1年間の転職ノウハウ

退職代行サービスはブラック企業からの退職に有効!その理由解説

退職代行サービスはご存じですか?ブラック企業という呪縛からあっという間に解放される退職代行のサービスです。合法の範囲できちんとブラック企業へ連絡を取り、皆さんの退職がスムーズに行くように交渉してくれるのでおすすめ!今回は退職代行について解説します!

転職ノウハウ大辞典

こんな方におすすめの記事

①ブラック企業から退職したい
②会社が辞めさせてくれない
③退職代行サービスについて詳しく知りたい

👑第二新卒エージェントneo

20代専門だから安心!ブラック企業排除に力を入れている転職エージェント。
東京/大阪/名古屋/福岡に支店あり。Web面談可能なので、安心してサポートが受けれる!
完全無料

会社を辞めたくても辞めさせてもらえない人は多い!

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

今退職代行業者が激熱なの知ってますか?「最近、会社を辞めたい!」と思っている人が辞められなというニュースを耳にしませんか?

https://twitter.com/DOKURINGO5656/status/1521147242337681408?s=20&t=QJjaXxeIqx_vC0u3bsTaDw

辞めたいのに辞められない。

そんな事態に陥る企業ってどんな環境なのかわかりますか?

そうです!ブラック企業ですよね?

そんな中、合法的に会社を辞めさせてくれるサービスを提供してくれる企業が話題になっています。そのサービスを提供してくれる会社が、退職代行サービス業者です。

とはいってもなんか怪しい感じがしますよね?そもそもの話で、

ブラック企業勤め人
退職代行サービスを利用して会社を辞めるのは合法なんですか?
なんで即日辞めることが可能なんですか?

疑問を抱くのは当然!

今回の記事は「ブラック企業対策」のカテゴリーとして、皆さんが在職中のブラック企業を辞める際に、安心して退職代行業者を利用できるようにそのサービスの特徴などを含めて徹底解説いたします。

退職代行のサービス内容

退職代行を使ってブラック企業を辞めるために業者選択中

退職代行サービスは、ブラック企業からの退職・転職にとても便利です。

ブラック企業は特にあの手この手で辞めさせないようにすることが上手いので、そんなときは退職代行サービスの利用が便利。

まずは、「退職代行サービス」というものがどんなサービスを提供してくれるのかを解説していきます。

①退職代行サービス業者のサービス概要

退職代行サービスを行う業者とは、退職の意思のある在職者が、会社とトラブルが無いように依頼者に代わって退職の手続きをスムーズに行てくれるサービスを提供してくれる会社です。

つまり、退職交渉のプロです。

では、退職代行業者はどのようなことを依頼者に代わって行ってくれるのかを見ていきましょう。

在籍企業との仲介
ブラック企業は依頼者を辞めさせないようにあの手この手で引き止めを行ってきます。時には「脅し」も行うでしょう。そうなると精神的の辛い状態になりますよね?
退職代行業者は、依頼主とブラック企業の間に入り、依頼者自信が苦痛を感じないよう退職交渉を行てくれるサービスを業とする会社ですので、うまく交渉を進めてくれます。
在籍企業と顔を合わせなくてOK
退職代行業者を利用することでブラック企業一味(人事、上司等)と顔を合わせることなく退職することが可能です。確実な退職交渉が売りです。
退職に必要な書類も郵送交渉してくれる
退職する際には、離職票の受け取りをはじめ、必要な書類などがあります。そういった大事な書類を全て郵送で受け取れるよう手配してもらえるのでめちゃくちゃ助かります。これも所謂退職交渉の一つです。

②退職代行サービス業者ができないこと

退職代行業者は「法律で裁くこと」の専門家ではないので以下のようなことはできません。

退職代行サービスができないこと
①保険の手続き
②サービス残業代の未払い交渉

金銭トラブルなどは請け負ってくれないので、そういった場合は「弁護士への相談」が必要になります。あくまでもブラック企業から辞めることを目的として退職交渉をしてくれます。

退職代行は『合法』の範囲でプロの交渉

退職代行を使ってブラック企業を辞めるために作戦会議中

退職代行はブラック企業からの退職・転職に便利です。

みなさんが気になる内容としては「合法」か「非合法」かという点でいうと結論は「合法」です。

法律の下でサービスを提供してくれるので、とても便利なサービスなんです!

それでは、なぜ合法と言えるのかを見ていきましょう。

理由1:2間以内に会社をやめれるようにサポートしてくれるだけ

皆さん民法はご存知ですか?民法で2週間以内に辞めれるとしっかり書いてあるんです。

民法627
当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する。

ようするに、解約の申し入れつまり「退職届」を提出後、2週間経過したら辞めれますということがしっかり明記されています。

さらにいうと、 雇用者側と合意が取れれば「即日退職OK」と書いてあるんです。そこをうまく利用してスムーズに退職交渉してくれるのでとても安心!

