大手転職エージェントはこちら▼
215_中途採用_給与交渉_やり方

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

中途採用で応募した際に少しでも給与を上げたいと思うのは多くの人が希望することですよね?しかし途採用では、企業側の給与レンジと合わなければ不採用になってしまいますのでとてもナイーブな内容となっています。

 

実はこの中途採用の給与の決め方はある程度企業側で事前に決まっているので、それを加味した給与交渉が必要になります。

 

今回の記事は、企業側の中途採用の給与の決め方を知り、上手に給与交渉するポイントについて解説していきます!

 

南野弘明てどんな人?

某グローバルベンチャー企業で面接官として数多くの方々を面接。そこで開発した『転職ノウハウ』を基に、超ホワイト企業へ転職。年収400万円アップ!
『今すぐ使える転職ノウハウ』をモットーに、転職アドバイザーとして活動中!

 

転職エージェントを利用して給与交渉↓

中途採用の給与の内訳をしっかり確認すること!

給与交渉

中途採用の際に面接などで「給与はどの程度がご希望ですか」という質問に対して、希望金額に達していたからと言ってすぐにOK返事せず「交渉する」のがポイントです。

 

注意しなければいけないのが「額面」と「賞与」の考え方です。例えば、以下のようなパターンで提示されたとします。

 

①基本給+各種手当=35万円
②全て基本給=33万円

 

もし、35万円欲しいとして希望額に達していても要注意です。これは「年収」という観点から言うと減少する可能性を秘めています。次に下記を見てみましょう。

 

①基本給+各種手当=35万円

・基本給;16万円
・職能手当;10万円
・等級手当;5万円
・家族手当;2万円
・食事手当;2万円

 

上記を含めて理論年収

35万円×12か月=420万円
基本給16万円×4か月=64万円

よって理論年収は、484万円となります。

 

②全て基本給=30万円

33万円×12か月=396万円
基本給33万円×4か月=132万円

よって理論年収は、528万円となります。

 

つまり、月給の額ばかりを見ていると中途採用の場合OKしてしまいそうですが、まだ給与交渉の余地があり、その部分の給与交渉を怠ると悲惨な目に合ってしまいますので要注意です。

中途採用の給与の決め方

企業の給与テーブル

企業側が中途採用を採用するということは、新卒では賄えない高度なスキルを即戦力として期待して採用するわけですから、それに答えるためにも転職者側は給与交渉をする権利を持っているわけです。

 

しかし、給与交渉を闇雲に行っても内定のチャンスを逃すことがあるので要注意です。そこで、次に知っておくことが企業側の中途採用者の給与の決定方法です。そのやり方は大きく分けて3つの内容があり、それを加味して決定されます。その優先順位が以下です。

優先度1:社内の同年代の年収テーブル

企業は、社内である程度の年齢ごとの年収テーブルを持っています。例えば、以下のような場合です。

 

年代 最低年収 最高年収
20代 300万円 400万円
30代 400万円 600万円
40代 600万円 800万円
50代 800万円 900万円

 

もし、あなたが30代で580万円の年収が欲しいとなると、年収テーブルとマッチしていますので、企業側としては、中途採用の希望年収とのマッチができるので前向き検討されます。しかし、企業側のもう一つテーブルとして給与テーブルがあります。下記を見てください。

 

年代 役職 月収平均(万円) 年収平均(万円)
20代 社員 23.75 380
20代 主任 25 400
30代 係長 31.25 500
30代 課長 37.5 600
40代 課長 43.75 700
40代 次長 50 800
50代 部長 56.25 900

 

つまり、あなたを580万円で中途採用者として雇用するためには、課長級で採用しなくてはならないわけです。

 

関連記事

優先度2:あなたの前職の役職と給与

企業側も優秀な人材よ中途採用者として雇い入れたいわけですから、中途採用者の給与を加味して年収、月給を決定します。

 

前述したようにあなたの希望年収が580万円であれば、30代で係長経験があり、採用するポジションが課長級であれば給与に関する問題は解決するでしょう。

 

しかし、あなたが20代で580万円を希望しても給与テーブルと不釣り合いとなり、給与交渉をしてもマッチしない為、書類選考または面接で不採用になってしまいます。企業側も求める年代、役職、希望給与(年収)を見てい採用不採用を決定します。

