大手転職エージェントはこちら▼
22_転職_逆質問_事例集

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

今日は、面接最後に100%聞かれる

 

「何か質問はありますか」

 

についてのポイントと大逆転できるおすすめの質問を解説していきたいと思います。

 

これは、いわゆる「逆質問」ですが、多くの求職者はこの逆質問に頭を抱えてしまっているようです。私が面接官の時も多くの求職者の方は逆質問についてしっかり準備していなかった印象があります。

 

今日は、そんな皆様の為におすすめの「逆質問例と対策」を紹介させていただきたいと思います!

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!
『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!

 

●こんな方におすすめな記事●

①逆質問て何をしていいかわからない
②鋭い逆質問で逆転を狙いたい
③面接の対策をしている

逆質問で大逆転する応募者も結構います

面接の最後の逆質問は超重要です。その理由は、逆質問で劣勢の面接試験を大逆転できる可能性があるからです。

 

過去に私が面接官をしていた際に、物静かな第二新卒の若者を面接したことがあるのですが、正直あまり盛り上がらず「何か質問はありますか?」を社交辞令的に一応聞いていました。

 

すると彼は、自分のスキルと志望動機を絡めながら不明点を私に質問し、解釈に誤りがないかなどもこちらに確認するようなことがありました。(その方は結局採用され私の部下になりました。)。

 

つまり、最後の逆質問は大逆転可能な重要な役割を果たしていることは間違えありません。

 

彼はしっかり面接テクニックをもっていたということです。

 

これも重要なテクニックで「ギャップを持たせて好印象付ける」というちょっと荒業なんですが、はまったときは逆質問で大逆転ができてしまいます。

 

それでは、次に逆質問のテクニックを見ていきましょう。

逆質問テク1:面接官の人数や登場人物で変える

面接で確認する

逆質問は面接官の人数、現場担当者、上席の面接官、人事、雰囲気などで面接の内容は使い分けるのが重要です。

 

適材適所の逆質問をすることで、かなり好印象を与えることできます。私が、おすすめする逆質問パターンは大きく分けて3つ分類することができます。

 

おすすめ逆質問パターン

①深く突っ込んだ質問
②表面的な質問
③鋭い質問

 

など色々準備しておいた方が面接官の心を揺さぶることができるので、状況に合わせた逆質問を用意しておくことをおすすめしています。

逆質問テク2:共有化した質問

仕事を探す

逆質問で、面接官をうならせる質問で超有効なのが『共有化のテク』です。共有化させるテクで必ず付け加える言葉が下記になります。

 

「もし私が採用されたら・・・」

 

面接官にあなた自身が働くことのイメージを沸かせると、面接官は「一緒に働いてみたい」という気持ちになることが非常に多いです。

 

次に例文を見てみましょう。

▶共有化の例文1

先ほどの職務経歴の中で私自身の○○というスキルについて説明させていただきましたが、このスキルを御社の□□という内容に活かしていければと考えております。もしご縁があり御社で働かせていただけた際には、活かしていくことは可能でしょうか?

 

自分のスキルの説明をした結果、次に面接官にそのスキルが社業に貢献できるかということを再確認する質問です。自分は説明したわけですから、今度は質問する番です。

 

さらに、自分が働くイメージを共有化させた『もし採用されたら』がしっかり入ったよい例文です。

▶共有化の例文2

もし御社でご縁があり採用していただいた際には、○○部に配属されるかと思いますが、私の現在の経験以外にどのようなスキルがあるとよいでしょうか。入社までにできる限り準備したいと考えております。

 

この例文も入社意欲を前面に出し、最終的に働くイメージを最後に持ってきているよい例文です。

 

こういったように『共有化』はかなり効果があります。逆質問の中でも面接官にかなり好印象を与える技ですので、即実践してみましょう。

逆質問テク3:自分の考えについての質問

逆質問する上で、自分の考えを述べてその答えを聞く方法は非常に効果があります。

 

質問するとき、相手に一方的に聞くより、自分の意見を述べてから相手に質問すると考え方が同じ場合、相手に共感を持たれます。

 

自分の考え相手の考えエピソードの共感となり、この流れがマッチさせることができれば好印象を与えることができます。

 

それでは逆質問例を見ていきましょう。

▶自分の考えについての質問例文

御社の企業理念を拝見させていただき○○という分野において、非常に共感できる部分があり、魅了的に感じています。○○という部分は□□部でも実際に実施されていると思いますが、△△様から見てそれを印象付ける具体的な事例などありましたらご紹介いただけないでしょうか。
この○○ の部分は必ず「共感が確実なこと」にするのがポイントです。ここがずれてしまうと逆に印象が悪くなります。もし、ずれた質問をしたなと思ったら、

 

「なるほど!そういう考え方もあるのですね!勉強になります。」

 

など、こちらから相手に共感を持たせていけば大丈夫です。決して相手を否定しないように気をつけてください。

 

20代は模擬面接で練習を!おすすめエージェント

第二新卒エージェントneoとは?

付録1:逆質問事例集(簡単版)

私がよく使った逆質問パターンを下記に記載します。

 

使用する場合は、ご自身で少しアレンジし、逆質問テク1で記載したように、状況に合わせて使い分けることをおすすめします!

