IT業界未経験者の転職!求められるスキルを理解して転職成功!

IT業界未経験者の転職!求められるスキルを理解して転職成功!

IT業界未経験者の転職!求められるスキルを理解して転職成功!

こんにちは!就職・転職アドバイザーの南野弘明です。

最近になってIT業界への転職相談が非常に増えております。

時代の流れなのか、工場勤務からIT業界へ転職相談者や、事務職からIT業界へ転職したいなど様々なご相談をいただいています。

では、実際に転職するとなると「未経験」という足かせがあり、なかなか難しいのが実情です。

IT業界は過去記事でもご紹介している通り、未経験での転職が非常に難しい業界です。
※未経験業界別難易度は、下記過去記事をご参考に。

しかしながら、IT業界でも「未経験可」の求人は一定数ありますので、100%不可能というわけではありません。

では、実際に未経験でIT業界に転職するためには、どんなスキルが求められるのでしょうか?今回は皆さんからいただいた相談内容で、非常に多い質問をピックアップしたものを解説していきたいと思います。

IT業界未経験からの転職希望者からの質問内容をまとめてみました。

IT業界未経験からの転職希望者の相談が、最近になって非常に増えております。

まずは、実際に転職を支援させていただいた方からの質問、悩みなどを基に、ランキング形式で質問の回答をしていきたいと思います。

1位:そもそもIT業界てなんぞや?

多くの転職における質問や悩みにお答えしてきましたが、IT業界に転職したいのにIT業界をよく知らない人たちが多くてとても驚いています。

「人手不足」で転職が非常に簡単にできる今だからこそIT業界に転職を希望していてもIT業界を知らないで転職することはまず不可能です!まず、IT業界について簡単に説明しますね。

IT:インフォメーション・テクノロジーの略

ようするに、情報技術というやつです。

その中でもIT業界は2つのビジネス分けることができます。さくっとお話しますね。

B to Bといわれる企業向けの仕事

まずはB to Bといわれる企業向けのお仕事です。では、具体的仕事はどんな内容かというと、例えば

①企業向けのHP制作や運営
②社内のネットワークの構築
③インターネット広告代理

などが挙げられます。なんとなくイメージはわきますか?具体的な企業でいうと、有名なところでso-netやnifty、サイバーエージェントなんかは聞いたことはありませんか?BtoB企業の代表的な企業なので覚えておきましょう。

BtoCといわれる一般消費者向けの仕事

次はBtoCといわれる一般消費者向けの仕事を手掛ける仕事です。具体的な例でいうと、

Facebook(SNS)、楽天やAmazon(オンラインショップ)などが有名ですね。

2位:IT業界て年齢層は若目なの?

最近になって多いのがIT業界の年齢層についての質問です。

私自身のご相談者様の層も若い層の方々多いので、やっぱり業界的な年齢層も気になるところですね。

ズバリ、IT業界は急成長業界なので20代、30代が活躍しています!

最近は、ベンチャー企業やスピンアウト企業もかなりの数となり、技術力がある小さい会社は大企業から出資してもらったりしていますのでとんでもないスピードで成長している企業が多いのも特徴です。

若い会社なので当然幹部を除く社員は、若い人たちが多いですね。

3位:未経験だけでIT業界に転職したい!何をしたらいいの?何が必要?

第3位にランクインした質問で多いのが、未経験でIT業界にチャレンジしたいけど何をしていいのかわからない、何が必要なのかもわからないといった悩みを持っているご相談者様が増えており、質問数から第3位にランクインしました。

