▼強み/年収分析最強ツール▼
転職エージェントに断られた!その原因と対処法を解説

転職エージェントに断られたというのは、なんだか否定されたみたいで嫌ですよね?折角の転職活動なので、転職エージェントを利用して条件のよい会社を紹介してもらいたいのは誰もが同じ。断られたときの対処法について今回の記事で解説します!

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

こんな方におすすめの記事

①転職エージェントに登録したい方
②登録申請したけど断れれた方
③おすすめ転職エージェントを知りたい

求人票マップ

応募条件 必須条件 歓迎要件
学歴不問 年収 試用期間
マネジメント経験 第二新卒 コミュニケーション
人物重視 UIターン 求人票全般

転職エージェントに断られた人は意外と多い

転職エージェントに断れれた20代女性

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

最近になって非常に多く問い合わせをいただいている内容に「転職エージェントに断られた時、どうしたらいいか」という相談をいただくことが多くなっています。

具体的には登録はできても「紹介できる求人がない」と断られたパターンをよく聞きます。

転職を考え「よりよい条件で転職したい」と考えエージェントに登録するというのは正解です。

しかし、エージェントは、いくつかの条件を満たしていない人材には「お断り」が発生してしまうんです。

その「お断り条件」つまり「エージェントに断られる原因」について詳しい原因を見ていきましょう。

原因1:経験やスキルが低い

転職エージェントに断れれた20代男性

転職エージェントは、あらゆる年齢層について幅広く人材を募集しサービスを提供するのは事実ですが、その年齢に対して「経歴が不十分」と判断した場合「お断り」を行っています。

例えば、多くの企業が欲しい人材であれば、年齢に相応しいそれなりの経験やスキルを持っていることが必要です。

例えば20代と30代では求められる経験やスキルが違うので、30代になっても20代のレベルの経験やスキルでは採用される可能性は低いので、エージェントは断ることもあります。

特に、40代以上に対しての登録が厳しいなと思うのは「大手転職エージェント」です。

これは、40代以上に求められるスキルは高い上に、年収も高いため、求人自体が非常に少ないことが原因です。

40代以上の方から「エージェントに断られるけどどうすればいい?」という悩み相談が多いのは、上記が原因と考えられます。

また、経歴に旨味のないような下記の方は登録をしても断られることが多いので要注意です。

エージェントに断られたパターン例
①自衛隊
②役者業
③公的機関
④工場勤務(40代以上)
⑤自営業(YouTuber含む)

おすすめ記事

原因2:年齢が高すぎる

転職エージェントに断れれた50代男性

年齢が高すぎる方は、登録をする転職エージェントを間違えると断られるパターンが多くなります。

特に45歳以上の方は、管理職としての転職となることがほとんどなので、若手をメインとするようなエージェントに登録しても断られるパターンが多いです。

実際に、私が転職支援させていただいた45歳以上の方は、大手転職エージェントのdodaやマイナビエージェントなどに登録を断られた方も多くいらっしゃいます。

40代以上の方でエージェントに登録する場合、下記のような転職エージェントをメインに登録していくことをおすすめします。

40代以上のおすすめエージェント

エージェント名 特徴
リクルートエージェント 日本最大の転職エージェント
パソナキャリア 管理職・女性の転職にも強い
JAC Recruitment ハイクラス転職エージェント
東京しごとセンター【ミドルコーナー】 東京都限定で転職支援(30〜54歳まで)

原因3:転職回数が極端に多すぎる

転職エージェントに断れれた40代男性

転職市場において「転職回数が極端に多すぎる人材われる」といった傾向があります。

その理由は、高額な採用コストをかけてもすぐに転職してしまうと思われてしまうからです。

つまり、そういった人材は大手転職エージェントにとっては必要としない人材と認識されてしまいます。

皆さんは転職エージェントに登録後に完全無料でエージェントが提供するサービスを利用できますが、皆さんが企業から内定後その企業へ就職したら、企業側が転職エージェントに報酬を支払うといったビジネスモデルで成り立っています。

さらに!もしあなたが転職先を数か月以内に転職してしまうと、企業側に報酬を返却しなくてはならないという転職エージェントと企業側のペナルティー制度が設けていることが殆どです。

転職回数が多い人材は「退職のリスク」があるため、大手転職エージェントは特に転職回数が多い人材を嫌うことが原因と考えられます。

転職回数が多い人は後述する対策を行うとエージェントに登録することは可能なので試してみるとよいでしょう。

おすすめ記事

原因4:勤務地が田舎すぎる

転職エージェントに断れれた田舎に住む男性

希望の勤務地が田舎の方で転職エージェントに登録したら断られたというパターンも非常に多いです。

これは、エージェントの持つ求人が、関東・関西・中部/東海を始めとする大都市圏に集中していることからもわかります。

そんな時は日本最大級のエージェントを利用することにより回避することも可能なので、下記のエージェントに登録してみることも一つの手です。

👑地方都市に強い!リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、CMでもおなじみの超大手転職エージェント。地方都市にも強い転職エージェントなので、求人に困ることなし。転職支援実績No.1なので、実績豊富なキャリアアドバイザーが皆さんの希望やスキルに沿ったマッチ度の高い求人を紹介してくれます。
特徴 結果
非公開求人数 10万件前後
サポート年代 全年代(未経験からハイクラスまでおすすめ)
対応エリア 全国
サポート力 強い
サポートの特徴 提出書類の添削・面接対策・業界/企業情報の提供などあらゆるサービスで内定まで完璧の充実サポートが特徴。
公式HP https://www.r-agent.com/

