1年間の転職ノウハウ

服装自由の面接!どのような服装が転職活動に適切か面接官が解説

服装自由・私服OKの面接は、エンジニア系の会社やベンチャー企業で導入が増えています。最近では、Web面接の導入により、スーツでなくてよいといった事前通達がある企業もあります。とわいえ、適切な服装で転職活動の面接を受けたいといった場合、どのような服装がベターなのか解説します。

転職ノウハウ大辞典

こんな方におすすめの記事

①服装自由の面接を受ける
②どんな服装がよいか知りたい
③面接官が何を見ているか知りたい

👑マイナビエージェント

関東・関西・東海の主要エリアの求人を網羅!ベンチャーから大手まで優良企業の求人が豊富。
20〜30代に転職サポートに強い!
人事&採用担当との太いパイプ で、応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポートを実現。

完全無料

服装自由の面接が増えている理由

服装自由のWeb面接に挑む転職希望者

最近はWeb面接導入により、スーツ着用が一般的な採用面接から、服装自由の面接に変化しつつあります。

対面式の面接でも「ラフな格好でよい」といった内容を事前に通達してくれる会社も多くなり、応募者側としてもメリットがあります。

服装自由の面接を行ってくれる多くの会社は、エンジニア系(IT関係、設計職、クリエイティブ(デザイン)など)の会社で多く、スーツ仕事をするよりカジュアルな格好の方が集中して仕事ができる為、面接の場でもわざわざスーツで来る必要はないと考えている企業です。

また、アパレル関係なども最近では服装自由の面接が増えており、ファッションセンスを問う場合もあるので、そういった場合はTPOを考えた服装がベターです。

おすすめ記事

服装自由の転職の面接は超メリットあり!

服装自由の面接に挑む男性転職希望者

在職中であるとカジュアルな服装で通勤しているのにいきなりスーツで出勤したら完全に怪しいですし、スーツを駅のコインロッカーに預けるのも非常に面倒です。

逆にスーツが普段着なのであれば、スーツで行けばなんの問題もありません。ビジネスシーンでスーツを着用することは、全員が私服でも間違えていることは一切ありません。

なので、普段スーツの会社に努めていれば、そのまま面接会場へ直行しましょう。上記の理由からも服装自由でOKの転職の面接は非常に助かります。

関連記事

服装自由の面接で絶対にやってはいけない服装とは?

服装自由の面接に挑む転職活動の様子

服装自由の面接だから何でもOKというわけでもありません。

前述したように、ビジネスシーンはスーツが基本です。

服装自由というのは、「スーツでなくても構いません」という意味なので、ラフな姿できてくださいという意味ではないということを覚えておきましょう。

では、どのような服装がNGなのか下記の例を見てください。

服装自由の面接NGパターン
①ジーパン
②Tシャツ
③パーカー
④アロハシャツ
⑤短パン
⑥サンダル

このような服装は、面談に相応しい格好とは言えません。初対面の方に会うとき、上記のような格好で来られた場合、皆さんはどう思いますか?ちょっと嫌な気分になりませんか?

普段の職場がTシャツ、ジーパンだからといってその格好で面接に臨むことは絶対にNGです。

もちろん、ホリエモンさんやひろゆきさんのような有名人は、上記のような格好でも皆さん違和感がないと思います。それは彼らがそれなりの地位を獲得し、有名人だからこそ許されます。

これから採用試験を受け、入社して欲しい人がそのような格好で転職の面接を受けに来たら私だったら不採用にしてしまいます。なぜなら「常識」を知らない人と判断してしまうからです。

では、どのような服装であれば面接官に納得してもらえるのか、服装自由の会社の転職の面接における正しい服装について、僕からのアドバイスを次に解説します。

おすすめ記事

転職の面接のカジュアル服はこれ!

服装自由の面接でラフな格好で挑む男性転職希望者

面接とは、ビジネスシーンと同じです。服装自由というのは、Tシャツ・ジーパンOKではなく、TPOを弁えた服装でいくことを意味しています。

その為、面談に相応しい服装とは、以下が取り込まれていればOKです。

面接カジュアル服コーデ:男性

男性の服装
①ジャケット
②チノパン
③革靴

過去10年以上の採用活動と、僕自身が転職活動の際に選んだ服装から上記の3点セットがあれば無難なコーディネートができるのでおすすめです。

ジャケットをベースに選んでいくとコーディネートしやすいと思うので、次に選び方のポイントを解説します。

①ジャケット

ジャケットは落ち着いた印象のものを選ぶ!
転職活動における服装自由の面接の時の男性のジャケット
普段着としても長く使えるものをチョイス!
ジャケットはシンプルなものを選ぶのが無難!黒・紺・灰色あたりを選んでおくと、パンツとも合うのでまじめな印象を与えられるので、面接官からも好印象です。下記のおすめジャケットは手ごろな金額なので、1着持っていると、転職活動が終わってからも利用できると思います。

②チノバン

シンプルなデザインのチノパンを選ぶ!
転職活動における服装自由の面接の時の男性のパンツ
ビジネスシーンに一本は持っておきたいシンプルチノパン
チノパンは、僕が一番おすすめするのがEDWINのチノパンです。ジャケットに合いやすい色が豊富で、好みに合わせてチョイスできます。おすすめの色としてはベージュ。ベージュであればジャケットの色が前述の3色のどれにしても合うので、おすすめの色ですね!黒系もジャケットの色がどれが来ても合わせやすいのでおすすめ。

