということは会社はマジでやばい状態。40代以上を中心にリストラが加速することは間違いありません。その為、まずは転職サイトだけでも登録しておき、自分のマッチした求人がないかリサーチしましょう。

 

おすすめ転職サイト特集▶

②職務経歴書・履歴書は準備だけでもしておく

臨時休業でお金ももらえたので、家でのんびり暮らしている人は地獄をみます。

 

新型コロナウイルス騒動が収束に向かっている報道が出るころには、企業の倒産、大手企業のコロナ解雇が盛んに出るでしょう。

 

そうなるとあなたの会社も危機的状況になっている可能性が高く、3か月後にはコロナ解雇の話を耳にするかもしれません。そして、あなたの名前も。。。

 

そうなると会社都合になるので非常に転職が厳しくなるのは前述の通り。まずは自分のキャリアを見つめなおすところから始めてみるといいでしょう。会社都合と自己都合の有利差は一目瞭然なので、過去記事を参考にしてみてくださいね。

 

転職活動で時間が取られやすいのが応募書類の作成。自宅待機・テレワークなどにより時間が空いているときに職務経歴書と履歴書は素早く準備しておくことがおすすめです。

 

作成方法は下記を参考にしてみてくださいね!

職務経歴書の上手い書き方▶

 

履歴書の上手い書き方▶

③転職エージェントを利用して情報収集

新型コロナウイルスによるコロナ解雇なんて自分には無縁だから気にしていない人と、転職の準備をしていた人(実際にはしなくても)は、転職活動スタート時に雲泥の差がでます

 

転職市場動向調査や自身と関連深い企業の情報収集、求人状況を把握しておくことは、いざ始めるときに非常にスピーディーな対応ができるので役立ちます。

 

その情報収集のやり方は、転職サイトやアプリを利用しての情報収集するのが一般的ですが、今の世の中では転職エージェントを利用しての転職情報を入手するのも一般的になっています。

 

転職エージェントはよく電車のドアや広告にも出ている人材紹介会社です。転職のプロから生の情報を得ることができますし、転職の相談も可能です。

 

まずは、登録して情報収集をしておくことを超おすすめします。

 

おすすめ!転職エージェント3選
当サイトから登録の多いエージェントはこちら(各サイトに遷移できます)
【若手】20代の転職

【ミドル】
20代、30代の転職

【管理職】
40代の転職

コロナ解雇:まとめ

コロナ解雇で転職を余儀なくされたためエージェントに登録

新型コロナウイルスによる世界恐慌が原因でコロナ解雇される人が続出する前に、そうなったときの転職準備で転職先の雇用条件は大きく変わります。

 

売り手市場の新卒市場が一気に超買い手市場に変わったこともあり、転職市場もかなり厳しい状況です。コロナ解雇されての転職(会社都合)と自身でキャリアアップを図る転職(自己都合)では、難易度、雇用条件には雲泥の差が出ます。

 

解雇されないとしても、されたときの為に転職サイト、アプリなどで情報の収集だけでも行い、転職に不安があれば完全無料の転職エージェントを活用するとよいでしょう。

 

それでは、よい転職を!

転職なら『doda』がおすすめ!

1位おすすめ転職エージェントNo.1『doda』

私自身が企業側としても転職者としても利用価値が一番高かった転職エージェント。業界に精通したコンサルタントが転職者のわがままを叶えてくれます!転職希望の方は登録する価値あり!転職相談だけでもOK。
求人数 100,000件前後
面談の質 転職の動機からキャリアプランまで寄り添う面談
対応地域 全国
特徴 転職者満足度No.1。業界を牽引していくほどの大手人材紹介会社。サポート体制も充実。初めての転職でも安心
公式サイト▶ 話そう、探そう・転職はdoda
※外部サイトに遷移します
年代別!最強転職エージェント紹介!

最強転職エージェント

 

「求人検索、応募書類作成、面接対策、雇用条件の交渉...。初めて尽くしで何から手を付けていいのか分からない。」といった、はじめの転職におすすめの転職エージェントを紹介!

登録からサポートまで完全無料で安心して利用できるので、転職エージェントの利用価値は絶大です!

各年代別のおすすめ転職エージェントを理由を添えて紹介しますので、気になる転職エージェントがあればまずは登録してみましょう!

👑20代の転職に利用価値大👑
ブラック企業を除外、優良企業のみの求人紹介!
20代のサポートは業界随一!
20代に特化した転職エージェントである「第二新卒エージェントneo」。株式会社ネオキャリアが運営する関東、関西、九州地方の20代の転職に強みを持っています。求人数も10000社以上を保有し、経験豊富なアドバイザーが親身にサポートしてくれます☆
【特徴】
①書類対策、面接対策徹底サポート。
②サポート時間が他社より長い。
③ブラック企業排除で求人紹介。
④学歴、職歴に不安があってもサポート可能。
【NGユーザー】
18歳以下と29歳以上
面談予約が取れないかた
※詳細確認や登録は以下から確認可能です↓
👑30代の転職に利用価値大👑
20代、30代のキャリアアップに最適な求人をピンポイント紹介!
丁寧な対応で求職者の方一人一人との関係性の構築を大切にしている
パーソルキャリアの「doda」は求人情報サービス・人材紹介サービスを提供する転職サイトです。まずは自分で求人を探してみたいという方も、1人での転職活動は不安を感じるという方もdodaで自分に合った求人を見つけることができるのでおすすめ!私はdodaで年収大幅アップを実現しました!
【特徴】
<転職サイト機能>
日本最大級の求人数を掲載。毎週更新される求人特集や新着求人から、マッチした求人の検索と応募が可能。職種、年齢、経験を問わず、さまざまな求職者が利用可能。
<エージェントサービス>
非公開求人を含む約10万件の求人からあなたに合った求人を紹介。専門スタッフが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポー
【NGユーザー】
①エージェントサービスへ新規会員登録後、キャリアカウンセリングを受けれない方。
②40代以上は求人数が少なめなのでおすすめできない。
👑40代の転職に利用価値大👑
40代以上の転職にうれしいハイクラスにも対応
好条件求人を多く有していることから利用満足度も好評価!
転職のリクルートエージェントは求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1。実績豊富な 転職エージェントがあなたの転職を成功に導いてくれること間違いなし!異業種への転職、ハイキャリアを目指した転職、グローバル求人にも対応。幅広い求職者が利用している。
【特徴】
1.面談で自身がまだ気づかれていない強味を発見できる。
2.非公開求人も含めた多数の求人から最適な求人を紹介。
3.キャリアアドバイザーからも企業にあなたの強みをアピール。
【NGユーザー】
①キャリアカウンセリングを通じての求人紹介を求めない方。
②電話連絡が取れない方。

※転職エージェントのランキングおよび詳細は、各HPや私自身が利用した経験、利用者からの声を基に分析した結果を掲載しています。他社を否定するものではありません。また、利用の有効度は個人差があります。複数社に登録し、比較検討されることをお勧めします。

👑併用したい転職ツール👑
転職ツール 特徴
リクナビNEXT 全国の求人情報を勤務地や職種、あなたのスキルや資格などから検索が可能。転職成功のヒント満載の求人/転職のサイトです。
ミイダス コンピテンシー診断が使える!職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、あなたのコンピテンシー(行動特性)を分析できる(完全無料)。
転職会議 国内最大級100万件以上の転職口コミ情報が掲載されています。会員数は500万人以上。日本中の企業の口コミが集まっています。

※クリックすると公式サイトに遷移できます。

Twitterでフォローしよう