Webマーケティング職の志望動機検討中

Webマーケティング職は、就職・転職市場でも人気の高い職種の一つ。採用試験も比較的ハードルが高い一方で、特に重点的に確認されるのが志望動機です。志望動機に転職の根拠がきちんと分析されているかは、マーケティング職にとって超重要!志望動機の作り方を解説。

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

新卒、転職において人気の高い職種は『Webマーケティング職』です。企業内のマーケティング部は、体で例えると『脳』です。

 

人気の高いマーケティング職なので当然倍率も高いですし、求められるスキルやポテンシャルも高いのがこの職種の特徴です。この関門を突破するためには、当然『面接』という舞台があり、その中でも重要なワードが、

 

志望動機

 

です。今回の記事は、マーケティング職に特化した面接対策かつその中でも重要な『志望動機』に着目して解説を行っていきます。

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 

●こんな方におすすめの記事●

①マーケティング職に興味がある。
②実際にマーケティング職に転職したい。
③マーケティング職について知りたい。
④マーケティング職の志望動機が書けない。

①:Webマーケティング職の仕事内容

Webマーケティング職の志望動機分析中

Webマーケティング職に転職したいと考えたとき、具体的にどんな仕事内容なのかということが解らないとマーケティング職の志望動機は書けません。

 

特に、グローバル化が進む現在のWebマーケティン職は、非常に高度な分析力が求められるので、それを踏まえて具体的な仕事内容を見ていきましょう。

仕事1:市場動向調査

私が在籍したグローバルベンチャー企業では、マーケティング部がありました。その部署が何をしていたかというと、一言で表すことができます。それが下記。

 

企業が売りたいものを売る仕組みづくり。

 

です。例えば、家電メーカーに勤めたとしましますよね?どうやって売れるものを開発したらいいのでしょうか。答えは、マーケット動向を調査して売れるものをいち早くキャッチしていくことです。

 

その調査をするにあたり、マーケティング部は以下の視点で調査しています。

 

マーケティングの調査内容

①トレンド
②ニーズ
③過去の動向

 

などを軸に市場の調査をするというのが、マーケティング部の花形業務です。ライバルが多い職種だからこそきちんと志望動機を作りこむことが大事です。

仕事2:社内外への情報配信

Web調査の結果『売れそうなもの』が発見出来たら次は企画書を作成していきます。この企画書を作る能力もマーケティング部は長けている人が多く在籍するのも特徴です。

 

次に、社内での企画会議などでのプレゼンです。面接の場では、このプレゼン能力について技術面接が行われる場合もあるので注意してください。

 

実際に私の勤めていた会社では、マーケティング部での面接に限りプレゼンの課題が与えられ、当日発表するという試験が行われていました。

 

企画が通り無事開発された商品については、販売促進活動を営業部と連携して行っていきます。対顧客向けに広く認知されるように、Web広告、CM、SNSといったあらゆる発信源をもとに展開していくのがWebマーケティングの仕事です。

 

前提として、Webマーケティング職というのは当然大企業に多く、中小企業には少ない職種であり、またベンチャー企業は、その職種を営業部に持たせたりと企業形態によって異なります。

 

そのため、営業職で転職したのにWebマーケティング職に転職していたということもよくあるということを覚えておいてください。

 

関連記事

②:超重要スキルは『分析力』

Webマーケティング職の志望動機検討する男性

Webマーケティング職は、文系・理系問わず採用されているのですが、その中でも超重要スキルが「分析力」です。冒頭にもお話ししましたようにマーケティング部は『脳』です。

 

つまり、企業がビジネスを展開するうえで大事な『戦略』を打ち出す部門がマーケティング部なので、戦略を打ち出す為には『分析』がかかせません。

 

この分析力というのを結果として示すのが数字のため、分析力=数字力と置き換えることも可能です。この数字力というが必要な理由の多くは『お金が絡む部署とつながるから』とよく言われています。

 

営業部、経理部、購買部、物流部など数字が非常にからむ部署と連携することが多いので、数字力は必要ですし、マーケット調査も結果は『数字』で表されます。

【注意】未経験からWebマーケティング職への転職時注意点

もし未経験職で転職を考えている場合は1点注意が必要です。SNSでの情報発信が好きだからという理由は転職を考えたきっかけであって、大事なスキルは分析力=数字力であることを忘れないでください。

 

ここが強みでないとマーケティング業界で活躍することは非常に厳しいです。特にマーケティング部として独立した部署がある企業の場合、面接でも分析力を試される質問が頻繁に行われるのが特徴です。

 

自分にそのスキルや資質があるかよく考えて応募されることをおすすめします。

 

おすすめ!転職エージェント3選
当サイトから登録の多いエージェントはこちら(各サイトに遷移できます)
【若手】20代の転職

【ミドル】
20代、30代の転職

【管理職】
40代の転職

③:得意分野のWebマーケティング職を探す

Webマーケティング職の志望動機を考える女性

マーケティング職というのは『職種』あって、業界は多岐にわたるのが特徴です。あるゆる業界でマーケティング職が募集されています。

 

「マーケティング職に就きたいけど経験がない」いわゆる未経験職は転職に不利かというと一概には言えません。なぜなら、それに関連した職種であれば、経験が有利に働くからです。

 

例えば、営業職などは顧客や市場分析をすることが多々ありますよね?

