リクナビNEXTの書類選考通過率をコメント

リクナビNEXTは転職における最強ツールの一つ。しかし利用者数が多い分、ライバルが多いことから書類選考通過率が非常に悪く悩んでいる人も多いです。今回の記事は、リクナビNEXTを上手く活用し、書類選考通過率を劇的に改善させる方法について解説します。

 

こんにちは!転職アドバイザーの南野弘明です。

 

リクナビNEXTの広告から求人を応募すると、コロナ不況の今はなかなか書類選考を通過できないと困っている人かなり多いと思います。

リクナビNEXT登録はこちら▶

 

今回は日本最大級の求人サイト『リクナビNEXT』を利用して解説しますので、リクナビNEXTにまだ登録されていなき方はまずは登録からスタートさせてくださいね!

 

それでは、リクナビNEXTから企業に応募するときに何に注目して対策すべきかについて解説していきます!これ有料級の記事なので是非参考にしてくださいね!

 

僕の自己紹介
グローバルベンチャー企業から超絶ホワイト企業に転職成功!数百人の応募者の採用活動に携わり独自の『転職ノウハウ』を開発!自身も転職→年収400万UP。複数企業での採用人事経験をもとに、転職支援をするアドバイザーとして、当サイト・Twitterで転職・就職の情報配信中!公式Twitter:@hiroakiminamino

 

▼無料履歴書・職務経歴書のダウンロード▼

リクナビNEXTの特徴

リクナビNEXTの書類選考通過率を上げる方法を調べる女性

リクナビNEXTは、日本最大級の転職求人サイトの為、転職を考えたらまず登録すべきサイト。リクナビNEXTに登録することで、業界情報や求人状況などを把握することができるのでおすすめです。

 

求人サイト1位『リクナビNEXT』

広告 特徴
全国の求人情報を勤務地や職種、皆さんのスキルや資格などから検索でき、転職方法や転職活動体験談等、転職成功のヒント満載の求人/転職のサイト。 

リクナビNEXT

画像引用元:リクナビNEXT

求人数 50,000件以上
サイトの質 洗練された求人サイトの為、ユーザー目線で作成されているため非常に便利!
対応地域 日本全国
特徴 業界・職種・年齢・住まいを問わずサイトの登録債済ませれば閲覧できるので、幅広い求人に出会えるチャンス多数。
対応年齢 全世代
公式サイト▶ リクナビNEXT【公式】

 

日本最大級のこの求人サイトはユーザー目線(求職者)で作られているため、他社サイトよりも攻略しやすいのが特徴。

 

その為リクナビNEXTで書類選考によく落ちてしまう人は、今回の攻略方法を利用してしっかり対策していけば、通過率が大幅に改善していきます!

リクナビNEXTの絞り込み検索ポイント

リクナビNEXTの書類選考通過率を上げるために求人の絞り込みを行う画面

画像引用元:リクナビNEXT

 

リクナビNEXTの攻略するポイントを次に解説していきます。攻略のポイントは、書類選考を通過しやすくするためにどこに注目すべきかを記載していくので、必ず実行してくださいね!

 

まずは何も考えずに上の画像の検索ボタン【赤ボタン】を押してみましょう。

▶左側の検索画面がポイント

リクナビNEXTの書類選考通過率を上げるために求人の絞り込みを行う画面の詳細

画像引用元:リクナビNEXT

 

リクナビNEXTのページが出てきたら、左側のこだわり検索に注目して求人の絞り込みを行っていきます。リクナビNEXTはユーザーに対して絞り込みがかけやすいよう設計されたサイトなので、非常に使い勝手がいいのが特徴です。

 

もう一つ注目すべきが『掲載期間』です。掲載期間はできる限り新しい求人に応募するのと、掲載期間ギリギリの求人にはなるべく応募しないようにしましょう。

 

選考が進んでいる場合もあるので、あとからの応募者は非常に不利になる場合があることをおぼえておいてくださいね!書類選考でよく落ちる人は、掲載終了直前の求人に応募している人が多いので注意しましょう。これを気を付けるだけで、通過率がぐっと上がります。

 

▶条件検索は詳細に

リクナビNEXTの書類選考通過率を上げるために求人のこだわり検索画面を見る

画像引用元:リクナビNEXT

 

