▼強み/年収分析最強ツール▼
製造職の転職!転職活動を有利にすすめる秘訣まとめ

製造職は、取り扱ったことのある製品・組立工法・管理能力といった点が転職における採用の合否に直結するポイント。応募書類・面接対策を応募企業の求める人物像に合わせて対策を練れば有利にすすめることができます。製造職のアピールポイントをまとめて現役面接官が解説!

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

製造職の転職は過去の取扱い製品群がポイント

製造職の転職を有利にすすめて大手に転職成功
製造職は、生産に使用される装置(加工機、自動機、治具など)、工法、品質管理などの幅広い経験・知識が要求される仕事です。

 

どのような製品を担当し、どのように効率的な生産ができたかまた、パートさん、アルバイトの方をどのようにマネジメントしてきたかという点は、アピールポイントになりますし、面接の場で必ず確認されます。

 

特に応募企業の製品群に近い製品を取り扱ったことがあると採用される確率がぐっと上がるので、製品群をもとに求人を探していくことが重要です。

 

例えば、モーター製品を担当していたのであれば、モーター心臓部として使うような製品を扱う求人に応募することが大事です。

 

生産上の深い知識も要求されますが、品質管理の知識・問題解決力なども併せてアピールポイントになりますので、そういった経験が豊富であれば転職を有利にすすめることができます。

 

その他有利になるアピールポイントは、他部署との品質改善に取り組み、その結果がどうなったかなども面接官が気になるポイントなので、まとめておくとよいでしょう。

製造職の職務経歴のまとめ方

製造職の転職を有利にすすめるために職務経歴書の書き方検索中

製造職は、取扱い製品がとても大事です。どんな製品の製造に関わったことがあるのかで、自社とのマッチ度がほとんどわかってしまいます。その為、取扱い製品が全く違うだけで書類選考が落とされてしまうことが非常に多いです。

 

書類選考で落とされない為には、応募企業の製品群とのマッチポイントをきちんと読み取り、職務経歴をまとめることがポイントです。

 

製造職の職務経歴書例
工場規模:500人(内400人パート・アルバイト)
担当工程:30人①経験製品:〇〇モーター
②従事期間:〇年〇月~X年X月
③担当業務:コイル工程における製造
④ポジション:〇〇部 係長
⑤担当:コイル工程における製造管理
⑥実績:作業効率化プロジェクトにより生産性10%改善

 

上記内容を時系列にまとめて職務経歴書に書くと、見やすく、端的で分かりやすくなるため書類選考の通過率があがります。

 

その他アピールポイントとしてまとめておくことは、製造工程の業務だけでなく、マネジメント経験を強調しておくことが大事です。マネジメントとは、部下の指導をすることだけではなく、生産スケジュールの管理、人員アサインなども含まれます。ご自身の担当業務と合わせてマネジメント経験も記載してください。

 

また工場の規模感と担当工程の人数などは記載しておきましょう。応募企業の工場規模と担当してもらいたい工程の規模感がマッチしていることをアピールすることで、面接官がイメージしやすくなります。

 

関連記事

30代以上の製造職がアピールすべきこと

製造職の転職を有利にすすめるためにエージェントに相談中

20代までは、製造職としての経験つまり、製造職としての心得をきちんと理解しているかという点が大事です。取扱い製品群よりも製造職の経験でポテンシャルを見極められることが殆どです。その為、製造職の経験値を使用したことのある設備・治具・工法などと合わせて詳細を記載していくことがポイントです。

 

30代以上は、応募企業に直結した製品群であることまた、管理能力・問題解決力が問われます。機械設備や生産に関する専門用語、材料・仕入先・部品の取扱い・生産環境(例えばクリーンルーム)などの高いマッチ度が求められます。

 

特に、問題解決(品質トラブルなど)が発生した時の対応エピソードは、高確率で質問されますので必ず準備してください。

 

また製造職は、顧客の工程監査時の主管担当職種となりますので、そういった顧客対応力もアピール材料になります。国際規格であるISO9001の14001などの品質マネジメントシステムに関わった経験、内部監査員資格などがあればより有利になる材料なので、職務経歴書・面接などできちんと答えられるようにしてください。

 