優先度3:あなたが本当に当社に必要かどうか

優先度1、2の内容を加味して、本当にあなたが必要かどうかの最終判断を行います。もしあなたの実力が高く、当社にとって本当に必要な人材であれば、どんな手段をとってでも採用したいと思います。

 

例えば、年収テーブルなどから大きく外れても、月給の中に「調整金」とい項目を設けて毎月5万円を上乗せして支払うなどを行ってくれます。ただし、これは稀な例なので上手い給与交渉としては言えません。それでは、どうするのかというのを次に説明していきます。

中途採用の上手い給与交渉手順

給与交渉上手

中途採用応募つまり転職をするということは、何らかのキャリアアップの希望があるわけですから、その一つとして給与アップもあるでしょう。入社後にその給与に不満を持ってしまうと再び転職しようと考えてしまいます。

 

そのために必要な上手な給与交渉方法を順を追って説明していきます。

手順1:自分の欲しい年収額と給与額を明確にしておく

まず、転職活動を考えたときにやるべきことは自己分析ですが、その際にあなたが欲しい年収額と給与額は詳細にイメージしておくことが大事です。例えば、前述したように580万円など。

 

そしてもう一つは、あなたが希望する業界でその希望額のレンジがマッチしているかを確認すること。580万円という金額が、業界の同年代の平均年収を大幅に超えていると、まず採用されることはないので、そういった面を自己分析の時に調査しておく必要があります。

 

やり方がわからない場合は、下記のような転職エージェントに登録して面談の際に希望年収と業界平均がマッチしているのか聞いてみるとよいでしょう。

▽おすすめ転職エージェント

【20代、30代おすすめ転職エージェント】

未経験~経験者まで多くの求人を取り揃えている!
求職者へのサポート力最強!!(企業と転職の両方で利用経験あり)
【特徴】
転職サイトおよび転職エージェントサービスの2つを展開する業界大手の人材紹介サービス企業。求人の質が高く、幅広い業種に対応しているのも特徴。キャリアアドバイザーとの面談を通して自分にあった求人を紹介してもらえるので、自分で求人を探す手間も省け、非公開求人も合わせて紹介してもらえる。
【注目の2つのシステム】
①サイトで自分で求人を探す。
転職サイト内にある求人に対して条件を絞り込み、求人を探すタイプのシステム。広い求職者が利用するので、ライバルが多くなるのが難点。また、転職サポートは無し。
②エージェントサービス
南野弘明おすすめはエージェントサービス。兎に角求人の質が高いです。幅広い業種にも対応しているので、かなり限定された職種でも出会えるチャンスがあります。

手順2:求人票の給与レンジ内に希望年収があるか確認

求人票の多くには、給与レンジが記載されています。例えば、月収30万円~50万円など。その給与レンジに上手く嵌っていれば、給与交渉の余地ありとまずは言えるでしょう。

 

しかし、この給与レンジの中でも限度いっぱいとなる交渉の余地もないので大体、レンジの真ん中くらいの企業を探すといいでしょう。

 

下記の様な求人の場合、今回の580万円という希望額に対して適した求人票を言えるでしょう。

 

中途採用の求人票

手順3:給与の内訳を求人票の中でしっかり確認しておく

求人票の給与はあくまでも手当を含んだ金額です。

 

その手当の部分に何が含まれているから、基本給の中身が想像できます。下記のような中途採用の求人票を見てください。

 

中途採用の求人2

 

上記求人のように、役職手当資格手当都市勤務手当などが含まれていますので給与額はこの手当が含まれた金額になります。

 

それと今回の求人の注意点は「社員旅行」があるので、給与額から毎月引かれる可能性があること、また、手当は研修終了後から支払われるといこと。ここを見逃すと、給与額にかなり不満がでてきますので要注意です。

手順4:納得できる求人に応募する際は希望年収、月収をしっかり明記

次にいよいよ応募するわけですが、その際はしっかり応募書類に自分の希望年収、月収を明記しましょう。もし、明記して書類選考が不採用になるのであれば縁が無かったわけですから仕方がありません。

 

逆に書類選考が通れば、面接の場で給与交渉をしてもOKの意味が含まれています。

手順5:面接の場で改めて希望年収、給与を伝える

面接の場では2次面接から「希望給与額」について聞かれます。中途採用ですから前職の給与を加味しての採用となるので、前職の給与に対して割り増しで希望することはまったく変なことはありません。むしろ、当然の権利です。

 

しかし、強気の交渉をしすぎると心象も悪いですし、実力がマッチしていないと恥ずかしい面もあります。その時の中途採用者の希望給与ですが下記の様な回答をすると心象が非常によいです。

人事担当A氏
●●さんの希望年収を教えていただけますか?

