転職活動の計画

テレワーク推奨企業は、コロナにより急増しています。そういった感染予防の観点からも転職を考えているなら是非推奨企業を選択肢の一つにしたいところ。テレワークを導入している企業から見える将来性と、テレワーク推奨企業への転職メリットをわかりやすく解説!

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

昨今のコロナ事情により、テレワーク推奨を行う企業が増えています。

 

どうしても会社に行かないと仕事ができない業態(例えば製造業)ならまだしも、営業職や事務職なら自宅にいてもパソコン一つでテレワークが簡単にできる時代に突入しています。

 

2020年12月以降、コロナの感染者数は第三波を迎え、2000人を超える感染者数が出ている毎日。そしてオリンピックの今年は第五波で1万人越え。通勤時感染恐怖、意味のない会議、会食での感染・・・。

 

そんな無駄から解放される『テレワーク推奨』で、沢山のメリットを生み出せるテレワーク推奨企業を狙い撃ちした転職をした方がメリットが大きい理由と求人の探し方を解説!

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 

転職ツール紹介

テレワーク推奨企業は将来性がある!

テレワーク推奨企業に転職するメリットをグローバルに考える様子

コロナウイルスは季節性が無いことが、周知の事実。その為、どの季節でも恐怖との戦いを強いられているのが第3波以降わかっています。

 

こういった環境的な感染リスクというのは、日本で住んでいる以上は避けることはできないので、テレワーク推奨している企業に転職するというのは、環境リスクを低減できるのでおすすめです。

 

20代、30代の感染者も日に日に増加しています。

 

テレワークでも仕事ができるのに強制的に出勤を命令し、夜遅くまで仕事をさせるような企業は、間違いなく皆さんにとってもその会社にとっても未来がありません。

 

転職を考えているのであれば、テレワーク推奨企業に転職することがおすすめです。

転職メリット1:感染症対策

テレワーク推奨企業に転職するメリットをコロナ禍で考える様子

テレワークは感染症対策として非常に有効です。もちろんワクチン接種率も増え、感染率低下も予想されています。しかし、通勤や社内感染のリスクを低減させるためには外出を控えて人との接触を押さえることが非常に有効です。

 

その為、今までテレワーク推奨企業でなかった企業もテレワークを推奨しています。新しい制度を導入するために設備を導入されていることから新しい取り組みに敏感な企業であるからこそ将来性もある企業が多いのが特徴です。

 

つまり、テレワーク推奨企業への転職は、将来性を考えてもメリットが大きいと言えます。

転職メリット2:ICT環境が整備されている

テレワーク推奨企業に転職するメリットをWeb会議で語る女性

テレワーク推奨企業は、ICT環境が既に整備された環境です。つまりTV会議システム、Web会議システムとの連動など、様々な設備が導入されている企業が殆ど。

 

このような環境をテレワーク推奨企業は整備していることから、グローバルな対応、無駄な出張の低減、テレワークに不足しがちなコミュニケーションなどが配慮された環境を整備していると予想できます。

 

特にICT環境を整備しているとこれから加速するグローバル対応ができる企業と考えられるので、将来性ありと予想でき、転職するメリットは大きい企業と言えます。

転職メリット3:コスト削減が進んでいる

テレワーク推奨企業に転職するメリットを会議室で考える様子

テレワーク推奨企業は、無駄なコストを削減し、人材第一を考えることができる企業です。出勤コスト(通勤費)を大幅に削減し社員に還元、出張コストを削減し、社員に還元、極論をいうとオフィスも安いところに移動し、オフィスコストも削減できます。

 

必要な会議はレンタルスペース(貸し会議室)を時間単位で借りられるので、大幅なコスト削減につながります。

 

このように、新しいことに迅速に対応できている企業は転職するメリットが非常に大きいため、転職先に選ぶことは得策と言えます。

 

そのため、大企業だけでなく中小企業でもテレワークを導入する企業が増えてきています。逆に今テレワークを推奨しない企業/渋る企業に将来性はありません。社員のことを守ることも考えていない企業です。

 

いち早く将来性のある企業に転職できるか、行動に移せるかが将来に大きく関係すると言えるでしょう。

転職メリット4:売り上げが上がっている

テレワーク推奨企業に転職するメリットが分かった40代男性

テレワーク推奨企業は、TV会議システムやWeb会議システムを導入している企業(準備した企業)なので高額なシステムを導入しているということ。もちろんピンキリなので100%ではありません。

 

テレワーク推奨・導入企業を調べてみると分かるように、ほぼすべての企業が売り上げが上がっている企業が多いです。

 

テレワークを活用し上手く営業活動を行ったり、開発環境・仕事環境を整備できたことから売り上げに繋がっていると言えます。

 

大手転職サイトでテレワーク/在宅勤務/リモートワークで検索すれば、ほとんどの企業で売り上げが上がっているので是非検索してみてくださいね!

 

▼テレワーク推奨企業探せるツール▼

注目おすすめ転職3選ツール

転職ツール 特徴
リクナビNEXT 全国の求人情報を勤務地や職種、あなたのスキルや資格などから検索が可能。転職成功のヒント満載の求人/転職のサイトです。
ミイダス コンピテンシー診断が使える!職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、あなたのコンピテンシー(行動特性)を分析できる(完全無料)。
転職会議 国内最大級100万件以上の転職口コミ情報が掲載されています。会員数は500万人以上。日本中の企業の口コミが集まっています。

※クリックすると公式サイトに遷移できます。

転職メリット5:プライベートの時間を確保しやすい

テレワーク推奨企業に転職するメリットについて語り合う女性達

テレワーク推奨するような企業に転職することができると、自分の時間も確保できます。もちろん仕事中の結果を出すことは当然ですが、仕事が終わればすぐにプライベートの時間に突入!コロナ禍だからこそやりたいことも沢山ありますよね?

