一般事務の将来性と今後の展望

一般事務の将来性と今後の展望

事務職の将来性と今後の展望_事務仕事は無くなる!?

一般事務という職種には将来性はあるのでしょうか?

AIの台頭により将来無くなる仕事になるといわれています。そういった情報より、不安を抱えている方も多いと思います。

その為、転職する方も少なくなく、労働量は減少しています。

しかし、一般事務というのは会社にとって非常に重要な役割を担っています。今回は、一般事務の将来性についてご紹介します。
ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか?

一般事務の将来性について

一般事務の将来性は?

一般的な職場では、必ずひとりは必要とされる仕事ですので将来的に考えて、すぐになくなる仕事ではないかもしれません。

ただし、事務職というのは他の職種に比べデメリットもあります。

・実績による給与面の大幅アップが見込めない
・役職につくなどのキャリアアップが難しい
・将来性が高い職種ではない

それよりも一般事務の仕事を働きやすくするためには、職場のひとたちとの人間関係が大切です。

一日の大半を職場内で過ごしますので、人間関係をスムーズにしていたほうが仕事がしやすいでしょう。

一般事務職はコミュニケーション能力が重要

そのためにも、ある程度のコミュニケーション能力があったほうが良いかもしれません。

また、一般事務の仕事内容は外回りや、肉体的な労働ではなく、土曜日や日曜日が基本的に休みで、残業が少ないなどのイメージがあることからも、楽な仕事であるという印象を抱くひとも多いです。

そのため、人気がある職種のひとつとなっています。

ただし、一般事務の仕事は全体的にサポート的な業務が多いので、専門職や総合職などに比べると将来性はあまり見込まれません

あらゆる組織に必要な一般事務のスキル

一般事務はスキルアップできるの?

一般事務の仕事は、組織において重要な仕事であるのことは間違いありません。必要とされる業種や種類もさまざまですので、一般事務として仕事の需要は数多くあるといえます。

仕事上でも特別なスキルは必要としないので、転職においてもハードルはかなり低いでしょう。

このように、活躍の場は多いのですが特別なスキルを必要としないことから大幅なキャリアアップなどはあまり期待できない可能性が大きいです。

勤務先によっても異なりますが、おもな仕事内容としては、パソコンを使用したデータ入力、資料の作成業務やファイリング、来客の対応などの幅広い仕事があります。

一般事務の仕事は転職エージェントの利用がおすすめ

一般事務は転職する方も少なくない?

一般事務は転職する人も多いの?

結婚して退職したり、やりがいを求めて他の業務に転職するひとも少なくありません。

転職する際にも特別な資格を持っていないことが多いので、再就職をするにも容易ではなく、年齢が若いひとから採用されるケースもあります。

 一般事務として将来的にもずっと働き続けるつもりなら、できれば同じ職場で長く細く働くことを目指すことも良いかもしれません。

一般事務は長く働ける職場を探すのがポイント

ひと昔前までは一般事務も正社員での雇用が多かったため、長く勤めることもできて比較的安定していましたが、最近では人件費の削減などから、パートや契約社員などの非正規社員として採用されることも多くなってきました。

派遣社員のメリット・デメリットはこちら!

その場合は、正社員に比べると契約期間の更新があったり、給与面、福利厚生面などに関して不安定な部分がありますが、採用はされやすいのかもしれません。

基本的に一般事務は利益を出す部門ではないので、売り上げの実績などと直接的な関係がなく、会社の利益に直に結び付く業務でないことが多いです。

そのため会社としては、一般事務に関しては、最低限の人員で抑えたいと考えていることが多いようです。

転職活動中のつなぎバイトで事務職はおすすめ!

一般事務でキャリアアップを目指すことは可能?

一般事務はキャリアアップできるの?

場合によっては、もしも会社が不景気になると真っ先にリストラの対象になる可能性もあります。

一般事務をしながら将来性や、安定、スキルアップを考えるなら、人事関係や経理関係などの国家資格を目指す努力が必要です。

経理についての情報はこちら!

国家資格を所有することで企業によっては手当がつくこともありますし、取得した資格を活かして転職やキャリアアップを目指すことも可能です。

一般事務からのキャリアアップは経理・財務がおすすめです。ただし、簿記2級等は意味がないのでやめましょう。

一般事務職の仕事はなくなる?なくならない?

人工知能(AI)によって一般事務職の仕事は無くなるの?

答えは、仕事の内容によります。

例えば、Excel等の数値の照合作業などのように何かのデータのチェックをする、仕訳伝票を登録する等の仕事は想像以上に早く、人がしなくてもよくなると思います。

但し、形式的な仕事以外は、コンピュータは苦手なので、すぐには自動化されないです。

一般事務の将来性まとめ

一般事務の将来性についていかがでしたでしょうか?

今回は一般事務の将来性についてご紹介しました。 一般事務は大きな飛躍は見込めないものの、転職先には困らないメリットや、残業時間が少ないなどのワークライフバランスが取りやすいいのも特徴です。

ぜひ、今後のキャリアに役立てていただければ幸いです。

登録しておきたい無料転職サービス

職場での悩みを解決できる1つの方法が「転職」です。

転職することで、キャリアアップも見込めるので転職を考えてみるのもいいかもしれません。そんな時におすすめなのが「転職エージェント」です。転職エージェントを利用すれば「質の高い求人」を紹介してもらえるので給与アップが見込めます。

是非この機会に登録、面談を受けてみることをお薦めします!

10代、20代おすすめ転職エージェントはこちら!

転職を成功の為に読んでおきたい