 

そういった経験というのはマーケティング職に直結した経験と一致するので、非常に有利な経験と言えます。トレンド分析、ニーズ分析など知らず知らずに行っている可能性もあるので、もう一度自分の部署の仕事内容を見返してみましょう

 

さらに、経理、財部の職種についてはどうかというと『数字力』で戦えます。

 

前述したように、マーケティング職に求められるスキル分析力であり数字力です。経理・財務職は、数字的な分析データを経営層へプレゼンする経験を持ち合わせていると思います。

 

また、営業部の一部に企画があるのであれば、販促活動などの経験も持ち合わせているかと思います。そういった細かい仕事をマーケティング職に関連付けていくと、有利な経験が沢山あるのが特徴です。

第一志望の探し方

未経験からマーケティング職を目指すのであれば、まったくかかわったことがない分野のマーケティング職に転職するのは至難の業です。そのためにも自分のかかわったことがある業界を第一志望として選ぶことが最短の手段です。

第二志望の探し方

Webマーケティング職の志望動機を街中で考える

第二志望としては、自分のかかわったことのある業界に関連性のある業界のマーケティング職を志望するとよいでしょう。

 

例えば、車業界であれば第一志望を車メーカーのマーケティング職、第二志望をカーオーディオメーカーなどに分けて応募することがテクニックです。

求人探しはエージェントがおすすめ

求人の探し方は、転職サイトを活用される方が多いかと思いますが、自分の現状のスキルや資質がその分野とマッチしているかという観点を具体的に知りたいという方にはあまりおすすめできません。

 

理由は、未経験者だと特に自分の職種とのマッチングがうまくできず、非効率的な転職活動になりがちだからです。

 

人材紹介会社などを活用して探すことで、自分に合った職種のマーケティング職を紹介してもらえることでマッチ度の高い転職が可能ですし、完全無料で企業の紹介から転職サポートが受けられるので断然お得です。

 

登録後の面談でキャリアプランの作成を行ってくれるなど、面接対策にも直結することも利用メリットとして挙げられます。

 

不安な時は、転職エージェントの無料カウンセリングを活用してみましょう。

👑20代なら『第二新卒エージェントneo』👑

おすすめ第二新卒エージェントneo

サイト名 特徴
第二新卒AGENTneo 正社員での就職・転職を希望する18歳~28歳の方々の就職/転職をサポート! 経験・学歴不問でフリーター、中卒、高卒、大学中退、大学卒業後(既卒)、短期離職、第二新卒(就業後3年以内の離職)、中途、キャリアアップの転職など幅広い経歴の方を完全無料でサポートしてくれるエージェント。

評価項目 解説
求人数 10000件以上
担当者の質 1人あたり平均10時間の手厚いサポート。 企業担当による面談対策。幅広い求人の紹介。 内定後はもちろん、入社後もサポート。 ブラック企業を除外、優良企業のみのご紹介で安心して活動できる。
登録メリット 豊富な経験を持つのキャリアアドバイザーがみなさんの将来像や希望、適正を踏まえて求人を紹介してくれる。 履歴書の添削はもちろん、一緒に職務経歴書の作成も行ってくれる。 
対応エリア 関東、関西、九州

Webマーケティング職の志望動機の書き方

Webマーケティング職の志望動機を確認する面接官

では、いよいよ本題のWebマーケティング職の志望動機の書き方に入っていきます。再度マーケティング職についておさらいしておきましょう。

 

マーケティング職3要素
①仕事内容を理解しておく
②分析力は重要スキル
③自分に合った分野のマーケティング職を選ぶ

 

この3つを軸に応募する企業の志望動機を書いていくだけでOKです。

 

しかし、今回は合格する志望動機の書き方のノウハウに迫っていくので、さらに重要なテクニックをご説明していきます。

▶Webマーケティング職という『職種』を選んだ理由

上記①~③について、しっかりと理解できればWebマーケティング職を選んだ理由は、明確になると思います。

 

さらに付け加えると、Webマーケティング職になぜ興味を持ったのかというところも説明できるようにしてください。

 

興味を持つというのは何らかのきっかけがあったはずですよね?例えば、以下のようなきっかけです。

 

Webマーケティング職を目指したきっかけ
営業職として市場分析を任せられ、非常に評価された。Webマーケティング職に興味を持ち、マーケティングについて勉強していくうちに専門的にやりたいと思った。

 

というようにきっかけから大枠を作ります。

▶Webマーケティング職になれると思ったあなたの強み

職種を選んだ理由の次は、Webマーケティング職と現職または前職の関連性を持たせます。Webマーケティング職を応募する際に絶対にアピールしなければならないのが、分析力です。

 

その分析力に強みがある皆さんであれば、その分析力に絡めた成果を述べるようにしてください。例えば、以下のような強みです。

 

自分の『強み』を追加

営業職として市場分析を任せられ、認知度調査の分析をインターネット上で実施した結果、有効回答サンプリングなどの調査結果をまとめ、非常に評価された。さらに、SNSを使ったWeb広告の提案などを行うようになりWebマーケティング職に興味を持ち、マーケティングについて勉強していくうちに専門性が高い仕事につきたいと思った。

▶なぜ自社でなく他社なのか

これは超重要です。先ほどの例文では、前職評価された結果があり「今の会社でよいのでは?」となってしまいます。

 

専門性を極めるのでも自社で続ければできますよね?

 

他社でもできますよね?

 

これはマーケティング職に必要な分析力につながります

 

つまり差別化できるかです。

 

自社ではできない、同様の企業ではなく応募企業である必要は、ライバル企業との差別化ができなくてはなりません。

 

応募企業の差別化要素を追加

営業職として市場分析を任せられ、認知度調査の分析をインターネット上で実施した結果、有効回答サンプリングなどの調査結果をまとめ、非常に評価された。さらに、SNSを使ったWeb広告の提案などを行うようになりWebマーケティング職に興味を持ち、マーケティングについて勉強していくうちに専門性が高い仕事につきたいと思った。特に御社の強みは、×××の分野に強みがあり、前職で培った●●●の経験が直結して活かせるとと考えている。

▶Webマーケティング職としてどのように社業に貢献できるか

最後にあなたのスキルがなぜ今回の応募企業に活かせると思ったのかを具体的に説明します。

 

この最後の締めの部分で、あなたが本当に価値がある人材なのかをアピールしなくては絶対に企業は首を縦に振ることはありません

 

転職とは、あなたを売り込むことが鉄則です。

 

自分を雇うことの価値を説明することを忘れないでください。

 

最後に志望動機の最後の締めの部分について説明していきます。

社業に貢献できる根拠を追加

営業職として市場分析を任せられ、認知度調査の分析をインターネット上で実施した結果、有効回答サンプリングなどの調査結果をまとめ、非常に評価されました。さらに、SNSを使ったWeb広告の提案などを行うようになり、Webマーケティング職に興味を持ち、マーケティングについて勉強していくうちに専門性が高い仕事につきたいと思うようになりました。特に御社の強みは、×××の分野に強みがあり、前職で培った●●●の経験が直結して活かせるとと考えています。マーケット分析及びSNSについての知識は、自分の強みと考えていますので、その知識と経験を貴社の社業に貢献できればと考えております。

志望動機作成は転職エージェントを活用するのも手

Webマーケティング職の志望動機をエージェントと検討中

志望動機は、転職における重要課題です。そのため、いろいろ吟味しても書けないという人は非常に多いです。コツは以下のような内容でしたね?

 

志望動機作成4ステップ

①職種を選んだ理由
②強み
③なぜ応募企業なのか
④どのように社業に貢献できるのか

 

この流れで書くと非常にスマートです。

 

しかし、わかっていても難しいのが志望動機。そういった方は、転職エージェントを活用するとよいでしょう。

 

20代の転職に強みを持つ転職エージェントであれば、志望動機の作成に限定せず、応募書類の作成、面接対策面接後のフォローなど一括してサポートしてくれます。

 

そういった、転職エージェントを利用することで、大変な志望動機もうまくまとめ上げることができるので、ぜひ積極的に利用してみてください。

 

おすすめの転職エージェントを下記に記載させていただきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

それではまた!

 

おすすめ!転職エージェント3選
当サイトから登録の多いエージェントはこちら(各サイトに遷移できます)
【若手】20代の転職

【ミドル】
20代、30代の転職

【管理職】
40代の転職
僕が全力でおすすめする転職戦略公開
みんなの転職の悩みベスト3

1位:転職はむずかしい?

2位:ブラック企業だけはやだ!

3位:今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローして限定記事を購読!