リクナビNEXTで自分の希望に合う求人の探し方で一番大事なのはまず『検索条件の設定』です。特に大事なのが、職種の設定と勤務地です。

 

職種は、生産管理、品質管理といったような職種を選択します。この場合、生産管理や品質管理なら合わせてキーワードに『工場』といった文言を入れておくと更に絞り込むことができます。

 

次に勤務地です。勤務地は、県→市まで検索できるので居住地から一時間程度で通勤できるところをピックアップしましょう。遠方になると不採用になる可能性がかなり高くなるので注意してください。

 

リクナビNEXTの書類選考通過率を上げるためには、職種のマッチと勤務地がなるべく近いところを選ぶことで劇的に改善されます。

▶こだわり条件は絞り過ぎ注意!

リクナビNEXTの書類選考通過率を上げるためにこだわり検索を活用

画像引用元:リクナビNEXT

 

リクナビNEXTのこだわり条件は常に便利です。ご自身の求める条件を上手く絞り込み検索できるので、ピンポイントの検索が可能

 

例えば、ブラック企業を避けたいなら、休日を多めで完全週休二日制、さらに残業20時間以下などのこだわり検索できるので非常に便利。

 

しかし一方でこだわり検索で絞り過ぎると求人がヒットしなくなるのでできる限り2個くらいにしておくと上手く絞り込むことができるのでおすすめです。

 

ピンポイントであればあるほど書類選考通過率は上がりますが、求人がヒットしないのも問題なので、臨機応変な対応するようにしましょう。

▶雇用形態だけはきちんと区別して絞り込み

リクナビNEXTの書類選考通過率を上げるために求人の雇用形態を設定

画像引用元:リクナビNEXT

 

最後の一番下のこだわり検索はあまり気にしなくてOK。余計な絞り込みで求人のヒットが下がるので無視しましょう。ただし、雇用形態の部分だけは正社員なのか派遣なのかで変わるので、希望を入力することをおすすめします。

 

リクナビNEXTの書類選考通過率を上げるためには、雇用形態をきちんと設定し、職種等のマッチ度を上げていくことが秘訣です。

リクナビNEXTの求人広告の見方のコツ伝授!

リクナビNEXTの書類選考通過率を上げるために求人の絞り込みを行う画面をどう利用すべきか悩み中

リクナビNEXTは求人サイトとして非常によくできているため、求職者が分かりやすいように設計されています。その為、利用者が非常に多いのが特徴です。

 

すなわち、ライバルが多いのが特徴。

 

ですから、求人広告をきちんと読み解き、職務経歴書でアピールできないとさくっと落とされてしまうので、書類選考通過率がかなり悪くなってしまいます。

 

次に実際の求人広告を見ながら、どのように求人広告を見ていけばいいのかについて解説していきます。

▶仕事内容の中で自分にどれだけ経験があるかを確認

実際に求人の詳細を見ると以下の様に『実際の仕事内容』が必ず出ています。今回の事例の求人は下画像の赤線の場所が注目ポイントです!

 

リクナビNEXTの書類選考通過率を上げるために募集要項を確認中

画像引用元:リクナビNEXT

 

今回の求人は、品質管理に注目して検索しています。上の図の赤線の部分が非常に重要で、この部分の経験が無いとほぼ間違いなく書類選考で落とされるつまり、通過率が悪くなります。

 

上の部分を簡単にまとめると以下のような経験が無くてなりません。

 

①ISO9001の知識と運用経験
②輸出があるので『英語力』
③化学物質の知識
④ISO9001のとりまとめ経験(責任者)
⑤顧客との折衝経験

 

リクナビNEXTの求人上の仕事内容は概ね上記の様に5つの視点で区分することができるので、5つの内最低4つはできるということが書類選考通過率を上げるのポイントになることを覚えておきましょう。また、チャレンジでの応募としても3つ程度は必要です。

▶求める人物像は超重要!