あなた
年収は580万円を希望しますが、御社内規定もあると思いますので、それに従いたいと考えています。580万円の根拠といたしましては、今回のポジションが希望する・・・

 

といったように、中途採用者を雇用する側のテーブルにある程度従うと伝えておくと、最終的な判断は企業側にあるということを明言することができます。そのため「希望はなるべく考慮してね」とつながりやすいので、オファー面談で交渉しても何もおかしいことはありません。

手順6:オファー面談で最終交渉

580万円よりも高い金額を提示してくれる場合も実はあり、その場合は、社内のテーブルがあなたの希望よりも高い場合です。この場合は、ラッキーパターンなので問題ありません。

 

しかし、内定を出す際に、580万円を希望しても560万円を提示される場合があります。ここで考えるべきポイントは、給与の内訳つまり月収の中身です。年収は希望より下がるかもしれませんが、月収は上がる可能性があります。前述した下記のパターンをもう一度見てください。

 

①基本給+各種手当=35万円
②基本給=33万円

 

①の場合は、月給は高いですが、年収は低くなります。そのため、オファー面談の給与交渉の際は、その内容を加味した最終的な交渉をしましょう。その際の上手いやり方は「金額が●●●万円だったら必ず入社する」と伝えることです。これを伝えて決定した場合必ず入社するのは当然なので覚悟して答えましょう。

 

上記のやり方でほぼ間違いなく、入社時に自分の給与、年収希望額に到達した状態で中途採用者として入社することができます。

 

しかし、必ずしも全員が上記のようにうまい交渉を行えるとは限りません。

 

特に20代であると初めての転職で上手く交渉できないことが殆どどです。そんなときは、転職エージェントに給与交渉を任してしまってOKです。

 

転職エージェントは完全無料で利用でき、内定までの過程で大事な転職対策も行ってくれるので、中途採用者の強い味方!給与交渉もしっかり行ってくれるのでおすすめ!

 

まずは登録して、面談を受けてみるといいでしょう。それではまた!

 

【20代おすすめ転職エージェント】

【完全無料】20代の初めての転職でも安心サポート!
 
ブラック企業完全排除して求人を紹介!
【特徴】
ハローワークなどでは味わえない専門性の高いサポートを受けることができます。面談時間が長く、一人ひとりの求職者の気持ちに立って、転職の相談を行ってくれます。面談を通じて皆さんに合った求人の紹介をしてもらえる上に、求人応募前には転職サポートをしっかり行い、内定獲得まで二人三脚で進められます!
▼詳細を見てみる▼
【サポート内容】
①あなたにあった求人紹介。
②履歴書、職務経歴書の応募前対策。
③面接が苦手な人は「模擬面接」実施。
④面接の日程調整。
⑤面接後のアフターフォロー
⑥企業との条件交渉(給料等)
⑦内定後の提出書類の書き方サポート
上記全て完全無料です!
本気で転職したい場合は、転職ツールを使い倒せ!!
保育士の本気の転職

転職に必要不可欠なことは、「目的」「対策」です。

 

✔転職する目的はあるのに対策方法がわからない。
✔どんな企業が自分にマッチするのか分からない。
ブラック企業への転職だけは避けたい。
✔業界に詳しい人から転職アドバイスをもらいたい。

 

そんな悩みに答えてくれる最強の転職ツールが「転職エージェント」です。南野弘明自身の4度の転職でキャリアアップができたのは転職エージェントのおかげといっても過言ではありません。

 

ハローワークや転職サイトだけで転職活動をしている人は、転職エージェントを利用して企業選びから面接対策雇用条件交渉をはじめとする手厚いサポートを受けてみよう!ライバルに圧倒的な差をつけるスムーズな転職が可能です!!

Twitterでフォローしよう

転職を成功の為に読んでおきたい