▼強み/年収分析最強ツール▼
やりたいこと/できることどちらを優先?転職の秘訣解説!

「やりたいこと」と「できること」を考えて転職活動をされる方は多いと思います。二つを天秤にかけてとき、何を優先するかは人それぞれ。そんな転職スタート時に迷った場合の考え方について、現役面接官がわかりやすく解説!

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

注目年代別おすすめ転職エージェント

20代 第二新卒AGENTneo
30代 doda
40代 リクルートエージェント
50代 エンワールドジャパン

転職成功しやすい重要ポイント

やりたいこととできることの違いが分かって転職した女性

僕自身現役面接官であり、転職も経験しています。そして、ホワイト企業及び年収大幅UPを経験できた全てをまとめると、以下が転職成功の秘訣だと考えています。

 

転職成功の秘訣
「やりたいこと」と「できること(スキル・経験)」が応募企業の求める人物像と一致している

 

できることを最大限次の会社で発揮し、自分自身が成長できるそして、やりたいことを次の会社でできる根拠を職務経歴書と面接でアピールできれば、めちゃくちゃ転職できる確率があがります。

 

これは転職で最も大事なことです。

 

しかしこのようなことができる転職先に出会うことも稀ですし、自分のやりたいことが今の環境ではできない、できることを優先して転職する場合(リストラ・会社倒産など)など人によって様々です。

 

だからこそやりたいことを優先すること、できることを優先した場合のメリット・デメリットを知って転職のスタートラインに立つことが大事です。

 

次にそれぞれのメリット・デメリットについて解説します。

やりたいことを優先するメリット・デメリット

やりたいこととできることの違いが分かって転職した3人の男性

やりたいことが今の職場ではできないため転職を考える人は非常に多いです。特に若い世代(10代、20代、30代前半)の方にこの傾向が強いです。

やりたいことができる職場でスキルを身に付け、転職先で活躍できることは自己成長においてもとても大事な考え方。しかし、やりたいことを優先した転職にはデメリットもあるので、次に解説します。

メリット:やりたいことで自己成長

やりたいことを優先した転職のメリットは、以下のようなことがあげられます。

 

①自己成長:好きな仕事ができる充実感
②自己実現:なりたい自分に近づける
③将来性:やりたいことを企業で学び、さらにステップアップすることができる

 

このように自分自身が企業の中で成長していくことで、社会人としてのさらにステップアップし、充実した生活に繋がっていく理想的な転職になることが予想できます。

 

嫌いな仕事・つまらない仕事よりも自分が成長できる「やりたいこと」を優先した転職は長い目で見た場合は、成功を得られやすいため、特に20代の方はやりたいことを優先した転職活動をされる方が多いのが特徴です。

デメリット:未経験は不利!

やりたいことを優先するということは、未経験に近い状態になる為、転職時の年収は大幅に下がることもあり得ます。例えば、新卒で営業職で入社した3年後に、設計職で転職しようとすると未経験の転職になります。その為、前職の年収は考慮されず、新卒レベルまで年収が落ちてしまう可能性があります。

 

また、前職で得た地位や名誉を一度リセットした転職になるのがやりたいことを優先した転職です。前述のように、未経験での転職に近くなればなるほど経験が活かせないことが多いので、前職が課長職だとしても転職先では一般社員スタートであることが殆どです。

 

今まで築いた全てをリセットしてしまいがちなやりたいことを優先した転職は、年齢が上がるほどデメリットになるので、20代のうちに決断し、転職活動に踏み切ることが秘訣と言えます。

 

注目20代おすすめエージェント

できることを優先するメリット・デメリット

やりたいこととできることの違いが分かって転職した男女

転職の基本は「即戦力」として転職先で活躍することが大事です。やりたいことよりもできることを考え転職先を選ぶことの方が、やりたいことを優先した転職よりスピーディーな転職も実現しやすいのが特徴です。

しかし、できることを優先するとデメリットもあるので、次に解説します。

メリット:待遇面に期待

できることを優先する転職は、その能力を高く評価してくれる企業であれば現在の地位や名誉を失うことなく更にステップアップした転職が実現できるというメリットがあります。

 

例えば、不動産営業職の経験を活かして、ライバル企業に転職したいと考えれば、今までの経験次第で部長職待遇での転職なんてことも十分あり得ます。

 

また、待遇がよくなる傾向にある「できることを優先した転職」になるということは、自ずと年収アップも見込めます。即戦力として活躍できる見込みが高いほど転職先が欲しがる人材であることから、厚待遇の転職となり、待遇面で成功しやすい転職になる傾向があります。

 

特にこの転職が成功しやすいのが30代、40代前半のバリバリの世代。

 

経験も豊富で、将来的な管理職・幹部になれる人材は、企業が喉から手が出るほど欲しい人材です。自分を高く売り込み、その会社に貢献するための最初の契約が待遇面になるので、内定時には全力で交渉しましょう。

 

交渉に不安を抱えている場合は、転職エージェントを利用すると年収交渉を上手く行ってくれるので、エージェントに登録して、エージェント経由で転職活動をするとよいでしょう。登録から内定まで完全無料でサポートしてくれる大ージェントを下記にご紹介しますので、是非一度相談してみるとよいでしょう。

 

注目30代おすすめエージェント

デメリット:充実度が減少

できることを優先する転職は成功しやすいですが、やりたいことができない環境に身を埋めることにもなります。やりたいこととできることが一致しているならよいですが、やりたいことを度外視すると苦痛な環境で仕事に取り組むことになりがちです。

 

このときに考えていただきたいのが、何が転職の目的かということ。

 

転職の目的が年収アップやリストラ・会社倒産による転職なら、できことを優先しての転職が大事です。逆に今の環境がつまらない、きつい、成長できない転職であれば、やりたいことができない環境であると転職の目的が薄れてしまうことがあるので、何が転職の目的なのかきちんとまとめておくようにしましょう。

 

関連記事

やりたいこと/できることはバランスが大事!

やりたいこととできることの違いが分かって転職したい女性

それぞれのメリット・デメリットを理解していただいた上で大事なことは、バランスを取りながらの転職活動です。僕がおすすめしている方法が、6:4または4:6をおすすめしています。

 

例えば、やりたいこととできることを6:4で考えると、やりたいことを全面に出しつつ、できることもアピールできるといったことにより、企業側としても期待を込めた採用という結論がだしやすいです。

 

このバランスが7:3や8:2などの割合になると、できることへの期待が持てない為、応募企業にアピールできることが薄れてしまいます。その為、バランスを取りながら転職活動をすることが大事であると言えます。

 

転職活動で分からないことや不明点、誰かに相談したいなどがあれば、エージェントなどと相談してみましょう。

 

私は企業としても転職者としてもエージェントを利用した経験により、非常に有益だと考えていますので、みなさんも是非活用してみてくださいね!不安や疑問などもきちんと相談に乗ってくれるエージェント。

 

上手に活用することで本当の行きたい会社に入社できる可能性が高まるので、積極的に活用してみましょう!それではまた!

僕が全力でおすすめする転職戦略公開
みんなの転職の悩みベスト3

1位:転職はむずかしい?

2位:ブラック企業だけはやだ!

3位:今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事