▼強み/年収分析最強ツール▼
生産技術職の転職!転職活動を有利にすすめる秘訣まとめ

生産技術の転職は、経験者でればエンジニアとしてのスキルを試されるので、応募書類・面接対策を応募企業の求める人物像に合わせて対策を練れば有利にすすめることができます。生産技術のアピールポイントをまとめて現役面接官が解説!

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

生産技術職の業務範囲は企業によって異なる

生産技術の転職を有利に進めて自動車業界に転職

生産技術職は、モノづくりにおいて欠かせない職種の一つ。その特徴としては、企業単位で生産技術の仕事が大きく異なるのが特徴です。また、大企業・中小企業・プロジェクト・製品群でも仕事が異なる為、応募企業にきちんと説明できるよう準備することが転職活動を有利にすすめる秘訣です。

 

特に生産技術職でアピールすべき点を3つに分割したのが下記です。

 

生産技術職のアピールポイント
・どんな製品を生産技術として担ったか
・どんな設備・治具を設計したことがあるのか
・生産性向上にどのように取り組んだか

 

上記の3点を考慮してアピールポイントをまとめておきましょう。生産技術職の場合、プロジェクト単位ではなく、個人での経験値の高さが一番のアピールポイントです。

 

工数削減・生産性向上・不良低減や特に大手企業では、生産設備の自動化などの経験は高く評価される傾向があるので、積極的にアピールしましょう。

 

生産技術職は、エンジニアスキルもさることながら行動力・体力面もアピールポイントに繋がるので、24時間稼働の工場での経験などは、体力面と合わせて転職における有利なポイントになります。積極的にアピールしましょう。

生産技術職の職務経歴のまとめ方

生産技術の転職を有利に進めるための職務経歴書を作成

生産技術職として転職する際の職務経歴は、企業側が注目するポイントです。スキルを重視される生産技術職なので、具体的な仕事環境、設計ツールなどをきちんとまとめてることで、職務経歴書でアピールすことができ有利になります。

 

また、職務経歴に沿って面接されるのことが多いエンジニア職なので、下記項目を時系列にまとめておくとよいでしょう。

 

生産技術職の職務経歴例
①仕事環境:〇〇開発センター
②設計ツール:Solidoworks、〇〇におけるシュミレーションソフト
③従事期間:〇年〇月~X年X月
④プロジェクト名:TOYOTA〇〇プロジェクト
⑤担当業務:車の上面ボディーの量産設備設計
⑥ポジション:プロジェクトマネージェー
⑦強み:金型・プレスの知識、分析力

 

上記のように時系列にまとめて職務経歴書に書くと、見やすく、端的で分かりやすくなるため、書類選考の通過率があがります。

 

生産技術の場合、業務が多岐にわたることが多いです。それらすべてを時系列にまとめると、まとめる能力が無いと思われるので、特にアピールしたい経験・知識・スキルをピックアップして書くことがおすすめです。

 

また、使用したことがあるツールは、積極的に記載してください。CAD、解析ツール、プログラムソフトなどはアピールポイントに繋がります。

 

ただし、転職先で活かせるスキルであることが大事なので、求人票の求める人物像から自分のどのスキル・経験とマッチしているのかを確認し、選んで記載することが生産技術職の転職成功の秘訣です。

 

関連記事

30代以上の生産技術職がアピールすべきこと

生産技術の転職を有利に進めるために面接対策をする風景

20代までは、応募企業に近いスキルを持ち合わせているかが生産技術職としての選考ポイントになります。工場での生産性向上のプロジェクトなどの参画経験は必ずアピールしてください。

 

しかし30代以上は、生産技術職としのてマネジメント能力も問われるので、現職での経験があればアピールしましょう。

 

また、英語能力は生産技術職でも求められます。その理由は、設備の導入時などは、海外製品を導入することもあり、英語の取説などがあることも多いからです。

 

その為、英語能力はTOEIC500点程度があれば十分アピールポイントになります。

 

グローバル化が進む中で設計職に求められることも要求が高くなり、特にTOEICの点数については500点以上などのハードルが設けられていることも多いです。

 

