1年間の転職ノウハウ

転職の面接回数は3回が基本!その理由と対策方法解説

転職の面接回数は、企業によって異なりますが中途採用の面接は、2から3回程度行うのが一般的です。ではなぜ面接が多い企業もあるのか、これは時間が無い転職者にとっては結構めんどくさいですよね?今回の記事は、転職の面接回数を複数回行う理由と対策方法についてご紹介します。

転職ノウハウ大辞典

こんな方におすすめの記事

①転職の面接回数が3回行われる
②面接回数が多い理由を知りたい
③1回でおわる会社もあるのはなぜ?

👑20代におすすめ転職エージェント一覧


 
完全無料
求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1。
実績豊富な 転職エージェ ントが20代の転職を成功に導きます。


 
完全無料
全国の優良企業の求人が豊富。20~30代の転職サポートに強い!
人事&採用担当との太いパイプで、応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート。


 
完全無料
非公開求人を含む約10万件の求人から自分に合った求人を紹介。
企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポート

転職の面接回数は3回が基本!

転職の面接回数が3回の会社の面接風景

僕の勤めていた会社は面接が3回実施されます。

過去の企業や応募した企業も含め3回の所は多いです

これは採用活動の中で応募者の経験・スキル・人柄を段階的に判断でき、弊社に相応しい人物を採用できるプロセスとして効率がよいのが大きな理由です。

もちろん2回のところもあれば1回の所もありますが、そのような企業の少ない理由よりも大事なことは、3回を目安に対策を立てれば回数が多い少ないにこだわる必要がなくなります。

3回の面接のそれぞれの面接についての意味について解説します。

一次面接:人物確認が主の面接

転職の面接回数が3回の会社の面接官

面接回数を3回に設定している企業の一次面接のほとんどは、職務経歴書・履歴書に沿って求人票に記載されている人物像とのマッチ度及び応募者の人間性を確認する目的で行われる面接が一次面接です。

殆どの場合は人事単独または、人事+採用部門の課長クラスが出席することが多いです。

その為、履歴書についての年齢・住まい・通勤時間・学歴・職歴・志望動機などの情報に間違いがないか、基本的な専門スキルを習得しているかなどを確認されます。

マッチしているようであれば、二次面接に行くことができます

面接回数が3回と複数回行う企業は、一次面接で上記のことを確認されるので、きちんと対策を行いましょう。

特に応募者が多い企業は、3回に設定しているのもその理由と言えます。

関連記事

二次面接:専門スキルを確認

転職の面接回数が3回の会社の2次面接

面接回数を3回に設定している企業の二次面接は、主に担当する業務の専門性を深く確認する試験となります。

今までの業務に沿って専門的スキルがどのように当社で活かせるのか、入社後に問題無く業務をこなすことができるのか、あわせて人間関係を問題無く構築できるのかなどを細かく確認される試験であり、転職活動の最大の山場です。

殆どの場合は、担当人事及び人事部長、部署長(部長クラス)、部課長(課長クラス)が出席し面接をすることが多いので、この二次面接でお墨付きを貰えば、最終面接で通過することは非常に容易です。

面接回数が3回と複数回行う企業は、2次面接が最大の山場なので完全対策で挑むのが鉄則。最終面接で役員の手を煩わせない為なのもその厳しい面接が行われる理由です。

関連記事

最終面接:将来性の確認

転職の面接回数が3回の会社の最終面接

面接回数を3回に設定している企業の最終面接は、皆さんを採用するメリットについて確認されます。

将来性がある人物か、当社で活躍してもらえるのか、想定年収を払うだけの価値がある人物かを経営目線で最終判断が行われます。

殆どの場合、役員、人事部長、部長が出席し面接されるので、一次面接、二次面接の内容をきちんと確認し、併せて自分の将来の展望を話せるよう準備するようにしましょう。

一次面接、二次面接がきちんと機能しているからこそ最終面接で落とされないと言われる理由と言えます。

関連記事

転職の面接回数が3回以外もある理由

転職の面接回数が3回の会社の様子

転職の面接回数を複数回行ったり、場合によっては1回や5回など非常に少ない・多い場合があります。

これは、その会社の文化や規模などの様々な理由から面接の回数が異なるのが大きな理由です。

次に面接の回数別の企業の意図や登場人物などについて詳しく解説します。

①面接回数が1回の企業の特徴

転職の面接回数が1回と少ない企業も意外と多いです。その為以下のような特徴があります。

【面接回数1回の企業の特徴】

内容 詳細
一回の企業の特徴 意思決定が早かったり、企業規模が小さい会社の場合採用活動も短いのが特徴。良い人材をスピーディーに採用したいといった決断の速さが特徴です。特にベンチャー企業などは一回に設定されることも多いです。
登場人物 社長、役員、部門長などが出席し、7~8名くらいの場合も。
面接内容 なぜ応募したのか(志望動機、転職理由)や会社の社風に馴染めるか、即戦力として活躍できるかなどを確認が中心。
ポイント 面接の回数が一回の会社は、面接の時間が一時間半くらいに設定されていることが多いです。ですが深く確認する余裕はないため、書類選考でマッチ度が高い応募者のみが採用を前提に面接されるのが特徴です。その為、何をアピールしたいのかを端的に説明する対策が必要です。

 

面接1回はブラック企業?