 

テレワーク推奨企業ならこんなことも!
・恋人との家デート
・ゲーム
・読書
・副業

関連記事:プライベート確保の転職

 

そんな時間もすぐに確保できるテレワークは、20代、30代のこれからの働き方にマッチしていると言われているので、テレワーク推奨企業を中心に求人を探していきましょう!

 

テレワーク推奨企業への転職デメリットは?

テレワーク推奨企業に転職するメリットが活かせなかった様子

テレワーク推奨企業の求人が増えている一方、そのような企業への憧れだけでの転職は大変危険です。テレワーク推奨企業が求めている人材は、リモートでも結果を残せる人材です。結果を残すことがそもそも得意ではなく、決められたことだけしかできないという方にはかなりきついです。

 

リモートでも自分の力をきちんと発揮し、結果を残せて時間内に仕事を終わらせることができる人材ならテレワーク推奨企業がおすすめ。

 

以外に結果を残すという言葉を見ると無理と思うかもしれませんが、テレワーク推奨企業に転職してから結果を残すことができるようになったという相談者様も多いので、まずは面接まで行き、不安やキャリアプランなどを質問してるとよいでしょう。

テレワーク推奨企業への転職は難しい?

テレワーク推奨企業に転職するメリットを考える20代男性

今なら未経験でも転職は十分可能です。『コロナで転職活動は厳しい』と思うのであればそれは大きな間違いです。コロナが原因で全ての業界が衰退していることはなく、コロナ特需を得ている業界も沢山あります。

 

例えば製造業。コロナでモノが売れないなんて思っていませんか?実はその逆。コロナ感染防止のためにテレワークが増えていくことにより、自宅での環境を整えている人が多いんです。例えば、エアコン、照明器具、パソコン環境・・・上げればきりがありません。

 

さらに車業界は絶好調。TOYOTAの売り上げは2020年9月期は最高収益を得た記念すべき月。移動手段が車に変化したのが大きなプラスの要因でした。

 

製造業が好調だから製造業に転職しても、もちろん製造現場で働かなくてはいけない職種はダメです。しかし製造業の事務職・生産管理・設計などの職種は、テレワークを導入しています。そういった好調企業に転職する為にもテレワーク推奨企業を検索して転職活動をすることがおすすめです。

関連記事

【注意】サービス業全般は転職先に選んではいけない!

テレワーク推奨企業に転職するメリットを考える飲食店勤務男性

転職先を考えたとき、絶対に選んではいけない業界がサービス業です。明らかにテレワーク導入が遅れているのと、コロナで危険な業界が非常に多いです。

 

特に今後100%衰退し、倒産が増える業界が観光業界、飲食業界です。

 

この2つの業界に従事または、間接的に関わっている業態の企業に勤めているなら早く転職活動をした方がいいです。そしてこの2つを転職先に選ぶのはNGです。

 

今より更に悪化し、2021年以降は倒産ラッシュが予想されます。20代ならまだしも、30代に突入したら間違いなく転職先はありません。もし不安に思って転職を躊躇するなら今すぐ行動に移すべきです。

 

テレワーク推奨企業を中心に探し、できればフレックスタイムで通勤時間をずらせるような企業をメインに求人検索をしてみることがおすすめです。

関連記事

テレワーク推奨企業を探すコツは?

テレワーク推奨企業に転職するメリットをインターネットで検索

コロナ禍の転職は、テレワークといった自由な働き方ができる企業を中心に探していくことが重要になります。自分で探すのは結構大変ですが、転職エージェントをきちんと活用していくことで、テレワーク推奨やフレックスタイム導入企業をピンポイントで探してもらえます。

 

また前述したように大転職サイトを上手に活用することで、簡単にテレワーク推奨企業を探すこともできます。メリットデメリットを理解した上で、自分に合った企業を探して行くことがコロナ禍の転職活動において大事なことです。

 

1人で悩んでいることが辛い、転職活動のやり方が分からないのであれば、転職エージェントを活用しましょう。下記からおすすめの転職エージェントを年代、業界、職種でランキング形式により紹介しています!是非参考に!

テレワーク推奨企業に転職するメリットを調べるツール

テレワーク推奨企業に転職:まとめ

テレワーク推奨企業に転職するメリットを調べる男女

コロナ感染拡大は『負』のみを世界にもたらしたと思う人もいれば、チャンスをもたらしたと考える人もいます。皆さんはどうですか?

 

私は、チャンスも与えてくれたと思います。

 

その大きなメリットが『テレワーク』です。これが日本中、世界中に広がれば世界で働けるチャンスが広がりますし、地方でも首都圏の大企業で働けるチャンスは大いにあります。

 

特にこれから長く働き、その中で自由を得たい20代であれば是非テレワーク推奨企業にチャレンジしましょう。衰退業界にいらっしゃる方は是非すぐにでも行動に移してみましょう!

 

それではまた!

注目年代別おすすめ転職エージェント

20代 第二新卒AGENTneo
30代 doda
40代 【パソナキャリア】
僕が全力でおすすめする転職戦略公開
みんなの転職の悩みベスト3

1位:転職はむずかしい?

2位:ブラック企業だけはやだ!

3位:今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!