1年間の転職ノウハウ

地方から東京に転職したい!上手い転職活動の方法をご紹介します

地方から東京に転職したいけど遠いし、面接のたびに東京に行くのは大変ですよね?しかしコロナによって大きく変わったのが、地方からでも転職活動をする方が非常に増えたことです。地方では求人が少ない為、東京近郊で職を探すことが重要!その転職活動のやり方を解説!

転職ノウハウ大辞典

こんな方におすすめの記事

①地方から東京に転職を考えている
②地方では求人が少なく転職が難しい
③地方から東京への上手い転職方法を知りたい

転職マップ

大阪 東京 北海道
京都 静岡 宮城
兵庫 愛知
岡山 新潟
広島 石川
福岡 四国

地方から東京へ転職したい人は多い!

地方から東京に転職したい女性

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

地方で転職活動をしても「全然決まらない!」と嘆く相談者が非常に増えています。

その為、多くの人が考えるのが「地方から東京に転職!」となるのですが、これって結構不利になると思っていませんか?

東京は未経験求人も多く、最先端のスキルを身につけるならやはり東京出て働くというのは地方出身者の方にとっては一つの目標であったりします。

そのため地方から東京に転職する人は年々増え、私の転職相談でも悩みを持たれている方が増えています。

今回の記事は、地方から東京に転職する為に必ず押さえておきたい転職活動の方法についてご紹介します!

おすすめ記事

地方から東京に転職したい方の悩みとは?

地方から東京へ転職したい女性②

地方から東京に転職したいといった方は、多くの悩みを持たれていると思います。

地方では実現できないことも東京では実現できる可能性は高くなりますし、プライベートの時間も充実できるのは東京の方が多いかもしれません。

そのため、地方から東京へと上京しての転職はどんどん人気が上昇している状況です。

地方から東京に転職したい理由
①良質な求人は東京に集まりやすい
②給料を見ても地方よりかなりいい
③コロナで地方は求人が無い
④最先端の技術に触れられる
⑤プライベートの時間も楽しめる
⑥IT求人が地方は少ない
など

実際にTwitterでいただいた、相談例を見てみましょう。

相談例①:地方は英語を活かせる仕事が少ない

大学では国際教養(英語)を学び、現在は大手企業で事務職に従事しています。在学中には、短期留学などを経験し、英語力にはそこそこ自信があります。

英検準1級、TOEICも750点程です。社会人生活も慣れてきた現在、夢であった貿易事務に転職したいなと思っています。

しかし、求人を探してみると、東京都内の求人が多く、地方から東京へ転職したいと思っているのですが、地方からの転職は不利になるのでしょうか。アドバイスお願いします。

28歳 大手企業事務職 女性

地方の大手メーカーで事務職勤務をしているものの英語を活かせない為、夢をかなえる意味でも東京で職を探したいという事例です。貿易事務関係は、東京に本社機能を設けている企業は多いので、地方で求人を探すのはかなり厳しいですよね。

相談例②:ハイクラス求人が地方は極端に少ない

試しにハイクラス求人のサイトに応募してみましたが、地方の求人は極端に少なく、東京・大阪・名古屋といった大都市に多いため、地方住民の厳しさを感じています。

32歳 製造業 男性

ハイクラス求人を求めて転職サイトに登録したものの、ほとんどの求人が大都市圏に集まり、地方出身者には手の届かない求人となっていることが多いです。

実力はあるのに求人がないとなると、地方から東京に転職するという選択肢は自ずと発生してしまうことは容易に想像できます。

相談例③:地方求人はおもしろい求人がない

東京以外ほとんどの地域で似たような求人が出ています。似たような求人で似たような仕事をするとなると、将来の自分にとても不安を感じます。地方で働いて人生終わるなら地方から東京に出て転職する方が夢があっていいと思っています。

26歳 アパレル関係 女性

最先端の仕事は東京に集中してしまうため、少し物足りない求人が多いのが地方求人。

大手転職サイトなどでは興味深い求人が出ていますが、まだまだ地方ではハローワークなどの公共転職ツールが主流のため、気付いていない方も多いかもしれません。

\地方の求人にも強い!/

 

地方から東京に転職したいといった理由は人それぞれですが、地方から東京への転職におけるハードルについても悩みの種ですよね。

それでは次に地方から東京への転職ハードルについて解説していきます。

地方から東京の転職は「Web面接」で大きく変わった!

地方から東京へ転職した男性

地方から東京に転職する場合不利になるのでは?と思う人は多いと思います。

「東京の求人だから都内近辺在住の方が有利」と思って応募を諦めてしまっている方は非常に多いです。

また、「東京は最先端技術ばかりだから自分にはついていけないかも。」と思っている方いませんか?