③革靴

ラフな革靴でカジュアル感を演出
転職活動における服装自由の面接の時の男性の靴
かっちりした革靴だとかしこまり過ぎになるので注意!
革靴は、かっちりしすぎるものを選びすぎるとスーツ以外に合わなくなってしまいます。あくまでもカジュアルな服装なので、靴はきっちりしすぎないものを選びましょう。僕が購入してよかったのが、下記の革靴です。走ることもできるし、足も疲れない、かっちりしすぎないといったメリットがあるので、購入してみることがおすすめです。

上記は男性の服装自由の面接での3点セットです。

上記をご自分に合わせたサイズに合わせれば問題なし。

全身コーデを無難に行えば15000円前後でできるので、この機会に揃えてしまいましょう。

逆に安いものを選びすぎると見栄えが悪くなりますし、高すぎるのもよくありません。あくまでも上記トータル金額を目安位に揃えてみましょう。

面接カジュアル服コーデ:女性

女性の服装
①ジャケット
②ブラウス
③スカート・パンツ
④パンプス

過去10年以上採用活動に携わっている中で、女性の応募者でよい印象を受けた服装が上記4つがきちんと取り込まれているパターンです。

男性と同様に、服装自由の面接の際は女性の方もジャケットを中心に全身のコーディネートをしていきましょう。派手すぎるとよい印象を与えないので、次に解説していきます。

①ジャケット

少しかっちり目のテーラードジェケットがおすすめ
転職活動における服装自由の面接の時の女性のジャケット
ラフになりすぎないビジネスシーンの定番ジャケット
女性の転職の際の服装自由でありがちな「ラフすぎ」を防ぐのにおすすめなのがテーラードジャケット。ビジネスシーンだけではなく、オンオフで使えるので、一着持っていて損はなし。ジャケットの中はTシャツでも合うので、おすすめのジャケットです。

②ブラウス

ブラウスは襟なしか立ち襟を選ぶ!
転職活動における服装自由の面接の時の女性のブラウス
襟なしまたは立ち襟で硬すぎないイメージを演出できます。
襟付きのブラウスは女性の転職で服装自由だと硬いイメージを持たれてやすいです。服装自由の面接の利点を利用して少しおしゃれにきめてもOK。硬いイメージを持たれると面接の内容にも影響してくるので、襟なしのブラウスを選ぶことで硬すぎない印象を与えることができます。また立ち襟でもOKなので、好みに合わせてチョイスしてみましょう。

③ビジネスパンツ

服装自由ならビジネス用パンツがおすすめ
転職活動における服装自由の面接の時の女性のパンツ
カジュアルなのにビジネスシーンでもキマるので好印象
女性の転職における服装自由の面接の定番はパンツスタイル。さらに落ち着いた印象を与えることができるので、服装自由の面接における女性の定番スタイルとなっています。転職活動だけでなく、色々なシーンで役立つので1本は持っておきたいですね!

④パンプス

パンプスで足元を落ち着いた印象に!
転職活動における服装自由の面接の女性の靴
履きやすく転職活動の定番シューズ
転職活動の女性の定番シューズはパンプス。カジュアルなジーパンにも合い、用途が沢山あるので転職活動終了後も長く履けるのでおすすめ。もちろん冠婚葬祭のイベントごとでも履けるので、この機会に購入しておくことをおすすめします。

基本的な服装としては、ジャケットをベースに全体をコーディネートしていくことがおすすめです。スーツではない職場から直行するときもスーツでない場合は怪しまれることはありません。

またジャケットの中がTシャツになっても今はお洒落なTシャツもありますし、カジュアルでありフォーマルな場でもギリギリ許されます。

その為、スーツでネクタイ、パンツスーツなどの明らかな転職活動に行くということもなく、怪しまれることもありません。TPOをわきまえた服装で服装自由の転職の面接に臨みましょう。

おすすめ記事

転職の面接情報を簡単に入手するためには?

服装自由の面接に挑む転職希望者を面接する面接官

服装自由の会社であることは、求人サイトなどでも公開されていることが多いです。また、面接を通過すると教えてくれる会社もあります。

しかしそういった情報を簡単に入手したい・会社の雰囲気を知りたい・転職全体のアドバイスをもらいたいといいったときは、転職エージェントを通して応募することがおすすめです。

はじめての転職だったり、転職を繰り返してしまうことを避けるためにもキャリアアドバイザーに相談し、どのような企業が自分に向いているのかを突き詰めていくことは大事。

登録から内定まで完全無料で利用できる転職エージェントを利用すれば、厳しい転職活動もきっと乗り越えられます。

 

僕は、転職エージェントを利用して転職に大成功しています。

 

僕の転職成功例
①ブラック企業⇒超ホワイト企業に転職
②年収400万円UP
③グローバル企業に転職
・・・

上げればきりがない程満たされた環境で働いています。

それは転職エージェントのキャリアアドバイザーへ自分の求める環境などを打ち合わせできたことが大きかったと思っています。

転職エージェントのサービス
①登録⇒キャリアカウンセリング
②求人紹介
③応募書類・面接対策
④内定までの計画コーディネート
⑤入社条件交渉(給与面など)

これなら全てをサポートしてくれるので、是非活用してみてくださいね!僕のおすすめの転職エージェントを下記に紹介しおきますので、是非登録して転職を成功させましょう!それではまた!

👑模擬面接を行ってくれる転職エージェント一覧


 
完全無料
求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1。
実績豊富な 転職エージェ ントが20代~40代の転職を成功に導きます。


 
完全無料
全国の優良企業の求人が豊富。20~30代の転職サポートに強い!
人事&採用担当との太いパイプで、応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート。


 
完全無料
非公開求人を含む約10万件の求人から20~30代に合った求人を紹介。
企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポート

転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事