IT業界に転職したいと思っていても、IT業界は様々な職種がありますので自分自身がどんなことをやりたいのかで転職先が変わってきます。

また、記事冒頭でも説明したように、IT業界は無知の状態で転職するのはかなり難しい業界なので、転職前にはある程度の専門的な知識やスキルが必要になります。

未経験というのは「知識はあるけど実務経験がない」という意味なので注意してください。次は、転職する為にあった方がいいスキルや知識についてご説明いたします。

1.プログラミング・スキル

昨今の時代の流れからか、IT業界全体で人手不足が深刻な問題となっています。

しかしながら、無知つまり未経験だとやはりハードルが高いのは変わりません。

その中でもプログラマの数は圧倒的に足りておらず、未経験でも簡単な知識、スキルを身につければ急激にハードルが低くなるのでおすすめな職種です。

未経験であれば、最低2つのプログラミング言語をかじる程度でもいいので理解しておけば面接の場でも多いに役立つと思います。

「かじる程度」とはどれくらい?と思う人がいると思うので説明すると、あなたが応募しようとしている企業の商品及びサービスがどのプログラミング言語が利用されているのかが分かるレベルです。

私がおすすめの言語は、PHPとJavaScriptです。

上記二つは、国内で広く利用されているの習得しておくと転職先の幅も広がるので絶対おすすめです!

【PHPとは?】

PHP: Hypertext Preprocessorの略でWEBページを記述することに特化したサーバーサイドスクリプト言語です。簡単に言うとWEB上で動く掲示板やチャットなどを作成するのに便利なプログラム言語と認識しておけばOKです。

【JavaScriptとは?】

WEB上でインタラクティブな表現をする為に開発されたオブジェクト指向のスクリプト言語(簡易プログラミング言語)です。

詳しく知りたい方はWikiなどで調べてみるといいですよ!

おすすめオンラインスクールはこちら↓
初めてプログラミングを学ぶなら「tech boostオンライン」

2.プロジェクト管理能力

IT業界は、「プロジェクト」という仕事の単位で行われることが多いです。プロジェクトの大きさは大規模のものから小規模のものまで様々です。この「プロジェクト」を管理するには管理能力(マネジメントスキル)が必要になるので、以下のような内容は常日頃から意識しておいた方がよいでしょう。

■ 会計(予算管理)能力
■ コミュニケーションスキル
■ 予実管理能力
■ 技術力(未経験ならまだ必要なし)

など、プロジェクト管理スキルに必要な要素なので覚えておきましょう。

3.カスタマースキル

カスタマースキルとは、企業向けの商品やサービス、一般消費者向けの商品やサービスに対して、お客様からのクレームなどを的確にこなす能力をいいます。

とても大事なのが、クレームを言われるときって「お怒り状態」の人が多いので、そういったお客様に対しても冷静に対応できる能力は非常に大切です。特にIT業界の営業職を希望する場合は、人の話を聞く力も問われるので覚えておきましょう。

4位:データーベースのスキルは重要ですか?

よく質問されうのですが「データーベース」て何?IT業界への転職には必須ですか?と相談を受けます。

そもそもデーターベースってデータ管理や処理を効率的に行い、そのデータを活用することをいうので、IT業界で限定したスキルではないのですが、転職するにあたっては習得して損はないスキルといえると思います。

それでは具体的に習得して損の無いスキルを見ていきましょう。

1.ビジネスインテリジェンス

ビジネスインテリジェンスて何かというと、要は必要な情報を集め、効率よく管理することでそれを経営に役立てるといったことです。

世の中にはとても大きい情報やデータがあり、そういったデータを効率よく管理することが求められる昨今なので、ビジネスインテリジェンスもこれからさらに求められると思います。

欲を言うと、APIの知識も習得しておくと尚良しです。

【APIとは?】
APIとは、あるコンピュータプログラム(ソフトウェア)の機能や管理するデータなどを、外部の他のプログラムから呼び出して利用するための手順やデータ形式などを定めた規約のこと。

2.ネットワーク

未経験からの転職で人気が高いのは「ネットワークエンジニア」の仕事です。

ネットワークエンジニアはその名の通り、ネットワークのスキルを駆使して仕事をするのですが、ネットワークで大きいところだと「銀行系」、「交通系」などのインフラ関係は大規模ネットワークとして構築されています。

小規模なところだと社内インフラ、店舗インフラなどがよい例だと思います。

IT業界に転職を希望するなら、自分の仕事には関係なくても技術を習得しておくことをおすすめします。

3.CMS(WordPress)

最近では、Webページやブログを利用している企業なども多く見られます。よく企業のHPでブログが載っているところありますよね?