コロナで劇的に地方から東京への転職ハードルが下がったのが「Web面接導入」のおかげです。

では、Web面接導入によりどうして転職ハードルが劇的に下がったのかを解説します。

①日程調整がスムーズになった

地方から東京に転職したい女性が電話で相談中

Web面接導入により、地方出身者を東京に来ていただく必要がほぼなくなったということが非常に大きいです。

コロナ前は、東京までわざわざ来ていただくことが必要になり、面接の日程調整をするのが困難で採用がスムーズに行かず、来社可能な方に限定していた傾向にあります。

しかしWeb面接導入により、簡単に日程調整ができることから地方出身者でも積極的に採用を進めている企業が劇的に増えています。

そのため、東京で転職したいと思っている方にはチャンスは増えています。

関連記事

②交通費の負担が両者で減った

Web面接導入前は、企業・応募者ともに躊躇しがちであったのが、高額な交通費や宿泊費の負担です。

面接は概ね3回が基本の為、非常に高額な費用がかかってしまいます。

地方から東京への転職活動費用例
▶交通費:往復
15000円☓往復☓3回=90000円
▶宿泊費:3回
7000円☓3回=21000円
▶その他費用:食費など
10000円

最終面接の場合は、交通費のみ企業負担になることが多いため、最終的な個人負担は以下。
交通費:60000円
宿泊費:21000円
その他:10000円
----------------
総経費:91000円

これらの費用が大幅に削減できることから、地方出身者の東京での転職と企業ニーズが増加し、採用活動が活発に行われています。

おすすめ記事

③最終面接のみの交通費負担で企業も安心している

地方から東京に転職し成功した男性

地方から東京に転職する際は、最終面接のみの費用負担であった為面接が3回あれば2回分の費用負担が必要になります。

しかしコロナによってWeb面接が導入されたことにより、地方から東京への転職ハードルは100倍くらい下がったと言っても過言ではありません。

企業側は、日本のどこに応募者が住んでいようとコロナウイルス感染防止の観点からWeb面接で行われることが殆どです。

その為、応募者も費用負担が無いのは非常にありがたいことだと思います。

地方から東京や大阪の都市部へ転職する際は、求人サイトでWEB面接可の求人に積極的応募していくことがおすすめです。

日本最大の求人サイトリクナビNEXTであれば、そのあたりの情報は必ず求人広告に記載されているので、登録後確認してみるとよいでしょう。

👑リクナビNEXT

全国の求人情報を勤務地や職種、皆さんのスキルや資格などから検索でき、転職ノウハウや転職活動体験談等、転職成功のヒント満載の求人/転職のサイト。
完全無料

地方から東京に転職する際は『根拠』を忘れずに!

地方から東京へ転職したい応募者を面接中

地方からの東京に転職するといった場合に大事なのは、都市部へ転職すべき根拠が問われます。

前述した事例の質問者さんの場合、大学で国際教養を学び、英語を活かせる職に就きたいということから貿易事務に転職する動機はあると思います。

しかし、英語を活かすだけなら貿易事務でなくてもいいわけですよね?

①なぜ地方では実現できないのかを吟味!

地方から東京に転職したい男性が悩む様子

貿易事務は東京近郊や大阪であれば、地方都市部よりは多いと思いますが、英語を活かすだけなら貿易事務である必要はないんです。

大事なことは、「なぜ東京近郊にある○○会社の貿易事務職でなくてはならないのか」です。

これが言えなければ、地方から東京へ転職して応募企業に入社したい根拠が薄れ、採用者側はWeb面接で不採用にされてしまいます。

地方から東京などの都市部に転職する際は「地元で探しても職がないから」では面接官を納得させることはできません。納得させるポイントは以下のようなことを面接で伝えることが重要です。

②地方から東京に転職を希望する大事な根拠4つ

地方から東京への転職根拠
①応募企業への意欲
②東京、大阪でなくてはならない理由
③他社との差別化
④職種、業界への思い

この四つを中心に面接対策を行うと効果的です。

地方からの転職ハードルはWeb面接導入により非常に低くなった一方で、東京で転職しなくてはいけない理由を深く質問されます。

きちんと対策しておきましょう。

関連記事

転職エージェントをうまく活用しよう!

地方から東京へ転職する為に面接会場に向かう男性

地方から東京に転職するためには、エージェントを利用して活動をするとかなり有利です。

その理由は、エージェント側が企業側にあなたの良さを事前にプッシュしてくれたり、面接のコーディネートをしてくれるところに地方からの転職時のエージェント利用メリットがあります。

地方からの東京への活動時、企業との日程調整は結構大変です。

しかし、エージェント経由であれば全ての日程調整を上手にコーディネート(一日2社の面接等)してくれます。

その為には、エージェントに下記の内容を伝えてください。

地方から東京に転職する意思の伝え方
・東京で仕事をするという強い意志
・面接は迅速に対応可能
・上京することについて具体的な予定

エージェント側もビジネスです。

企業側への信頼を損なってしまうことは避けたいので「意欲が高い人材」を優先的に好条件の企業へ紹介してくれます。

地方から転職する際の強い味方「エージェント」を上手に活用し、応募書類対策面接対策面接日程調整、そして「内定後の条件交渉」まですべてのサービスを利用して、地方から東京、大阪への転職を成功させましょう!

転職エージェント経由ならWeb面接求人のみを紹介してくれるので、交通費負担も激減!

それではまた!

👑リクルートエージェント

日本最大の転職エージェント。求人紹介実績No.1なので安心。
大手転職エージェントだから全国対応。Web面談可能なので、安心してサポートが受けれる!
完全無料

転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事