TOEICを受けておくことが望ましいですが、最低限読解に関しては問題無いとしておくとよいでしょう。

 

注目おすすめ転職3選ツール

転職ツール 特徴
リクナビNEXT 全国の求人情報を勤務地や職種、あなたのスキルや資格などから検索が可能。転職成功のヒント満載の求人/転職のサイトです。
ミイダス コンピテンシー診断が使える!職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、あなたのコンピテンシー(行動特性)を分析できる(完全無料)。
転職会議 国内最大級100万件以上の転職口コミ情報が掲載されています。会員数は500万人以上。日本中の企業の口コミが集まっています。

※クリックすると公式サイトに遷移できます。

生産技術職で持っておいて損はしない資格

生産技術の転職を有利に進めるための対策検索中

生産技術職は電気・PCスキル・QCなどの資格保有者は、アピールポイントに繋がります。一番のアピールポイントはプログラミングスキルですが、そうそうないと思うので、QCスキルをアピールできる資格を取得することがおすすめです。

 

簡単かつ最速で取得しやすいQC検定を下記にご紹介します。

▶QC検定(3級でもOK)

QC検定は、品質管理部門のみならず、他部門で持っているとアピールポイントになりやすいです。生産技術職としのてスキルにプラスして品質に関する知識もあると判断され、生産技術職として転職成功しやすくなります。

 

下記におすすめ本を記載しておきますので、是非購入⇒試験⇒合格を目指しましょう。

過去問題で学ぶQC検定3級 2021年版[仁科 健]

価格:2,420円
(2021/9/18 14:57時点)
感想(4件)

生産技術職は結果が大事

生産技術の転職を有利に進めた男性が転職成功

生産技術職は、企業によって仕事や範囲が異なります。しかし一貫している重要ミッションは、製造工程の設計と管理です。

 

生産工程がきちんと管理状態にあるか、生産性の高いラインが構築されているかそういった業務にどのように関わってきたかという点は、必ず面接で確認されますし、そこでアピールできるかが大事です。

 

またその他生産技術職でアピールしておくことが、どんな生産工程を構築した経験があるのか、そしてその経験にはどんなエピソードがあるのかをまとめてアピールしましょう。

 

結果や工夫したポイントを含めて具体的に記載することもアピールになります。

 

生産技術職は、他部門と関わることが非常に多いです。その為、コミュニケーション能力については、部門横断で関わることが多いなかでどのように発揮できたかをエピソードと交えてアピールするのも効果的です。

 

生産技術職として転職成功の秘訣は、スキル・結果・コミュ力というワードがポイントになることを覚えておきましょう。

設計職の転職注意点

生産技術の転職を有利に進めるために自己PR検索中

生産技術職によくある転職活動失敗例として、企業の求める生産技術の業務範囲の経験を読み間違えて応募してしまい、面接の場で話が噛み合わないといったことがあります。

 

生産技術職は、多岐にわたる仕事なので、その経験とスキルが求人票からきちんと読み解き応募しないと、マッチ度が低い応募者と判断されやすいので注意してください。

 

また、過剰なアピールも逆効果。本当に求められていることが何かを理解し、端的に説明するようにしましょう。

生産技術職におすすめの転職エージェント

生産技術の転職を有利に進めた男性がエージェントを活用

生産技術職として転職するためには、少しでも好条件の転職を成功させたいところ。生産技術の好条件の求人は、転職サイトよりも転職エージェントの方がダントツで多いのが特徴。

 

また、生産技術職は工程設計・設備設計・工程管理・メンテナンスなどエンジニア領域が異なるので、求人を探すときには注意しましょう。

 

転職エージェントを経由して応募すれば、専門のエージェントがみなさんに合った求人を紹介してくれるので、探す手間や間違って応募することもありません。

 

求める人物像の把握やマッチ度の高い求人紹介が期待できるので、製造業おすすめの転職エージェントを是非参考にしてくださいね!それではまた!

 

注目製造業おすすめエージェント

doda
マイナビエージェント
リクルートエージェント
僕が全力でおすすめする転職戦略公開
みんなの転職の悩みベスト3

1位:転職はむずかしい?

2位:ブラック企業だけはやだ!

3位:今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事