仕事内容を見て最低3つの経験があれば下の求める人物像を見ます。

 

リクナビNEXTの書類選考通過率を上げるために求める人物像確認中

画像引用元:リクナビNEXT

 

ここで大事なのが【必須】の内容です。この必須ができないのであれば応募しても無駄なので諦めましょう。

 

この必須条件ができるということでまず応募書類に目を通されます。その為、必須条件の内容ができないとなるとすべての応募書類に目を通す前に不採用にするので、応募しない方がよいでしょう。

 

次に【歓迎】です。この歓迎条件については、ライバルとの差をつける要素になるので、ご自身がお持ちのスキルであれば、職務経歴書で存分にアピールしてましょう。今回の事例であれば以下のようなアピールをしてみるのがよいでしょう。

 

職務経歴書でアピールする方法
私は南野株式会社で約10年間ISO9001および14001運用を経験してきました。現職では、品質保証室に在籍し、社内の運用事務局としてシステムの統括を行っております。環境ネジメントシステムにおいては顧客とのやり取りや化学物質の知識を社内に浸透させるために定期的に社内講師として社内教育を実施してきました。海外のお客様とのやり取りもある為、英文でのコミュニケーションも可能です。御社の仕事内容を拝見し、知識・経験が活かせると思いお応募させていただきました。是非面接の機会をいただければ幸いです。

 

上記の例文のように、求める人物像の要素を職務経歴書の自己PR文にきちんとまとめ上げることで、リクナビNEXT内の求人に応募したときに飛躍的に書類選考通過率が上がるので試してみてくださいね!

▶雇用条件をチェック!

最後に基本的な雇用条件をチェックしましょう。リクナビNEXTは、雇用条件について詳しく記載されている求人が殆どなので、きちんと確認をすればOK。見るポイントを次に解説します。

 

リクナビNEXTの書類選考通過率を上げるために雇用条件の詳細確認中

画像引用元:リクナビNEXT

 

雇用条件をきちんと確認するときは、以下の点に注目して応募しましょう。この条件を確認しないで応募してしまうと、入社後に苦労してしまうので重要チェックポイントです!リクナビNEXTで書類選考通過率が上がらない人は、再度チェックしてみてくださいね!

 

リクナビNEXTの雇用条件ポイント
①自宅から1時間以内で通勤できるか
②年収は自分の希望とマッチしているか
③勤務スタート時間に問題はないか
→朝早い求人だと、早起きが苦手な人や、通勤が長めの人にとっては負の要素になるので要注意!
④年間休日日数は問題ないか
⑤保険は加入されているか
→社会保険完備と書いてあればOK

リクナビNEXTの求人広告攻略まとめ!

リクナビNEXTの書類選考通過率を上げる方法がわかった女性

リクナビNEXTは転職において非常に有効なツールの一つです。転職者の目線で設計された求人サイトなので非常にわかりやすく記載されています。

 

使いやすい=利用者が多い=ライバル多数という構図が成り立つ為、きちんと仕事内容、応募条件、雇用条件を読み解き、職務経歴書でアピールすることができないと書類選考の通過率を上げることはできません。

 

今回の記事で、求人の事例を見ながら攻略ポイントを紹介させていただきましたので是非参考に応募してみることをおすすめします。もしリクナビNEXTの登録がお済でない場合は下記から登録できますのでこの機会に済ませてしまいましょう!

▶登録はこちら

転職ツールはリクナビNEXTだけでは不足?

リクナビNEXTの書類選考通過率を上げる他の手段も検索する女性

転職ツールをリクナビNEXTだけで進めてしまうと、ライバルが多いため効率の良い転職活動を進めることは難しいです。

 

是非利用していただきたいツールには、以下のようなものもあるので合わせて登録しておくことがベストの転職活動となるのでおすすめです!

 

注目年代別おすすめ転職エージェント

20代 第二新卒AGENTneo
30代 doda
40代 【パソナキャリア】
🔻僕のおすすめ転職戦略公開🔻

●転職はむずかしい?

●ブラック企業だけはやだ!

● 今より悪い職場だったら・・・

これらは全部対策可能です。

単純にハローワークや求人紙に出ている求人では、上記を満たす求人には出会えない。転職エージェントだけでは、現場の生の声は入手できない。

そんな不安を全て満たすおすすめ転職ツールを集めて見たので、活用してみませんか?現役面接官、人事経験豊富な私が全力でおすすめする完全無料の転職ツール公開!

↓詳細はこちら↓

Twitterでフォローしよう