なぜ利用されることが多いかというと、新商品や新サービス開始などの情報をリリースするときに「ランディングページ」を準備している企業がとても多くみられます。

手軽かつスピーディーにWeb・ランディングページを作成・管理できるCMSはとても利便性が高く、とても好まれています。

特に「WordPress」について詳しく知っていると未経験IT業界に転職する際に非常に転職の幅が増えるのでおすすめです。

現在では、WordPressに特化した転職カテゴリーも存在するので求人票などチェックしてみるといいと思います。

4.UI・UXデザイン・スキル

これは、Webアプリ開発の現場でよく使用されています。UI・UXというデザイン概念は、IT業界全般に共通して必要なスキルだと言えるでしょう。

UI(User Interface/ユーザーインタフェース)
「ユーザーがPCとやり取りをする際の入力や表示方法などの仕組み」を意味する。

UX(User Experience/ユーザーエクスペリエンス
「サービスなどによって得られるユーザー体験」のことを指します。

5.語学力(英語)

IT業界は急成長分野かつグローバルに活躍することができる業界です。その中でも、最先端の情報を入手しようと思うと、語学力(英語)がないとタイムリーな情報を入手することができません。

GitHubユーザー国別データを実際に確認してみると、英語圏ユーザーが大半を占めていることがわかります。もちろん、その職種により変わってきますが、英語はできるだけ習得しておかれるのが良いかと思います。

Git(ギット)
リモートリポジトリとローカルリポジトリを使い分けて開発を行います。

GitHub(ギットハブ)
このリモートにあたる部分を提供しているサービスのことです。複数人での開発をサポートしてくれる便利機能が備わっていて、現在ではエンジニアにとって欠かせないツールの一つ。

IT業界未経験から就職・転職するのに必要なスキル:まとめ

上記が習得しておくと良いスキルです。最新のデータベース・システムも知っておくと仕事の幅を広げることができるので、ご自身で出来ることも増えていきます。APIやGitHubなど、聞きなれない言葉だったかもしれませんね。ご自身でもお調べになっていると、より理解が深まると思います。

■IT業界へ未経験から転職!IT業界に特化した転職エージェントを利用する

今や転職を成功させるには欠かせないのが転職エージェント。

転職エージェントはたくさんありますが、IT業界に特化した転職エージェントを使うことが転職への近道です。IT業界に特化した求人も多く、未経験可の求人情報もありますので未経験からIT業界へ転職する場合は登録しましょう。

IT特化型転職エージェントおすすめの2社を紹介

IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】



【おすすめ度】★★★★★
【公式サイトは右リンクをクリック】WORKPORT

転職・人材業界最大手がてがけるIT・WEBエンジニア向け転職エージェント。業界に精通したキャリアアドバイザーがIT・WEBエンジニアの転職をサポート。

 おすすめポイント 

1:業界に精通したキャリアアドバイザー

IT業界の専任制のチームを編成し多様な選択肢や新たな可能性を提案

2:豊富な転職支援

キャリアアドバイザーが一人ひとりとじっくり向き合い、応募する求人に合わせた応募書類の添削・面接対策を行います。

3:未経験求人多数

最大手ながら未経験IT系求人多数

 登録はこちら↓ 
WORKPORT

IT・Web業界での転職なら【レバテックキャリア】



【おすすめ度】★★★★★
【公式サイトは右リンクをクリック】【レバテックキャリア】

エンジニア開発職に特化した転職エージェントです。未経験からIT業界への転職もサポート!

 おすすめポイント 

1:IT業界に特化の転職エージェント
IT業界・WEB業界特化の転職エージェントなので内定率が高い

2:業界トップクラスの求人数
IT業界特化で求人件数4,000件以上

3:企業別サポート
書類の添削サポートから面接対策までサポート

 登録はコチラ↓ 
【レバテックキャリア】

IT系おすすめ記事はこちら↓

転職を成功の為に読んでおきたい