▼強み/年収分析最強ツール▼
店長からの転職は有利!おすすめ転職先とアピールポイントまとめ

店長職の転職で大事なアピールポイントは、売上達成能力とマネジメント能力です。採用担当者は、売上目標達成能力が高い店長職または店長候補者を高く評価します。その為には、目に留まるアピールをまとめておくことが大事。店長職のアピールポイントとおすすめ転職先についてわかりやすく解説。

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

注目20代の転職希望者必見!

店長職の転職アピールポイント

店長職からのおすすめの転職先の面接を受ける風景

店長職の仕事は、店舗における売り上げ目標を達成しつつ、従業員を鼓舞しながらマネジメント(採用活動含む)をすることが大事な仕事です。採用担当者は、店長としての資質をこの売上能力及び管理能力に基づき採用可否を検討する傾向が強いです。

 

その他大事な要素として、店長としての転職を希望する場合は、必ず業界を同じにすることがおすすめです。

 

例えば飲食業の店長経験者からアパレル業の店長へ転職しようとしても業界が違うため、売上達成能力、管理能力は評価できても、その製品に対する深い知識や取扱い経験を評価されないため、非常に厳しい転職活動になります。また、アピールできる量が減ってしまいます。

 

つまり、キャリアアップの転職が厳しくなるということ。

 

その為、店長として転職を希望するのであれば、必ず業界を同じにするようにしてください。では次に、職務経歴書に書くべきアピールポイントについて見ていきましょう。

職務経歴書のポイント

店長職からのおすすめの転職先の面接を受ける女性

店長職として転職する際は、職務経歴書に以下の内容を必ず記入してまとめるようにしましょう。前述したように、店長職の大事なアピールポイントは、売上目標達成能力とマネジメント能力の二つです。この内容について、どれぐらい貢献度が高いかが評価項目となるので、きちんと職務経歴書内でアピールするようにしましょう。

 

スキル面で評価が高いのが、分析能力・計画に関するスキルです。店舗売上目標達成のためには、分析能力・実行力・計画立案能力などが重要です。そういったスキルが備わっていることアピールすると効果的なのでおすすめです。

 

下記のように職務経歴をまとめると、店長職からの転職において好材料となるので、是非参考にしてみてくださいね。

 

どんな企業だった?
株式会社〇〇 東京支店 
役職:店長
店舗スタッフ:正規社員:3名、アルバイト5名
経験した業務内容は?
・基本管理事項(売上・スタッフ・顧客・商品)
・計画業務(売上・販売・入荷・採用)
・エリア会議への出席・発表
・店舗内レイアウトづくり(ポップ、装飾など)
・各種問い合わせ対応(メール、電話)
・スタッフ管理(教育・シフトなど)
・採用活動
【重要】どんな実績がある?
2017年度 売上達成率105.2%3500万円(店舗数:5 1位)
2018年度 売上達成率108.3%4200万円(店舗数:6 2位)
2019年度 売上達成率110.4%4800万円(店舗数:6 1位)
※右肩上がりの成長達成
【重要】どんなスキルがある?
①ターゲット分析
②新規顧客拡大戦略立案
③競合他社分析(商品群、潜在顧客等)
④店舗レイアウト設計

自己PR

店長職からのおすすめの転職先の面接を受ける30代男性

店長職の転職は、売り上げを上げることができる店長を採用したいと思う企業への転職が主です。その為、実績だけではなく、その実績に対してどのような戦略をもって取り組めたのかが職務経歴書や面接の場で最大のアピールポイントになります。

 

自己PRや自己紹介といったときに、以下のような内容を基にまとめておくと採用担当者の目に留まりやすいのでおすすめ。是非参考にしてください。

 

店長の転職アピールポイント
①売上目標に対しての達成度
②売上目標を達成するために努力・改善させたこと
→分析力を活かした実績
→計画管理
→スタッフマネジメント

関連記事

店長職の転職面接ではエピソードが大事

店長職からのおすすめの転職先から内定をもらった女性

面接の場では、職務経歴書に書かれている内容の具体的なことを必ず聞かれます。その具体性を説明できるように「エピソード」を準備するようにしましょう。

 

例えば、ターゲット分析のスキルが強みであれば、ターゲット分析によってどのようなターゲットを絞り、売上目標達成にどのように結びつけることができたのかといったように、エピソードを交えて準備することが大事です。

 

面接の場では、職務経歴書一つひとつの内容を深堀されるので、どのように取り組んできたかをきちんと答えられるように準備することがポイントです。また、その一つひとつがどのように応募企業に貢献できることなのかを考えながら作成すると、より高い評価を得やすいアピールポイントになります。

 

また、年収面については面接で必ず希望をきかれます。下記に紹介する年収分析アプリ(無料)を使って、適正年収を調べておくことがおすすめです。是非無料登録して分析してみましょう。

