人事担当者が集まり転職の面接で質問することをまとめている風景

人事担当者が転職の面接で単独で現れることがよくあります。特に一次面接では、人事だけが登場して面接することがあるのが特徴です。専門的な業務を理解していないと思って気を抜いてはいけません!人事担当者は採用のプロ!人事が確認するポイントについてわかりやすく解説します!

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

転職活動をしていると、一次面接で人事担当者の面接官が同席することがたまにありませんか?または、人事担当者だけというパターンも稀にあります。

 

現場の課長級クラスが面接官と登場するならまだしも『人事担当者が面接官として来て、なにを評価するんだ?』て思うかもしれません。

 

がしかし!この人事担当者は、ちゃんと仕事をしています

 

今回の記事は、転職活動における一次面接で人事担当者が応募者のどんなところをチェックしているのか具体的に解説していきます!

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 

●こんな方におすすめの記事●

①これから転職活動を始める人
②人事にどこまで話していいか疑問がある人
③転職活動の情報収集

 

人事担当者は社内の求める人物を的確に把握している

人事担当者が転職の面接で質問することについて戦略検討中

企業が人材を募集するとき、必ず人事部や総務部にどんな人材が欲しいかの相談をします

 

その際に、具体的に求める人物像を説明し、転職サイトやハローワーク、人材紹介会社へ連絡するので、人事部は深いテクニカルスキルの把握は別として、求人票に書かれている求める人物像のレベルは的確に把握しています。

 

また、応募書類が大量に届くこともあるので、まずは人事部で振るいにかけてから各部署へ連絡がいくという仕組みの会社が多いと思います。

 

その為、人事担当者の面接官は、応募者の人選ができるくらいの能力を持っているので、面接官としてしっかりと応募者の能力を見極めることが可能なのでなめてかからないように注意してください。

人事担当者は、面接できちんと評価できるの?

人事担当者が転職の面接で質問することについて二人で確認中

前述したように、人事担当者は深いテクニカルな内容は別として、応募者をふるいにかけ、評価することは可能です。

 

テクニカルスキルについてもある程度理解している人も多く、そういった内容は深く理解していなくても質問して受け答えに違和感が無いか等は確認できるレベルです。その為、人事担当者が転職の一次面接を担当しても機能していると思います。

 

また人事部は、質問事項をチェックリスト形式で持っていることが多く、そのチェックリストに基づいて一次面接を実施し、その情報を各部署に展開します

 

人事担当者は、人を見るスキルについては『プロ』なので、社内の採用スキームとしてしっかり成り立っていると思って間違いありません。

関連記事

人事担当者の面接官が応募者を評価する項目て何?

人事担当者が転職の面接で女性応募者に質問中

企業によって評価項目は異なると思いますが、人事担当者が評価する大枠は同じだと思っていいと思います。次に、評価項目の大枠について解説します。

①志望動機

まずは志望動機を確認します。転職するには理由があるのと同じくらい「入社したい理由」があるはずです。その為、人事担当者はまず初めに志望動機を確認します。

 

志望動機で確認すること
・なぜ当社に応募したのか
・当社の求める人物像を理解しているか
・どんなことが強みか

 

などを確認し、当社に適した人物かをチェックしています。

関連記事

②転職理由は人事担当者なら気になるポイント!

人事担当者が転職のWeb面接で女性応募者に質問中

どんな理由で転職しようと思っているのかについては必ず確認します。転職理由に説得力が無いと『不適合』と判断し、一次面接でふるいをかけられてしまうので、しっかり準備しておきましょう。志望動機と合わせて人事担当者は必ず確認するので注意しましょう。

 

関連記事

③基本的なスキル

入社する前に必要とするスキルはしっかり確認されます。人事担当者は基本的なスキルを確認し、どのレベルの人物かを社内て展開します。

 

確認されるスキル
・保有しているスキル(資格ではない)
・そのスキルを業務にどのように活かしているのか
・当社の求めるスキルの説明とそれに対してどのように対応できるか

 

この3点の内容に基づき一次面接で確認されるのでしっかり棚卸しておきましょう。

 

関連記事

④人事担当者は「強みと弱み」を雑談交じりで質問してくる

人事担当者が転職の面接で何を聞いてくるか検索中

自身の強みと弱みについては、人事担当者であれば確認される可能性が高いです。

 

強み・弱みの確認事項
・自分を雇った場合、どのような強みを活かして活躍できるのか
・どんな点が弱みで、その弱みをどのように改善していこうと考えているのか

 

自分自身をよく理解した人物は、往々にして向上心が高い人物です。逆に自分を理解していない人は、指示待ち人間の可能性が高いため、ネガティブな評価をされることが多いのでしっかり準備しましょう。転職の面接ではよく質問される事項なので要注意!