よく質問されるのが、「面接の回数が1回の企業はブラック企業ですか?」と言われますが、答えは一概に言えません。離職率が高い企業は、人手不足なので面接の回数を一回で終わらせてしまうと思いがちですが、上記の特徴からも一概にそうとは言えません。

ただし、ハローワークなどで求人を出している企業は、ブラック企業が多いので、そういった企業が面接一回で出していることもありえますので、ハローワークの求人で面接回数1回は避けた方がいいでしょう。

逆に転職エージェントなどは、利用者側は無料ですが、企業側は採用時にエージェント側に紹介料を払うため、ブラック企業はほとんど利用できません。なぜなら離職率が高く、紹介料コストが跳ね上がってしまうからです。

ブラック企業を避けたい場合は、下記のような転職エージェントに複数登録し、転職活動を行うとよいでしょう。

②面接回数が2回の企業の特徴

転職の面接回数が2回の企業も意外と多く、特に中小企業に多いのが特徴です。その為以下のような特徴があります。

【面接回数2回の企業の特徴】

内容 詳細
2回の企業の特徴 前述した3段階の面接を結合して行われるパターンが殆どです。例えば、一次面接(人物+専門スキル)など。大体の企業が、小企業や中企業規模の会社で行われているのが面接の回数2回の形式です。
登場人物 一次面接:人事+課長クラス
二次面接:役員+部長
一次面接 一次面接は、即戦力としてのスキルを保有しているかどうかがポイントになります。2回の面接の場合は、一次面接で落とされる可能性が高いため、専門スキルを中心に対策をとることが大事です。
二次面接 二次面接は、志望動機をはじめとする自社でなじめるかどうか、将来性がある人物かを確認します。特徴としては、二次面接=最終面接ですが、求める人物像と異なる応募者であることをきちんと確認し、相応しくないとみなされたら不採用になるということ忘れてはいけません。面接の回数2回の会社は、最終面接でも落とされるので要注意です。

関連記事

③面接回数が3回の企業の特徴

転職の面接回数が3回の会社を受ける20代男性

転職の面接回数が3回の企業も意外と多く、特に大企業やきちんとした採用プロセスを持つ中小企業、ベンチャーに多いのが特徴です。

その為以下のような特徴があります。

【面接回数3回の企業の特徴】
前述したように、一般的には3回を目安に対策をするとよいでしょう。

3回の面接で各段階で詳しく確認されるので、本当の採用活動に相応しいのが面接3回です。特に大企業・外資系企業などは3回の面接が一般的なので、きちんと対策を練るようにしてください。

3回の面接を行う企業はとても多いので、過去記事を中心に対策方法を掲載しているので参考にしてみてくださいね!

👑リクルートエージェント

日本最大の転職エージェント。求人紹介実績No.1なので安心。
大手転職エージェントだから全国対応。Web面談可能なので、安心してサポートが受けれる!
完全無料

オファー面談は転職の面接回数に含めない

転職の面接回数が3回に合格した女性

転職の面接回数が複数回設定されている企業もありますが、いずれにしろ応募者が入社を決定するのは条件提示を見てからです。

晴れて内定をゲットしたあとオファー面談などで人事部長クラスの方から雇用条件の説明を受ける場を設けてくれることがあります。

雇用条件には、勤務地、部署、仕事の役割、役職、福利厚生、月収、想定年収などの説明をしてもらえます。

きちんとした会社であればあるほどオファー面談がありますが、無い場合は最終面接の場で交渉したりまた、雇用条件通知書を送付されてきたりと様々です。

意外とこのオファー面談の場を設けてくれていない会社も多いので採用プロセスの説明を事前に確認しておくとよいでしょう。

オファー面談は面接ではなく、雇用条件通知書の確認の為に行われる面談なので、面接回数に含めないのもその理由です。

おすすめ記事

正しい転職の面接回数情報を得るには?

転職の面接回数が3回に合格した30代男性

転職の面接回数の確実な情報は、転職サイトやハローワークの求人票には掲載しないこともあります。

正確な面接回数が入るタイミングとしては、書類選考通過後に具体的な面接日程調整時に、人事担当者から面接回数を教えてくれることが殆どです。

しかし、転職エージェント(人材紹介会社)を経由して応募するだけ、確実な情報を得られるのでおすすめです。

雇用条件交渉は、失敗すると内定をもらえない場合もあります。かなり上手に交渉する必要があるのですが、転職エージェント経由で応募した場合は、転職エージェント側が仲介して交渉してくれます。

実際に僕は、企業側としても転職者側としても転職エージェントを利用していますが、交渉してくれた結果年収1.5倍も上がることができたので感謝しかありません。

下記におすすめの転職エージェントをご紹介するので、是非登録やキャリア面談を受けてみましょう。マッチ度の高い求人紹介、応募書類・面接対策、雇用条件交渉など全てのサポートを完全無料で行ってもらえますので、メリット大です!

👑年代別おすすめ転職エージェント一覧


 
完全無料
求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1。
実績豊富な 転職エージェ ントが20代~40代の転職成功に導きます。


 
完全無料
全国の優良企業の求人が豊富。20~30代の転職サポートに強い!
人事&採用担当との太いパイプで、応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート。


 
完全無料
非公開求人を含む約10万件の求人から20~30代に合った求人を紹介。
企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポート

転職の面接回数が複数回ある企業:まとめ

転職の面接回数が3回の会社で働く女性

応募者に対する面接の回数が複数回あるの企業は多いです。

その理由の多くは転職だからではなく、各企業の持つ採用プロセスに依存する為です。多いから少ないからと対策を怠るのではなく、3回を前提に対策を取ることが秘訣です。

ただしハローワークなどからの応募により転職の際は、転職の面接の回数が1回の企業に注意してください。

ブラック企業も多いことから非常に危険です。その対策としては、転職エージェントを経由して応募することがおすすめ。

また、転職エージェントを利用すると面接の回数などの情報も教えてくれるので、非常に重宝しますよ!それではまた!

転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事