▶成功に導く逆質問事例集

01:○○部門の組織構成について教えてください。

 

02:○○部門で活躍されている方はどのようなスキルをお持ちですか?

 

03:前職では組織よりも個を重視する風潮がありましたが、御社では組織的な取り組みをされていると思います。メンバーの意識を高めるために工夫されていることなどありましたら教えてください。

 

04:御社で採用された場合、仕事上で重要な考え方などありましたら教えていただけますでしょうか。

 

05:御社の○○に魅力を感じているのですが、それに関わる具体的なエピソードを教えていただけますでしょうか。

 

06:今回の募集に対して中途採用者に特に期待していることがありましたら教えていただけますでしょうか。

 

この6つの質問をもう少し掘り下げて質問していくといいと思います。質問の内容は必ず「3つ」準備してください。3つで概ね15分くらいになりますのでそれぐらいがベストだと考えています。

付録2:絶対にやってはいけないNG逆質問

折角面接は好印象だったのに、どうしようもない逆質問をされて不採用にしたことが結構あります。

 

「なんでこんな質問を?」

 

という内容も含めて不採用にした質問をまとめましたので、絶対にこのような質問はしないように注意してください!

▶不採用になりやす逆質問事例集

01:特にありません。
⇒応募企業に興味がないということですね・・・

 

02:御社の強み・弱みを教えてください。
⇒相手の立場をわかっていませんよね。共感を得られない質問です。

 

03:○○様が仕事で心がけていることを教えてください。
⇒面接官は採用する側の人間です。非常に失礼な質問です。

 

04:御社の経営戦略を教えてください。
⇒入社してから教えてくれます・・・

 

05:○○の勉強をしたいのですが、その環境はありますか?
⇒会社は学校ではありません。

 

06:私の経験を活かせる仕事はありますか?
⇒活かせると思っているから応募したんですよね?

 

上記のような質問をされたとき度肝を抜かれて、即不採用にしました。自分の立場を理解していれば上記のような質問は出てこないはずです。特に面接官に対して失礼な逆質問の場合、即時不採用なので絶対にしないでください

 

面接対策が得意なエージェントはこちら↓


逆質問まとめ

転職は素晴らしい

いかがでしたでしょうか?転職逆質問のポイントは、

 

逆質問のポイントまとめ
✔ 相手に好印象を与える質問であること。
✔ 相手が答えやすい質問であること。
✔ 相手の立場や雰囲気を理解したうえでの質問であること。
✔ 質問は必ず事前に準備しておくこと。

 

この4つのポイントをしっかり押さえて逆質問をすれば、あなたの採用はぐっと近づくでしょう。

▶面接対策は転職エージェントの利用がおすすめ

特に、逆質問の事例をなどを多く持っている転職エージェントは結構あると思いますが、特に面接に力を入れている転職エージェントを今回は紹介させていただきます。

 

転職エージェントは求職者が入社して初めて報酬を得ることができるので、あなたに手厚いサポートをしてくれるのは当然です。

 

あなたもそれに甘えてしまって大丈夫です。初めての転職は特に心配だと思いますが、手厚いサポートをしてくれる下記エージェントにまずは登録し、カウンセリングを受けることで1歩目を踏み出しましょう!!

▶第二新卒エージェントneo

【20代おすすめ転職エージェント】

【完全無料】20代の初めての転職でも安心サポート!
 
ブラック企業完全排除して求人を紹介!
【特徴】
ハローワークなどでは味わえない専門性の高いサポートを受けることができます。面談時間が長く、一人ひとりの求職者の気持ちに立って、転職の相談を行ってくれます。面談を通じて皆さんに合った求人の紹介をしてもらえる上に、求人応募前には転職サポートをしっかり行い、内定獲得まで二人三脚で進められます!
▼詳細を見てみる▼
【サポート内容】
①あなたにあった求人紹介。
②履歴書、職務経歴書の応募前対策。
③面接が苦手な人は「模擬面接」実施。
④面接の日程調整。
⑤面接後のアフターフォロー
⑥企業との条件交渉(給料等)
⑦内定後の提出書類の書き方サポート
上記全て完全無料です!
20代が転職に絶対利用したいツールて何??
20代の転職

転職に必要不可欠なことは、「目的」「対策」です。

 

✔転職する目的はあるのに対策方法がわからない。
✔どんな企業が自分にマッチするのか分からない。
ブラック企業への転職だけは避けたい。
✔業界に詳しい人から転職アドバイスをもらいたい。

 

そんな悩みに答えてくれる最強の転職ツールが「転職エージェント」です。南野弘明自身の4度の転職でキャリアアップができたのは転職エージェントのおかげといっても過言ではありません。

 

ハローワークや転職サイトだけで転職活動をしている人は、転職エージェントを利用して企業選びから面接対策雇用条件交渉をはじめとする手厚いサポートを受けてみよう!ライバルに圧倒的な差をつけるスムーズな転職が可能です!!

Twitterでフォローしよう

転職を成功の為に読んでおきたい