 

👑適正年収分析のミイダス👑

画像引用元:ミイダス

サービス紹介
ミイダスは無料で利用できるアセスメントリクルーティングプラットフォーム。44万人が登録(毎月2万人登録)、法人15万社が利用する、転職支援のアセスメントリクルーティングプラットフォームです。

利用価値
・ミイダス コンピテンシー診断が無料。
・市場価値、職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなどのコンピテンシー(行動特性)を分析。

簡単登録
・登録は質問に答えるだけ
・職務経歴書、履歴書の作成、カウンセリング等一切不要。
・キャリアに応じて、質問事項を変えるので正確で効率的。

店長職から異職種へ転職

店長職からのおすすめの転職先に転職した女性

店長職から異職種に転職される方で多いのが、以下のような職種です。

 

店長職からの転職先で人気の職種
①マーケティング
②企画職
③営業職
④事務職

マーケティング

店長職で身に付けた分析力を活かして、マーケティング職を転職先として志望される方は多いです。店長職の方は、売上達成をすることに色々な分析を行っている為、マーケティング職に必要なスキルが身についている方が多いです。その為、転職先に対してもアピールしやすいといった傾向にあります。マーケティング職を選ぶことは店長職のスキルが最大限活かせるので、転職先としておすすめです。

 

関連記事

企画職

店長職からのおすすめの転職先である企画職に転職した女性

店長職は、店舗運営における企画を立案し、エリア会議などで発表する機会などがあります。そういった企画力を活かして、企画職を転職先として選ぶ方が多いです。店長職で身に付けたスキルが十分活かせるので、おすすめの異職種の転職先と言えます。企画職を選ぶことは店長職の企画力を最大限活かせるので、転職先としておすすめです。

 

注目年代別おすすめ転職エージェント

20代 第二新卒AGENTneo
30代 doda
40代 【パソナキャリア】

営業職

店長まで上がるまでの過程において、多くの方が販売員としての高い実績を誇っているかと思います。その為、販売員としての実績が営業職として関連性が強いため、異職種でも転職先として選びやすい傾向にあります。また、営業職は、分析力や企画力が高い人材を好む傾向にあるので、転職先に対してのアピールポイントに繋がるといった特徴があります。営業職を選ぶことは店長職のスキルが最大限活かせるので、転職先としておすすめです。

 

関連記事

事務職

店長職からのおすすめの転職先である事務職に転職した女性

店長職というのはストレスが多いということもあり(責任が重い)、女性店長の方は結婚などを期に、事務職への転職を希望される方も多いです。事務職として活かせる経験として、色々な改善活動に取り組んだ経験や商品管理(在庫、受発注)の経験、売上管理等は、直結して事務職に役立つスキルです。事務職という職種は未経験ですが、それよりも高いスキルが身についているので、アピールポイントになります。ただし、事務職という職種は、店長職の頃よりも年収・やりがいなどの面では落ちる傾向にあるので、そのあたりは注意した転職活動が必要ですが、転職先としておすすめです。

 

関連記事

店長職の効率の良い転職活動は?

店長職からのおすすめの転職先から内定をもらった男性

店長職の転職は、現在の収入面ややりがいといった面でキャリアアップを図る転職がメインになります。もちろん、前述した異職種の転職先においても、店長職としてのキャリアを活かした転職になるので、キャリアアップに繋がりますので、おすすめの転職先です。

 

そういったキャリアアップを目指す転職は、ハローワーク、求人誌を利用した転職では、自己実現ができない場合が多いので、転職エージェントなどの良質な求人・非公開求人を狙っての転職がおすすめです。

 

転職エージェントは、いわゆる人材紹介会社であり、求職者は無料で全てのサービスを受けることができるので、登録しておくとよいでしょう。例えば、以下のようなサービスがあります。

 

店長職からのおすすめの転職先を紹介してくれるdoda

画像引用元:doda

これらのサービスを受けながら条件のよい転職先を探すことで、キャリアアップを図れるので、是非積極的に利用してみてくださいね。特におすすめの転職エージェントは以下になりますので、是非下記より登録してみましょう。それではまた!

 

おすすめ模擬面接におすすめエージェント

名前 広告 特徴
第二新卒AGENTneo 20代に人気の転職エージェント。手厚いフォローと親身の対応が特徴。
就職Shop 書類選考なしの企業を多く保有。面接対策もばっちり!20代特化のエージェント。
リクルートエージェント 若手からハイクラス求人を多く保有。業界最大手。
マイナビエージェント 新卒でおなじみのマイナビ。転職サポートに特化したエージェント。

※クリックすると詳細ページに遷移できます。

僕が全力でおすすめする転職戦略公開
みんなの転職の悩みベスト3

1位:転職はむずかしい?

2位:ブラック企業だけはやだ!

3位:今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事