おすすめ記事

理由2:就業規則ではなく「法律」を優先

よくブラック企業が使う手ですが、就業規則で「退職は3か月前に願い出る」みたいなことを平気で書いてあります。

しかし、そんなものは従う必要はありません。

就業規則は、従業員に対しての「お願い」であり、法律ではないんです。「民法」は法律です。当然就業規則より効力は強いです。

退職代行業者はそのことを理解していますので、法律にのっとり確実な退職交渉を行ってくれるので安心です。

おすすめ記事

理由3:出勤しないでOKの理由は「有給消化」だかた

ブラック企業はあなたに面と向かって話すことを強要してきます。しかし、そんなものは従う必要ありません。

退職代行業者は「全て有給休暇を取得します。足りない分は「欠勤」で問題ありません。」としっかり伝えてくれます。

なので、退職届を提出してからの2週間は会社に行く必要は一切なし。ブラック企業は、有給消化をとても嫌がります。

そこを退職代行業者は上手に「有給がダメなら欠勤にして本日付で退職で問題ありませんか」と交渉してくれるのでさすが「退職交渉のプロ」という感じです(笑)

おすすめ記事

理由4:退職をサポートしているだけなので合法

退職代行は、手続きを法律に沿ってサポートするだけなのですから、全くの合法です。

逆に法律に触れるようなことを行ってしまうと退職代行という「業」が成り立たなくなってしまいます。

しっかり法律にのっとてサービスを提供してくれるのでとても安心ですよ!

おすすめ転職エージェント

👑第二新卒エージェントneo

20代専門だから安心!ブラック企業排除に力を入れている転職エージェント。
東京/大阪/名古屋/福岡に支店あり。Web面談可能なので、安心してサポートが受けれる!
完全無料

ブラック企業VS退職代行は訴訟問題になる?

退職代行を使ってブラック企業を辞めるために業者が企業を攻撃中

退職代行はブラック企業からの退職・転職に便利です。しかし多くの人が心配するのが「訴訟問題なるのでは・・・」ですよね?

特に、依頼者が辞めるときにもめるのが「損害賠償請求」です。

例えば、プロジェクト半ばで中心人物が辞めてしまうとプロジェクトが成り立たなくなることもあります。

しかし、そんな時でもお金なんて一切払う必要なんかありません。

なぜなら、「労働基準法」でしっかり定められています

労働基準法16条
使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない。

仕事上で損害を被っても、従業員に損害賠償請求をしてはならないとしているんですね。ただし、従業員側が「横領」をした場合などは話は別ですからご注意を。

おすすめ記事

「これだけはダメ!絶対!」なこと

退職代行を使ってブラック企業を辞めなかった中年男性の末路

退職代行はブラック企業からの退職・転職に便利です。

もめるのが嫌なら絶対に利用しましょう。もし退職代行も利用せず、連絡もなしにいきなり辞めてしまった場合はどうなるのでしょうか?

この場合「懲戒解雇」となります。

懲戒解雇となると次の会社に転職するのにめちゃくちゃ不利 になりますので絶対にやってはいけません。

なぜ懲戒解雇になるかというと「無断欠勤」が発生してしまうからです。

懲戒解雇とは、民間企業において就業規則に基づく懲戒の一つとして行う解雇のことで、労働者にとって極めて重い処分であるため、自己都合退職ではなく「会社都合」になります。

絶対にやめましょう。

おすすめ記事

退職代行業者に『行政書士』がいると強い!

退職代行を使ってブラック企業を辞めれて家族もHAPPY

退職代行はブラック企業からの退職・転職に便利です。特に、退職代行業者のバックに「行政書士」という法律のプロがついている業者は強いです。

弁護士程の効力は無いものの、法律に基づく手続きに関してのエキスパートなので、代行業者にお願いすれば自ずと法律に基づく判断の基手続きをしてくれると考えていいでしょう。

おすすめ記事

まとめ

今回の記事はいかがでしょうか?下記に今回の内容を簡単にまとめてみました。

ブラック企業を辞めたくても辞めれないと悩んでいる方は、今回の記事は非常に参考になると思います。

ブラック企業を辞める為に
①退職代行業者は、ブラック企業からの退職時の利用は便利。
②退職代行業者は、法律の範囲内で退職交渉を代行してくれる。
③退職代行業者は合法的に退職交渉をしてくれる。
④退職代行業者を利用すれば、ブラック企業から訴えられることはない。
⑤無断欠勤は「懲戒解雇」になる可能性があり転職に不利。
⑥退職代行業者は行政書士がバックに控えている。

おすすめ退職代行サービス

👑退職代行:ガーディアン

退職代行という労働問題において一般法人(株式会社など)と弁護士の強みを”唯一”持つ存在。
労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を”唯一”合法的に可能としている。

完全無料

転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事