⑤コミュニケーション能力

一次面接全体としてコミュ力があるかの確認が行われます。特に人事担当者であれば、コミュ力を図る為に雑談交じりで質問してくるのが特徴です。

 

コミュニ力確認事項
・質問に対して的確に答えられるか
・論理的思考力があるか
・わからないことは素直にわからないと言えるか
・暗い人間性ではないか
・社内で上手く溶け込めるか

 

など、コミュ力一つで色々なことが確認できます。

 

一次面接の人事担当者は、コミュ力を非常に重視する傾向にあるので、面接が苦手な方は、転職エージェントなどの模擬面接を受けてみることをおすすめします

 

特に、20代の方はポテンシャル重視の採用なので、コミュ力を発揮できると非常に好印象を持たれるという傾向にあるので、模擬面接で場慣れすることをおすすめします。

👑模擬面接なら第二新卒エージェントneo👑

第二新卒エージェントneoは、20代を専門にした転職エージェントです。

 

若手の第二新卒、既卒、フリーターなどのキャリアに不安な方に、求人の紹介から転職サポートまで二人三脚でサポートしてくれるのでおすすめです。

 

おすすめ第二新卒エージェントneo

サイト名 特徴
第二新卒AGENTneo 正社員での就職・転職を希望する18歳~28歳の方々の就職/転職をサポート! 経験・学歴不問でフリーター、中卒、高卒、大学中退、大学卒業後(既卒)、短期離職、第二新卒(就業後3年以内の離職)、中途、キャリアアップの転職など幅広い経歴の方を完全無料でサポートしてくれるエージェント。

評価項目 解説
求人数 10000件以上
担当者の質 1人あたり平均10時間の手厚いサポート。 企業担当による面談対策。幅広い求人の紹介。 内定後はもちろん、入社後もサポート。 ブラック企業を除外、優良企業のみのご紹介で安心して活動できる。
登録メリット 豊富な経験を持つのキャリアアドバイザーがみなさんの将来像や希望、適正を踏まえて求人を紹介してくれる。 履歴書の添削はもちろん、一緒に職務経歴書の作成も行ってくれる。 
対応エリア 関東、関西、九州

⑥雇用条件については人事担当者から説明されることが多い

人事担当者が転職の面接で雇用条件に付いて説明中

人事担当者は終盤に雇用条件について確認します。

 

雇用条件に付いて
・希望給与額
・各種手当
・福利厚生
・保険
・採用後どれくらいで入社できるのか

 

等についての説明をされますので、求人票を基に、自分の希望についてはまとめておくようにしましょう。転職の面接に挑むときは、雇用条件にブレがないように答えるのがポイントです。

 

おすすめ!転職エージェント3選
当サイトから登録の多いエージェントはこちら(各サイトに遷移できます)
【若手】20代の転職

【ミドル】
20代、30代の転職

【管理職】
40代の転職

⑦今後の選考について

人事担当者から一通りの確認が終われば、最後に今後の選考についての連絡をします。

 

注意点として、この今後の選考については合格・不合格に関わらずお伝えするので、俗にいう『合格フラグ』とは関係ありませんのであしからず。

関連記事

 

今後の選考説明事例
・合否連絡はいつまでに送るのか
・筆記試験の有無
・二次面接の大まかな内容
・最終面接の大まかな内容
・採用までどれくらいの期限になるのか

 

特に、外資系に多いのですが(日系企業でも最近は多い)、バックグラウンドチェック(リファレンスチェック)というのも行われることがあります。

 

主に、最終面接前に行われることが多く、内容としては下記のようになります。

 

①自身を知る人物を3人紹介してください。
②電話をかけて、●●さんのことについて確認させていただきます。

 

日系企業では、金融系(保険含む)、医療系に関連する業務に従事する人は要注意です。

 

お金や命に係わる業務なので、信用できない人を雇うことを嫌う傾向がある為、チェックを行われることがあります。

 

特に注意していただきたいのが『経歴詐称』です。

 

もし、ブックグラウンドチェックをすると言われた場合は、3人の方に事前に相談するようにしましょう。

関連記事

人事担当者が転職の面接に現れたら?:まとめ

人事担当者が転職の面接で聞いてくることが分かった男性

人事担当者が転職の一次面接で登場する場合、応募企業の求める人物像をよく知る方が登場するので、人事担当者だからといて気を抜いて対応するのはやめましょう

 

人事担当者だからこそ二次面接に向けて厳しい視点で見てくることが多いので、気を引き締めて臨むことをおすすめします。

 

もし、面接に不安があれば、転職エージェントに相談するのも手なので、上手く活用して面接対策なんかも模擬面接をベースにエージェントとすすめていくといいですね!

 

おすすめ転職エージェントは、過去記事に紹介しているので、登録を考えている方は、下記から自分にあったエージェントを検索してみてくださいね!

 

それではまた!

 

※ボタンをクリックすると転職エージェントランキング特集が確認できます!

エージェント特集 おすすめ理由
20代に特化したおすすめの求人を紹介してくれるエージェント。初めての転職でも徹底サポートしてくれるが特徴です。未経験可の求人も豊富。
20代、30代が利用したい大手転職エージェント。経験者・未経験者でも安心!給与アップを目的とした転職に特におすすめ!私自身も400万円の年収アップに成功!
40代のおすすめエージェント。ハイクラス求人、管理職の方向けのおすすめエージェントをご紹介します!
🔻僕のおすすめ転職戦略公開🔻

●転職はむずかしい?

●ブラック企業だけはやだ!

● 今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。

単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローしよう