1年間の転職ノウハウ

転職後に合わないと気付いても遅い!事前に職場環境を知る方法解説

転職後に職場環境が合わないで辞めたいと思う人は非常に多いです。これを「運が悪かった」と諦めていませんか?実は転職活動の段階できちんと調査を行えばしっかり対策することが可能なんです!今回の記事は、転職前に職場環境を知ることができる対策方法をご紹介します!

転職ノウハウ大辞典

こんな方におすすめの記事

①転職後に転職を後悔している
②1年以内に転職考えている
③「合わない」を防ぐ転職方法を知りたい

転職辞典

応募条件 必須条件 歓迎要件
学歴不問 年収 試用期間
マネジメント経験 第二新卒 コミュニケーション
人物重視 UIターン 求人票全般

転職前に転職後の職場環境は調査すべき!

転職後に合わないと気付いて転職した女性

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

人間関係が悩みでの転職や、やりたい仕事ができずに転職をする際に、どうしても知りたいことってたった一つですよね?

それって、転職先の職場環境だと思います。

面接や面談では、「うちの会社は人間関係良好だよ!」「やりたいことはどんどんできるよ!」なんて言ってたのにいざ入社すると全く違う環境だった何ていうのはザラです。

「入社前に職場環境を知ることができたらよかったのに・・・」と転職後に後悔しても時すでに遅し。

自分に合わない会社に転職してしまう人は非常に多いです。

転職ご相談者様が入社後に転職して職場が合わないと感じたという事例を下記にご紹介いたします。

相談者の方からいただいた事例
・現状の社員の方は中途をよく思っていない
・職場環境が悪くギクシャクしている
・楽しそうに仕事をしない(雰囲気が悪い)
・パワハラがひどい

では、入社前に職場環境を知ることは不可能なのでしょうか?

実は、職場環境を知る最適な方法があるので今回ご紹介させていただきます!

おすすめ記事

「転職後に合わない」と感じたらマジで地獄です!

転職後に合わないと気付いた男性

転職前に応募企業の職場環境を知る方法を知らないと、転職後に合わないといった事態に陥ります。

まじでこれは地獄です。

こういった後悔をしてしまうと大事な時間を無駄に過ごしてしまいますよね?

よくある転職後の職場環境が合わないと後悔するパターンを見てみましょう。

転職後に合わなくて後悔する例
①数か月で辞めたくなる
②人間関係で悩まされる
③やりたい仕事ができない
④極端に忙しい
など

上記のような悩みを抱え、ひどい時には「鬱」になる人だっています。

転職すると3か月間は試用期間の為、自分で仕事を見つけたり、ガツガツ色々やることは殆ど不可能です。

暇だったり、超ブラックで体を壊したりなど本当に「地獄」のような日々を送る羽目になりますので要注意。

『転職しなきゃよかった』と思って転職前の会社に戻れることはほとんどありません。

転職後に合わないということ防ぐためにも事前に転職後の職場環境を知るということは、滅茶苦茶大事であることを覚えておきましょう!

関連記事

転職後に合わないを防ぐには面接&職場見学がカギ!

転職後に職場環境が合わないこと防ぐため面接で確認中

転職前に応募企業の職場環境を知る方法で一番効果的なのが、面接と職場見学です。

面接では面接官に質問するテクニックを!

そして内定通知書を貰うタイミングで職場見学を依頼することが滅茶苦茶大事なので、このテクニックを皆さんにご紹介いたします。

①面接会場で雰囲気を感じ取る

面接に行くと少なからず「会社の中に入る」わけですから、職場の雰囲気を味わうことができます。特に注意しておくことが以下のポイントです。

面接会場への案内者の態度
面接会場に案内してくれる方がいると思いますが、その方の態度に違和感を感じたら要注意です。この案内者が愛想がよかったりすれば逆にGOOD。環境が良い職場なら従業員が教育されていますし、充実していることが感じ取れます。
すれ違う従業員の態度
すれ違う人が挨拶をしてくれたりと何らかの感じられるものがあるはずです。その時に「なんか嫌だな・・・」と思ったら、直感を大事にしてください!大抵当たります。自分の気持ちの中でそういったことを感じたらまず入社を避けておいた方がいいですね。

②面接の雰囲気を大事にする

転職後に合わないということが無いようにきちんと説明してくれる面接官

転職前に応募企業の職場環境を知る方法で滅茶苦茶大事なのは「面接の場」です。

ここできちんと確認できるかどうかが転職後に合わないということに陥らない大事な対策と言えます。

面接官は基本「あなたの直属の上司」なる人が登場します。

毎日顔を合わせる上司が暗い表情だったり、疲れ切っていたり、怖い雰囲気、横柄な態度だったりするとまず間違いなく、職場環境は悪いです。

管理職の色でその職場は大きく変わります。

上司が優秀で人間性もいい人だとその職場環境は明るい職場でみんな生き生きとしているはずです。

つまり、いい意味で管理職の色に染まるので職場環境にはかなり期待できます。

おすすめ記事

④職場環境を知る逆質問例を行う

転職後に合わないと気付いた転職希望者を面接中

面接の最後で確認される「何か質問はありますか」に対して職場環境を知る為の質問を積極的に行うことができると転職後に合わないといった事態が防げます。

その効果的な質問を3つご紹介します。

転職後に合わないを防ぐ逆質問例
質問①
〇〇さんが職場環境を整えるのにどういったことを心がけておりますか?
質問②
部下の方のモチベーションを高めるために取り組まれていることは何ですか?
質問③
人間関係の構築はどこの職場でも課題の一つだと思いますが、〇〇さんから見て人間関係は良好だと思いますか?

このどれかの質問をしてみなさんが納得できる答えが返ってきた=働きたいと思えればOKです。

こういった質問に対して答えられない上司は間違いなく無能です。

そして職場環境もよくない会社だと思います。上司となる方がきちんと意識していないのであれば、転職後に合わないということに繋がりやすいので要注意です。

おすすめ記事

⑤内定前のオファー面談で職場見学を依頼する

転職後に合わないと気付いて転職した20代女性

転職前に応募企業の職場環境を知るコツの3番目は、内定前のオファー面談で、人事に職場見学を依頼するのは滅茶苦茶大事です。

人事が話を逸らしたりした場合は、大抵職場環境が悪いので要注意です。

それとは逆に、一生懸命話してくれたり、今後の話(研修、将来の期待度等)を話してくれたりすると、良い職場であったりすることがとても多いです。

そして是非転職してもらいたいと思えば快く職場見学をさせてもらえます。

入社したいと思っているのであれば気にせず人事に確認してください。

また、転職会議という口コミサイトを利用すると、在職者や退職者の方が各企業の職場環境について口コミを書き込んでくれているので非常に参考になります。

1件口コミ記載で1ヶ月口コミが無料で見放題なので、是非登録しておきましょう。

👑転職会議

国内最大級100万件以上のの転職口コミ情報を掲載。
会員登録すると48時間、転職会議内の企業口コミが見放題となります。また、在籍した企業の口コミを投稿すると、最大90日間企業の口コミが見放題
完全無料

⑥応募前に知りたいなら転職エージェントに確認してもらう

転職前に応募企業の職場環境を知るコツの最も重要なのは、転職エージェントの利用です。

転職エージェントは、応募企業の内情を知っている可能性が高いので、聞いてみることをオススメします。

結構深いところまで企業の内情を知っていることもあり、応募前に転職エージェントに確認してみるとよいでしょう。

転職エージェントは、「登録→面談→求人紹介→応募書類対策→面接対策→企業との条件交渉」など、求職者をしっかりサポートしてくれて完全無料で利用できるのでまずは登録してみましょう。

👑リクルートエージェント

日本最大の転職エージェント。求人紹介実績No.1なので安心。
大手転職エージェントだから全国対応。Web面談可能なので、安心してサポートが受けれる!
完全無料

転職後の合わないを防ぐ:まとめ

転職後に合わないを防ぐため従業員がお出迎え

転職前に応募企業の職場環境を知るコツも大事なんですが、もっと大事なのは、あなたのスキルです。

転職者は、新卒とまったく異なります。

新卒なら可愛がられながら数年過ごせますが、転職者は「即戦力として期待」されての入社です。

入社して三日でいきなり地方への出張や現場での仕事などもあります。

転職者はそういった仕事をこなせて当たりまえとみられ、既にいる社員からしてみれば「いきなりライバル」です。

すなわち、ライバルはあなたを試してくることがよくあります。

そういったときにあなたの能力が極めて高ければ、何を言ってきても蹴散らすこともできます。

あなた自身がなじめる環境を探すのも大事ですが、あなた自身が会社に貢献できる環境を探すことの方が私は重要だと思います。

入社後には一日も早く「なんでも聞ける人」を探し、食事をしたりして社内事情を探るのもいいでしょう。

何れにしろ、あなた自身の考え方次第でよい職場にもなり、悪い職場にもなることを忘れないようにしましょう!それではまた★

転職エージェント絞り込み検索
年代
特徴
職種
業界
さらに詳しく検索
地域

Twitterでフォローして限定記事を購読!

転職を成功の為に読んでおきたい記事