注目おすすめ転職3選ツール

転職ツール 特徴
リクナビNEXT 全国の求人情報を勤務地や職種、あなたのスキルや資格などから検索が可能。転職成功のヒント満載の求人/転職のサイトです。
ミイダス コンピテンシー診断が使える!職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、あなたのコンピテンシー(行動特性)を分析できる(完全無料)。
転職会議 国内最大級100万件以上の転職口コミ情報が掲載されています。会員数は500万人以上。日本中の企業の口コミが集まっています。

※クリックすると公式サイトに遷移できます。

製造職が持っておいて損はしない資格

製造職の転職を有利にすすめるために資格勉強中

製造職は、前述のとおり工程に関する知識・経験が求められますがそれと同時に各種設備の格・受講経験は資格蘭に記載しましょう。

また、QC検定を持っているとアピール材料になるので、面接前に取得しておくことがおすすめです。一般職なら3級、30代以上だと2級を持っていると好材料です。

 

QC検定取得おすすめ本

過去問題で学ぶQC検定3級 2021年版[仁科 健]

価格:2,420円
(2021/9/18 23:30時点)
感想(4件)

過去問題で学ぶQC検定2級 2021年版[仁科 健]

価格:3,080円
(2021/9/18 23:31時点)
感想(2件)


また、前述したISO9001と14001などの内部監査員資格をお持ちであれば、資格蘭に記入しておきましょう。ISO取得企業は製造業で多いので、採用側としても好印象を持ちます。

製造職の自己PRポイント

製造職の転職を有利にすすめるために自己PR中

製造職の転職における自己PRをきちんとまとめることで転職活動を有利に進めることができます。取扱い製品や技術力・経験は、職務経歴に記載すればその流れに沿って面接では質問されます。

 

製造職が一番のアピールポイントは、異常が発生した時の対応と、改善活動の経験です。どんな小さい事でも改善に取り組める人物、作業効率を上げるために努力して改善できる人物は製造職として非常に優秀な人物です。

 

製造職は工場の要の為、仕事の取り組み方・前向きな人物は、採用担当者に好印象を与えます。決められたルールを守ることができるのは当然ですが、自ら考え行動し、上長に報告し改善を図れるかで、その工場全体に必要になってもらえるかが採用担当者が期待することです。

 

改善活動を積極的に取り組んだ経験があれば、転職活動を有利にすすめることできるので、自信をもって転職活動に臨みましょう。

 

また、異常が発生した時、品質管理部門と連携し是正した経験、顧客のクレーム対策書の作成経験などは、プラスに評価される材料なので必ず自己PRに入れてください。いつもと違うことが発生した時の仕事の取り組み方は、その人の分析力・ストレス耐性のアピールに繋がります。

 

そして、その問題を解決するにあたりどんなツールを使ったかなども好材料です。QC7つ道具、新QC7つ道具の知識を持って解決したなどをエピソード付きで話すと採用担当者は高評価しますので、自分の強みとしてきちんとアピールしていきましょう。

製造職の転職注意点

製造職の転職を有利にすすめために注意点確認中

製造職の転職注意点は、求人票の読み取り不足を起こさないことです。前述した通り製造職の転職は、取扱い製品が近いほど採用される確率が高くなります。

 

その為、求人をきちんと読み取らないと過去の経験・知識が活かせないといった事態に陥るだけではなく、書類選考・面接の通過率が悪くなります。

 

作業者としての募集なのか、管理者としての募集なのかをきちんと見極め、求める人物像とマッチしている求人に積極的に応募していきましょう。

おすすめの転職エージェント

製造職おすすめ転職エージェント

製造職として転職するためには、少しでも好条件の転職を成功させたいところ。製造職の好条件の求人は、転職サイトよりも転職エージェントの方がダントツで多いのが特徴です。

 

ハローワークなどは、製造職についての求人はありますが、エージェントが取り扱う求人よりも年収は低めに設定されている求人が多いです。もしキャリアアップの転職を希望される際は、転職エージェントを積極的に利用しましょう。

 

転職エージェントのもつ非公開求人を積極的に活用すれば、大幅な年収アップも見込めます。特に、外資系企業の製造職は、高給を得られる求人が多いのでおすすめ。

 

求める人物像の把握やマッチ度の高い求人紹介が期待できるので、製造業おすすめの転職エージェントを是非参考にしてくださいね!それではまた!

 

注目製造業おすすめエージェント

doda
マイナビエージェント
リクルートエージェント
僕が全力でおすすめする転職戦略公開
みんなの転職の悩みベスト3

1位:転職はむずかしい?

2位:ブラック企業だけはやだ!

3位:今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事