原因5:希望年収が高すぎる

転職エージェントに断れれた中卒・高卒

年収の相場というのは、業界・職種・年齢・経験・スキルの5つの項目でほぼ決まります。

相場以上に年収を求めてしまうと転職エージェントに登録を断られる可能性が高いので要注意です。

実際にTwitterで相談を頂いた方で、エージェントに登録を断られた20代の方がいらっしゃいましたが、希望年収が800万円と非常に高いにも関わらず、年収に見合った経験・スキルがないといった方がいらっしゃいました。

20代であればエージェントに登録を断られるパターンは非常に少ないですが、あまりにも相場とかけ離れると登録を断れるパターンがあるので注意が必要です。

そういった時は、下記の過去記事でも紹介している「年収査定ツール」を利用し、適正年収を調べてみることがおすすめです。

関連記事

転職エージェントに登録を断られた時の対処法

転職エージェントに断れれた30代男性

大手転職エージェントは、前述した理由に当てはまる方は「登録お断り」をされる可能性があります。

そういった場合の対策として、大きく分けると3つのことを実践すればエージェントに「断られた」ということから卒業できるので、下の3つを見てください。

断られたらやるべき3つのこと
☑ 時間をおいて登録情報をさらに詳しく記入する
☑ 複数社のエージェントに一気に登録
☑ キャリアに合ったエージェントを選ぶ

上記の具体的な原因についての対策方法を次に説明していきます。

対策1:時間をおいてから再度登録してみる

転職エージェントに断れれた30代女性

このやり方は効果が薄いですが、登録ができる場合もあるので試してみる価値はあります。

ただ前提として、今皆さんが登録しようとしている転職エージェントしか日本には無いというわけではないということを前提として説明いたします。

例えば「大手転職エージェントに絶対登録したい」といった場合に試してみてください。

登録が断られた登録情報を一回見直すことは比較的効果があります。

エージェント側は、あなたの登録情報を基に「紹介できる求人はあるか」という検討を行い「問題なし」と判断した場合「面談」を実施して「求人を紹介」してくれます。

つまり、登録情報はエージェントに対してもアピールポイントとして作る必要があるということです。

この登録情報が薄いと転職エージェント側は「能力が無いため企業側の要望を満たすことができない」と判断してしまい、求職者側の「エージェントに断られた」に繋がってしまいます。

そうならない為にもアピールポイントはしっかり書くべきです。では、どんなことをアピールすると転職エージェント側に好印象を与えるかというと以下のような内容です。

アピールポイント
①行きたい業界に合った資格を所持している
②語学スキル(英語、中国語、韓国語ならgood)
③マネジメント経験(管理職での強み)
④コミュニケーション能力の強み・経験
⑤転職後のキャリアプラン

上記の内容が登録情報内でアピールできていると登録がしやすくなります。

おすすめ記事

対策2:複数社の転職エージェントに一気に登録

転職エージェントに断れれた40代女性

対策2はかなり効果的な方法です。

前述したように「大手転職エージェントへのこだわり」がなければ、日本には沢山の転職エージェントが存在します。

よく聞く声として、「大手転職エージェントは断られたけど中堅エージェントに登録できた。その結果、サポートも充実してて逆に自分に合っていた。」という声です。

その時のエージェントの選び方は、年齢別に利用すべきエージェントが異なるということを念頭に置いておいてください。

私としては、大手転職エージェントより、中堅エージェントの方がアドバイザーの「当たり」が多かった印象です。

【年代別】おすすめ転職エージェント

完全無料の転職エージェントの活用は、現代の転職では必須ツールの一つ。マッチ度の高い求人紹介から各種転職対策、雇用条件交渉(年収交渉)まで幅広いサービスが受けれます。

企業との太いパイプで年代ごとにマッチした求人を多く保有しているからこそ、選考通過率・内定率が劇的に上がります!

この機会におすすめの下記の転職エージェントに登録し、無料サポートを受けてみましょう!

20代 就職Shop
30代 doda
40代 リクルートエージェント
50代 東京で転職!ミドルコーナー

対策3:キャリアに合った転職エージェントを選ぶ

転職エージェントに断れれた中年男性

「転職を急いでいるのに転職エージェントに断られた」という出鼻を挫かれる場合、自分のキャリアに合ったエージェントを選ぶといいです。

1社の登録を断られたからたいってエージェントの登録を諦めるのではなく、次は自分の職種に合ったエージェントを利用してみることをおすすめします。

例えばIT系転職エージェント、フリーター向け、女性向け、看護師向け、工場系等数々の転職エージェントが存在します。

過去記事にランキング形式で紹介していますので、是非下記ののボタンより覗いてみてくださいね。厳選した転職エージェントをご紹介しています。

転職エージェントに断られた原因と対策:まとめ

転職エージェントに断れれた人たちをサポートする女性

大手転職エージェントは、求職者の登録情報を見た結果「登録お断り」を実施する場合があります。

そういった場合も「転職エージェントに断られたから諦める」ではなく、登録情報を見直したり、複数社の転職エージェントに一気に登録してみると、高確率で登録することが可能なので、試してみるといいと思います!

特に中堅転職エージェントは、大手エージェントへの対抗心が強いため「サポートもかなり親身」です。

過去の特集ページを参考に自分に合った転職エージェントを見つけ『転職エージェントに子断られる』から卒業しましょう!それではまた!

▼おすすめ記事▼

転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事